初の全国流通シングル『ももいろファンタジー』をリリースした星乃ちろるの次の目標とは?【インタビュー】 (2/2)


ないのなら自分で作るしかないですからね



──ちろるさんって、本当に全国各地いろんな場所でライブをやっているんですね。

ちろる:そーなんですよぉ。今やっている「ファンタジーTOUR 2017」も、これまで足を運んだことのない場所へも行こうと組みました。じつは、あと5県ほど足を運べば、47都道府県すべての場所に足を運んでライブをやったことになります。これも、8年間の活動の積み重ねから来たものなんだなぁと感じてます。

──今って、せいぜいツアーを行うと言っても主要都市程度が当たり前じゃない。でもちろるさんは、アイドルたちがなかなか足を運ばない土地にまで積極的に足を伸ばし、ライブを行ってゆく。だから、各地にファンが生まれてるんでしょうね。

ちろる:自分が熊本県は天草近くの田舎育ちだから、とくにそう思っていたのかも知れませんけど。私、熊本県にアイドルの方がライブに来てくれるとなったら絶対に観に行ってました。それくらい、地元まで会いに来てくれることが嬉しかったんですね。だからこそ私も、twitterやツイキャス、SHOW ROOMなどを通して「会いたい」という声があったなら、極力会いに行く環境を作りたいなと思ってて。

──そういう気持ちを持っていても、みなさんなかなか行動へ移さない中、それを実践しているのはすごいことだなと思います。

ちろる:私、地方遠征に行くと、そこの土地の人たちは普段どんな暮らしをしてるんだろうとすごく知りたくなるから、時間がある限り町を歩くようにしてるんですね。日程に余裕があれば、プラス1日加えて観光地を巡ったりもしています。もちろん、その土地の美味しいご飯も食べたり。ライブでもみんなとそういう話をしたいし、少しでも地元の人たちと気持ちを共有したいから、私はそうしたくなるんです。ぜひ、これからもいろんな県の方、声をかけてください。イベントにも呼んでください。積極的に参加しにいきますから。

──ちろるさんの場合、その行動は海外にまで広がっているでしょ。

ちろる:海外公演もチャンスがあれば絶対に行くようにしています。過去にもシンガポールと台湾でライブをしてきました。とくに台湾公演は、私が「台湾でライブをしたい」とずっと言い続けたら、その話を耳にした台湾の方が連絡をくれて、それでライブをしに行けました。あと、アメリカでもライブがしたくって。でも、まったくルートがない。「だったら、まずは行っちゃえ」と実際に一人でNYまで行き、いろんな場所で路上ライブをしながら、そのルートを開拓してきました。そのときは「この日ならライブにブッキング出来る」と言われながら、すでに日本へ帰国している日だったから出来なかったんですけど。そうやって新しい出会いを作れたことは私の財産になっています。

──何事もゼロから物事を生み出してゆく。その積極性には頭が下がります。

ちろる:だって、ないのなら自分で作るしかないですからね。しかも、それを口に出して言うことが大事だなぁと思っていて。そう発言することで、自分の気持ちもその目標へ向かっていけるし。その発言をきっかけに誰かがお話を振ってくれるかも知れない。私は今、日本も含むアジアツアーをやりたいんですね。日本をスタートに、韓国・北京・香港・上海・台湾・マレーシア・シンガポール・フィリピン・タイ・ベトナムなどなど、いろんな国をまわってみたいです。

まだ行ったことのない県でライブを演ること

──現在もちろるさんは、全国ツアー「ファンタジーTOUR 2017」の真っ最中です。

ちろる:さすがに私、バンドの方々みたいに機材車を持っていなければ、運転免許さえ持ってないから、車に乗って毎日のように各地へ移動というのは不可能だし、週末だけ行っては帰ってきての繰り返しでツアーを行う形にはなっているんですけど。今回のツアーのテーマは「まだ行ったことのない県でライブを演ること」だったから、そのためにと一生懸命各地のライブハウスなど歌えそうな場所に連絡を入れ、今回のツアーを組みました。

 中には、アイドルライブを企画してないところもあったから、場所によってはバンドさんのイベントへお邪魔する形もあれば、私の企画意図を汲んでくれて、私のためにイベントを企画してくださった場所もあります。地方公演の場合、アイドルイベントを待ってても正直難しいこともあるので、そこはみずから積極的に動くようにしています。

──移動は、何時もどうしてるんですか?

