NMB48が神戸ワールド記念ホール公演2Daysで見せた「難波愛」【ライブレポート】 (2/2)


NMB48 LIVE 2017 in Summer DAY2

 2日目のサブタイトルは「サササ サイコー」。山本彩も加わり、全メンバー(51人)揃ってのライブは、サマーチューン『僕らのユリイカ』からスタート。
 今日15歳の誕生日を迎えた山本彩加は「サササ サイコーのライブに出来るように頑張りたいと思います!」
 ユニットコーナーは木下百花のソロ『プライオリティー』で女性ファンを熱狂させると、矢倉楓子・村瀬紗英の『ハートの独占権』では、2人がトロッコでアリーナ通路を縦断し、サイコーの笑顔をふりまく。次世代メンバー5人のオリジナル曲『虹の作り方』を山本彩・白間美瑠・吉田朱里・沖田彩華・川上礼奈の1期生で歌唱するというサイコーに意外な演出に、ファンのボルテージもさらにヒートアップ!


ⒸNMB48

 N・M・BⅡの各チーム曲、研究生曲に続き、歌唱選抜メンバー11人が『夢に色がない理由』をアカペラで披露。「練習では全員揃わないことも多くて、ドキドキの本番だったんですけど、いかがだったでしょうか?」という山尾梨奈の問いかけに、ファンは「サイコー!」と賛辞を贈った。
 ダンス選抜メンバーは『僕以外の誰か』を日下このみの振付バージョンでパフォーマンス。日下の振付を愛して止まない吉田朱里は「絶対にやりたかったから嬉しい!」

 『妄想ガールフレンド』ではメインステージ、外周花道、サブステージに全員が広がって、至近距離のファンとともに盛り上がる。スタンド席の通路には山本彩と白間美瑠がトロッコで登場!この日も関係者席で見守っていた上西恵が、目の前に現れた山本彩とハイタッチを交わすシーンもあり、本編ラストは『らしくない』で締め括った。
 アンコールのMCでは、昨日に続いて、メンバーが胸の内を吐露する。
 山田寿々「私の姉は元NMB48の山田菜々なんですけど、姉が観ていた景色を私も観たいです!姉よりも、もっとすごい景色が観たいです!」
 吉田朱里「今までのNMBを守り続けているようじゃ、これ以上大きくなれない。だから、このメンバーで、さや姉も一緒に、新しいNMBを作り上げていきたいです!」
 そして、山本彩が「もう一人、聞きたいメンバーがいます。凜々花、卒業発表もあったし、こうやってライブを一緒に出来るのも最後かなと思うので。」と、須藤凜々花に話を促す。

 6月17日、AKB48選抜総選挙での結婚宣言後、ファンの前では沈黙を続けてきた須藤が一体何を語るのか?ファンは固唾を呑んで見守る。そして須藤は唇を震わせ、涙ながらに語り始めた。「私はすごいことをしてしまい、そのせいで、あの場をフォローしてくれたメンバーが叩かれたり、NMBはそういうグループなんだとか、一番私が大切にしてきた、大好きなものを傷つけました。でも今、私のまわりには、そばに寄り添って下さる方がいて、みんなの信用も失うことになるかもしれないのに、私とツーショットを撮っただけで、同類だとか言われたりするのに、NMBのみんなは本当に変わらずに接してくれて、本当に申し訳なくて…。私はNMBでいられて本当に良かったなって思うのは嘘じゃないし、私のこれからの卒業した後の生き方で、NMBは最高だっていうのを証明し続けられるような人間になりたいと思います。本当にNMBのみんなはいい人です。ビジネスとか、損得勘定とか、そういうのを抜きに本当にいい人たちなんです。絶対に世界で一番報われてほしい人たちです。だから、どうか皆さん、私が言える立場じゃないですが、これからもNMBをよろしくお願いします!私はNMBが大好きです!」


