1. 歌詞検索UtaTen
  2. pe'zmoku
  3. pe'zmokuの歌詞一覧

pe'zmokuの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月21日

12 曲中 1-12 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

アノ風ニノッテ

pe'zmoku

歌詞:君に会いたくて 夜明けも待たずに 走り出していた 笑い合えるように 唄い合えるように

ギャロップ(BLEACH ED)

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama"B.M.W" Wataru

歌詞:繋がる音が鼓膜を叩く 伝う言葉が胸を震わす 飛び交う光 ねじくれる影 暴れ回る原色のリズム

密室

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama..

歌詞:ノイズを吐き出した旧式のステレオ 床に落ちたちゃちなスピーカ 好きな物ばかりを食い潰した僕は 次の欲望を求める

ハルカゼ

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama "B.M.W" Wataru

歌詞:抱きしめる 春の温もり 笑顔の君を いつまでも 忘れない

ちょっと

pe'zmoku

作詞:Ohyama "B.M.W" Wataru

作曲:ヒイズミマサユ機

歌詞:朝起きてテレビをつけて コーヒーを入れてパンを焼く 一緒に並んでる 昨日着ていたシャツ

ペズモク大作戦

pe'zmoku

作詞:ヒイズミマサユ機..

作曲:Ohyanre "B.M.W" Wataru

歌詞:暗中陰謀 埋め合わせ 延々 隠密 カーニバル

蒼白い街

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama "B.M.W" Wataru..

歌詞:足取りは随分重い 吐く息はやけに温い 並ぶ電柱の上からの カラス達の鋭い視線 傾いて浮かぶ三日月は

それでもそれでもそれでも

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:ヒイズミマサユ機

歌詞:目覚ましの鳴らなかった月曜日 クシャックシャになった クシャックシャになった 使い古したダブルベッドが スカッスカになった

帰り道

pe'zmoku

作詞:ヒイズミマサユ機

作曲:Ohyama "B.M.W" Wataru

歌詞:おぼろげな記憶辿ったら この電車の音 思い出してきた それを見ずには帰れなかったんだ 大きな鉄橋

酒気帯び散歩

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:suzumoku

歌詞:何か物足りない 今日も目が痛い いつもの幸せに ふらふら酒気帯び

流星群

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:Ohyama..

歌詞:燃え尽きて消える星達を 受け止める夜だから 儚くもどこか美しく 言葉一ついらない 胸に留めた記憶達も

盲者の旅路

pe'zmoku

作詞:suzumoku

作曲:suzumoku

歌詞:標識もなければ 道なんてたいそうなものもなく たった一つだけの 宝物を握りしめて 探していたのは

pe'zmoku(ペズモク)は、ジャズバンドPE'Zとフォークシンガー、suzumokuの合同ユニット。 wikipedia