【インタビュー】「はちみつロケット」播磨怜奈・森青葉が大号泣した映画とは?

今年3月、1st&2ndシングルを同時発売してメジャーデビューを果たした、スターダストプラネット所属の7人組アイドルグループ「はちみつロケット」(略称:はちロケ)が、8月8日に3rdシングル『花火と漫画とチョコと雨』をリリース! 今回は播磨怜奈(16歳)と、森青葉(17歳)の高校2年生コンビを直撃しました!

2018年8月7日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・猛暑の大阪でリリースイベント開催!
  2. ・森青葉17歳の生誕祭を振り返る
  3. ・睡魔に弱い播磨怜奈
  4. ・映画館で泣きたい森青葉
  5. ・『花火と漫画とチョコと雨』の胸キュンポイント
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・はちみつロケット 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・はちみつロケット ワンマンライブ
  10. ・はちみつロケット Profile

猛暑の大阪でリリースイベント開催!

──「はちみつロケット」から、こちらのおふたりです。自己紹介をお願いします!

「はい!私たち、夢に向かって」
2人「リフトオフ!はちみつロケットの」
播磨「播磨怜奈と」
「森青葉です!」
2人「よろしくお願いします!」

──よろしくお願いします!現在、「はちロケと平成最後の夏 優勝しようツアー」と題したリリースツアーイベントを開催中ですが、昨日、あべのキューズモールでのリリイベを観させていただきました。暑かったですねー。(*7/16大阪府の最高気温36.9度)

「暑い中、来ていただいて、ありがとうございます!」

──こちらこそ、猛暑の中、リリイベをやっていただいて、ありがとうございます!昨日のイベントはいかがでしたか?

播磨「あのー、あっ、あのー、あれですね…(笑)」
「大丈夫?あのーしか言ってないけど(笑)」

播磨「昨日は初めて来ました!っていう方が多かったんですよ。でも、関西の皆さんはノリがいいので、全然初めて感がなくて、関西ってすごいなぁって思いました。あと、たこやきレインボーさんの『六甲たこおろし』をカッパー…(笑)」

──昨日の猛暑でやられました?(笑)

播磨「(笑)大丈夫です!カバーさせていただいたんですけど、♪六甲おろ~しに~♪のところとか、通りすがりの方もたくさん視線をくれたんですよ。こんなに人と目が合ったことがなくて、私のこと見てくれてる!と思って、楽しくなりました。」

──森さんはいかがでしたか?

「本当にノリが良くて、ファンの皆さんがいつも以上に楽しそうにしていたり、声援もすごく大きかったので、嬉しかったです。」

──暑さは大丈夫でしたか?

「新曲を披露している時に汗が垂れてきて、鼻から鼻水が出たみたいになっちゃって、それが気になったりはしたんですけど、それ以上に楽しかったから…」

播磨「暑さに負けない熱いライブだったと思います!」

「最後に全部持っていかれた気がする(笑)」

播磨「イエーイ!」



森青葉17歳の生誕祭を振り返る

──5月12日に大阪で森さんの17歳の生誕祭イベントが行われましたが、私が公式のレポートを書かせていただきました。

「ありがとうございます!お世話になりました!」

──はちロケさんのオフィシャルブログ(5/15)に掲載されていますので、そちらもチェックしていただきたいんですけど、1曲目が、さとう宗幸さんの『青葉城恋唄』という意外すぎる選曲で、度肝を抜かれました。

「大人の圧に負けて、歌うことになりました(笑)」

播磨「タイトルに名前が入ってるからね。」

「そうなんですよ。こんなに私の名前がフィーチャーされた曲は他にないと思ったので、生誕祭で歌わせていただきました。」

──『青葉城恋唄』という曲は、知らなかったんですよね?

「青葉城があることは知ってたんですけど、曲のことは知らなくて、スタッフさんから、こんな曲があるんだけど、歌ってくれない?って言われて、初めて聴いて、ビックリしました。」

──先日、日本テレビ系で放送された音楽特番「THE MUSIC DAY」で、さとう宗幸さんが『青葉城恋唄』を歌っていたんですけど、森さんのことが思い浮かびました(笑)

2人「(笑)」
「やったー!」

──私の中では『青葉城恋唄』は、森青葉さんのテーマ曲になっていますから。

「私の登場曲にした方がいいですかね?(笑)」

──静かな登場になりますけどね(笑)。その生誕祭で、17歳の抱負として、「MCで大事なところを噛まないようにしたい」と話していました。あれから2ヶ月以上経ちましたが、いかがでしょうか?