ⒸNMB48

 静寂に包まれていた会場に、大きな拍手が響き渡る。
「こうやって皆さんの前で言葉にすることが出来なかったので、少し時間がかかってしまいましたが、しっかり自分たちの言葉で伝えたいなと思ったので、こういう形になりました。(総選挙の)あの場所にいなかったメンバーもいて、私もその一人なんですけど、本当にあの瞬間は、マジで言っている意味がわからんかったし、何言ってんのコイツ、アホやろ、みたいな(笑)」と語る山本彩に続いて、木下百花も熱い想いをぶつける。

「わかりやすく言うと、私たちフラれた気分になったんです。(須藤が加入して)3年間、付き合っていた彼女に、本当の愛を知りましたって言われて、他の人と結婚された感じなんですよ(→会場爆笑)。キミの謝罪は聞き飽きたんだよ。メンバーも、NMBのことを好きな人も。あなたと一緒に過ごしてきた時間は全部大事なもので、ごめんなさい、私は卒業します、あなたの元から去りますって言われたって、納得できなくて。本当にみんなが聞きたかったのは、あなたが本当にNMBのことを好きかどうかで、今やっとその気持ちを聞けた気がして、本当に嬉しかった。私はNMBに入って、本当の愛を知りました。本当に愛に溢れたグループなんです。私は卒業しまーすって軽い感じで言ったんですけど、その時はすごく手も震えていて、本当にNMBが大好きなんだって思って…。だから、NMBに関わった全ての人に、世界で一番私が幸せだって思えるような人生を送ってもらいたいと思っています!昨日からめっちゃ辞めたくなくなってきてる~!須藤さんも幸せになって~!」

更に木下は、卒業の噂が囁かれる山本に対し、「さや姉、やめんの?やめたらあかんで!頼むわ~!」と懇願。山本は「そのつもりは今はないですから。」と卒業を否定し、「ここで崩れるようなグループじゃないと思います。ていうか、崩させへんし、絶対!」と宣言。「みんなもう涙ふけよ!」とメンバー全員の気合いを入れ直し、ニューアルバム収録曲『難波愛』と『青春のラップタイム』を披露し、アンコールが終了した。
Wアンコールで『サササ サイコー!』を全員でパフォーマンスすると、VTRで、横浜アリーナ、日本ガイシホール、大阪城ホールと続くアリーナツアー決定のサプライズ発表!
「握手会とかで、関東や名古屋のファンの方に、こっちではやってくれないんですか?という声をたくさんいただいていたので、本当に嬉しいです!」と、涙を流す山本。



会場は歓喜の渦に包まれた。そして、湧き起こるトリプルアンコール。
『らしくない』を披露し、ステージを後にするメンバーたち。最後に残ったのは山本彩と須藤凜々花の2人。
須藤「キャプテン、NMBでよかったです。(ドラフト会議で)くじを引いてくれて、ありがとうございました!」
山本「こちらこそ、NMBに来てくれて、ホンマにありがとう!」
そう言葉を交わすと、2人は抱き合った。

