AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017 笑わないアイドルが見せた笑顔と涙【ライブレポート】

9月24日、日本ガイシホール(愛知県名古屋市)で行われた「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017~絆は拳から生まれる!~」。 HKT48の荒巻美咲と運上弘菜のユニット「fairy w!nk」(フェアリーウインク)が優勝し、メジャーデビューが決定した。 今回は、大会のハイライトと、終演後の囲み会見の模様をほぼノーカットでレポート! ⒸAKS

2017年10月24日


この記事の目次
  1. ・ミニライブでメンバーがファンのもとへ!
  2. ・圧巻だった北原里英のヒールっぷり
  3. ・fairy w!nk「知名度と人気を上げて21世紀のWinkに!」
  4. ・AKB48 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・AKB48 Profile

ミニライブでメンバーがファンのもとへ!

 8回目となる今年のじゃんけん大会は、昨年までの個人戦ではなくユニット戦。メンバー同士がグループ、先輩・後輩の垣根を越えて、自由にユニットを結成し(ソロも可)、全ユニットが予備戦から戦うという初めての試みだ。

 予備戦には108組325人が参加。48組157人が本選出場を果たし、A~Dブロックに分かれて対決!各ブロックを制したユニットがベスト4で激突し、優勝したユニットはメジャーデビューという事前発表だったが、当日、2~4位のユニットもそのカップリングとしてオリジナル曲とMVも制作されることが発表された。

 客席は各ユニットごとの応援席に分けられ、応援するユニットがじゃんけんをする時のみ、立って応援するというスタイルに。

 じゃんけん大会の前にはミニライブを開催!『#好きなんだ』(AKB48)からスタートし、『意外にマンゴー』(SKE48)では出場メンバー全員が登場。続く『まさかシンガポール』(NMB48)から、『キスは待つしかないのでしょうか?』(HKT48)、『Maxとき315号』(NGT48)の3曲は、メンバーがアリーナとスタンド席へと散らばり、自分たちの応援席付近でパフォーマンスするという大サービス!ラストは全員がメインステージに戻り、『チャンスの順番』(AKB48)で締め括り、大いに盛り上がった。


圧巻だった北原里英のヒールっぷり


ⒸAKS

 そしていよいよ、じゃんけん大会が開幕!
詳細はこちらhttps://utaten.com/news/index/12466 をチェックしていただくとして、ここではハイライトシーンを振り返る。

パンダのぬいぐるみと、32個の風船を手に登場したSKE48の白井琴望(14)。モニターに映し出された応援席のファンは皆、パンダのお面をかぶっていた。異様な光景だったが、その一体感や良し!白井琴望=パンダ好きというキャラを印象づけた勢いのまま、Aブロックを制した。

BブロックではAKB48の久保怜音(13)、SKE48の小畑優奈(15)、NMB48の山本彩加(15)、HKT48の松岡はな(17)と、各グループの次世代エースが集結した奇跡のユニット「ニコニコ」が登場し、大声援を浴びるも3回戦で敗退。“笑わないアイドル”として「21世紀のWink」を目指す、HKT48の荒巻美咲(16)と運上弘菜(19)が勝ち上がった。

Cブロックでは、決勝戦でNMB48の矢倉楓子(20)と村瀬紗英(20)の2期生コンビ「ふぅさえ」が、柏木由紀(26)・指原莉乃(24)・峯岸みなみ(24)の大御所トリオ「サンコン」の“圧”に屈せず、勝利をもぎ取った。

Dブロックを制したのは、大家志津香(25)・宮崎美穂(24)・北原里英(26)の3人組ガールズバンドという設定の「kissの天ぷら」。北原里英のヒールっぷりが圧巻だった。2回戦で、「さくらんぼの妖精」こと、同じNGT48の菅原りこ(16)に対し、「りこが勝ち上がって来たら、NGTの先輩である私がぶっつぶそうと思って。」と煽った。そして、地元の大応援団のエールをパワーにして、決勝まで勝ち上がってきたSKE48の9人組「栄6期生」に対して、「名古屋のこの会場をガッカリさせてやるぞ~!」とコメントし、大ブーイングを浴びると、「私も愛知県出身なのに…」と呟き、しっかり笑いを取った。彼女が愛知県出身で、かつてSKE48のメンバーとしても活動していたことは、ファンも周知の事実。大ブーイングは彼女がイベントを盛り上げるために発したコメントにファンが応えた形だ。今大会で最も印象に残るシーンだった。

準決勝ではfairy w!nkが白井琴望を、ふぅさえがkissの天ぷらを撃退し、博多のfairy w!nkと、難波のふぅさえによる2人組同士の決勝戦へ。緊張感が漂うステージで、栄冠を勝ち取ったのは、fairy w!nkだった。

笑わないアイドルでも、勝利の瞬間は笑顔を見せた2人。「緊張したんですけど、勝てて嬉しいです。」と語る荒巻の頬を、美しい涙が伝った。

48グループ総監督の横山由依が総括しようとしたところで、AKB48グループの第3回ドラフト会議が来年1月に開催されることがサプライズ発表され、最後は全員でHKT48の『最高かよ』を大合唱。3時間以上に及ぶイベントは幕を閉じた。

次ページ : fairy w!nk の囲み会見へ

誰でもアイドルになれる時代だから、誰で…

『ドラゴンボール超』のEDが、ばってん…