大人アイドル「predia」沢口けいこに迫り来る まえだゆうのこじらせ愛

平均年齢28歳。前代未聞、唯一無二の10人組大人アイドル「predia」。 2014年8月のメジャーデビューから4周年を迎え、独自の進化を続ける彼女たちが、8枚目のシングル『カーテンコール』を8月22日にリリース。 今回は、そのキャンペーンで来阪していた、まえだゆう、沢口けいこの2人を直撃!

2018年8月25日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・大阪グルメを堪能
  2. ・まえだゆう 20代最後の夏を満喫
  3. ・沢口けいこ 夏の恐怖体験
  4. ・prediaファンは業界内にも多数!
  5. ・『カーテンコール』MVはアドリブシーンに注目!
  6. ・全国ツアーでは毎回違うprediaを見せたい!
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・predia 最新情報
  9. ・アンケート企画詳細
  10. ・リリース情報
  11. ・ツアー情報
  12. ・predia Profile

大阪グルメを堪能

──まずは、自己紹介をお願いします!

沢口「かわいいだけじゃ物足りない皆さん、大人の遊び場へようこそ!」

2人「prediaです!」

沢口「predia最年少の沢口けいこです!」

まえだ「やっほい!ちゃんころぴー、まえだゆうでござる!」

2人「よろしくお願いします!」

──よろしくお願いします!私は2回目のインタビューということで、まえださんのキャラはよく知っていますので、初めての方にお伝えしておきます。ちょっと変な人です(笑)。おふたりは昨日(8/9)から関西でキャンペーン中ということで、昨日はたこ焼きを食べていましたね。

沢口「食べました!電車の時間が迫っている中、5分ぐらいで完食しました(笑)」
まえだ「アツアツをね(笑)」

──お好み焼きも食べたそうですが。

沢口「大阪を満喫しています(笑)。今日は、かすうどんを食べたくて、行列に並んでいたんですけど、全然動かないので、あきらめて、目の前のパスタ屋さんに行きました(笑)」
まえだ「食べたかったねー。」




まえだゆう 20代最後の夏を満喫

──大阪感がなくなってしまいましたね(笑)。では、まえださんからお話しを伺いたいと思います。まえださんは7月上旬にハワイ旅行に行っていましたね。

まえだ「はい!メンバー全員で初めて、夏休みが欲しいと事務所にお願いしたら、夏休みを5日間いただいたので、ずっと行きたかったハワイに行ってまいりました。れいちゃん(青山玲子)と、あかねん(湊あかね)と、るみなちゃん(村上瑠美奈)と4人で。」

──まえださんはハワイは初めてだったんですか?

まえだ「ちゃん(=ちゃんころぴー=私)と、あかねんが初めてのハワイだったので、行ったことのある2人に、いろんなところを教えてもらったりしたんですけど、ほとんど海に入っていました(笑)。あとは、滝に登りました。」

沢口「滝に登った?」

まえだ「映画のジュラシックパークの撮影にも使われた、ジャングルのようなところがあって、靴がドロドロになるくらいの山道を登って行くと、滝があるんです。その滝が神秘的で、パワースポットなんですよ。地元の方もたくさん登っていました。」

──そういうことだったんですね。滝の中を登ったのかと(笑)。ハワイから帰って来て、今度は、としまえんプールに。

まえだ「行きました!ちゃんころぴー、実は20代最後の夏なんですよ。なので、休みがあったら、どこかに行って、夏を満喫したいなと思って、プールにも行って、ひたすら流れるプールで流れていました(笑)」

──ハワイ、プール、そして隅田川の花火大会にも。

まえだ「プライベートで浴衣を着たいなと思って、らっちゃん(桜子)、ゆったん(林弓束)を誘って行きました。行けて良かったなと思います。だから今、頑張れています(笑)」




沢口けいこ 夏の恐怖体験

──その一方、沢口さんはどんな夏休みを?

