【インタビュー】PassCode「これから一筋の光を掴みにいく」表現の幅を広げた新たなる姿 (2/2)



夜空に星が浮かんでいるのを想像して歌いました

──新作では、今までと違う意識の仕方はされたのでしょうか?

大上 陽奈子:『Ray』は自分の等身大みたいな感じで歌えたのかなって思うんですけど、『UNTILL THE DAWN』と『TRICKSTER』のカップリングの方がカッコつけたというか、曲のイメージに合わせて歌いました。『Ray』はとても気持ちよく歌えましたね。

今田 夢菜:『Ray』の歌パートは、夜空に星が浮かんでいるのを想像して歌っていました(笑)
手を組みながら夜空に向かっている感じです。でも割とそっちの声の方が、自分の元々の声にあって歌いやすいんです。カップリングの曲のシャウトは一言だけ地声で、そこから急にシャウトに切り替えてって言われりもしました。

『UNTILL THE DAWN』に出てくる「RESTAERT」の「リ」だけを地声で、「スター」はシャウトをするっていうのを初めて挑戦しました。その時はまだしっくりきていなかったんですが、作曲家の平地さんは「めっちゃいい!」って褒めてくれて。
「ほんまにいいんかーい」って思ったりもしたけど、めっちゃカッコよく曲を仕上げてくださったので、これからライブでもシャウトが出せるようにしたいと思いました。


──そういうシャウトのやり方があるんですね。

今田 夢菜:初めて知ったんですけど、シャウトをずっとやっていると出し方とかに飽きがきちゃうんですよね。最初の頃は高いシャウトが出て、低いシャウトが出なかったんですけど、最近は低いのしか出ないのでバリエーションを増やしたいなって。そのときに平地さんから「地声からシャウトに変えて欲しい」って言われたので、課題が出来て良かったなって思います。


──喉の調子を保つのは大変ではありませんか?

今田 夢菜:あんまし喉に関しては考えてないですね(笑)


──『UNTILL THE DAWN』の「後悔と一緒に溺れてく」っていうフレーズの「に」の所が、一瞬息っぽい感じになっている感じがしました。色っぽいような。

大上 陽奈子:ここ南のパートなんですけど、表現の仕方が音源に表れるタイプなんですよね。なので、そういう息の使い方も出来るんだと思います。


二人の驚きの才能とは…?

──「誰にも負けないことが必ずあるからそれをまた才能と呼ぶのです」という歌詞にちなんで、お二人の自分で思う才能を教えてください。

今田 夢菜:シャウトですね(笑)他は、なんもできないです。

大上 陽奈子:私は何でもおいしいと感じる所ですね(笑)

今田 夢菜:ちょっと変わったもんを食べているし、ご飯全般を美味しそうに食べるんですよ。人が選び難い、これとこれを混ぜて食べる?って思うような事をしたりするので、凄い才能があります(笑)


──面白い才能ですね!!気になります!

大上 陽奈子:この前良いのを発見してツイッターにも書いたんですけど、マシュマロと生のキャベツを一緒に食べると凄く美味しいです!


──ええ!!それに味はついているんですか?

大上 陽奈子:味は何もつけないで食べます。(笑)なんか友達の家でクレープパーティーをしていて、材料がマシュマロとキャベツの両方があったんです。それで思わず食べてみたら案外美味しくて!

今田 夢菜:そういう所がよくわかんないですよね。(笑)


──今田さんは、キャベツとマシュマロを合わせた食べ方はされたんですか?

今田 夢菜:いや、してないです!(笑)

大上 陽奈子:美味しいんでぜひ食べてみてください。


──その中でも一番大好きな食べ物はありますか?

大上 陽奈子:コロッケです。前はいくらが好きだったんですけどね!


──『UNTILL THE DAWN』でピックアップしたい部分は?

