沖縄から世界をめざす!OBP、『スイーツ彼氏』にかける想いとは!? (2/2)




『スイーツ彼氏』は頑張る女の子の気持ちを込めた歌

──11月21日(水)に発売される『スイーツ彼氏』の聴きどころを教えてください。

裕子:『スイーツ彼氏』は、あまりにも女の子のリアルがあり過ぎてというか、私も初めて曲をいただいて歌詞を見たときに女の子過ぎてビックリしちゃったんですよ(笑)。たとえば「ダイエットするぞ!」って簡単に言ってるのではなくて、『低カロリー高タンパク』とか『野菜中心のライフ』とか、女の子が「私いつもこうやって頑張ってるんだよ!」っていうのが歌詞に詰め込まれていたので、女の子が聴いたら絶対共感できると思いますし、男性の方もこの歌を聴けば女の子の日頃の頑張りが分かるんじゃないかと思います。

麻鈴:あと間奏の部分に裕子さんとココナの掛け合いがあるんですけど、それもすごく面白いので聴いてほしいなって思うのと、前奏のところでもメンバーが好きなスイーツをひたすら叫んでるんですよ(笑)。そこもぜひ聴いてほしいなと思います。


──あの前奏のスイーツはどうやって選んだんですか?

裕子:あれはみんなが自分で好きなスイーツを選びました。前奏のスイーツの部分や間奏の私とココナの掛け合いっていうのは全部メンバーで考えたんですよ! ほんとに小学生のメンバーも含めて全員で考えて作ったものなので、『スイーツ彼氏』にはみんなかなり思い入れがあります!

──この『スイーツ彼氏』は新曲用に作られたわけではなくて、もともとライブでやられていたそうですね。ココナさんがあの間奏の掛け合いをしているところがあまり想像できないのですが、結構スイッチが入ると人が変わるタイプなんじゃないですか?

ココナ:そうなんですかね? ライブのときは自分でもわからないんですけどスイッチがあるみたいで、ファンの方にも「喋っているときのココナちゃんとライブで歌っているときのココナちゃんは全然違う」ってよく言われるんですけど……。でも自分ではそのスイッチをよく分かってなくて、たぶんお客さんの顔を見たらそのスイッチが入るんだと思います。

私、この掛け合いではゆーこさんを叱るほうなんですよ。だからライブではそういう私が強く言ってるところを注目して観てもらいたいなと思います。


──まだ音源化されていないオリジナル曲がたくさんあるなかで、なぜ『スイーツ彼氏』が今回の表題曲に選ばれたと思います?

4人:うーん……。

ココナ:でもOBPの曲って「沖縄から届けるぞ!」っていう想いを描いた曲だったり、メンバー自身が持っている強い想いを描いた曲が今までは多かったんですけど、今回はOBPの可愛さを前面に出していくためにこの曲が選ばれたんじゃないかな。『Dar-win!!』(1枚目)と『REAL-ID』(2枚目)は私たちの力強い気持ちとかを「みんなでぶつけるぞ!」っていう曲だったんですけど、今回はそうじゃなくて「こういう可愛らしいOBPもあるんだよ」っていう、「熱かった」ものを「甘く」してみなさんに届けるために選ばれたんじゃないかなって思います。


──なるほど、今まであまり見せていなかった可愛らしい部分をということですね。それからカップリング曲の『空気彼女』と『さみしがり』も聴かせてもらったのですが、この2曲はまた『スイーツ彼氏』とは全然違ったものになっていますね。

麻鈴:はい。『スイーツ彼氏」は本当にカワイイカワイイしてますけど、『空気彼女』と『さみしがり』は完全にバラードなので、そのギャップも聴いてて面白いかなって思います。

裕子:まず『スイーツ彼氏』っていう表題曲があって、2曲目が『空気彼女』って来てるので、タイトルだけを聞くと「『彼氏』と『彼女』で繋がってるのかな?」って思われるかもしれないんですけど、実はまったく関係なくて、だからこそこのシングルはさらにギャップがあって面白味があるんじゃないかなと思っています。



──ぜひ3曲続けて聴いてほしいものですね。ところでこの『スイーツ彼氏』は、2枚目の『REAL-ID』が発売されてからわずか2ヵ月後の発売となりましたが、これはやはりOBPさんが「ロコドル甲子園」で優勝したことが関係しているのでしょうか?

麻鈴:それもあると思いますし、あとはデビューシングルからセカンドシングルを出すまでに実は2年空いちゃってて、その間にありがたいことにオリジナル曲がどんどん増えていったんですよ。だから変に引っ張るよりは早めに出したほうがっていうのもあるでしょうし、私たちにとってもCDを出せるっていうのは嬉しいことですし、ファンの方からも「早く音源が欲しい」っていうことを言ってもらっていたので、そういうことが関係しているのかなって思います。


──いずれにしても「今」がOBPさんの勝負時ということですね。

裕子:「汐留ロコドル甲子園」で優勝はできましたけど、優勝したからこそやっぱり「OBPってナニ?」「あ~、あの『ロコドル甲子園』で優勝したグループね!」って「優勝」の2文字が付いて回るようになると思うので、そこで初めてOBPのことを見た人に「えっ、このチームが優勝したの?」っていう風には思われたくないですし、それ以上のパフォーマンスをしないといけないですし……。だからこそ今月末にある「U.M.Uアワード」では、たぶん初めて見る方が「なんかOBPってこの前の大会で優勝したらしいよ」ていう目で私たちのことを見てくると思うので、そこはやっぱりいつも以上に私たちも気を引き締めてといいますか、ほんとに毎回毎回進化していかないといけないなっていうプレッシャーはありますね。


