【インタビュー】「=LOVE」の新曲MVを観た人にやってほしいこととは?

代々木アニメーション学院と指原莉乃がプロデュースする12人組声優アイドルグループ「=LOVE」(読み:イコールラブ/略称:イコラブ)。 昨年9月6日に1stシングル『=LOVE』でデビューし、正統派路線を突き進むアイドルとして、着実にステップアップし続けている彼女たちが、10月17日に待望の4thシングル『Want you!Want you!』をリリース。 今回は、来阪していた大場花菜(18)、髙松瞳(17)、野口衣織(18)、諸橋沙夏(22)、山本杏奈(20)の5人に直撃インタビュー!

2018年10月16日


この記事の目次
  1. ・祝デビュー1周年!指原Pからメンバー全員へのプレゼント
  2. ・=LOVE(イコールラブ) /「=LOVE」【MV full】
  3. ・諸橋沙夏 憧れのあの人と初対面!
  4. ・『Want you!Want you!』歌詞フレーズトーク
  5. ・野口衣織からの指令!?
  6. ・=LOVE(イコールラブ) /「Want you! Want you!」【MV full】
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・=LOVE 最新情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・=LOVE Profile

祝デビュー1周年!指原Pからメンバー全員へのプレゼント

――9月6日でデビュー1周年を迎えました。おめでとうございます!

5人:ありがとうございます!

――当日はZepp DiverCityで1周年記念ライブがありましたね。

大場:私たちの目標のひとつとして、Zeppで単独イベントをやりたいって、ずっと言っていたので、その夢が叶って、すごく嬉しかったです。

髙松:その日を迎えて、1周年だっていう実感はなかったんですけど、いざステージに立って、お客さんを目の前にしてみると、デビューから1年が経って、私たちも成長できたんだなって、実感することが出来ました。

――そのライブでは、体調不良で活動休止中の佐々木舞香さんからの手紙に、皆さん号泣されたそうですね。

野口:私たちもその手紙があることを知らされていなくて、いきなりスタッフさんが杏奈に手紙を渡したので、指原さんから何か発表があるのかなって思ったんですよ。それで理解するのが遅れてしまって、舞香ってわかった瞬間、ダーッて涙が勝手に溢れてきました。

――泣き虫で有名な諸橋さんはいかがでしたか?

諸橋:(笑)でも私、その時は泣かなかったんです。メンバーだけのグループLINEがあるんですけど、ライブが始まる直前に舞香から<頑張ってって言える立場じゃないかもしれないけど、頑張ってね>とか、<1周年を一緒に迎えられなくてゴメンね>とか、長文のメッセージが届いて、

舞香もちゃんと12人の中にいるんだって改めて思って、温かい気持ちのままライブに向かうことが出来たので、泣かなかったんです。安心していたから。

――諸橋さんは、7月の日比谷野音では『=LOVE』を歌いながら泣いていましたよね?

諸橋:何でそんなこと言うんですか(一同爆笑)。私、『=LOVE』がかかるとダメなんですよ。その曲に弱いんです。

=LOVE(イコールラブ) /「=LOVE」【MV full】




――リーダーの山本さん、指原プロデューサーからメンバー全員にネックレスがプレゼントされたそうですね。

山本:舞台がある時とかも、毎回指原さんが差し入れをして下さるんです。今まではタピオカだったり、食べ物が多かったんですけど、一度リップをいただいた時があって、みんなで、これは宝物だーって興奮していたんです。

今回、デビュー1周年のプレゼントとして、ネックレスをいただいて、いい意味で重みのあるものをいただいたなって、指原さんからの愛をすごく感じました。

諸橋沙夏 憧れのあの人と初対面!

――9月23日に、大阪のあべのキューズモールでリリースイベントがありましたが、そのMCで、諸橋さんは前日の「イナズマロックフェス」で、憧れの人に会えたという話をされていましたね。

諸橋:はい!欅坂46の菅井友香さんが大好きで、人間的にも、アイドル的にも尊敬しているんですけど、そんな憧れの方に会えて、嬉しかったです!私、最近、夢がどんどん叶っていくんです。

SHOWROOMとかで、菅井友香さんにいつか会えたらいいなって、よく言っていたんですよ。だから、本当に夢って口に出せば叶うんだって思って。これからも言っていくスタイルにします!(一同爆笑)

――ツイッターで、2ショット写真もアップされていましたね。

諸橋:待ち受けにしています。

山本:そのあと、嬉しすぎたのか、メンバーの腕を噛んでいました(笑)

▼諸橋沙夏Twitterより


――テンションが上がりすぎて(笑)。山本さんは広島県出身ですが、広島東洋カープのリーグ優勝おめでとうございます!

