【紙面ラジオ】さんみゅ~の「真夏のFantasy」発売記念、読むラジオ『まなちゅ~ラジオ』vol.3 (3/4)


君の真夏のファンタジー

君の真夏のファンタジー!


私たちさんみゅ~が街頭インタビューを行い、うかがったお話の中で面白かったお話を紹介いたします。


それでは街頭インタビューで聞かせてもらった真夏のファンタジーのエピソードを聞かせていただきましょう。ということで、街頭インタビューに行ってきたと。


はい、行ってきました。私と弥生ちゃんで行ったんですけど、新宿2丁目の方に行きましてですね、インタビューしてきました。


いわゆるおかまバーとかそういう、オネエの街ですよね。


初めて行きました。


なかなか行かないでしょう。20歳越えてすぐ行くとこじゃないからね。聖生に関しては未成年?


まだ未成年ですね。


それは立ち入らないよね。お酒も飲めないし。お酒飲むようになって一通り色んな店行って、ちょっとそういうとこも行ってみようかってね、普通は。じゃあ体験談としてもかなり濃いものが。


わりと濃いものばかりでしたね。


楽しみ。


さっそく紹介してもらいましょう。


それでは1つ目のエピソードを紹介したいと思います。匿名希望さんです。「嫌な話なんだけど1回あったのはスイカ割りのスイカにされたこと。海を見つけて昼寝してたらいつの間にか体を埋められて、なんだこりゃって。まあ当たらなかったから良かったんだけど、実際当たったらそれはおいしいけどね(笑)」


おいしくない、おいしくない。痛いよ。


何で叩いてるかにもよるけど、新聞紙を丸めたやつくらいならいいけどさ。木刀やったらもう無理やからね。


それもう殺しにかかってますよね(笑)何で叩いたのか気になる。


海で昼寝してたら埋められてたまでは理解できますよね。


ありそうですよね、確かに。


すごいな、これは。


なかなかないですよね、スイカ割りのスイカにされるって。


ちょっと心配になりました、私。


これは実際聞いた?


実際に聞いてます。


どんなテンションで喋ってたの?


全然普通でしたよ。


スイカ割りじゃないもんね、そもそもこれは。頭割りやもんね、これ。


けっこう怖かったですよ。


ファンタジーじゃないよね、これは。すごい。こんなエピソードを持ってる人が最初から来ますね。


これ最初にインタビューした方だったんですよね。


しかもなかなかぱっと出てこないよね、夏の思い出って言われても。


わりと在り来たりなやつしか出てこない、普通は。


じゃあ次行きましょうか。


はい、2つ目です。「夏ってお化け屋敷みたいなことをよくやるじゃないですか。それを普通の山でやってジャンケンしてたまたま好きな男の子と一緒になって、もうきゃあきゃあ言いながら抱きついたら“あっち行け”って言われたことを思い出します。相手は同級生の男性です。子どものときからですね、男性が好きなのは」新宿2丁目クラブアンジュ山口すももさんからでした。


これはどっちかと言うとお二人の方が共感できる話ですよね。


あっ、そうですね。


普通に女の子として異性が好きと考えたら。


すごいきゃあきゃあ言いながらお話聞いた覚えがありますね、これは。


小学生くらいかな。


いつの話ですかね。でも学生の頃のお話ですよね。


肝試し普通男女ペアで行ったりするもんね。


好きな人と一緒になるって夢ですよね。


でもこれジャンケンでたまたま一緒になった。


でもすごいですよ。たまたま好きな人と一緒になるってすごいですよ。


これはときめきますね。


“あっち行け”っていうのもどういうテンションで言われたのか。


トーン大事ですよね。


でもずっと男性のことが好きだったって、すごいディープな話に。


そうですね。わりと全部そんな感じですね。


その後どうなったんですかね、これ。告白とかしたんですかね。


いや、そのようなお話は。


なかなか子どものときはまだ。気づけばあのときから男性が好きだったなってことなんでしょうね。そのときは何となく。山口すももさん、ありがとうございます。


ありがとうございます。


では3つ目。


はい、3つ目にいきたいと思います。匿名希望さんです。「もう20年くらい前ですけど、クルーザーを持ってたので江ノ島に行って女の子をナンパしてました。“クルーザー乗りますか?”ってそういったことがありました」


でもこれ逆に2丁目の方ですけど女性をナンパしてたんですね。何歳くらいの方ですかね?


けっこうおじ様な感じだったので。


20年前って30歳とか40歳とか、すごいね。どれくらいのクルーザーかによりますよ。


クルーザーって何ですか?船みたいなやつですか?