難波愛に溢れた、サササ サイコーな神戸公演だった。

9月20日からアリーナツアーがスタート。その間には香港、台湾でのアジアツアー公演も控えている。彼女たちの難波愛を受け止めてほしい。


8/5(土) セットリスト

<NMB48 LIVE 2017 in Summer ~いつまで山本彩に頼るのか?Revenge~ > 18時開演@神戸ワールド記念ホール
*山本彩は欠席

影アナ 城恵理子
●映像
M1 僕以外の誰か(全員)*50人
M2 Don’t look back(全員)
M3 てっぺんとったんで!(全員)
M4 高嶺の林檎(全員)
  ~MC1:全員→市川・山尾・川上・吉田・久代
M5 サササ サイコー(彩加・上西・梅山・山田・岩田・溝川)
M6 嘆きのフィギュア(内木・須藤・林・古賀)
M7 MARIA(太田・村瀬・三田)
M8 遠距離ポスター(矢倉・城・久代・千尋・石塚・武井・明石)
M9 なめくじハート(安田・彩加・上西・山田・安藤・中川・溝川・岩田・梅山)
M10 ジッパー(渋谷・川上・大段)
M11 誘惑のガーター(吉田・植村・松村)
M12 制服が邪魔をする(市川・沖田・磯・山尾・西澤・森田・中野・水田)
M13 Blue rose(谷川・百花・本郷・清水)
M14 もう裸足にはなれない(加藤・堀・日下・井尻・東・石田・鵜野・小嶋)
M15 僕は愛されてはいない(白間)
  ~MC2:彩加・渋谷・矢倉・太田
M16 想像の詩人(城・山尾・大段・中野・松村・明石・石田・鵜野・森田・西澤)
M17 太陽が坂道を昇る頃(研究生)*11人
M18 夢に色がない理由(全員)
M19 虹の作り方(全員)
M20 努力の雫(全員)
  ~MC3:三田・西澤・井尻
M21 しがみついた青春(選抜)*16人
M22 オーマイガー!(全員)
M23 北川謙二(全員)*トロッコ:白間・太田
M24 イビサガール(全員)
M25 青春のラップタイム(全員)*トロッコ:吉田・矢倉・渋谷・彩加
  ~アンコール
EN1 まさかシンガポール(全員)
  ~MC4:全員
EN2 タンポポの決心(全員)
EN3 アリガトウ(全員)
  ~MC5:全員
EN4 届かなそうで届くもの

8/6(日) セットリスト

<NMB48 LIVE 2017 in Summer ~サササ サイコー~ セットリスト> 17時開演@神戸ワールド記念ホール

影アナ 梅山恋和
M1 僕らのユリイカ(全員)*51人
M2 ピーク(全員)
M3 HA!(全員)
M4 情熱ハイウェイ(全員) *トロッコ:山本・白間
M5 北川謙二(全員)
  ~MC1:全員→谷川・山本・加藤・白間・太田・城)
M6 プライオリティー(百花)*BD:林・本郷・岩田・溝川・小嶋・清水
M7 ハートの独占権(矢倉・村瀬)
M8 僕は愛されてはいない(白間)
M9 フィンランドミラクル(渋谷・市川・千尋)
M10 サササ サイコー!(彩加・上西・梅山・山田・岩田・溝川)
M11 ツンデレ!(谷川・内木・久代)
M12 初めての星(太田・植村・加藤・堀・城・須藤・磯)
M13 虹の作り方(山本・白間・吉田・沖田・川上)
  ~MC2:百花・沖田・村瀬・矢倉
M14 摩天楼の距離(チームN)
M15 そばかすのキス(チームM)
M16 大声ダイヤモンド(チームBⅡ)
M17 太陽が坂道を昇る頃(研究生)*11人
  ~MC3:磯・安田・植村・武井・上西
M18 夢に色がない理由 ~アカペラVer.(白間・渋谷・百花・明石・川上・山尾・山田・三田・清水・西澤・中野)
~MC4:上記メンバー
M19 Must be now(山本・石田・加藤・沖田・日下・東・堀・小嶋・安藤)
  ~dance time
M20 僕以外の誰か ~日下このみ振付Ver.(山本・白間・矢倉・彩加・谷川・渋谷・須藤・太田・植村・内木・吉田・久代・村瀬・沖田・加藤・城・千尋)
  ~MC5:上記メンバー
M21 ナギイチ(全員)
M22 イビサガール(全員)
M23 妄想ガールフレンド(全員)*トロッコ:山本・白間(スタンド席)
M24 場当たりGO!(全員)*トロッコ:吉田・太田・渋谷・彩加(アリーナ)
M25 らしくない(全員)
  ~アンコール
EN1 まさかシンガポール(全員)
  ~MC6:全員
EN2 難波愛(全員)
EN3 青春のラップタイム(全員)
  ~ダブル&トリプルアンコール
WEN1 サササ サイコー!(全員)
  ~MC7:全員
TEN1 らしくない(全員)



ネクストブレイクの期待大!個性溢れる5…

9月20日にメジャーリリースの天晴れ!…