【インタビュー】ラストライブ直前!チャオベラ12年間のアイドル活動を振り返る! (2/2)




最大のハプニングは?

――では、あと2テーマいきたいと思いますので、残ったテーマの中から、好きなものを選んで下さい。

橋本:これがいいんじゃない?<最大のハプニング>!結構やらかしてきましたから。でも、最大といえば何だろう?

ロビン:横浜BLITZの脱皮事件とか?

――脱皮事件?

橋本:横浜BLITZで、アプガとのツーマンライブがあったんですけど、1曲目が『りぼん』っていう私のソロ曲だったんです。

その時の衣装がスカートにワイヤーを入れているようなドレスで、その衣装を途中で脱ぐっていう演出だったんですけど、お腹に力を入れた瞬間、マジックテープがビリビリビリッて外れちゃって、歌い始めてすぐ、スカートが脱げるっていう事件がありました。

ロビン:リハーサルの時もそうなっていたから、もし本番でそうなったら、みんなで脱ごうねっていう約束をしてたんです。でも、あまりにも早かったから、衣装さんがこんなに素敵な衣装を作ってくれたのに、まだ脱ぐのは早いと思って、みんなで裏切りました(笑)

橋本:私、前にいたので、後ろにいたみんなが見えなくて、みんなも脱いでくれたんだろうなって思って、振り返った時に見たら、みんなガッツリ着てました(笑)

――衣装ハプニングはいろいろありそうですね。衣装以外では何かありますか?

橋本:ステージ上で倒れたこととかはなくて、ケガもしたこともないんですけど、一人ずつ順番にインフルエンザにかかって…

3人:あったー!

諸塚:確か、はしもんが地方公演の時に、当日インフルエンザで来れないってなって、4人から3人になるから、移動の新幹線の中で、20曲ぐらいの歌割りと立ち位置を全部考えて、ライブをやったことがありました。あの時は笑う余裕もなかったかもしれないです。

後藤:はしもんは歌姫だから、ソロパートが多いんですよね。そこを穴が開かないようにしないといけなかったから…。

――そんな状況でも、本番では問題なく…

ロビン:まぁ、そうですねー(笑)(一同爆笑)

チャオベラで良かったと思う瞬間は?



――最後のテーマは、どれにしましょう?

後藤<チャオベラで良かったと思う瞬間>!どの現場でもファンの方が良すぎると思います。外部の方から、チャオベラのファンの方って、みんないい人だねって言われるのが、すごく嬉しくて、チャオベラにいたからこそ味わえる、ファンの方の温かさを感じる時に、チャオベラで良かったと思います。

諸塚:私は常にチャオベラで良かったなと…

ロビン:本当ですか?(笑)

諸塚:本当です!チャオベラに入って、自分が変わったというか、成長できたと思います。一人だと本当に何も出来ないんですよ。まわりの3人に支えられてきたからこそ、ここまで成長できたと思うので、チャオベラでいれて良かったなと思います。

12年間の歴史を感じるラストライブにしたい!

――8月2日の結成12周年記念日に、豊洲PITでラストライブを行います。意気込みを聞かせて下さい。

諸塚:8月2日で、チャオベラとしていられるのは最後なんだって思うと、ちょっと淋しいんですけど、自分らしく、楽しくできればいいなって思います。皆さんも一緒に楽しんでいただければ嬉しいです。

橋本:最後のライブだからといって、しんみりした雰囲気にしたくはないです。12年間でいただいた楽曲って、本当にいろんな曲があるので、その幅の広さを楽しんでいただければと思います。

――セットリストは決まりましたか?

全員:はい!

――セトリを決めるのは大変だったんじゃないですか?

ロビン:歌いたい曲がありすぎて、大変でした。ライブの鉄板曲で揃えちゃうと、ずっとイケイケになるので、ライブって引き算も必要じゃないですか。そこをみんなで話し合いました。

――どんなセトリになるのかも楽しみですね。

後藤:私たちが12年間やってきて、こんなに成長したんだよっていうのを皆さんに観てもらいたいです。

もちろん、最近ファンになってくれた方にも、チャオベラって、いろんな曲を歌ってきたんだなって知ってもらえるライブになると思うので、たくさんの方に集まっていただいて、最後の私たちの姿を目に焼き付けてほしいなと思います。

ロビン:ラストライブになってしまうんですけど、初めての方も、久々の方も、いつも応援してくれている方も、みんなが楽しめて、12年間の歴史を感じてもらえるようなライブにしたいなと思います。とにかく私は煽りまくろうと思うので、ついて来て下さい!

今後の個人活動の抱負



――そのラストライブが終わると、それぞれの個人活動がスタートしますが、今後の個人としての抱負を聞かせて下さい。ロビンさんは?

ロビン:この12年間で、いろんなラジオの番組に出させていただいた機会が多くて、その世界にすごく興味を持ったので、ラジオで自分の番組が持てるように、いつかなれたらいいなぁという夢を掲げながら頑張りたいと思います。あと、モデルもやってみたいです。

――どちらも、すぐにでも叶いそうですけどね。諸塚さんは?

諸塚:私は演技もやってみたいし、年齢のことを考えたら、女性らしさがよく出せるような化粧品関係の仕事とか、大人なグラビアも流行っていたりするので、そういうこともやってみたいです。ひとつに絞るっていうより、いろんなことに挑戦してみたいっていう気持ちが今は大きいです。

――舞台のお仕事が決まっていますね。

諸塚:9月から『タイヨウのうた』という舞台が始まるんですけど、東京と大阪公演があります。ラストライブが終わったら、すぐに稽古が始まるんですけど、ぜひ遊びに来てほしいなと思います。

後藤:私もいろんなことに挑戦していきたいっていう気持ちはあるんですけど、韓国が大好きで、韓国語も勉強しているので、日本と韓国の文化を繋ぐようなお仕事をしたいと思います。

あと、女の子に憧れられるような女性になりたいと思うので、ファッション関係とか、コスメ関係とか、美を追求するようなお仕事もやっていきたいです。

橋本:私はやっぱり歌が一番好きなので、グループを離れても、歌に関わったお仕事を続けられたらと思いますし、お芝居も好きなので、ミュージカルをやってみたいなと思います。バラエティもやってみたいです。

――橋本さんも幅広くという感じですね。ところで、「スナック愛奈」のオープンは?(笑)

橋本:それ、めっちゃ言われるんですよ(笑)。これだけ言われるってことは、お店をオープンしたら安泰だなって思うので、二足のわらじもありかなって(笑)

――ミュージカル女優と、スナックのママ(笑)

橋本:でも、スナックを開いたとして、お客さんが来なかったら、どこに怒りをぶつけたらいいのか、わからないんですけど(笑)

――愛奈ママは大丈夫です!責任は取れませんけど(笑)




8月2日、豊洲PITで、チャオベラ伝説の最終章を見届けてほしい。

TEXT&PHOTO:ポッター平井

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
8/5 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

【独占インタビュー】祝!CUBERS結…

【インタビュー】担当の「花」があるアイ…