1. 歌詞検索UtaTen
  2. Rita
  3. Ritaの歌詞一覧

Ritaの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Little Busters!(PCゲーム『リトルバスターズ!』オープニングテーマ)

ひとりが辛いから ふたつの手をつないだ ふたりじゃ寂しいから 輪になって手をつないだ きっとそれが幾千の

Alicemagic(テレビ『リトルバスターズ!』エンディングテーマ)

茜色の雲 思い出も二つ 遠く流れていくよ

Song for friends(ゲーム『リトルバスターズ!』エンディングテーマ)

忘れたままでも 生きてゆける それでも 思い出せば 振り返れば

雨のち晴れ(アニメ『リトルバスターズ』エンディングテーマ)

道ばたに咲く赤い花びらが 雨に染まっていくの今日も すれ違う子ら 浅い水たまりを撥ね 家路走る

運命がはじまる(PlayStationRVita 用ソフト「ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~」オープニングテーマ)

君の瞳に映る 現実と遠い夢が 重なって動き出す―― 零れる時空の彼方

厭穢欣浄(PC ゲーム「帝都飛天大作戦」オープニングテーマ)

此れより語るるは― 己が行く末 また事もなく 此れ信じたまへ

さがしにいこうよ

雨上がりのさんぽ路 宝物を探し歩いても 見つからなかったね けど虹の色かぞえたり 森の匂いを浴びて笑ったら

透明な未来へ(PlayStationRVita 用ソフト「ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~」エンディングテーマ)

続いた雨の後は空の色が眩しくて 幼い頃に見た無邪気な夢の 乾いた輪郭を重ねている 無数の胸の痛み

流れる星に願う

見慣れた町並み 遠ざかる雲 少しだけ背伸びして見下ろす 坂道並んで歩いた

Cross my heart(ワンド オブ フォーチュン2 FD ~君に捧げるエピローグ~ ED)

降り注ぐ真っ白な光の中 ベール越しに あなたの横顔を 見つめながら 「愛してる」

夢を見る夢(Aster ED)

いつも見てる空が 少し広くなって 伸ばす指の先に 星たち 集まる

二つめの空 ~Another Side~

言葉にするだけで 涙が流れそうな 本当に大切に積み重ねた 想い出を

リフレクト

昼が短くなって 終はもうすぐそば 静けさくらいが綺麗な最後で しがみついていたのは

風の吹く方へ

風の吹く方へ… 放り出されたみたいに 無為に時が過ぎてく 目指す場所すら

Every My Dear(ワンド オブ フォーチュン2~時空に沈む黙示録~ ED)

Smile 雨上がりの頬に 君のキスが虹を掛けた Tears雫した涙さえ 今は、誇りに思えるよね

逃避光

螺旋どこかで行き止まりって知っていたよ 奇跡劇に幕が下ろされるの 全て消えたイメージに言葉で描く 夢見たって変わらない

Cage

綺麗に光るガラスの向こう 閉じ込められた貴方の視線に 触れられないと分かってるから 鍵 かけ直した

プリズムタイム(ワンド オブ フォーチュン2 FD ~君に捧げるエピローグ~ OP)

Every time いつでも傍で 響きあう心 感じてる

be there(Cross Days ED)

風に揺れる木々の隙間を 零れ落ちた陽の光 眩し過ぎる青空の下 何故か涙が溢れてきて

青春*桜歌(PCゲーム『春恋*乙女~乙女の園でごきげんよう。~』)

“ア・ブ・ラ・カ・ダ・ブ・ラ” Spring, Spring, comin' beside

モノトーンの天体

惑わすような煌めき多すぎて なんか無理 石化したみたい 今では全てモノトーンで そこに

アリス・イン・ブルー(第三飛行少女隊 OP)

綺麗に翔べたなら 私らしいと称えて 青くて 青くて 空に抱かれて罪になる

Angel Fly(第三飛行少女隊 ED)

「もう翔べない」と言った君はひどく寂しそうで だってその瞳には 今も空を宿してるのに 悲しすぎて 涙も出ない

Crossover

最初は見えないくらい遠くで そこから 引き寄せられて尾を引く僕ら 星屑

君がいるかもしれない

輪郭だけ残して 君は零れて消えた 静かになる世界に習って 永遠のようで

Psychologiaへの階段

柔らかく僕の肩に 君は手を置いては 話し始めた世界の理 糸を空へ繋ぐのは途方も無いけれど

夢の終わり

もうこれで全てお終い 夢の終わりが来たの もう一度翼閉じて 最初から扉開けていく旅立ち

スタードーム

透き通った大気へ 無数に散った光 二人で見上げよう 忘れはしなかったよ

君なら

撒かれた星の屑たちと 君なら似合う 僕じゃない 無理をしないとここにさえもいられないんだ 幻滅

最果ての海

虚ろじゃない瞳は 届かない最果てをただ 無言で見つめている 触れてるはずの背中遠く