沢口「私は家でオンラインゲームを(笑)。荒野行動っていうゲームにハマっていまして、知らない人と喋りながら、ずっとやっています(笑)」

まえだ「喋れるの?」

沢口「うん、喋ってる。<私、ギリースーツ着てるんで、先に行って下さい>とか。」

まえだ「えーっ!?すごい!」

沢口「ちゃん(=まえだ)と喋る時よりテンション高めで。」

まえだ「ずるいー!じゃあ、ちゃんも荒野行動で出会うわ。」

沢口「いやだー!(笑)」

──まえださんは、沢口さんのストーカーみたいになってますけど(笑)

沢口「本当にひどいんです!聞いて下さい!ホテルは一緒なんですけど、昨日の夜は別行動だったので、私の部屋がわからなかったんですよ。それで<部屋番号は?>っていうLINEが来て、これは教えたら部屋に来るなと思って、<内緒です>って返したら、<何で教えてくれへんの?知らんかったら心配やん。助けに行ったる。淋しいやろ>みたいな返信が10件ぐらい来て、怖っ!って思って、<しばらく距離を置きましょう>宣言をして、教えなかったんです。それで今日、一緒にランチに行って、ホテルに一旦戻った時に、私の部屋までずっとついて来て、部屋がバレたんです。でも、普通はそれだけで終わるじゃないですか。ロビーで集合する前に、部屋のドアがピッピッって音がするんですよ。何だろう?って思って、ロビーで会った時に話したら、<ちゃんの鍵で開かへんかなと思って>。ホラーですよ。めっちゃ怖かったです(笑)」

まえだ「ちょっとでも一緒にいたいんです。」

──まえださんが逮捕されませんように(笑)。沢口さんのツイッターで、「小さい頃から夏休み=いっぱい遊ぶじゃなくて、好きなだけ夜更かしするタイプ」と。

沢口「そうなんですよ。本当に家から出ないタイプの人間で、それが大人になってからも変わらなくて、大人になると、お酒が飲めるじゃないですか。一人でお酒を飲みながら、ツイッターをやったり、深夜番組を観たりするのが一番幸せですね。」

──沢口さんはアイドルが大好きですが、「チャオベラさんの解散ライブ、ニコ生のタイムシフトで観ます」と。

沢口「仕事があって、観に行けなかったので、タイムシフト予約して、夜中に観て、泣きました。一緒にツーマンライブもしましたし、打ち上げとかも。prediaって、なかなか他のアイドルグループさんとの交流が少なくて、チャオベラさんは同世代、ちょっと下ですけど20代で、特に仲間っていう意識があったので、ぽっかり穴が開いちゃった感じがして、すごく淋しいです。」

──そのチャオベラさんをはじめ、解散するグループが多いじゃないですか。prediaさんの事務所の先輩のPASSPO☆さんも、9月22日に解散ライブがありますが。

沢口「淋しい…。私たちがインディーズ時代に、PASSPO☆のライブのオープニングアクトをやらせてもらっていた時期があって、それがきっかけでprediaも応援します!っていうファンの方が増えたんです。もう本当にかっこいい先輩だし、メンバーがみんな明るくて、フレンドリーで、気付いたら私たちの楽屋にPASSPO☆のメンバーがいたり(笑)。最後のライブも観に行こうと思っているんですけど、まだ消化できていないというか、解散することが信じられないです。」

──まえださんは、PASSPO☆さんの解散については、いかがですか?

まえだ「めっちゃ淋しいです。ちゃんころぴー、けっこういじられたんですけど(笑)」

沢口「あんにゃ(玉井杏奈)とかに、いじられてたよね(笑)」

まえだ「ステージ上で足をかけられて、倒されたり(笑)」

沢口「(笑)ちゃんがいないと思ったら、床に倒されてるみたいな。」

まえだ「あと、かつがれて、退場させられたりとか(笑)、そうやって一緒に遊んでくれるのはPASSPO☆ちゃんぐらいなので、めちゃくちゃ淋しいです。」




prediaファンは業界内にも多数!

