劇場版ゴキゲン帝国 アクセルもオタクもべた踏みするアイドルにアナタもゴキゲンにされる!!【インタビュー】

今回は、2/4のNAGOYA IDOL TRIGGER→に出演の劇場版ゴキゲン帝国にインタビューです。何かと話題になっている「ゴキ帝」ですが、久々の名古屋の味ではなくてライブや楽曲に込めたファンへの想いを語って戴きました。

2017年2月9日

Interview&Photo

苦楽園 京


この記事の目次
  1. ・劇場版ゴキゲン帝国が目指すモノとは?
  2. ・赤裸々すぎるファンへ感謝
  3. ・メイ曲「人の金で焼肉食べたい」の作り方
  4. ・ジャンプできなくたって…ライブは楽しい!!
  5. ・9月3日に1周年ワンマン
  6. ・サイン入りチェキプレゼントについて
  7. ・劇場版ゴキゲン帝国 Profile


今回は、2/4のNAGOYA IDOL TRIGGER→に出演の劇場版ゴキゲン帝国にインタビューです。インタビューに応えてくれたのは、白幡いちほ、雨情華月、九軒ひびき、先斗ぺろと全員勢揃い。何かと話題になっている「ゴキ帝」が、久々の名古屋の味ではなくライブや楽曲に込めたファンへの想いを語って戴きました。

劇場版ゴキゲン帝国が目指すモノとは?

--最初にお詫びがあります。前回の取材(2016年12月3日)の際に、イデタチと持っているモノとかちょっと違和感を感じたのですが、そのときにちゃんと突っ込んでおけばよかったです。UtaTenの若さ故の過ちでした。なにか、こう普通のアイドルと違うのですが、どこを目指してるんですか?

劇場版ゴキゲン帝国が名古屋に初上陸!そして、2017年元日ワンマンの発表も!!


雨情華月:目指していることはゴキゲンな帝国を築きたいということです。
九軒ひびき:そうです。ゴキゲンな日本代表を目材してます。世界で戦えるようにしたいです。
白幡いちほ:普通だと思うんだけど…


--普通のアイドルは「繋がれるもんなら繋がってみろ企画」なんてしませんよ。

白幡いちほ:単純にゴキゲンことがしたいだけです。ついでに有名になりたい。ついでにお金をかせぎたいという順序です。メンバーの誰の発案でも、ゴキゲンな事がしたいということはGOを出します。客観的にみて誰かを傷つけることは「ゴキゲンにする」という意に反するのでやりません。
ファンとアイドルが繋がる事って、とても不幸じゃないですか。アイドルにとってもファンにとっても不幸なんです。そんな不幸なことでさえ、ゴキゲンにしてしまうという企画です。ファンの方も企画の趣旨をわかってくれて乗っかってくれてます。ガンガン連絡先を渡してきますよ。

赤裸々すぎるファンへ感謝

--そうですね。Twitterをみると、夜中の3時に電話かかってきたとファンが呟いてました。ファンの巻き込み方がハンパナイですね。

先斗ぺろ:今日の話ですね。昨日の夜のライブ終わりに、車で東京を出て名古屋に向かっていたので、車内で盛り上がったですよね。「朝3時に電話来たらうけるよね」「ウケる!」「かけよう!」って感じです。ランダムで選んだので出て頂けなかった方ももちろんいました。留守電を入れられる方には「なんで電話出ねーんだよ!」と優しくメッセージをいれてます。


--なるほど。そうやってファンの方もゴキゲンにしていくのですね。ゴキゲンな帝国というのはファンも含めてなのですね。傍若無人な振る舞いの中に泣かせる深いぃ話じゃないですか。

白幡いちほ:私たちはセルフプロデュースなので、曲とか歌詞とかの依頼や衣装の発注も自分たちでやってます。ですので、ファンの方のお金が直接届くんですよね。オタクが落としたお金のみで支えられています。それにつきます。ありがたいです。感謝してます。
事務所とかないので宣伝とかもお金かけられません。ですので、オタクの拡散力をめっちゃ信じています。そのために、オタクがツイートしたくなるようなことをいっぱいやってます。そういう面でも支えられています。


メイ曲「人の金で焼肉食べたい」の作り方

--どストレートなコメントが素晴らしいです。ところでタイトルにインパクトのある歌が多いですね。そういう歌の題材や歌詞はどのように思いつくのですか?さきほどのライブでは「人の金で手羽先食べたい」と「人の金で焼肉食べたい」を名古屋バージョンで歌われてましたね。両手をくちばしのように上げて股を開いて「手羽先ポーズ」が良く似合ってました。

