1. 歌詞検索UtaTen
  2. Plastic Tree
  3. Plastic Treeの歌詞一覧

Plastic Treeの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月17日

210 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

サイレントノイズ(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」オープニング主題歌)

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:プラットホームは真空 最終列車が通過 夢の終わりに着いたような気がして笑う 運命線を辿ったら シアトリカルな新宿

ロールシャッハ(左)

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:午前0時 鏡のなかに出演してる知らない僕だ 朝が来ても忘れぬように 夜が来ても失くさぬように

みらいいろ(遊☆戯☆王 5D's ED)

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:果てなき世界ならば この胸には証しを 同じ涙濡れたら 僕ら笑いあおう 解き放ってった現実で

ガーベラ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:天気予報は今日もはずれてた。 気付いてた僕はなんとなくアクビのふり。 観察している屋上で、 側に居ない君を風色で描こうとした。 きっと向こうは通り雨に変わった。

讃美歌

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:ミッフィー 君 ウサギの目 悲しみ連れそって 何、見てるの?

空中ブランコ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:この手をつかんで 怖くないから 何処までもずっと君を連れてくよ ちいさな傷跡 裂けて笑うけど

雪蛍

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:「雨あめ}、ときどき{雪。」 「愛、ときどき嘘。」 東京の冬は天気予報よりも寒くて 口癖の真似はまだとれないまま 一緒だったって証拠探す僕がいるよ

雨ニ唄エバ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:いつもより低い空。 少し寂しくなる。 うつむいて僕は歩いてる。 雨粒が落ちてきた。 丸い跡になる。

Rusty

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:close your life そうやって植えつけるんだね きっと

恋は灰色

Plastic Tree

作詞:長谷川正

作曲:長谷川正

歌詞:迷子になってた僕らは 何にも無いってはしゃいだ 明けてく空の色にも 気づかないまんまで

記憶行き

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:さよなら。 僕の事が思い出せなくても泣かないでね。 お伽の国の嘘だ。ほんとはすこしだけ泣いてほしい。 午前4時。まだ暗い駅。 僕は始発を待っているところ。

アンドロメタモルフォーゼ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:体温計 赤いモノ 上昇してく僕の熱

インサイドアウト(PS Vita ゲーム「CollarxMalice -Unlimited-」主題歌)

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:風の中 何問いかけたの? ちっぽけな気持ちが揺れてた なみだ目でいつもどこ視てた? あい言葉思いだせないなぁ

残映

Plastic Tree

作詞:佐藤ケンケン

作曲:佐藤ケンケン

歌詞:遠い昨日翳めては 違う未来映してた 戻れなくなる鏡越しの日々 長い夜佇んで

雨中遊泳

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:雨はただ 堕ちることに一途 それに多分 人は似ているんだろう

ユートピアベリーブルー

Plastic Tree

作詞:ナカヤマ アキラ

作曲:佐藤ケンケン

歌詞:馴染めない泣き虫は 何百回位独りきり ふわふわり ふわふわり 即興で歌う

1999

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:ハレルヤ ほうき星 悲観主義未来予想図は ノストラダムスの芝居 いく年月数えれば1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年経過

テトリス

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:画面 テトリス 不安が落ちてく パーツ バラバラ

ゼロ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:1と1 足したら2 そこから解ってく世界 この距離も地球儀で見りゃ笑える位置 初めっから想いってさ

うつせみ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:僕らはね、忘れていくから憶えていてね。黒猫よ。 くちづけでおぼろげな愛を証明してくふたりなの。 目をそらし見れば雨灯り。おそろいの夢は色違い。 しらしらと流るるは涙。この心、清くなれるなら。

イロゴト

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:キスをして キスをして それでも君は遠くって ふれていて ふれていて

Sink(金田一少年の事件簿 ED)

Plastic Tree

作詞:有村竜太郎

作曲:長谷川正

歌詞:何も知らない僕はいつか眠りつづけるから 誰も届かない夢の中で溺れて 君の側へ沈んで ねぇ

エーテルノート

Plastic Tree

作詞:竜太朗

作曲:Tadashi

歌詞:僕だけがうつむき 言葉を選んで喋りだしてた ふいに子供じみてる感覚 ミルクのあまさにとけた

エクジスタンシアリスム

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:二元的な解釈で 実存主義理解してる このマテリアル妄想 あのメモリアル崩壊 斜に構えて何諭す?

