12/27「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」出演のthe mishmash・代代代・大阪☆春夏秋冬が選ぶ今年の漢字とは?

the mishmash・代代代・大阪☆春夏秋冬、関西を代表する各グループのメンバー代表が今年の活躍を振り返る。関西のアイドルシーンを語理、2018年を締めくくる12/27に大阪・梅田クラブクアトロで開催「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」の見所も。二日に渡って開催されたアイドル対談です。

2018年12月20日

Interview&Photo

苦楽園 京


この記事の目次
  1. ・the mishmash・代代代・大阪☆春夏秋冬にインタビュー!
  2. ・平成最後の今年の漢字
  3. ・メンバーが選ぶお気に入りの歌詞
  4. ・IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018
  5. ・大阪☆春夏秋冬 最新情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・大阪☆春夏秋冬 Profile
  8. ・mishmash 最新情報
  9. ・mishmash Profile
  10. ・代代代 最新情報

the mishmash・代代代・大阪☆春夏秋冬にインタビュー!

今回は、12月27日に開催される「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」に出演するグループを2組に分けてのグループインタビューです。
初日の今日はthe mishmashからミスエミリさん、代代代からアユさん、大阪☆春夏秋冬からMAINAさんにお越しいただきました。


【2日目】12/27「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」出演のWEAR・Kolokol・我儘ラキアが選ぶ今年の漢字とは?



▲左から、アユ(代代代)、Maina(大阪☆春夏秋冬)、ミスエミリ(the mishmash)


——みなさんはライブなどでよく会われますか?

the mishmash ミスエミリ:私とアユさんは昨日も(笑)

代代代 アユ:昨日も一緒でした。


──そうなんですね。仲良く話を弾ませて行きましょう。それでは最初のテーマは「それぞれ相手のグループをどのように見ているのか?」です。なかなか改めて語ることはあまりないと思いますので、照れくさいかもですが、教えてください。

それでは、大阪☆春夏秋冬さんから行きましょう。エミリさんとアユさんは大阪☆春夏秋冬さんをどう思われますか?


大阪☆春夏秋冬 MAINA:緊張する~(笑)

the mishmash ミスエミリ:芸能人だなって思っています(笑)。ずっと毎回動画がアップされるたびに見ています。

代代代 アユ:それ、わかります。私もです。

the mishmash ミスエミリ:でしょ。すごいなって思って。着物で踊っている動画もあるし、あんな衣装でバチバチに踊って、踊り辛くないんかなとか。すごいなっていう。


──やはり、ダンス・パフォーマンスに惹かれますか?

代代代 アユ:結構、私も動画見させていただいているんですけど、もう圧倒的な存在感ですよね。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:ありがとうございます。

──やっぱりアイドルさん同士チェックしているんですね。

代代代 アユ:見ます見ます。私は、個人的にライブ観に行っていたので。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:え!どこですか?

代代代 アユ:大阪でイエスシアターとかでやられてときわかりますか?

大阪☆春夏秋冬 MAINA:まじ!?え!?イエスシアター!?


──Kawaiian TV「大阪☆春夏秋冬 カタヤブリ」の収録のライブとかかもしれないですね。

代代代 アユ:はい。他にも大阪のライブハウスの時期のときは、良く行っていました。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:驚き!えー!めっちゃ嬉しい!


──大阪☆春夏秋冬さんを観て、憧れを抱きながら、アイドルさんになったんですね。、アユさんは。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:うわ、喉乾く!(笑)


──それでは、Mainaさんから観て、代代代はどうですか?

大阪☆春夏秋冬 MAINA:私、対バンは今回が初めてさせていただくんですけど、YouTubeとか観させていただいたんです。ブレイクコアとかハードロック系の楽曲をされてらっしゃるので、すごいかっこいいなって思って、対バンがすごい楽しみになりました。

代代代 アユ:ありがとうございます。


──代代代さんは、独特のとんがっている世界観で激しい印象が私もあります。

代代代 アユ:“ジャンル・レス”というか、ジャンルに縛られない存在と思っていて、他にはないような感じでパフォーマンスをしているんで、そこを言っていただけるのすごい嬉しいです。


──エミリさんは代代代のことはよくご覧になっていると思いますが、いかがですか?

the mishmash ミスエミリ:メンバーさん増えられましたよね?最初は4人?

