26時のマスカレイドが、好きな人に捧げる冬ソンについて語っちゃう

5人組アイドルグループ・26時のマスカレイドが10月30日に、2ndシングルとなる『スノウメモリー』をリリース!ニジマスの愛称で知られる彼女たちに、今の時期にぴったりの冬ソングについて、たっぷり想いを語ってもらいました!!

2018年12月16日

Interview&Photo

愛香


この記事の目次
  1. ・ニジマスの冬のトピックス!
  2. ・突然現れた『スノウメモリー』
  3. ・26時のマスカレイドが選ぶピックアップフレーズ!
  4. ・和風テイストの「ハナイチモンメ」
  5. ・およげ!ニジマスくん
  6. ・ライブで意識していること
  7. ・2018年を振り返ってと、2019年の抱負
  8. ・プレゼント応募について
  9. ・26時のマスカレイド 最新情報
  10. ・リリース情報
  11. ・ライブ情報
  12. ・26時のマスカレイド Profile
左から江嶋綾恵梨、大門果琳、来栖りん、吉井美優、森みはる

ニジマスの冬のトピックス!

──26時のマスカレイド(ニジマス)さんは、UtaTen初登場ですね!よろしくお願いします!

全員:よろしくお願いします!!


──最近のトピックスからお話を伺っていきたいと思います。10月30日に、『スノウメモリー』をリリースしましたが、そこに引っかけて冬にまつわるトピックスを教えてください!

森みはる:寒いのでモコモコのダウンとかコートを着たいんですけど、電車とか乗ったり、街を歩いている人を見るとみんな意外と薄着なんですよね。

江嶋綾恵梨:ね、全然着てない。

森みはる:モコモコのコートを見かけないから着ちゃいけないんだと思って、「モコモコのごついやつをまだ着れないのが悩みなんだよね…」とメンバーに相談したんです。

全員:(笑)

森みはる:そしたらメンバー誰も着ないんですよ。だから、みんな寒い…。


──寒いので、もう着ていい季節じゃないですか?

江嶋綾恵梨:ですよね。でもあんまりコート来ている人が少ないんですよね。

森みはる:でも、最近あまり気にしないようにしています!

江嶋綾恵梨:もう着ちゃおう!

森みはる:でもこの間、大きいモコモコのコートを着ちゃったんですよね!(笑)


──それは今年の流行なんですか。結構デカくなるみたいなのって…

森みはる:どうでしょう~?もう誰も着ないんだったら自分が着ちゃおうと思って!

来栖りん:誰かが、やらなきゃ自分がやるっていう。


──世界を動かす派ですね。(笑)他に冬だなと感じたエピソードとかありますか?

大門果琳:この間、ホッカイロを使っちゃった。

江嶋・吉井:え!


──それは早い。

森みはる:いつ?

大門果琳:レッスンに行くまでずっとポッケに入れといて、帰り道寒い時こうやって握ってる。(笑)

(手でカイロを握るフリをする大門)

吉井美優:ほんまに?カイロってメッチャ真冬。

大門果琳:ないと乗り越えられない。


突然現れた『スノウメモリー』



──確かに、そうですよね。でも『スノウメモリー』良い曲ですよね。ニジマスさんの曲を初めて聞いたんですけど、レベルが高すぎて聴き入っちゃいました!!歌もめっちゃ上手いですし!

全員:(笑)

江嶋綾恵梨:ありがとうございます!!


──『スノウメモリー』は、夏ぐらいから制作や練習が始まっていたんでしょうか?

森みはる:9月ぐらいから始まっていました。


──最初にもらったときの曲の印象とかは、覚えていますか?

吉井美優:曲が10曲ぐらいあったんですけど、その中から私たちが初めて曲を選んだんですよ。メンバーで話し合って、「そこから3曲選んで」ってスタッフさんから言われて。実は『スノウメモリー』は最初、入ってなかったんです。そしてバラードは選んじゃダメって思っていたよね。

江嶋綾恵梨:結構今までは、バラードの曲のリリースが続いていたんですよ。なので、メンバーの中でもちょっと明るめの曲とかを選びがちで、バラードの曲は全然選んでなかったんですけれど。なんかその後に出てきたんだよね。

吉井美優:突然現れた。

江嶋綾恵梨:突然その『スノウメモリー』が現れて。

森みはる:何かの曲がダメ出しになって、その作曲家さんが何回か作り直して、作ってくれたのが『スノウメモリー』でして。

江嶋綾恵梨:それが来た時にもう「これだ~!」となったよね。

来栖りん:メッチャいい曲です!


──なるほど。すごい良い曲ですね。第一印象からというか、イントロから“もうこれ絶対いい曲だわ~”って感じますもん!。

全員:(笑)


──歌い始めは、ちなみにどなたですか?

江嶋綾恵梨:はい!!(挙手)


26時のマスカレイドが選ぶピックアップフレーズ!



──おお!あそこは本当に鳥肌が立ったんですよ。では、『スノウメモリー』の中から皆さんお気に入りのフレーズを教えてください!

