【ライブレポート】手羽先センセーション、QUATTROワンマン大成功!“イタダキ”を更新!

このアーティストの関連記事をチェック

強がりセンセーションの妹分、手羽先セン…

手羽先センセーション斉藤まなかの「至高…

2018年が6月21日、名古屋CLUB QUATTROにて『手羽先センセーション 2ndワンマンライブ「イタダキ▲センセーション」』が開催された。 手羽先センセーションは2017年6月21日にデビュー。名前の通り、名古屋を拠点に活動しているアイドルグループである。本公演は彼女たちのデビュー一周年記念を兼ねており、新衣装のお披露目と、動員に応じた曲数の新曲が披露されることが告知されていた。
公開日:2018年6月27日 更新日:2018年6月27日

この記事の目次
  1. ・新体制の手羽セン、史上最強のアイドルへ
  2. ・ライブ動員目標数を達成、新曲『君キミ、恋病』も披露
  3. ・“イタダキ”の形が更新された圧巻のライブ
  4. ・セットリスト
  5. ・手羽先センセーション Profile

新体制の手羽セン、史上最強のアイドルへ


数えきれないのほどのアイドルグループが上を目指し、毎日様々な場所でライブが行われている現在。「どうしたら自分たちを見つけてもらえるのか」、ライブを中心に活動しているインディーズアイドルなら誰しもが悩むことであろう。

手羽先センセーションも例外ではない。
メンバーの卒業に伴い2グループ制が廃止され、新体制としての活動が今年の3月にスタート。新体制スタート当初は上手く歯車がかみ合わず、スムーズなスタートを切ることはできなかった。

QUATTROでのワンマンライブ開催を発表された時の気持ちをメンバーに振り返ってもらうと、6人中6人が「嬉しさよりも不安の方が大きかった」と答える。


それでも負けん気の強い彼女たち。このままじゃ終われない――「東海アイドル万博 前夜祭バトル」、「関ケ原唄姫合戦 予戦会」と2回のバトルイベントへの参戦を通して気持ちをぶつけ合った。参戦したバトルイベントは2回共に優勝(「関ケ原唄姫合戦 予戦会」は名古屋地区優勝)を勝ち取り、息を吹き返すどころか手羽セン史上最も強いチームとして生まれ変わった。


ライブ動員目標数を達成、新曲『君キミ、恋病』も披露


一つのチームとして迎えることができたワンマンライブ。新しい入場SEのカウントダウンがゼロを告げ、『ウノウクノウカノウサノウ-手羽センver.-』でパワフルにライブの口火を切った。曲中にはメンバーが積極的に観客を煽り、一体感を高めると共に熱気を引き上げた。

ライブ中盤ではライブの動員数の発表へ。メンバーの手には動員数が書かれたパネルが持たれていた。一桁ずつ数字がめくられる。客席からも緊張した空気が流れた。


目標の302名を超え「311名」を動員したことが発表され、会場中が喝采に包まれた。ステージ上のメンバーは泣きながら抱き合い喜びを分かち合った。動員発表の後は、『この空は続いている』『小さな冒険者』、そしてサプライズで用意された新曲3曲目『君キミ、恋病』が披露された。


さらに、本公演のライブDVDの発売と、2019年1月にReNY limitedでのワンマンライブもサプライズ発表され、メンバーは動揺しながらも「来年までにパワーアップした手羽センを見せたいですね。みんなで高め合いましょう!」と意気込んだ。


“イタダキ”の形が更新された圧巻のライブ


アンコールでは彼女たちの代表曲『始まりのシグナル』をアコースティックver.で披露。メンバーは会場に集まる311名ひとりひとりの目を見ながら歌い、途中涙するシーンも。

リーダーの森田陽菜は「手羽センとして壁にぶつかったときに、この曲に何度も助けられました。誰にも気づかれなくても手羽センとして壁を這い上がろうとする気持ちは、きっとこの先の手羽先センセーションに残り続けるだろうから、自分たちなりの軌道を残していこうという気持ちでここまでやってきました」とコメント。

続けて同じく一期生の神谷美玲は「手羽センに入って180度変わりました。最初はみんなについていくことに必死で…この始まりのシグナルと共に成長できたと思います。私は手羽先センセーションでもっと大きくなりたいです」と決意が語られた。


今回のライブで、手羽先センセーションにとっての“イタダキ”の形が更新されたように感じた。グループの中で何かが大きく変わり始めている。強さと弱さが共存する手羽先センセーションならではの成長なのだろうか。今後も楽しみに思えた一周年ライブだった。

PHOTO:Ayumegadewi Kubota / ミヤタショウタ
★ミヤタショウタTwitter


セットリスト

00. SE
01. ウノウクノウカノウサノウ
02. きみがとまんないっ!!!
03. 虹色のキャンバス
04. 空色スタートライン
05. ハピピピパーリーナイト
06. この空は続いている
07. 小さな冒険者
08. 君キミ、恋病
09. 始まりのシグナル
10. I'm Believer
11. あしたのはなし

(アンコール)

01. 始まりのシグナル_アコースティックver.
02. この空は続いている
03. 小さな冒険者
04. 君キミ、恋病

【インタビュー】たこやきレインボーは合…

【インタビュー】新体制スタート!「東京…