代代代 アユ:増えました。はい。私も増えた側なんですけど。

the mishmash ミスエミリ:フォーメーションダンスがすごいなぁって。私たちが4人グループなんですけど、あの人数でフォーメーションダンスされてて、独自の世界観はやっぱ見てて、代代代さんにしかだせないなぁと思います。

代代代 アユ:ありがとうございます。


──それでは、最後the mishmashさんはどうですか?

the mishmash ミスエミリ:Mainaさん、知ってました?(笑)

大阪☆春夏秋冬 MAINA:the mishmashさんのインタビューを見たときに、「the mishmashという音楽のジャンルをやっていきたい」っておっしゃって、すごいかっこいいなと思いました。でも大阪☆春夏秋冬も結構インタビューでそういうのを言ってて、みんな個性を大事にしてて、すごい似てる感じがします。

the mishmash ミスエミリ:みんなそういうのありますよね。今回のイベントは、それぞれのアイドルさんが「私たちは私たちのライブを私たちにしか作れない」って自信を持ってるグループばかりが集まっているので、とてもライブが楽しみです。


──そうですね、今日お越しの3組は、いわゆる世の中の人がアイドルっていうものに対して思い描く、”かわいいよね”とか”フリフリだね”、みたいなところで全然収まっていない方達ですものね。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:だからかっこいいなって思いました。

平成最後の今年の漢字

──そんなライブがあるのが12月27日なので、ここで今年の活躍を振り返っていただきましょう。それぞれのグループで「今年の漢字」を考えてみていただけますか。


the mishmash ミスエミリ:the mishmashは4月にデビューしたグループで、以前に芸能活動をしていたメンバーもいれば、未経験から加わったメンバーもいます。

ファンの人たちも同様で、the mishmash以前から応援してるよっていう人もいれば、グループができてから対バンライブで見つけてくれた人がいて。本当にごちゃまぜなので『混』っていう漢字かなって思います。


──the mishmashさんのグループ名の謂れも混ぜるとかそういう意味もありましたね。

the mishmash ミスエミリ:そうです。ごちゃまぜって意味で。ちょうど1年前にグループができているので、the mishmashからしたら、本当に激動の1年でした。


──ありがとうございます。続いて、代代代はどうでしょう。アユさん、お願いします。


代代代 アユ:代代代は駆け抜けるの『駆』っていう字です。私たちもこの1年は新体制になって、新しいメンバーも入って、この1年はいろんなことをさせていただいて、グループ自体でも初めてワンマンライブをやらせていただいたりとか、あとは7人でミニアルバムも最近は出させていただいたり。
7人で駆け抜けたなぁって思う1年で、駆け抜けるように早かったなぁと思ったので『駆』っていう字をお願いします!(笑)


──新体制は4月からですよね。もう慣れましたか?

代代代 アユ:いろんなことを新しく経験することばっかなんで、今もこれからも多分そればっかりなんで慣れるって感じじゃないですけど、でも楽しくやってます。

──ありがとうございます。それでは、大阪☆春夏秋冬さんは?


大阪☆春夏秋冬 MAINA:『音』です。というのは6月にメジャーファーストアルバム『SSFW』を発売させていただいたんですけど、そのファーストアルバムに入っている音楽のおかげで、6人の心をひとつにしてくれたんですよね。なので『音』という文字にしました。

このアルバムは、楽曲一曲一曲をどういう風に歌っているのかとか、表情とか心とか喜怒哀楽、色とか景色とかその音にまつわるもの全てをメンバーと共有して作りました。そしたら、メンバーそれぞれの個性も見えてきて、ひとりひとりの心と心が音楽のおかげでひとつになったって改めて思いました。

メンバーが選ぶお気に入りの歌詞

──なるほど。色々な意味が込めらた上での『音』なんですね。ありがとうございます。他のみなさんも色々なが楽曲を歌われていますが、その中で、お気に入りの歌詞・ブレーズを教えていただけませんか。

the mishmash ミスエミリ:実は12月14日の大阪MUSEのワンマンライブでも話したんですけど、初のアルバムを出すことが決定しました。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:えー!すごい!

the mishmash ミスエミリ:シングル1枚で、もうアルバムだしちゃおうみたいな感じで(笑)。13曲入りで、ファーストアルバム「ONE」(2019年2月19日発売)です。そのタイトルにもなってる『ONE』っていう楽曲なんですけれども、歌い出しが、「みんなひとつになった寄せ集めの仲間だ」っていう、本当にもうthe mishmashのことを言ってるフレーズがあるんです。

デビューして8カ月で、もう一度初心に戻って、みんな寄せ集めの仲間だから、ファンの人もメンバーも含めてひとつになって、これから今を越えていこうっていうので「みんなひとつになった寄せ集めの仲間だ」っていうフレーズはすごく大事に思ってます。


──その点は、以前のインタビューでもお聞きしましたが、常にthe mishmashさんは意識されてますよね。それでは、アユさんお願いします。


代代代 アユ:代代代の曲って、the mishmashさんとのすごい歌詞に意味があるみたいなものとは少し違ってて、歌詞がひとつひとつ本当に意味がない言葉の寄せ集めみたいな感じ。

ただ、ひとつひとつ深い意味はないんですけど、でも『ワールドワイドハピネス』っていう曲の中に、「世界中が僕になりますように」っていう歌詞があるんです。そこはお客さんと一緒に歌う部分なんですね。そういうのも私たちの曲には少ないので、そこのフレーズを大切にしてて、一押しのフレーズです。



次ページ : 大阪☆春夏秋冬 MAINAが選ぶのはやっぱりアノ曲

12/27「IDOL ALTERNAT…

Fortune cherryがデビュー…