【インタビュー】LinQがライブで披露している『SUMMER SWITCH』について激トーク!! (3/3)


『SUMMER SWITCH』の好きな歌詞、全員一致なるか!?

──歌詞の中で一番好きなフレーズを、いっせいのーで指さしてください!

全員:せーのっ!!(歌詞を指差す)


──…同じ所を選ばれた方はいますか?

新木さくら:誰もいないです(笑)。

海月らな:私は「貴方そばで嘘のように笑ってた。」が好きです。私、歌があんまり上手くないんですよ。ここの箇所って歌がゆったりしたり所なんですが、メンバーの3人がメロディアスに歌い上げてくれるので、とても憧れるんですよね。歌詞じゃないですね、ただの憧れです(笑)

新木さくら:私は「君が名前を呼ぶから入る恋のSWITCH♡」です。男女問わずなんですけど、「さくら」って呼ばれることにめちゃくちゃキュンと来るんですよ。今は普通に「さくら」って呼ばれる事が多いからあんまりないんですけど。小さいときは親や友達から「さーちゃん」って呼ばれてて、高校ぐらいから「さくら」って呼ばれるようになったので、女の人からも男の人からも「さくら」って呼ばれたらキュンって来るんですよね。それを妄想していく中で、「君が名前を呼ぶから入る恋のSWITCH♡」はいいなって。

小日向舞菜:「1番好きな人と過ごす夏になれ」です。真夏ではなくて、今の時期から歌っていても、夏の事をワクワクしながら歌っているとこの夏どうなるんだろう?って考えながら歌った最後のサビの所で、一番好きな人と過ごす夏になれっていいじゃんって。練習している時から、めっちゃ良いフレーズだなって思っていたんです。

坂井朝香:私は「寄せくる波が二人の距離をちょっと近づけて」です。この歌詞って想像がつくじゃないですか?海辺で二人がまだ仲良くなれていない段階ででも、波とかが来て「きゃー!」ってなったりもするじゃないですか。そういうの見ているとなんか可愛いなって思えるし。そういうピュアな部分がいいなって。

吉川千愛:私は「君の笑顔にまたやられてる入るSWITCH♡」です。朝香が言っていた歌詞の状況の後に、私の恋のスイッチが入るっていう感じです(笑)。好きな人の笑顔にやられるっていうのはやっぱりありますよ!なのでそこの部分が一番印象的でした。なんか浜辺でキラキラしている感じがします。

高木悠未:私は、最初「あ~後悔したくないし(一度きりだからSummer Time)」が好きだったんですけど、吉川さんの意見を聞いてから吉川さんと同じ場所が良いなって思いました(笑)。私笑顔フェチなんですよ。なので、笑顔をされるとやられちゃう。だから笑顔について歌っている君の笑顔にまたやられてる入るSWITCH♡」がいいですね。でも、ライブのときに「あ~後悔したくないし(一度きりだからSummer Time)」はブスくれながらも表情を作って、歌ってます。

安藤千紗:私は「あんた私のこと好いとーと?」です。好いとーと?って福岡ではあんまり言わないというか、歌詞にないと言わないんですよ。福岡の人は好いとーと?って言わんやんってなると思うんですが、遠征先とかで歌詞を聴いたときにうわーってなったし、ここは私と朝香さんが歌っているので、単純に嬉しかったなって思いました。


福岡DRUM LogosのワンマンをSOLD OUTに!

──では、そんなみなさんの今後のライブの告知をお願いします!

吉川千愛:9月1日に、福岡なんですけどDRUM Logosっていうキャパが900人入る会場で、ワンマン公演をやります。9月9日を勝手にLinQの日って決めてて、自分たちは1000人キャパの箱を目指したいという事で、箱を選択していたんですが、もう既に箱がなくて…。なので、9月1日にDRUM Logosだけ空いていたので、そこになりました。900人のキャパなんですけど、999円で入れるっていうライブになっているので1000円以内で入れます。自分たちで決めた目標だし、絶対ソールドアウトさせたいっていうのが今の目標なので、対バンとかでも今から手売りしたりしています。

高木悠未:1000円だったら行こうかなとか、友達に誘われたから行こうかなっていうのもあると思うし。

小日向舞菜:ためしにちょっと見てみようかなって感覚もあるかなって。

高木悠未:福岡の人や東京の人や、それ以外の人にも気軽に来て欲しいライブですね。


──遠征で福岡に来る人のために、会場近くの観光スポットを教えてください!

安藤千紗:ラーメン屋さんがいっぱいあります。

吉川千愛:山ちゃんラーメンがライブハウスの近くにあります。あとは、ShinShin天神っていうラーメン屋さんです。将丸っていうラーメン屋さんもおすすめです。

安藤千紗:あとは、夏になるとDRUM Logosの近くにかき氷屋さんがあります。

吉川千愛:氷屋さんのかき氷なんで、めっちゃ美味しいです。

新木さくら:私たちも練習の合間とかに食べに行ってましたね。

坂井朝香:「イタレヴィーノ」っていうイタリアンのお店も良いですよ。うちの会社がやっているんですけど、そこもぜひ来てほしいです!!

小日向舞菜:割と街中にあるので、色々な所に行けると思います。


──ライブのセットリストはもう考えているんですか?

吉川千愛:まだですね。

高木悠未:いつもLinQは、ホールでやることが多いんですが今回はライブハウスで行うので、ホールの見せ方とハウスでの見せ方が違うかなって思ってます。密着型で楽しめるようなセットリストでお送りしたいなと。あとは面白い事をしたいので、メンバーで考えています。


──次のリリースを楽しみにされている方も多いと思います。新生LinQで、今後歌ってみたい曲を教えてください。

坂井朝香:共感できる歌詞がある歌がやりたいです。LinQの曲ってLinQを歌っている曲が多いし、応援ソングとかが多いんですよ。普通に聴いてて共感できる恋愛や、友達の事を歌っている曲とかも欲しいなって思いますね。

吉川千愛:比喩を多かったりする曲があるので、自分たちでもどういう意味なんだろう?ってなる事が多いんです。だからストレートに行く感じが今までになかったので、ストレートもありかなって。あと、個人的にはロック調の曲もやってみたいなって。1曲「Fighting Girl」っていうロック調の曲は既にあるんですが、この7人でロックな感じに仕上げたらどうなるんだろう?って。

高木悠未:あと、一人一人をフューチャーしたメンバー紹介もやりたいです。大人数のメンバーのときに、メンバーの名前を必ず入れるっていうパートがあったんですけど、今は7人なってしまったので、7人を紹介し合えるような感じをやりたいです。


──UtaTenの読者にメッセージをお願いします。

新木さくら:UtaTenをご覧の皆さん、初めましてLinQです。

私たちは7人で活動しているんですけど、みんな顔がめちゃくちゃ可愛いので!女の子は可愛い子が好きだと思います(笑)私たち自身もこれからもどんどん女性のファンとかを増やしていきたいと思っているので、LinQが来るときはぜひライブだけでも見にきてもらえればと思います。

個人個人Twitterなどもやっているので、チェックしてフォローして欲しいです。そして9月1日のライブも福岡に住んでいる人は特に遊びに来て欲しいと思います。




TEXT:愛香
PHOTO:橋本美波

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
6/17 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


【10周年記念動画】風男塾

【ライブレポート】東京女子流が、5月の…