メンバーの今後の目標

──最後に「個人的な目標」と、みなさんが思う「OBPとしての目標」を教えてください。

あかり:私は今、研究生として活動をしているので、まず個人的な目標としてはダンススキルを上げたり歌とかを頑張って、早く正規メンバーになれるように認めてもらえるようになれたらいいなって思っています。

そしてグループとしては、まず近いところでいうと「U.M.Uアワード」があるので、裕子さんが言ったようにファンの皆さんとかも厳しい視点で見てくると思うので、さらにその上を行かないとガッカリされちゃうと思うので、残り時間は少ないんですけどみんなでレベルを上げていって、そして優勝できたらいいなと思っています。

ココナ:今いくつかの舞台に出演をさせていただいてるんですけど、個人的にはその舞台をもっともっと次に繋げて、色んな舞台に出られるようにしたいなっていうのが目標です。

OBPとしては、やっぱり優勝したこともあって色んな方から見てもらえるようになってきたんですけど、だからこそ「OBPすごかった」って1回ライブを観ただけで終わるようなグループにするんじゃなくて、「もっと見たい」とか「こういうOBPも見てみたい」とかっていう、周りから色んな言葉をいただけるようなグループになりたいなって思っています。


麻鈴:私は個人の目標としては、今まで沖縄ではフリーペーパーの表紙を飾らせてもらったりCMに出させてもらったことがあるんですけど、それを沖縄だけじゃなくて、東京の雑誌とかで表紙を飾ったり東京でも流れるCMに出演できたらいいなと思っています。あとはこれから第2期研究生もまた新しく増えて(グループ内の)競争もすごくなってくると思うので、正規メンバーだからといって安心せずに、歌のスキルとかレベルをもっと上げていきたいなと個人的には思ってます。

そしてOBPとしては、優勝したこともあってアイドルが好きな方には名前がちょっとは知られるようになったと思うんですけど、でもそれ以外の方にはやっぱりOBPって言っても「何それ?」ってなってしまうと思うので、これからはアイドル好き以外の方にも名前が知られるようなグループになっていきたいです。


裕子:私もちょっとだけ舞台に出させてもらったりとかしたんですけど、個人的には女優としてもっと活躍したいなっていう想いがあって、今まではずっと舞台しか経験したことがなかったんですね。なので私どうしても映画に出てみたくて、レッドカーペットも歩いてみたいですし、めちゃめちゃ詳しく言えば是枝監督の作品に出たいんですよ! そういう目標がすごくあるので、そこに近づくためにもっと演技力や感性を磨いていきたいなって思っているのが個人的な目標です。

そしてOBPとしての目標は「U.M.Uアワード」の優勝はもちろんありますけど、過去2回「TIF」(東京アイドルフェスティバル)に出るために企画に挑戦したけど結局出られなかったっていうのがあるので、来年の「TIF」では企画で勝って出られるようになりたいですし、いずれは「ぜひTIFに出てもらえませんか?」って向こうから言ってもらえるようなグループになりたいです。あと「汐留ロコドル甲子園」に優勝したことで「@JAM EXPO2018」に出場することができたんですけど、すごく小っちゃいステージだったんですよ。そのときはメインステージじゃない通路にあるようなステージでの出演だったので、いずれは「TIF」と「@JAM」のメインステージに立てるように、そのためにもグループのパフォーマンス力をもっと上げていきたいなって思っています。



TEXT:鎌形剛
Photo:横田真子

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
12/3 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


OBP 最新情報

リリース情報

■OBP 3rdシングル「スイーツ彼氏」


【収録曲】
1.スイーツ彼氏
2.空気彼女
3.さみしがり
4.スイーツ彼氏~off vocal ver.~
5.空気彼女~off vocal ver.~
6.さみしがり~off vocal ver.~

価格:¥926(税込み¥1,000)
レーベル: Bermuda Entertainment Japan/ 品番: OBPD-0002

OBP Profile

沖縄から世界を目指して!可愛い、かっこいい、笑いもとれる。今、羽ばたくモデルアイドル進化系集団OBP。日本テレビが主催する日本一のロコドル(ローカルアイドル)を目指すコンテスト「汐留ロコドル甲子園2018」での優勝や、「@JAM EXPO2018」への出演等も果たす他、個々でもミュージカル・舞台・広告・番組など様々なメディアで活動している。

9 歳から23 歳と幅広い世代の個性豊かな総勢12名で構成されており、繰り出されるパフォーマンスは必見である。

2018年9月に2ndシングル「REAL-ID」をリリースし、同年11月には早くも3rdシングル「スイーツ彼氏」をリリース。
さらなる進化を続ける彼女達から今後とも目が離せない。

OBP オフィシャルHP
OBP 公式Twitter

絶対直球女子!プレイボールズが試合(ラ…

著名人たちが「推す」アイドルたちが集結…