1. 歌詞検索UtaTen
  2. X
  3. Xの歌詞一覧

Xの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2019年10月16日

23 曲中 1-23 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

紅 KURENAI

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:I could not look back

Forever Love(X ED)

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:もう独りで歩けない 時代の風が強すぎて Ah 傷つくことなんて 慣れたはず

Rusty Nail

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:記憶のかけらに 描いた 薔薇を見つめて 跡切れた 思い出重ねる

ENDLESS RAIN

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:I'm walking in the rain

Silent Jealousy

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:I'm looking for you Trying

Say Anything

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:騒めきだけが 心を刺して 聞こえない 胸の吐息 時を忘れて

Tears

X

作詞:白鳥瞳..

作曲:Yoshiki

歌詞:何処に行けばいい 貴方と離れて 今は過ぎ去った 時流に問い掛けて 長すぎた夜に

Sadistic Desire

X

作詞:YOSHIKI

作曲:HIDE

歌詞:殺し合う欲望に乱れ始めた Out line 引き裂かれる黒いドレス視界を染める Desire

WEEK END

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:I hear a knock on

UNFINISHED

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:Oh! I'm looking at you

X

X

作詞:白鳥瞳

作曲:YOSHIKI

歌詞:さめきった街に 別れを告げ 荒れくるう刺激に 身をさらせ あいつの瞳は

CRUCIFY MY LOVE

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:(Intro.) Crucify my love If

The Last Song

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:Watching the stars till they're

Standing Sex

X

作詞:五十嵐美由姫

作曲:YOSHIKI

歌詞:Lucy in the sky I'm

DAHLIA

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:DO NOTHING BUT CRY DAY

SCARS

X

作詞:HIDE

作曲:HIDE

歌詞:口唇から こぼれ落ちる 錆びた爪のかけら 舌に残る その苦みが

DRAIN

X

作詞:HIDE&TOSHI

作曲:HIDE

歌詞:(Intro.) Talk to my troubled

オルガスム

X

作詞:白鳥瞳

作曲:YOSHIKI

歌詞:わかりきった明日に怯える (Break free!) 火の消えた心の壁破れずに (Crash

ROSE OF PAIN

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:Why are you scared? What

Joker

X

作詞:HIDE

作曲:HIDE

歌詞:Long time ago (No! No!)

Longing ~跡切れたmelody~

X

作詞:YOSHIKI

作曲:YOSHIKI

歌詞:傷つけ合った言葉も 重ねた涙 も いつかは想い出になるよ

PROLOGUE(~WORLD ANTHEM)

X

作詞:YOSHIKI

作曲:F.Marino

歌詞:All of the hate and

EASY FIGHT RAMBLING

X

作詞:TOSHI..

作曲:X

歌詞:とどめを刺してもいいんだぜ 俺の前から消え失せろ(Get away from me

X(エックス)は1977年に結成されたロサンゼルスのパンクバンド。カントリーやロカビリーに影響された音楽性や、ExeneとJohn Doe二人によるボーカルなどが特徴。1980年リリースのファーストアルバム、"Los Angeles" が高い評価を受け、1980年代前半のアメリカのパンクバンドとしては、かなりの成功を収めた。後期に入ると、Xのサウンドはパンク・ロックから徐々に離れていってしまう。バンドは1986年に解散するが、1990年代以降も何度か再結成されている。一般によく知られている曲としては、映画『メジャー・リーグ』で使用され、プロレスラー大仁田厚の入場テーマ曲にもなったThe Wild Onesのカヴァー、『恋はワイルド・シング(Wild Thing)』がある。 wikipedia