1. 歌詞検索UtaTen
  2. school food punishment
  3. school food punishmentの歌詞一覧

school food punishmentの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Ura Omote

君が目を伏せた わからないように隠した 浮いた気配 散らばった部屋の中

How to go(UN-GO OP)

こんなはずじゃないんだ 頭抱え 飽和した世界から 逃げ出したくてもがいている さらさら

RPG(C ED)

窓からそっとエスケープして 夜の街が RPGに変わる 矢印に沿って誘われた 色めく世界

in bloom

きらめく太陽に 照らされる 雨上がり 水溜まり 飛んで

帰る

電車はただ走る あたしを乗せて 遠ざかっていく人の群れと 疲れ果てた昨日

flow

泡のように 日々は消えていかない ドアの向こうの気配を今日も期待する 明日のふりした昨日の言葉が ようやく消えたのに

you may crawl

再生の中で夕方になる 不快感 胸中に今更群れる 変化するような 前触れに気付く

flashback trip syndrome

ブラックアウト 気付いた途端 火がついた サイレン 雑踏

line

ジレンマ 奮う 過剰な寄付 線上で待つα そっぽ向いてる回答

futuristic imagination(東のエデン ED)

夜は封印 戸惑い混じれば終わる 迷い出すくらいならいっそ 理由も捨てよう

ウツロウ、サンガツ

切れた雲の間 睨んでいる 僕を責め立てる視線 空の瞳

繕う言い訳 右に 左に 散らかった 拾う指から

ハレーション

季節の隙間をなぞって 最後のしずくが伝った 何気ない背伸びで 閃いた 晴れそうだ

sea-through communication

見えない糸で 心繋いでるんだ 僕らはそれに乗っかってやりとりしてるんだ 真っ暗な海を渡る光みたいに 不安だらけの雨を掻き分けていくんだ

butterfly swimmer

翻弄されてる正体 耳元をかすかによぎる この恍惚の向こうの衝動 快感に踊らされてる 足元は弾む

二人海の底

昨日 ほどいて みたら ほつれた 暗い海の表情

art line

流れは 掴めた 重力まで 弾ませる 君の言葉

pool

薄曇り 終わり探し 期待さえも映るよ 無視すれば夕方 ようやくしゃがみこんで早朝

曇り空が 見透かしている 甘えすぎた 心の中

駆け抜ける

完成されてく街を抜けて 想像追いつけない場所へ 今すぐ飛んでいく 風が変わるような気がした 踊りたくて仕方がない

light prayer

蠢いている 闇を割って その中の澱みを打て 計算と保守

beer trip

今日はもう 愚かでいいや 今日はもう 浅はかでいいや 悩んでるのばからしいな

Y/N

ドラマティックには 程遠い 計算違いの毎日 心にひっかかっている 夕べのこと

Slide show

笑い皺の隙間 こぼれた嘘 泳ぐ視線 まるで他人みたい 喉の奥がギュッと締まっていく

good blue

深く沈んだ海の底 暗いだけの何もない世界 誰の声もしない場所で 何色にも染まらずいれた 眩しすぎる無限の未来

future nova(東のエデン 劇場版II Paradise Lost OP)

人混みに混ぜられてく 感覚がほどけてく 透明な闇の中 自由で不自由だ このまま終われない

flat

あぁ トンネルを抜けた 衝撃的なくらい何もかもが綺麗だ 夕陽は橋を渡る フラッシュになって世界を記録する

煙に白

示すように そこに立っていた 辺りはもう 直線みたいな 波模様

loop, share

大きな時間まで そっと 飲み込まれてしまうような カード合わせの渦に 負けてしまう

close, down, back to

明日を目指しているようで昨日へと向かっている 逆再生する言葉の端をつないでいく 見上げて分離する 終わりの色 始まりは見たくない