1. 歌詞検索UtaTen
  2. lecca
  3. leccaの歌詞一覧

leccaの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

For You

最初から今みたいに思えてたわけじゃない 好きなモノも趣味も違うのに 会えば笑いっぱなし 間が空いてもまた会えばいつも通りに 時間忘れて

MAMA

To every mama, 伝える言葉がある To

強い風がほほにあてて行ったのは夏の匂い それにのせてかすかに胸よぎったのはあの日のこと あんなにはしゃぎすぎて 人に言えないバカもしたよね 今じゃあんなふうに過ごすこともない

Memories

ある朝 私は電車に乗ったよ 今日もまた 荒波の中 仕事に向かうんだよ

NO.2

今日も甘んじるNO.2 こんな自分がやんなる 研ぎ澄ませよ感覚 難なく勝たせちゃくれないさ 今日も甘んじるNO.2

MOVE

あ~ もうなんだかんだうるさいの ほら、悔しいなら暴れりゃいいの まだ何も決まってないのに不安な顔して あぁ、やってもどうせ私にはムリって

パーフェクト

あなたとこの場所に居られるのは当たり前じゃない 何度も山を越えてきたこと 忘れはしない なのに私は 急いでばかり

live again

ずっと思ってた こんな自分じゃ 陽の当たる場所では生きてゆけない 誰かと寄り添うことを夢みても それすら心が

きっと大丈夫

何かいつもと違うみたい 好きなはずのプレートに手も出さない みんなといるのに浮かない顔 してるのにも気付いていないみたい あなたにいまパワーが足りないなら私の分をあげよう

past is

ねぇ 昔の話をしたよね 遠慮なしの質問に答えてくれて 泣かないですませるんだって 決めてたのに止まらないの

believe

そんなことができるわけない 失敗ばかりの自分なんかに そう思いかけて すぐ打ち消した 今まで越えてきたものを思い出そう

ねがい

ねぇ あなたはどうして この場所に来てくれたんだろう こんな私で 申し訳ない

箱舟

時間がたつのは早くなる 人に触れるのものろくなる それが大人になるっていうことなのかもしれないと思ってはいた そう大して得にもならない何かにだって トライしてみるだけの意味もあるって

みらい

久しぶりに笑った顔見せて欲しいから 君の為に今心からエール送るよ 価値を決めるのは自分自身 笑う意味怒る意味、頑張る意味

woman

何してるの、泣きながら 本当は逃げ出したくて 女子トイレの壁の中 駆け込んでうつむいてる どこで間違ってしまった?

My measure

必要と思われることなら全部 やってきた私にはロスも多くて もっと簡単にたどりつけたはずの ここまで来るのにだいぶ遠回りした 私が私でいるため

その先のゴール

あの頃の自分にもし会えたら どう話して違う道を行かせようか その道はいばらの道 苦労や衝突、不安ばかり 次々訪れるけど

ど真ん中

誰もがここにたどり着くわけじゃない 私が押し出した誰かが見てる 不甲斐ない姿見せてないでさ 動かない世界動かしていけ 私のいるこの場所から

恋初め

ooh, starting from your love

SOLA

朝から最高気温を記録してる 寝過ごしちゃこの空気ムダにしてる だんだん目覚めてく体を走らせよう 火照る頭も今日は冷やさないでいい どこまでも走って行ってみよう

anata

あなたを好きです、とまだ伝えていないけど 気がついているなら どうか 笑ってみせて 申し訳ない顔をするくらいなら

Your Birthday

忘れたことなどないよ あなたのBirthdayを 忘れたくてもその日が近づくと 走馬灯のように浮かぶよ 幸せだった二人が

Shine

ずっと欲しがってた宝物を 手に入れたと思ってたはずでも 気がつくと消えているの 一体どこから 幻に会っていたの

かわりに

憎みあうかわりに手をつなごう 愚痴をぼやく前に思い出そう ここはなんて素晴らしい あぁ 広い広い世界だ

TODAY(2012年“TBS欧州サッカーテーマソング”)

TODAY... 陽がのぼり 朝になる 昨日とは違う日がはじまる 続いてはいるけど

ミソ-gal

世間は騒ぐよミソミソ でもそんな年にこそBig Up↑ Big Up↑

サンセット

陽が沈むまでこのまま きみの顔を見ていられるなら きっと この目にやきつくだろう 二度とは来ないこの瞬間を過ごした君との景色

Outsider

Outsider、ならそのまま Outsider、 ひとりそこで泣いても 不安でも Someday

Friends

生まれた場所 得意なことも 選んだ道も同じじゃないけど 好みの服も 好きになる人のタイプも違うけど

あなたがいない

君が私にくれた時間は 一生続く宝物 何もかも輝いて いつも暖かかった 一緒に目を閉じて