1. 歌詞検索UtaTen
  2. SHERBETS
  3. SHERBETSの歌詞一覧

SHERBETSの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2019年10月14日

14 曲中 1-14 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

愛はいらない

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:愛はいらない 湿度だけで 俺はいいよ Fuck me,

わらのバッグ

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:わらを集めて家に持ち帰り 夜通しかけてかごを作ったよ 世界でたったひとつ 僕が作ったどこにもないわらのバッグ

シベリア

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:緑の中で寝そべっている可愛いオオカミ 悪魔は堕ちた天使だという話を聴いてる 君の声には幸せがあって 流れる水をきらめかせたりする

Black Butterfly

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:さっきまで降っていた 強い雨も今は上がり やわらかな陽射しが 雲が流れて 青い空が見える

勝手にしやがれ

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:No No No No No

グレープジュース

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:太陽の下で骸骨が踊る 誰か優しい言葉をかけてやってくれよあいつに バーガーショップには女子高生達とプードルみたいな会社員 ママ 人はどうして殺しあわなくちゃいけないのだろうね

シェイク シェイク モンキービーチ

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:クリーミービスケットバルコニーでかじった リゾートホテル オーシャンビュー見下ろすプール ハワイアンミュージック流れてる ダーリンねぇ来てここに

Black Jenny

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:ドアを開け僕は歩いた 街を目指して 靴底は土をくり返し 踏んでいたよ 隣の飼い犬が僕を無言で見てた

HIGH SCHOOL

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:High School 先生が僕に聞いた おまえの夢は何かと Faye

JOAN JETT'S DOGS

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:ロケットの先 縛り付けられ金星に飛ばされた おれの友人 ルーリールーからテレパシーが届いた 「すごく楽しいからおまえも早く飛ばされろ」だってよ

夢見るストロベリー

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:ストロベリーに話を聞いた畑の真ん中で 土に座り 耳を近づけて香りがしたよ 君にとって青い空は恋人だね 雨の日には

サリー

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:サリーは13ではじめてキスをしたらしい素敵な彼と 都会はあの娘にむいていないって親は思ってたんだ 暑い夏が過ぎたら君は何処か遠い場所に行くんだね 素敵な彼は悲し気な目をしてサヨナラを告げた

Hippy Junky Surfer

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:ワゴンの荷台で目が覚めてみりゃ 曇空の朝 葉っぱサラサラさ 目をこすりながらリンゴかじって 仔犬がやって来てほっぺた舐めてる

Brixton Madness Party Generation

SHERBETS

作詞:KENICHI ASAI

作曲:KENICHI ASAI

歌詞:純粋なことがしたいな 一番透明で気持ちいい ただそれが一体何なのか 純粋なことがしたいな 生きていて死んでたら

SHERBETS(シャーベッツ)は元BLANKEY JET CITYの浅井健一が始めた4人組オルタナティヴ・ロックバンドである。BLANKEY JET CITYが活動中の1996年にSHERBET(シャーベット)名義で活動を開始、当初の音楽性はアコースティックサウンドを前面に打ち出したものであったが、1998年に現在のバンドスタイルの新生SHERBETSを結成。2000年のBLANKEY JET CITY解散後精力的に活動していたが、2002年JUDEの結成とともに活動を休止する。2005年活動を再開。この年浅井はJUDEとSHERBETS二つのバンドを並行して活動し、多忙を極める。フロントマンである浅井はSHERBETSを「宝物」と表現する。 2011年、『FREE』リリース直前に会報誌で解散を発表するが、直後に撤回。その後もコンスタントに活動を継続している。 wikipedia