1. 歌詞検索UtaTen
  2. AKB48
  3. AKB48の特集一覧

AKB48の特集一覧

【特集】今やK-POPスターも在籍!国民的アイドルグループAKB48を徹底検証!

前田敦子という絶対的センターを要し、国民的アイドルグループと呼ばれるまでになった「AKB48」。今回は転換期を迎え、有望な若手が中心となり活躍するグループに迫ります。

【ライブレポート】著名人たちが「推す」アイドルたちが集結!推しフェス〜ガールズレコメンドLIVE〜 Vol.1 Powered by UtaTen 後編

アイドルカルチャーに精通した各界のレコメンダーたちが"推しメン"を推薦。プレゼンテーション型アイドルライブとして、11月18日(日)にマイナビBLITZ赤坂で行われたのが「推しフェス〜ガールズレコメンドLIVE〜 Vol.1 Powered by UtaTen」。AKB48 Team 8はじめ話題のアイドルが総出演。渾身のライブレポ! 3部構成の後編!

【インタビュー】総選挙で世界選抜入りを目指す「AKB48」小嶋真子と込山榛香を直撃!

「第10回AKB48世界選抜総選挙」が6月16日、ナゴヤドームで開催される。今年は海外のグループも参加し、過去最多の339人が立候補。その投票シリアルナンバーカードが封入されたAKB48のニューシングル『Teacher Teacher』が5月30日に発売された。 今回は、来阪していたAKB48の小嶋真子と込山榛香にインタビュー!総選挙の速報結果が発表される2日前に、胸の内を聞いた。

AKB48チーム8・太田奈緒「総選挙は最後まで諦めず嬉し涙を流したい」【インタビュー】

AKB48のチーム8・京都府代表で、チームB兼任の太田奈緒が、歴史作家の河合敦との共著「この歴史、知らなくてすみません。」(PHP文庫)を出版した。  5月31日、PHP研究所京都本部で、その出版記念歴史トークイベントに出演する直前の彼女を直撃!くしくも、その日は「第10回AKB48世界選抜総選挙」の速報結果が発表された翌日。本についてはもちろん、総選挙への意気込みなども聞いた。

AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017 笑わないアイドルが見せた笑顔と涙【ライブレポート】

9月24日、日本ガイシホール(愛知県名古屋市)で行われた「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017~絆は拳から生まれる!~」。 HKT48の荒巻美咲と運上弘菜のユニット「fairy w!nk」(フェアリーウインク)が優勝し、メジャーデビューが決定した。 今回は、大会のハイライトと、終演後の囲み会見の模様をほぼノーカットでレポート! ⒸAKS

「AKB48グループ感謝祭」コンサートを開催。渡辺麻友、最後のセンター新曲「11月のアンクレット」を初披露。【ライブレポ】

10月8日(日)、幕張メッセにて『AKB48グループ感謝祭』が開催され、6月に開催されたAKB48シングル選抜総選挙の結果を受けての、ランクインコンサート(1~16位メンバー、17~80位に分かれての2公演)、ランク外コンサートの計3公演が行われた。

【特集】乃木坂46、欅坂46、AKB48――アイドルソングに込めた未成年の主張

欅坂46が、乃木坂46の妹分グループとして『サイレントマジョリティー』で華々しいデビューを飾った。女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代記録を更新し、オリコンウイークリーランキングでも一位を獲得している。

【歌詞コラム】最も売上枚数が少ないAKB48シングル『夕陽を見ているか?』を聴いているか?

『夕陽を見ているか?』は、AKB48の初期の曲。2007年発売のシングルで、オリコン順位は10位でした。1位が当たり前になっているAKBでもそんな時代があったのだ、と思わせる順位。作詞の秋元康にとってはすごく思い入れのある曲。秋元康自身は、この曲の時点でブレイクできるという思いがあったと言っています。その思い入れのためか、2013年にインドネシアのJKT48にこの曲をカバーさせているほど。MVには、前田敦子、大島優子、板野友美など初期AKBを形成したメンバーが若い表情で登場しています。渡辺麻友も、まだ目が笑っていなかった頃。

【歌詞コラム】川をどう見るか。AKB48『RIVER』と美空ひばり『川の流れのように』

AKB48『RIVER』は2009年の曲。AKBがはじめてオリコン1位を獲得した記念すべき曲です。AKBは2016年の今でこそ1位を獲るのが当たり前のポジションについていますが、この曲までは決して順位が安定していたわけではありません。であるがゆえに、初期のこの頃までの雰囲気を好むファンも存在します。良くも悪くも、この曲以降AKBは拡大し続けていくのです。

【歌詞コラム】川をどう見るか。AKB48『RIVER』と美空ひばり『川の流れのように』

AKB48『RIVER』は2009年の曲。AKBがはじめてオリコン1位を獲得した記念すべき曲です。AKBは2016年の今でこそ1位を獲るのが当たり前のポジションについていますが、この曲までは決して順位が安定していたわけではありません。であるがゆえに、初期のこの頃までの雰囲気を好むファンも存在します。良くも悪くも、この曲以降AKBは拡大し続けていくのです。

【特集】これ聴いて心から暖まろっ!冬の寒い朝に聞きたい歌特集

暖冬から一転、歴史的な寒波が到来し列島全体が凍えてしまった今年の冬。「朝、布団から出れない!」「寒い中、会社や学校に行きたくない!」そんな人も多いのでは? でも、せっかく寒いのなら冬の名曲・冬の歌を聴きながら、素敵な朝を過ごしてみませんか? 心から暖まりますよ。というわけで、冬の朝に聞きたい曲を集めてみました。おすすめの歌詞と一緒にお楽しみあれ。

【歌詞コラム】AKB48から学ぼう!命を無駄にしない「Beginner」スピリッツ

2010年に大ヒットを飛ばした「ヘビーローテーション」。 その次に放たれたのが、AKB48の楽曲の中でもメッセージ性が強い「Beginner」でした。 「Beginner」は、2010年10月にAKB48のメジャー18作目のシングルとして発売されたのですが、この曲ではセンターポジションを固定せず、6種類の変則センターでパフォーマンスされることも大きな特徴です。