大上 陽奈子:英語の部分を自信たっぷりにいきって歌っているんで、そこの部分が好きですね!ライブでも物凄い、いきり顔をしようと思います。普段仮歌のときに、平地さんが歌ってくれるんですけど、この曲は違います。この曲はシャウトをしてくれる仮歌の方が歌ってくださっているんですよね。いつも英語の翻訳をしてくれている方なんです。ちなみにおじさんなんですけど、その方が歌うラップが脳に染みついていて、レコーディング中もその方になりきっていました。


──仮歌が男性だとなりきれるんですね。

大上 陽奈子:平地さんは男性っていう感じがしないですね。キーとかも結構高い所が出ていらっしゃるので。

PassCodeの時は、押し殺さんぞ!っていう気持ちでいます。

──『TRICKSTER』はみなさんっぽい歌詞なのかな?って思いました。この曲の歌詞はどう捉えていらっしゃいますか?

大上 陽奈子:いつものPassCodeっぽいなって思いました。結構社会に反する歌が多いので、これもまさにそのような感じかなって。


──『TRICKSTER』の中から好きなフレーズを教えてください。

今田 夢菜:今田は、「さぁ押し殺してもしょうがない」です。日本語の歌詞は意味がわかるので、深く刺さりますね。

大上 陽奈子:大上は「無表情 無感情のマネキンみたいにはなりたくない」です。


──PassCodeとして活動している時の自分じゃない自分も、この歌詞に共感できますか?

大上 陽奈子:いや、私は気が弱いです(笑)でもPassCodeの時は、押し殺さんぞ!っていう気持ちでいます。


──7月にツアーが始まりますが、このライブに向けての意気込みをお願いします!

今田 夢菜:去年も対バンツアーをさせてもらったんですけど、ちょっとジャンルが違うアーティストさんとも一緒にやるので、凄いお客さんの層も違うし、盛り上がり方も違うんです。なので、それぞれのお客さんが楽しめるようにやりたいと思います。


──対バンのときは、ワンマンの時とセットリストは違いますか?

今田 夢菜:多少考えはするんですけど、でもやっぱり自分たちのPassCodeっていう所は出していきたい。軸はPassCodeのセットリストやぞ!っていう気持ちでやっています。


──一緒に対バンされるバンドさんは、私たちもこの人たちとやってみたい!と声に出されるんですか?

大上 陽奈子:出したりもしたりとかしますし、今回の方はスタッフさんがおすすめしてくれた方ですね。2マンをやった事があるアーティストさんも結構います。


──対バンされたバンドさんにはどういう反応をされますか?

大上 陽奈子:今田のシャウトは凄いって言ってくれますね。メンバーからしてもそこは誇りです。


──ワンマンツアーが秋から始まりますが、そちらはどんなツアーになりますか?

大上 陽奈子:アジアを含めて19公演あるのですが、今回初めて韓国にも行きます。2デイズあるので、どうなるかが予想は出来ないのですが、SNSとかでも韓国語やタイ語でコメントをくれる方が沢山いらしています。向こうでも待っていてくれる方がいるんだなという事がわかるので、早く会いにいきたいです。

あと、日本はツアーファイナルがZepp DiverCityなんです。ここは2年前の夏にメジャーデビューしますと発表した場所なんですが、その時はバンドセットでライブをするのも初めてだったので、「Zepp DiverCity頑張るぞ!」っていう気持ちでいたけど、メンバーの中では後悔が残ったり、悔しい思い出もありました。今回はリベンジのような気持ちで出来たらと思います。


──また、サマーソニックにも今年出られるそうですが、こちらの見どころも教えてください。

今田 夢菜:サマソニに出れるとは思っていませんでした。2年連続は出れないという話を聞いたことがあったので、今年はないかと思っていたんですけど、LINEで「今日の12時に発表されます」という内容が来てたんです。また去年よりも上回った景色を見たいので、お客さんを沢山取り込みたいと思います。

大上 陽奈子:このシングルを聴きつつ、ライブでのってほしいです!!ぜひ遊びにきてください。

Text:愛香
Photo:片山拓

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
6/17 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

【ライブレポート】東京女子流が、5月の…

【10周年記念動画】alom