1. 歌詞検索UtaTen
  2. いきものがかり
  3. いきものがかりの特集一覧

いきものがかりの特集一覧

【コラム】一人の夜に優しく響く子守唄。いきものがかりのおやすみは恋のお休み。

楽しかった。ちょっとお疲れ。かなしかった。諦めた。幸せだった。嬉しかった。どんな 1日も『おやすみ』で終えていきます。当たり前のように使う「おやすみ」。そんなに深く意味を考えたり、その言葉の暖かさを感じる事はないかと思います。しかし、いきものがかりの歌う『おやすみ』からは、それがただ眠る前の挨拶というだけではなく、物事の終わりを意味している事とその言葉の暖かさを感じる事が出来るのです。

【コラム】いきものがかりが『BLEACH』のために『HANABI』を打ち上げた瞬間を観たか?

『HANABI』は2006年発売のいきものがかり2枚目のシングルです。アニメ『BLEACH』のエンディング曲だった楽曲。今でこそ、いきものがかりは全国的な知名度を獲得していますが、初期はまだ無名の存在。このグループは、この曲で一躍その名を広めたと言えます。

【コラム】『HANABI』に見る、いきものがかりとアニメ主題歌の親和性

今年メジャーデビュー10周年を迎えるいきものがかり。インディーズ時代に地元神奈川での路上活動を経て、今やNHK紅白歌合戦に8年連続出場、2012年には紅組大トリをつとめたほどの国民的グループとなった。

【コラム】“サヨナラ”。飛び立つために送る、いきものがかりの「YELL」

歓声を上げ、大声で叫ぶこと。応援の際に発する声を、人はエールと呼ぶ。相手に頑張ってほしくて、励ましたくて。いきものがかり15枚目のシングル『YELL』もまた、相手へ自分へ声援を送る楽曲だ。歌詞の内容から「SAKURA」「ありがとう」などと同じく、卒業式や送る会などでよく使われ、リリースされてから着々と順位を伸ばしてきた。その順位は「卒業ソングランキング」にて、2010年に10位、2011年は6位、2012年には2位にランクインしている。

【コラム】サヨナラは背中を押してくれる「YELL」―卒業式ソングはいきものがかり渾身のこの曲で決まり!

いきものがかりは年を重ねるごとに歌唱力や包容力のある歌詞が深みを増して来ています。そんな彼らが卒業ソングとして発表し、今では卒業式に歌う学校もあるという「YELL」。 ポッキーのCMでおなじみの「じょいふる」と両A面シングルとして発売されたこの曲ですが、テンションアゲアゲの「じょいふる」とは逆に「YELL」は前向きながらも切なさが溢れる曲になっています。

【コラム】故郷に聞いて欲しい話はなんですか? いきものがかりの「帰りたくなったよ」

このグループ名の由来となったのが、水野と山下の唯一の共通点が小学1年生のときの係活動が、"生き物係"だったということからだ。ボーカルの吉岡が加入の際も彼女がこのバンド名を気に入り、そのまま使用されることになったというエピソードが印象的だ。 この親しみのある名前をもつバンド、いきものががりの「帰りたくなったよ」を今回取り上げたい。