1. 歌詞検索UtaTen
  2. TOM★CAT
  3. TOM★CATの歌詞一覧

TOM★CATの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

TOUGH BOY(世紀末救世主伝説北斗の拳2 OP)

Welcome to this crazy Time

生まれついてのCRAZY

サイドシートから罵声を浴びせて 真夜中の高速一周30minutes 安っぽいスリルに夢中になっても 首のあたりがスカスカするよ 何かが足りない

ふられ気分でRock'n' Roll

凍るアスファルト急な坂 息もつかず 思いきりかけあがる まるで今にも くずれ落ちそうな

LOVE SONG(世紀末救世主伝説北斗の拳2 ED)

夜のとばりの中 まだ眠れない 心をよぎる 君への想い こんなふうに誰も

ふられ気分でRock'n Roll

凍るアスファルト急な坂 息もつかず思いきりかけあがる まるで今にもくずれ落ちそうな loneliness ふられ気分ならRock'n

ON THE STREET

霧雨にぬれる交差点 ざわめきも いつしか消えて まばらに行きかう人々とTAXI 午前5時

LADY BLUE

そこのLadyに告ぐ ただちに武装解除セヨ 無駄な抵抗はやめて恋に堕ちなさい 崩れて、ひと思いに

LADY BLUE II ~クリスマス・ソング~

凍る北風に鼻を すすりながら海を見てた 使い捨てのカイロの不器用な 温もりが悔しくて波に捨てた ひとり恋したのは私

SALLY

好きよ 好きよ あなただけ I love

ダイヤモンド・シンドローム

Born, in '61 激し過ぎた時代の 後遺症の中で育った僕ら

五月の夜の窓際で

風に揺れる カーテンの影 月が明るい夜だわ こんな夜は 枕を抱いて

サマータイム グラフィティ

午前3時をまわっても誰もまだ 席を立とうとせずにふざけてた頃は 海が見たいと誰かがつぶやいたなら みんな口笛ふいて飛び出していたね

ひとりぼっちの反乱軍

そこであなたは行く気になった 誰かの仕組んだ過激なROCK SHOW カミソリみたいなギターの音で 哀しい心を切り捨てようと

FENCE

眠たげな午後と バス停のベンチ 陽のあたる暖かな場所 君達が走る 向かいのグランド

ROUTE 16

Route 16 凍えそうなミッドナイト 闇にとける街に にじむファンタジー