強く美しく羽ばたく平均年齢15歳のアイドル「風光ル梟」がメジャーデビュー!【インタビュー】 (2/3)


全曲MisakiP作詞のデビューミニアルバム



──では曲について伺っていきますね。全曲MisakiPの作詞ということですけど、制作はどのくらいから始められたんですか?

Misaki:結成と同時くらいの4月とか5月くらいのからデモを作り始めて、レコーディングを始めたのはみんなの夏休みなんで、7月くらいでしたね。


──夏休み中でレコーディングをされたということは割と短期間で。

Misaki:そうですね、なのでみんなイベント終わって歌詞書いてっていう毎日でした。


──いろんなテイストのメロディーや歌詞がありますけど、“こう言う曲を書いてみたい”っていう想いがMisakiさんの中にしっかりあったような?

Misaki:そうですね、『翼-TSUBASA-』っていう曲とか、『梟伝説』っていう曲とかはこのチームのテーマだったり、名前になるような1曲になればと思いながら歌詞も書いたんですけど、“梟”の要素をちりばめたくて翼をイメージしたりした曲にしました。
リード曲の『翼-TSUBASA-』は“強く美しく羽ばたいていく”っていうテーマどおりの歌詞と振り付けとミュージックビデオになったかなって思っています!


──『上京Story』は皆さんらしいような楽曲だったり。

Misaki:そうですね、みんな地方出身なんで、だからこそ共感できるというか、さらに想いを伝えたい曲でもあるし、そんな想いを抱いて夢に走っている人も多いと思うので、聴いていただいて、心に残る曲になればなと思っています。


──この曲たちを始めてMisakiPから渡された時の感想って皆さんいかがでしたか?


カノン:はい!私の中で1位2位を争う曲が、『翼 -TSUBASA-』と『上京Story』なんですけど、『上京Story』はラップ調な曲になっていて、初めてのラップに挑戦したんですけど楽しくて、歌詞も自分にぴったりだなって思うし、皆さんにも歌詞に注目して聞いてもらいたいなって思ってます。
曲を聴いた時はMisakiPが仮歌も入れてくれてるから上手すぎて、どんな感じになるんだろうって想像がつかなったです。

Misaki:そうなんです、全曲仮歌も。だから『トキメキ♡バレンタイン』1人でやるのちょっと恥ずかしくて(笑)。

全員:(笑)


──Misakiさんのクールなイメージから想像できないような曲も3曲ほど…(笑)。

Misaki:そうなんですよ(笑)。『翼 -TSUBASA-』も意外と、2番で「ペロペロキャンディー」とか出てきたりします。


──メンバーのイメージもあった上で、こういった曲を書こうと?

Misaki:そうですね、実際メンバーが話ししてるのを盗み聞きしながら、そのワードを散りばめたり(笑)。
サビは王道な伝わりやすいものになっていると思うんですけど、メロで今っぽい“It”なワードを詰め込めたらメンバーの等身大な歌詞になるんじゃないかと思って、すごく意識して書きました。


──なるほど。

Misaki:『夢の国』では自分の中の裏テーマとして『学園天国』を今っぽく書けないかなって思いながら書きました。なのでそれを知った上でまた聴くと、“なるほど”って思えるところがあるかもしれないです。


──メンバーの皆さんもこういった話は聞いていました?

カノン:現代っぽい言葉を使ってるっていうことは聞きました。今聞いて、なるほどなって思いました!


──『夢の国』の「君のバカ!!」ってフレーズ、めちゃめちゃかわいいですよね!

Misaki:(照)。この曲は書いた時からほとんど修正してないんです。『トキメキ♡バレンタイン』もほぼ修正ないかもしれないです。


──意外とかわいい歌詞の方が書きやすかったり(笑)。

Misaki:そうかもしれないです(笑)。『上京Story』とかは、レコーディングの時にみんなの声を聴いてみて、やっぱり今みたいなメロラップにしたほうがいいなって変えたところです。


──へぇ!すごい!!

美心:MisakiPでよかったなって本当に思ったのが、レコーディングに入った時にお手本を歌ってくれたりとか、歳が近いから相談しやすかったりとかするところでした。本当に頼れるので、最高です!


──『上京Story』とかはじゃあ結構時間がかかった曲だったんですかね。

Misaki:そうですね、あとは『翼 -TSUBASA-』も、10パターンくらい書いてたんで時間はかかりました。


──10パターンの中で、何がポイントで今の歌詞になったんですか?

Misaki:1番シンプルで判りやすいものを選びました!もっと言い回しに凝ったやつとか、日本語のスラングみたいなものを作って書いた歌詞もあったんですけど、それよりやっぱりまっすぐに伝わるものがいいんじゃないかと思って最終的にはそこを基準に選びました。


──『翼 -TSUBASA-』ではMVも作られているんですよね、撮影は楽しかったですか?

全員:楽しかったです!

カノン:ドローンで撮ったんですけど、みんな初めてドローンを見たのでずっとテンション上がりっぱなしでした(笑)。


──みなさんでいる時は本当に学校みたいな感じなんでしょうね!

Misaki:そうなんですよ、30分に1回は「お腹すいた」って言われて。


──ママ!

Misaki:差し入れとかもれなくすぐなくなるんです。この間も楽屋にあったみかん10個くらいがすぐなくなってました。ライブしたの20分なのにみかん10個瞬でなくなるってヤバくないですか(笑)!?


──育ち盛りですね(笑)。

全員:(笑)


──MVの見所はやっぱりダンスパートですかね!?

Misaki:結構頑張って揃えたよね!こりんとか早いパートが苦手だったからすごい練習頑張ったよね、どうだった?

琳美:なんか、いつもよりMisakiさんがちょっと厳しかった…。

全員:(笑)


──MisakiPは怒ると怖いですか?

琳美:いや、いつもが優しすぎて、あれって(笑)。

Misaki:もう親みたいになってきているんで、テストの点数が低くても最近怒ってます(笑)。


次ページ : やっぱり歌詞についても聞いておかないと!

アイドルが滋賀に集結するライブ、SHI…

ちょこ魔法るん、KYUSYU IDOL…