さびしんぼう

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:例えれば さびしんぼう いつも通りの僕になる 窓も全部塞いだし

ザザ降り、ザザ鳴り。

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:胸の奥、揺れてるの。顔のない夢ばかり見るの。 閉じた目の赤い闇でちらつくから、まだ眠れない。 黒い夜。ガードレール。水銀灯。煙るような光。 気づいたら、落としてしまってはじけた僕の光。

リプレイ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:最終便の観覧車---------。 君と僕が夜に浮かんでく。 星空とパノラマの街の光と光の真ん中らへん。 右手の中にある温もりは、いつか違う人を照らすでしょう。 リズムが早くなりだす鼓動。君の名を叫ぶ心臓です。

ロム

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:けっきょく 目が覚めたら 手つかずの世界がまた始まり 伴奏つきの夢の リアルな感触が残っていた

星座づくり

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:ねぇ、 非常階段 登る24時 眠った町のパノラマ ねぇ、

「月世界」

Plastic Tree

作詞:Ryutaro

作曲:Tadashi

歌詞:夢遊病の 僕は夜空を登っていく エスカレーターで 星あかりの余波を受けて 埋めた犬は遠くで泣いた

プラネタリウム

Plastic Tree

作詞:竜太朗

作曲:Tadashi

歌詞:ボクの奥にカギをかけた 痛みとか色々閉じ込めた 夜空の上 鳴り止まない囁く声に耳を塞いで 見上げているボクの前で夜の粒子が星をみがく

ぬけがら

Plastic Tree

作詞:竜太朗

作曲:竜太朗

歌詞:夏の日のボクらは 淡い光の希望の中に ずっと置き去りだった 憂鬱を溶かして歩いていた

リセット

Plastic Tree

作詞:Ryutaro

作曲:Tadashi

歌詞:腐乱してるバナナの束。ドロドロの液体の下 焼け焦げたセルロイドの人形がつぶれてる 緑色の自転車に乗り、友達のネズミを連れて さっき本屋で聞いた唄を、ランララン口づさむ

潜像

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:暗室の中でしか写らない何か ホログラフィック理論的 恋愛幻想 過ぎ去った瞬間 また耳を横切れば

IC

Plastic Tree

作詞:ナカヤマアキラ

作曲:佐藤ケンケン

歌詞:なんかこう何時でもあるような そんな感じの パッとしない方がいい 探さなくても見つかるような

変化 (another side)

Plastic Tree

作詞:長谷川正

作曲:長谷川正

歌詞:麻酔の切れかかる午後は 神経が剥き出しになる・・・ 花瓶に挿した花を見て 美しいなんて思わない・・・ 針の先から溢れ出す

遠国

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:たとえば それは輪舞曲 ふたりぐるぐる廻れど 繋いだ指ほどいて 次の人探す

サーチ アンド デストロイ

Plastic Tree

作詞:ナカヤマアキラ

作曲:佐藤ケンケン

歌詞:退屈だ 夜に途方に暮れる 獣達はみんな殺し尽くした 愛してた人もいなくなった今 心を折れるなら

念力

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:在らざる何を 信じるつもり? 暗示にかけて まやかし見せて 禁じ手使って

サーカス (Live Arrange Version)

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:そばに何も無い部屋だから 僕の中で水が溢れてこぼれていく 静かすぎて理科室みたい セルロイドで出来た君の抜け殻がある

輪舞

Plastic Tree

作詞:長谷川正

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:関係ないってまた 願い突き放したら 悪い癖だねと 呆れてはただ自嘲 何回巡ってまた

アイレン

Plastic Tree

作詞:佐藤ケンケン

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:黄昏 赤く柔らかい 空 (ほら) 繋がる影と

シオン

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:花に風が似合うのは 散ってしまうから 口笛擦れてくのは 寂しいから 日々の泡が浮かんで消える

デュエット

Plastic Tree

作詞:ナカヤマアキラ

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:月光蝶は 遥か向うの論争と宙を舞う 可笑しい位 鮮やかに

ムーンライト――――。

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗..

歌詞:おしまいはこんな夜でした『いつかまたね』って嘘つきなふたり いますぐに会いたいってわけじゃないけど 君のこと思い出します 夜空とは宇宙の一部で手の届かない領域に例えれば 満ちては欠けてく月でした

エとセとラ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:はかない 切ない 似てる その他 メタ詩

サナトリウム

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:目を閉じて、いろんな君、瞳の奥おさめました。 微熱みたく気づかないままで、恋は虫の息です。 こゝろ閉じて、いろんな僕、胸の中に溶かしました。 禁じられた遊びで燃やせば、孤独ってきれいな色。

スピカ

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

歌詞:ふたつある星を ひとつの名前で呼ぶって たしか君から聞いたな 夜を拒むように たくさんの灯り

フィクション

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:ナカヤマアキラ

歌詞:絶望日和の茜空で口笛吹いてみる 人ごみの中で立ってられる定位置探してた 招かれざる世界って知って 涙がこぼれたら 生温いセンチメンタルに僕が滲むよ

眠れる森

Plastic Tree

作詞:有村竜太朗

作曲:長谷川正

歌詞:眠れる森――――――。 夜をめくり、向かった。 胸の鼓動は変拍子を刻む。 優しい顔、君は笑うばかりで。 それはペルソナ。剥がれたら歪む。

Plastic Tree(プラスティック トゥリー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1993年にボーカルの有村竜太朗とベースの長谷川正を中心として結成し、1997年にメジャーデビュー。ドラム担当のメンバーの脱退や加入などを経て、現在は4人組で活動する。略称はプラ、プラトゥリ、プラツリなど。 wikipedia