山本:ありがとうございます!

――3連覇ということで、焼肉屋さんの優勝セールでジュースが3円だったそうですが。

山本:そうなんですよ。銀行の方とかもカープのユニフォームを着ていたり、広島の街はカープ一色なんですけど、その焼肉屋さんは、店長さんとじゃんけんをして、勝ったらジュースが3円になるっていう優勝セールをしていて、わざと負けてくれて、3円になりました。来年もし4連覇したら、4円になるのかな?って(笑)

――まさかの値上がり(笑)

『Want you!Want you!』歌詞フレーズトーク



――ここからは新曲『Want you!Want you!』の歌詞のフレーズをテーマにトークしたいと思います。こちらのボックスの中にテーマが書かれた紙が入っていますので、1人1枚ずつ引いて下さい。大場さんからどうぞ!

大場<カフェ>!カフェにも行くんですけど、コンビニが多い(笑)(一同爆笑)

髙松:カフェって、おしゃれな感じがします。

山本:お昼ごはんはカフェっていうイメージがあります。

――大場さんはカフェにはあまり行かないタイプ?

大場:行かないかもしれないです。でも、気付いたら行ってるのかも…。気軽に行きすぎていて、カフェに行ってるっていう実感がないです。

4人:えーっ!?

大場:おしゃれなサラダカフェみたいなところに行ったことがあるんですけど、おいしそう!と思って頼んだサラダに、苦手なパクチーが入っていて、全然食べられなくて、後悔しました。そんな感じです(笑)

――カフェにあまりいい思い出はないみたいですね(笑)。続いて、髙松さん、どうぞ。

髙松<リップ>!私、イコラブの中で、(齋藤)樹愛羅の次に持ってないと思います。2種類くらいしか持ってない…。今日は沙夏がメイクをしてくれたんですけど、最初、私がしていたリップが、沙夏がしてくれたメイクに合わなすぎて、4層ぐらい塗られました。(一同爆笑)

諸橋:秋メイクっぽくしたくて、ボルドーっぽい色を足しました。

山本:曲の歌詞は、オレンジ色のリップなんですけど、今日それをしているのは花菜だけなんです(笑)

――大場さん、意識が高い!では続いて、野口さん、引いて下さい。

野口:はい!<安心>!安心!?

――これがあったら安心するなぁとか。

野口:ありすぎて、わかんない…二次元!ゲーム、漫画、アニメ…あっ、ぬいぐるみ!寝る時は、ぬいぐるみと寝ています。

――どんなぬいぐるみですか?

野口:にゃもちっていうぬいぐるみなんですけど、私が持っているのは黄緑色で、弾力があって、気持ちいいんですよ。だから、抱いていても圧迫感がないし、硬くないし、でも柔らかすぎなくて、猫を抱いているような感じです。

――寝る時にぬいぐるみがあると安心するって、ザ・アイドルですね。では、山本さん、引いて下さい。

山本<ネイル>!(ここにいる5人は)誰もやってないですね。前作の『手遅れcaution』の時にネイルが禁止になったんですよ。ダーク系の曲で、イメージが合わないから。でも、ネイルは(佐竹)のん乃が好きですね。

髙松:私、ネイルはいらないです。深爪が大好きだから。(一同爆笑)

――深爪アイドル(笑)。ラストは諸橋さん、どうぞ。

諸橋<雑誌>!この前、取材の空き時間があったので、ファッション雑誌を読んで、秋冬のファッション探しをしていました。

――毎月必ず読んでいる雑誌とかはないですか?

諸橋:あっ!告知なんですけど(笑)、今月号のbisっていうファッション雑誌に私と、みりにゃ(大谷映美里)と、(音嶋)莉沙が掲載されているんです。かわいい服がたくさん載っていたので、みなさんもbisを買ってみてください。

――まさかここで告知を入れてくるとは思いませんでした(笑)



次ページ : 野口衣織からの指令!?

日向はる『ジャパンカルチャーを世界に!…

TWICE、7万人を動員した初アリーナ…