──prediaさんは8月6日にメジャーデビュー4周年を迎えました。この4年を振り返ってみて、いかがですか?

沢口「私は結成当時からのメンバーで、インディーズで4年ぐらい活動していて、すごくもがいていたので、メジャーデビューが決まったよって言われた時のことを思い出すと、今でも泣きそうになるぐらいなんですけど、とにかく嬉しかったです。ちゃんころぴーも、そのタイミングで入ってくれて、華もあるし、明るいし、普段はちょっとうるさいですけど(笑)。やっぱりメジャーデビュー曲の『壊れた愛の果てに』は特別な曲だなって思います。今でも歌うと、デビュー当時のことを思い出して、初心に帰れるというか、もっと頑張ろうって、改めて思える曲です。」

まえだ「ちゃんころぴーは、この4年間が全てなので、受け入れてくれたメンバーや、ファンの皆さんにいつも感謝しながら、毎日を過ごせているなって思います。4年間、ほぼ毎日一緒にいて、より絆が深まって、深まって、深まっていくのをファンの皆さんとも共有できていると思いますし、ちょっとずつ新しいファンの方も増えてきて、すごく充実しているんですけど、もっともっと大きくなりたいっていう欲もあります。」

──ファンの方が増えているというお話しもありましたが、Da-iCEの工藤大輝さんも、業界内のprediaファンの一人ですよね(笑)

2人「(嬉しくて思わず笑い合う)」

──prediaの『Hotel Sunset』が、工藤さんの今年上半期のアイドル楽曲の1位だと。

まえだ「嬉しいですねー。」

沢口「工藤さんがきっかけでprediaを知っていただいた方もたくさんいて…。」

──やっぱり影響力が大きいですよね。更に工藤さんが選ぶ「2018上半期アイドル大賞」で、<もっと評価されてもいいDE賞>も、prediaが受賞しました。

沢口「ビックリしました!サプライズな感じで、ファンの皆さんと同じタイミングで知りましたから(笑)。『Hotel Sunset』は、ああして下さい、こうして下さいって、メンバーの意見を取り入れてもらった曲で、それを評価してもらえるって素敵なことじゃないですか。なので、これからも『Hotel Sunset』が一番良かったねって言われないように、もちろん新曲の『カーテンコール』もそうですし、常に更新していきたいなと思います。」

──沢口さんは、先日開催されたTIFの企画で、「℃-ute大好きアイドル」としても、ステージに立って、元℃-uteの岡井千聖さんと、2年連続で共演されました。

沢口「会えましたー!岡井さんと同じステージに立てるのは、℃-uteファンとして、もちろん嬉しいんですけど、他のアイドルのみんなと友達になれる機会として、その時間を大事にしているんです。リハーサルに行ったら、みんな若くて、ビックリしたんですけど、今年は、イコラブ(=LOVE)ちゃんと仲良くなれたりして、℃-uteを通して、いろんな出会いがあるから、℃-uteってすごいなって、改めて思いました。」

──イコラブの佐竹のん乃ちゃんと仲良くなったそうですね。

沢口「と、勝手に思ってます(笑)。普通にprediaのライブのチケットを買ったのに、仕事で行けなかったって。」

まえだ「えーっ!?」

沢口「『赤のアジタート』が好きだって。」

まえだ「すごい!アルバム曲でしょ?」

沢口「アルバム曲!しかも1stアルバムで、リード曲でもない曲を好きだって言ってくれたので、本当のファンの子だと思って(笑)、めちゃくちゃ嬉しかったです。」



次ページ : 『カーテンコール』MVはアドリブシーンに注目!

Pimm's Human Xrossi…

カラフルスクリーム かのんのUtaTe…