ちろる:よくバスは使ってます。しかも、細かく乗り継ぎの行程を組みながら向かっています。私、いつも20kgくらいのトランクを持って移動してるんですけど。地方になればなるほどエレベーターはなく階段ばかりだから、けっこう大変です。一度、トランクごと階段から落ちたこともありました。あとバス移動中の乗り継ぎも、少しでも遅れたら乗り継ぎの予定が狂ってしまったり。逆に、次の移動まで3時間待ちとかあったり。そういうのも含め、私は移動も楽しんでます。

──それ、ドキュメンタリーにしたら…

ちろる:めっちゃ面白いですよ。ぜひ、企画したいです!!


「150人動員したらアルバムを作ります」という目標

──9月12日には、最新シングル『ももいろファンタジー』が発売になります。全国流通盤は、今回が初になるんですね。

ちろる:これまでは、自分の足で直接お届けする手売りを大切にしてきたんですけど。全国流通盤は、私のみならずファンのみなさんの夢でもあったから、その夢をようやく果たせることが出来て嬉しいんです。まさに、8年間の想いの詰まった作品になりました。

──しかも『ももいろファンタジー』のMVは、『片想いSIGNAL』『NON STOP』と作り続けてきたMV三部作の完結編になりました。

ちろる:3年間かけて作ってきたシリーズが、ついにここで完結します。『ももいろファンタジー』は恋愛の歌だから、女性にも聞いて欲しいなと思っています。楽曲もポップだから、一度聴いたらずっとメロディが頭に残れば、ダンスも含め年齢層幅広く楽しんでもらえる楽曲になりました。

──C/Wには、ファンたちへ向けたナンバー『to Stars』を収録。

ちろる:以前に発売したミニアルバムに一度収録しましたが、作品自体が完売してしまい、ようやく今回みなさんの手元へ届けられることになりました。『to Stars』は、ワンマン公演の一番最期に、ファンの人たちへ向けて歌う曲。ファンの人たちのための歌だからこそ、改めて音源化できたことで私自身も胸熱だし、ファンのみんなも胸熱な気持ちで待っててくれてるのが嬉しいんです。

そしてもう1曲C/Wに入れた『ハッピーバースデー』も、みんなと出逢えたのは、こうやってお互いに生まれたことから。そんな「生まれてくれてありがとう、出逢ってくれてありがとう」という気持ちを込めて歌詞を書きました。私としては3曲ともA面という気持ちだから、どの歌も聞いていただけたら嬉しいです。

──来年1月7日には、渋谷VUENOSを舞台に生誕ワンマン公演を行うことも発表しました。

ちろる:今回は、「150人動員したらアルバムを作ります」という目標を掲げています。私も、ファンのみんなもずっと求めていたアルバムを作るためにも、絶対に動員150人を達成したいです。その目標を達成できたら、今度はアルバムを持って全国ツアーもしたいなと思っています。その夢を現実にするためにも、ぜひライブに来てください!!

──つねに、ファンの人たちと一緒に目標へ向かって走り続けている。その姿勢は、これからも変わらないんでしょうね。



ちろる:こうやって、毎回新しい挑戦を掲げ向かっていけるのも、8年間ファンの人たちの気持ちを大切に活動を続ければ、ファンの人たちも私のことを一生懸命に支え続けてきた、その関係性があるからだと思います。その絆を、これからも互いに大切に育みながら、ずっとファンのみんなと一緒にアイドル活動を続けていきたいなと思ってます。

星乃ちろる 最新情報

ライブ情報

1月14日(日)大阪SHOVEL
1月15日(月)東京目黒LIVE STATION
1月20日(土)青森Be onespace222
1月21日(日)秋田CLUB GEL

全国制覇に向けて初めての青森、秋田ライブ決定!
大阪、東京でもライブがあります。

配信情報

毎月公式ニコニコ生放送の番組
『熱血!星乃ちろる塾』開講中!
1月23日(火)19:00~

リリース情報

新曲『無限エイト』各配信サイトにて
ダウンロード販売中!

―セットリスト―
『ももいろファンタジー』
『片想いSIGNAL』
『NON STOP』
『Under the sun』
『どきどき☆リズム』
バンドパート
『心の音、心ノート』
『GO!』
『アナザーワールド』
『カラフルdays』
『心の雨』
『晴れのち、ハレ』
『虹のむこうへ』
『無限エイト』
『Step Up!!』
-ENCORE-
『ハッピーバースデー』
『to Stars』       

星乃ちろる Profile

■公式サイト
http://hoshinochiroru.wixsite.com/chiroru

■オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/chiroru-hoshino/

■Twitter
https://twitter.com/chiroru_h?lang=ja


べボガ!と4文字テーマトークなう。って…

アイドルリレーコラム:人間のダメな所や…