九軒ひびき:ありがとうございます。ファンの方も一緒に踊ってくれて、ゴキゲンです。夜中に車の中で考えてよかったです。
白幡いちほ:結構ネガティブな事をポジティブにすることを常に考えていて、ネガティブな部分をエンタメにして楽しんでもらいたいからです。歌詞はメンバーで考えますが、作曲の人が一緒に考えてくれることもあります。「こいつらなら、こういう歌を歌えるだろう」と楽しんで作っているとおもいます。

--さっきのステージでは、盛り上がって客席まで降りてきてましたね。ついには客席の椅子の上乗って歌っちゃってました。

白幡いちほ:はい。ちゃんと靴脱いで登りました。ただ、思った以上に靴下がださすぎて、糸がぴろぴろでぼろぼろ感なのは計算外でした。
先斗ぺろ:その靴下をしっかり写真撮っているファンいたけどね。


ジャンプできなくたって…ライブは楽しい!!

--雨情華月さんは、プロフィールに「ジャンプできない」もありますが、本当に飛んでないんですね。滞空時間も短くて高さもなかなかの低さが…

雨情華月:えー、ばれてますか!
九軒ひびき:千本桜でサビをジャンプするんですけど、かずにゃんだけがずずっずずって、後ずさりして下がっていってます。
雨情華月:スキップもできないんですよ。
先斗ぺろ:ずっとその場で片足でバタバタなにかしてます。最初ランニングマンしているのかと思いました。


--そんな楽しいライブを体感できないファンがいるのは残念ですね。

白幡いちほ:さっき話題に出た「人の金で焼肉食べたい」は2月中にMVを公開します。遠方の方や仕事で来れない方もこれをみてゴキゲンになって欲しいです。
これで予習してて、全国の人も待っていてほしいです。


9月3日に1周年ワンマン

--最後にこれからの予定とファンへのメッセージをお願いします。

白幡いちほ:今年の9月3日に劇場版ゴキゲン帝国の1周年を記念して、東京キネマ倶楽部でワンマンライブをします。
九軒ひびき:前回の4倍くらいの会場だよね。
白幡いちほ:私たちのようにセルフプロデュースをしていると会場とか貸してくれないこともあるのですが、今年の元旦のライブが成功したこともあり貸してくれるようになりました。これからもファンを信じて頑張っていきます。

「理不尽と、戦え。」をコンセプトにしています。人生生きてて、嫌な事とか、会社でこんな事言われたとか、意味わかんない理由で彼女に振られたとか、そういうのを発散していけるライブをしていきたいと思ってます。辛いときとか理不尽な事にあたったときは劇場版ゴキゲン帝国のライブに来て、ゴキゲンをかましてゴキゲンな人生を送ってほしいと思ってます。是非ライブに遊びに来てください。



(余談)
とっても正直に、でも裏表無くあの手この手で楽しませようとしているゴキ帝のみなさん、とても素敵でした。さて、この取材の翌日、ゴキ帝のメンバーは名古屋でオタクと楽しく戯れておりました。
近日中に、劇場版ゴキゲン帝国の歌詞がUtaTenに掲載されますのでオタノシミニ!



Text:苦楽園 京
Photo:MARIO


サイン入りチェキプレゼントについて

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
アイドルUtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、アイドルUtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。



[応募締め切り]
2/20 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

沢山のご応募お待ちしてます♪

バレンタイン特別企画 【繋がれるもんなら繋がってみろ】 キャンペーン


★ゴキ帝公式の「連絡先カード」を販売いたします(100円)
★連絡先カードに「名前と電話番号と自己PR」を書いて「繋がりたいメンバー」に渡してください。
お渡しはチェキ撮影時にお願いします。
それ以外でのお渡しはスタッフが阻止します。
詳細は公式ページでご確認ください。
バレンタイン特別企画 【繋がれるもんなら繋がってみろ】 キャンペーン

9月3日の東京キネマ倶楽部ワンマンまでライブ中写真撮影OK!

劇場版ゴキゲン帝国では、9月3日の東京キネマ倶楽部ワンマンまでライブ中写真撮影OK!
ハッシュタグ→ #ゴキ帝キネマは9月3日

詳しくは公式Twitterを!https://twitter.com/gokigen_teikoku

劇場版ゴキゲン帝国 Profile

『 理不尽と、戦え。』

無理難題を押し付ける上司、急に別れを切り出す恋人、納得できない事、日々溜まっていくストレス…
​そんなものに負けたくない!ゴキゲンな日々のためにネガティブを笑い飛ばし全力で戦え!
理不尽と戦う、セルフプロデュースアイドルユニット。

●公式ページ
http://www.gokigenteikoku.com/

鳥取から湧き出た天然アイドル「だいやぁ…

葉月 バンド編成のツアーファイナルに挑…