1. 歌詞検索UtaTen
  2. never young beach
  3. never young beachの歌詞一覧

never young beachの歌詞一覧

公開日:2017年1月27日 更新日:2019年10月18日

31 曲中 1-31 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

お別れの歌

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:あー 君には 言えやしないよ あー 君の目を

SURELY

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:あくびをしてたら 優しい風が吹いた 悩ましい僕らの日々は転がって 魔法のメロディ 笑顔を見せてくれ

魂のむかうさき

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:うまくいくことばかりじゃないが うまくいかない ことばかりでもない 大体のことは どうでもいいのさ

なんかさ

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:真昼の坂道を自転車で下ってく 生乾きの髪がひゅるりと舞い上がる 連なる屋根の上 雲が流れていく

ちょっと待ってよ

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:Ah ちょっと待ってよ 1.2の3で 南の島へ 行ってしまおう

Let's do fun

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:あっちのほうは 業火の地獄 こっちのほうは 氷の地獄 鼻歌まじり

夏のドキドキ

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:照りつく太陽 揺れる陽炎 破れたジーンズを履いて歩けば 入道雲が綿菓子のよう 炎天下で飲む

海辺の町へ

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:電車にゆられガタンゴトンと ひと気のない車内 窓から光が入りこんで 目を細めている 停車する度に春の風が

うつらない

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:汚い街も 白い雪に 覆われて 覆われて 都市の灯りは幻のよう

春らんまん

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:春の日の中 君と走り抜けた 忘れないずっと そんな気がしただけさ

fam fam

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:One more time 止めないで 僕らはまだまだ足りないぜ

雨が降れば

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:じめっと項垂れて 湿気るにおい 傘は持たずに なんかちょっとさ 踊ろうよ

なんもない日

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:洗濯物が 揺れている 木漏れ日の 中でゆらり 穴の空いた

どうでもいいけど

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:朝の陽射しが なんだか気持ちいいな 駅前の パン屋が 開く頃だな

春を待って

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:春を待って 旅に出るわ 冬を越えたら 会いに行くわ

いつも雨

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:あてもないまま 僕ら旅をする どうしようもなく 不安にもなるさ 笑っているけど

CITY LIGHTS

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:車に乗っていこうよ ローライダーで行こうよ ふざけながらどこまでも 君を隣に乗せてさ くだらなくてもOK

STORY

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:Your own story 雨に打たれ

思うまま

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:あなたの思うままに 気の向いたほうに行け 先のことなんて 誰にもわからない

気持ちいい風が吹いたんです

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:キッチンからは溶けたバターの匂いがして パンケーキを待つ僕はテレビをぼんやり眺めて 車の免許を取ろうかなんてふと思ったりして 適当にSlowに流れる時間は穏やかな昼下がり

Pink Jungle House

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:どこへ行こうか ジャングルの奥へ行こうか どこへ行こうか タマンヌガラへ行こうか

あまり行かない喫茶店で

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:飲めない珈琲 飲み干して僕は 大人になった 気分でいるんだ お店を出れば

SUNDAYS BEST

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:ヤシの木に囲まれ プールに浮かびながら デカイピンクのタンク プカプカ眺めている ここはどこなんだろう

駅で待つ

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:ガールフレンド 駅で待つ 若者は 寒そうだ ポケットに

chill morning

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:眠れないな 得体の知れない夜さ 友達と Pulp Fictionを観たりして

どんな感じ?

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:僕の街は コンクリートジャングル 夏は暑く 人混みはみんみん 冬は寒く

白い光

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:キスをしてお別れを告げた 目が覚めてみれば 何度目かの朝だ 波の音がして 船が揺れていた

散歩日和に布団がぱたぱたと

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:重い腰を上げて 窓ほら開けたなら 散歩日和さ 埃が光ってる どこへ行こうか?

夏がそうさせた

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:夏がそうさせた カーブを曲がって 丘に登ったら 海が見えるはず ドレスを着たまま

歩いてみたら

never young beach

作詞:Yuma Abe

作曲:Yuma Abe

歌詞:ここはどこだ いつからこうだ 塵が舞い うるさい この街

無線機

never young beach

作詞:安部勇磨

作曲:安部勇磨

歌詞:ハローハロー 無線機は 壊れてしまった ハローハロー 聞こえるかい?

never young beach(ネバーヤングビーチ)は、日本の4人組バンド。 wikipedia