1. 歌詞検索UtaTen
  2. school food punishment
  3. school food punishmentの歌詞一覧

school food punishmentの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

How to go(UN-GO OP)

こんなはずじゃないんだ 頭抱え 飽和した世界から 逃げ出したくてもがいている さらさら

sea-through communication

見えない糸で 心繋いでるんだ 僕らはそれに乗っかってやりとりしてるんだ 真っ暗な海を渡る光みたいに 不安だらけの雨を掻き分けていくんだ

駆け抜ける

完成されてく街を抜けて 想像追いつけない場所へ 今すぐ飛んでいく 風が変わるような気がした 踊りたくて仕方がない

繕う言い訳 右に 左に 散らかった 拾う指から

君に胸キュン

君に胸キュン 浮気な夏が ぼくの肩に手をかけて 君に胸キュン 気があるの?って

in bloom

きらめく太陽に 照らされる 雨上がり 水溜まり 飛んで

future nova(東のエデン 劇場版II Paradise Lost OP)

人混みに混ぜられてく 感覚がほどけてく 透明な闇の中 自由で不自由だ このまま終われない

egoist

君が耳を澄ましている 呼吸の歪みから些細な嘘まで抜き取ろうと 隙を見せたなら最後 糸がほつれてくように止まらない 夜

flat

あぁ トンネルを抜けた 衝撃的なくらい何もかもが綺麗だ 夕陽は橋を渡る フラッシュになって世界を記録する

art line

流れは 掴めた 重力まで 弾ませる 君の言葉

pool

薄曇り 終わり探し 期待さえも映るよ 無視すれば夕方 ようやくしゃがみこんで早朝

04:59

明け方の交差点で 答えを掘り出している 当たりが飛び出さないかって 世界を転がしてみてる 明け方の交差点で

futuristic imagination(東のエデン ED)

夜は封印 戸惑い混じれば終わる 迷い出すくらいならいっそ 理由も捨てよう

free quiet

君の匂いは あたしのと似ている でもね 運命ってそんなに簡単じゃない 君の言葉なら全て正しく聞こえて

ウツロウ、サンガツ

切れた雲の間 睨んでいる 僕を責め立てる視線 空の瞳

are

アレはすごい存在感 やけに気になって仕方ない 気づけば何も手につかない アレのことばっかループ

ハレーション

季節の隙間をなぞって 最後のしずくが伝った 何気ない背伸びで 閃いた 晴れそうだ

light prayer

蠢いている 闇を割って その中の澱みを打て 計算と保守

beer trip

今日はもう 愚かでいいや 今日はもう 浅はかでいいや 悩んでるのばからしいな

二人海の底

昨日 ほどいて みたら ほつれた 暗い海の表情

Slide show

笑い皺の隙間 こぼれた嘘 泳ぐ視線 まるで他人みたい 喉の奥がギュッと締まっていく

RPG(C ED)

窓からそっとエスケープして 夜の街が RPGに変わる 矢印に沿って誘われた 色めく世界

you may crawl

再生の中で夕方になる 不快感 胸中に今更群れる 変化するような 前触れに気付く

good blue

深く沈んだ海の底 暗いだけの何もない世界 誰の声もしない場所で 何色にも染まらずいれた 眩しすぎる無限の未来

line

ジレンマ 奮う 過剰な寄付 線上で待つα そっぽ向いてる回答

fiction nonfiction

複雑な闇を知った うまく飲み込めない午前4時 暗がりで開けた世界 手探りでわからないままに うまく言えない笑い上戸

killer

干からびて 剥がれないで ドライブ 嘘つきのままじゃ終われないよ 行き交わす全ての警報

煙に白

示すように そこに立っていた 辺りはもう 直線みたいな 波模様

loop, share

大きな時間まで そっと 飲み込まれてしまうような カード合わせの渦に 負けてしまう

電車、滑り落ちる、ヘッドフォン

ガタガタと電車は 音を立てているはずさ ポタポタと夕暮れがこぼれ落ちていく 僕はそれを捉えながら ヘッドフォンに潜り込む