江嶋綾恵梨:私はラストサビの「好きでい続けてもいいかな」のところは、もう感情クライマックスです。

全員:(笑)


──感情クライマックス!!表現力が…(笑)。

江嶋綾恵梨:そこが最後のパートでもあるし、そこに感情を一番持っていっています!


──「好きでい続けてもいいかな」って女の子が言うとメチャクチャ可愛いですね。この最後のフレーズの「大切な君が一番に好きだって言ってた季節を 同じようにずっと いつまでもずっと 好きでい続けてもいいかな」ってなる前に、フェイクみたいのがちょっと入ったりしていますよね!

江嶋綾恵梨:そこ、吉ちゃんなんですよ!

大門果琳:初めてこんなハモりとかが前面に出て、すごく綺麗。

吉井美優:最初もハモっているし、最後のラストもほとんどハモっていて。個人的には気が抜けないというか…。

全員:(笑)


──それはあるかもしれない。

吉井美優:最初から最後まで、“外したらどうしよう”みたいな所があります

江嶋綾恵梨:ハモるぞってね。

吉井美優:自分が個人的に好きなところは「他愛のない会話だけ それだけで苦手だったこんな寒い季節も 不思議なくらい 暖かい季節に変わったのに」です。ここの部分を歌っているんですけど、そこはもう…。

江嶋綾恵梨:感情クライマックス。

全員:(笑)

吉井美優:どう歌っていてもなんだろう、すごく震えるんですよ。終わりにポーズを決めるんですけど、手が震えすぎて、いつもこの決めのポーズに戻れないんですよ。ずっと戻れないの…(笑)

江嶋綾恵梨:あ、そうなの。

吉井美優:手を広げられないの。

全員:(笑)

吉井美優:そのぐらい感情がこもっちゃって。


──それってすごいことですね!

吉井美優:体が反応しちゃう。


──この曲はクライマックスだらけですね。

全員:(笑)

来栖りん:私「初雪が舞う度に一番好きな季節がきた」というところを歌ってるんですけど。私冬が一番好きなんですけど、そこをちょっと自分に当てはめてみると泣きそうになります。


──なるほど。

来栖りん:でもこれ、自分目線じゃなくて、自分の恋人が好きという設定なんですよね。

森みはる:じゃ、あなた誰?

全員:(笑)

江嶋綾恵梨:私ではない。

森みはる:誰の目線の誰かはわからない。

来栖りん:勝手に泣きそうになっています。


──いいですね。あなた誰?(笑)

江嶋綾恵梨:メッチャウケてる。


──面白い!

来栖りん:メンバーこれに慣れちゃってね。


──すごいすごい。森さんはツッコミ担当みたいな感じなんですか?

森みはる:う~ん。

江嶋綾恵梨:面白いワードを言われますね。


──いいですね。自分にめちゃくちゃリンクしている歌詞ということなんですね。では、あとの2人はどうですか。

大門果琳:最初にまだ歌詞が入っていなかったんですけど、入っていったときにこの「雪だるま」のところのメロディーが可愛くて。そこを歌いたいなと思っていたらそこになったので。

来栖りん:叶ったね。


──すごいですね。願い叶う系じゃないですか!

全員:(笑)

大門果琳:嬉しかったです。


──メロディーが好きなんですね!

大門果琳:可愛いです。

吉井美優:ぴったり、大ちゃんに。

江嶋綾恵梨:大ちゃんぽい。

大門果琳:オルゴールみたい。


──あとは森さんですが、好きな歌詞はありますか?

森みはる:難しい…。一番好きなところが、この「初雪が」から「変わったのに」のBメロのブロックの部分です。歌詞もそうなんですけど、メロディーとかもたたみかけてくる感じがして。もう聞いてて、“ああ素敵、ああ素敵”ってなります(笑)もう自分はどこを歌えるんだろうと、すごくわくわくしていて、こんだけあったら、どこでもいいなと思ってめっちゃ考えていたんですよ。

全員:(笑)

江嶋綾恵梨:(手を叩く)


──それはめっちゃやばい。

森みはる:めっちゃ好きなここなら1行でも2行でも、どこでもいいと思ってて。こんなにどこでもいいと思うところ、ないじゃないですか!


──確かに。

森みはる:皆がやっているのを聞き入っているので、本当はもう踊りたくない(笑)


──踊りたくもない…(笑)本当は聞いていたいんですね!

森みはる:好きです、ここほんとに。

吉井美優:でもいいところばっかり歌っているよね。

森みはる:確かにいいところは頂きました。普段、美味しいところをいただくキャラじゃないので(笑)だからここのいっぱい歌えるところが良いですね!

吉井美優:うちらも思わなかった。

来栖りん:一番ヤバイところをもらった。


──森さんだけ叶わなかったパターンなんですね。面白い。そういう思いも含めてファンの方に聞いてもらいたいですね。

全員:(笑)

次ページ : カップリング曲について

ついに再始動!「Needs」(ニーズ)…

12/27「IDOL ALTERNAT…