まあ海に浮かんでるものはだいたい船ですが(笑)どれくらいの大きさかにもよるけど。


速いんですか?


速いよ、たぶん。


クルーザーって言ったらいい感じにナンパできるんですか?


中で食事とかもできるし、ちょっと外出て空見ながらとかもできるし。


じゃあナンパにはもってこいな感じなんですか?


江ノ島遊びに来てて“クルーザーあるんだけどちょっと乗らない?”って言われたら、ちょっと乗ってみようかなってなるし。


クルーザーって乗ったことない人もいるしね。


沖出ちゃえばこっちのもんやからね(笑)


(笑)


帰れないからね、泳ぐ距離でもないし。すごい巧妙なテクニックを持ってるな。


素晴らしいです。


クルーザーっていうのもいいよね。興味湧くじゃん、クルーザーって言葉に。なんかちょっと乗ってみたいって。


バナナボートとかね。“バナナボートあるけど乗ってかない?”って言われたら乗るでしょ?


えっ。


乗ります?バナナボートですよ、だって。


バナナボート乗りたいでしょ。


バナナボートって何ですか?


そこから?(笑)


引っ張るやつですか?


そうそう。


さんみゅ~同士でやろうよってなったらやるやるってなるけど、知らない人に。


やっぱクルーザーの方が。乗ったこともないので。


じゃあ実際に近づいてみて“クルーザーこれかい”ってなるかもしれないよね。知らないフレーズを出されてるから興味があるってことね。


そうです。


分かりました。では最後いきましょう。


はい。「5年前お付き合いさせていただいた方と温泉旅行に行って、夏にさっぱりしたいから二人で貸切風呂とかね。すごく楽しかったんだけどその人バイセクシュアルで、別れた後結婚しちゃったの。ある意味いい思い出。すごく印象に残ってる」


めっちゃ切ない。


男性と男性で二人で温泉旅行。その人は女性も好きになれる人だから。


それってどっちでもいいってことですよね?


どっちでもいいというのか、どっちも好きというのか。お付き合いされてるわけですもんね。まあ切ない。複雑な気持ちよね。


めちゃくちゃ複雑だと思います。


他の男性に取られるのと女性に取られるのとでまた違うでしょ。


女性に取られる方が嫌ですよね。


そうなんかな。どっちかが分からへん。男性に取られる方が同じ男性として負けたって気持ちもあるかもしれんし、女性ならその人の本来の男性の部分の方が強かったのかなっていう断ち切り方ができる。


諦めがつくというか。


男性と女性比べたときに、この人は女性の方が好きだったから諦めつくかってなるのか。


その気持ちすごく気になる。


どっちにしろすごい切ない感じですね。


でも部屋に露天風呂ついてるところって女性もテンション上がりますもんね。


素敵ですね。


これは忘れない思い出だな。


夏っぽいですよね。


うん。というわけで、4つのなかなかディープなエピソードをいただきましたが、それぞれいいなと思ったエピソードを1つずつ発表してください。


はい、決めました。私はクルーザーの方ですね。


全員:(笑)


一番2丁目感のないやつ(笑)


クルーザー乗りたいだけでしょ(笑)


クルーザーはすごいですよ。


クルーザーはすごいよ。例えば“ポルシェのオープンカー乗らない?”ってどう?


いや、でもオープンカーは楽しそうですけど、正直大きい車も上の窓開ければオープンカーみたいになるじゃないですか。


じゃあ“自家用ヘリコプターあるんだけど乗ってみない?”は?


連れ去られそうですよね。ヘリコプターは怖いです。


車もちょっと怖くない?知らない人のさ。


いや、なんでクルーザーやったらいいねん(笑)


クルーザーは違うんですよ。


辿り着くしかないじゃないですか、沖から。


クルーザーは別物ですよ。


いや分からへん。だって無人島まで連れてかれるかもしれんし。


それはそれでいいです。


なんでやねん(笑)


無人島行きたいですもん私。


すごいなクルーザー。


夏っぽいしね、クルーザーってワードが。


そうね。絶対ついて行かないでくださいね。


大丈夫です(笑)


じゃあ木下さん。


はい。私は温泉旅行のエピソードです。けっこう印象が強い。


普通に異性と行ってもそれなりのエピソードですけどね。


ここでインタビューしたからこそ聞けた話みたいな。


そうね。2丁目感が一番あったからね。


そうですね。ここで聞けたってことからこのエピソードかなと思います。


ありがとうございました。

次ページ : まもなく発売!真夏のFantasy!

【イベントレポ】ラストアイドル、お台場…

【インタビュー】個性派アイドルグループ…