1. 歌詞検索UtaTen
  2. redballoon
  3. redballoonの歌詞一覧

redballoonの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月22日

30 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

雪のツバサ(銀魂 ED)

redballoon

作詞:井上秋緒

作曲:村屋光二

歌詞:凍てつく夜 立ち止まれず 僕ら始まる 熱を待ってる

銀色の空(銀魂 OP)

redballoon

作詞:井上秋緒

作曲:村屋光二

歌詞:銀色の空 果てない 降り続く熱のように 短い季節 駆けてく

旅立ちの日に

redballoon

作詞:小嶋登

作曲:坂本浩美

歌詞:白い光の中に 山並みは萌えて 遙かな空の 果てまでも 君は飛び立つ

青春の詩

redballoon

作詞:浜崎貴司

作曲:村屋光二

歌詞:空は不機嫌な色の 雲をかき集め 雨を待つ グランドでは野球部が次の大会に向けて球を打つ いつも向かうコンビニで

GIFT

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:ああ ため息交じりの 冬の夜空を歩いています ああ 伝えたい言葉

迷い路

redballoon

作詞:森山公一

作曲:村屋光二

歌詞:吹き抜ける風の強さのせいで 雨に濡れた手 自然に乾いてた 窓越しに見える水たまりは 置いてきぼりさ

スターライト

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:いつまでもこの部屋で 単純な日々を抜けれずにいるけど 進め! 1.2.3 突然吹いた向かい風が

走り出す季節

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:走り出す春が 忘れてた 僕らの記憶蘇らせる あの頃のままでいたいから 淡く切ない想いはまだ胸に…

真夏の地図

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:退屈な決まりといつも同じ時間割り振りのThree years 窮屈な制服の中に閉じ込めてた溢れる可能性 教室の隅で密かに 同じ熱を持ってる仲間と

DAYS

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:切ない痛み溢れる涙 澄み切った深い悲しみまで 優しく優しくなでてくれる 胸に閉じ込めた思い出 あなたは今同じ気持ちで

季節の旅人

redballoon

作詞:浅田信一

作曲:村屋光二

歌詞:バス停に続いた坂道 いつも草木が揺られていたよ 二度と戻れない想いで 僕ら昨日を紡いでく

ドラマチック

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:キャンセルしてくれた友達に感謝 誘われたドライヴは人数合わせ 気分が乗らないままワゴンに乗って 仲間と待ち合わせの 場所に一番乗り

ペルソナ

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:姿は見せない 鮮やかな手さばきで今日も何を拝借するの? 黒いマントに身を包み けっして正体を見せない君は

時は風のように

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:毎日が遠く遠く 複雑に絡み合って 溢れる人の渦の中で問いかけた 放射線状に いっせいに進み出した

サンセット・スーパーノヴァ

redballoon

作詞:浅田信一

作曲:村屋光二

歌詞:君と歩いた放課後の 風に乾いたグランドが かげろうに揺れた 二人はしゃいでいるだけで

グローリー

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:首都高速 高架下並んで歩く 僕と彼女に割り込む 嫌なクラクション 修復のタイミング逃しましな事

気まぐれなオレンジ

redballoon

作詞:堂島孝平

作曲:村屋光二

歌詞:手に入れたモノ どれでもぜんぶ 惜しみなく差し出そう 何よりも 大切な

ヤングクリーチャーズ

redballoon

作詞:堂島孝平

作曲:村屋光二

歌詞:風切る音は ふぞろいなシンフォニー 時間に飛び乗って 自転車 うなれ

キズナ

redballoon

作詞:浜崎貴司

作曲:村屋光二

歌詞:友よ 君は変わらずに 元気にやっているのかい? 食堂のテレビで 嫌なニュース流れたよ

RUN

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:咲いて散る方がいい まだまだこのままじゃ諦めがつけられない さすらいのランナーよ まだまだ走れるさ 駆け抜けろペース上げて

冬のセツナ

redballoon

作詞:浜崎貴司

作曲:村屋光二

歌詞:一瞬の鮮やかな ときめきが舞い降りる 愛しさが 苦しくて 胸が切ないよ

FLY

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:目覚めよ自分よ抱けよ大志を 擦り切れた心潤す力を 光の速さで駆け抜ける景色 朝焼けが今日を染めてく そのスピードで

夕立ストーリー

redballoon

作詞:浜崎貴司

作曲:村屋光二

歌詞:ガラス越しに 街を急ぐ 君の姿 不意をついた この出会いは

ロックスター

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:これが本当に望んだMYLIFE? 単身赴任安いウィークリーで 携帯の着信に殴られ 逃げる様に目覚めるeveryday

LIFE GAME

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:拝啓、僕は相変わらずな日々を過ごしながら 今日は晴れた優しい久しぶり offのsunday morning 元気でいるか?今は遠い空の下

ミツカラナイコト

redballoon

作詞:浜崎貴司

作曲:村屋光二

歌詞:ただひと言が まだ見つからず でも君の目を見つめて… 付き合いはじめたあの頃と

train

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:『夢の先』行きの新快速は満席で やむを得ず次の各駅待つ順番に ドアが開いたら我先に限られたスペースwar 興味はない僕は僕の立ち席でも満足してる

you

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:気まぐれな日々にサヨナラを つまずく日々にサヨナラを 泣きながら歩いてた昨日にありがとう 玄関で見送るいつもの優しさに背中で返事した

虚ろな明日

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:ねえ僕らはどこに向かって歩いて行くの さあ 夕焼け涙雲 今日また誰かを傷つけてしまいました AH

未来へ

redballoon

作詞:村屋光二

作曲:村屋光二

歌詞:ひび割れたアスファルトに咲く 雨に濡れた夢一輪 誰に触れられる事なく その場所で花を咲かせる ただ生きて行くそれだけを

redballoon(レッドバルーン)は、日本のロックユニット。 wikipedia