「うーん…ごまかし方が上手くなりました(笑)」
播磨「結構ごまかしてた(笑)」

──そっちのテクニックを覚えたんですね(笑)

「まだ17歳と2ヶ月なので、これからです(笑)」
播磨「自分に甘いなぁ(笑)」

「今のリリースイベントを通して、もっと滑舌よく、皆さんの耳にスッと入るようなMCをしていけたらと思います。」

播磨「(拍手!)」

──播磨さんは、森さんの生誕祭で印象的だったエピソードは何かありますか?

「もう忘れてるんじゃない?」

播磨「覚えてます!私たち(他のメンバー)も『青葉城恋唄』にハマって、楽屋でずっと歌ってたんですよ。生誕祭が終わってからも、みんなでよく熱唱してました!」


睡魔に弱い播磨怜奈



──播磨さんの趣味は「横浜DeNAベイスターズの試合観戦」だそうですが、いつ頃からですか?

播磨「お父さんに連れられて、4歳ぐらいからずっと観に行っていて、最初はマスコットキャラクターと写真を撮るのが楽しい!みたいな感じだったんですけど、小1ぐらいから試合が観たいって言い出して、それからずっとですね。ベイスターズの選手がホームランとか打った時に、知らない人ともイエーイ!って、ハイタッチするんですよ。そういう時の一体感とか、応援歌を歌っている時も楽しいし、全部楽しいです!」

──ちなみに森さんは、野球に興味はありますか?

「阿部慎之助選手と、ラミレス選手の応援歌は歌えます!」
播磨「(笑)」

──巨人ファンというわけじゃないですよね?

「じゃないです。なんで歌えるんでしょうね?野球のことはわからないです(笑)」

──なぜその2人の応援歌が歌えるのか、気になりますが、播磨さんの話に戻ります(笑)。播磨さんはいつもハイテンションというイメージがあるんですけど、雑誌「Top Yell NEO」の最新号のインタビュー記事によりますと、朝と夜はテンションが低いらしいですね。

播磨「そうなんです(笑)。朝、全然起きれなくて、目覚ましが聞こえないんですよ。1分置きぐらいで目覚ましを鳴らしたこともあったんですけど、全然聞こえなくて、それでよく遠征の時とか、集合時間に遅刻するんです。」

──それは困りましたねー。

播磨「夜は10時ぐらいから眠くなっちゃうんです。だから私、昼だけ強いんです。」

「播磨は寝起きが悪いんです。バスで移動中に寝ていて、<播磨、着いたよ>って起こしたら、めっちゃ機嫌悪かったし…」

播磨「(笑)」

「あと、私の誕生日の前の日に、みんなで大阪に泊まってたんですけど、日付が変わって、誕生日になった瞬間、みんなが<おめでとう!>って、お祝いしてくれたんですよ。でも、播磨のテンションがめっちゃ低くて、本当に心のこもっていない<おめでとう!>で、この人、最悪だって思いました(笑)」

播磨「その時、眠すぎて、あんまり覚えてないんですよ。私、電車の中で、立っていても寝るんです。睡魔に弱いみたいです。」

──理想の睡眠時間は?

播磨「12時間ぐらい寝たいです。たぶん、起こされるまで永遠に寝てると思います。」


映画館で泣きたい森青葉



──森さんの趣味は「映画鑑賞」で、特に恋愛映画が好きだとブログに書いていましたね。最近観た中で良かった作品は?

「播磨と一緒に観に行くことが多くて、『君の膵臓をたべたい』も号泣したんですけど、『8年越しの花嫁』は、始まって30分ぐらいで2人ともボロボロ泣きました。私、映画館で泣きたいタイプなんです。」

播磨「胸キュンするような映画でも泣くんですよ。」

「そう!」

播磨「主人公がちょっとかわいそうな感じになると、あーってなって、2人で泣いて、キスシーンになると、キャーってなって、2人で目を合わせて、照れ合うみたいな感じになります(笑)」

次ページ : 『花火と漫画とチョコと雨』の胸キュンポイント

平日昼間からスイーツ大好きアイドルイベ…

【インタビュー】新生・風光ル梟が贈る、…