12/27「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」出演のthe mishmash・代代代・大阪☆春夏秋冬が選ぶ今年の漢字とは? (2/2)



──ライブで盛り上げる瞬間なんですよね、そこが。それではMainaさんは、いかがでしょう。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:やっぱり代表曲である『Let you fly』の「歌い続ける僕らの唄」のフレーズが1番大好きですね。多分このフレーズは私たちもそうですし、ファンの方も何かを求めてくださってるようなフレーズなので、これからもずっと一緒にこの曲と共に歌い続けたいし、みんなと一緒にひとつになれれば良いなって思いますね。



──UtaTenも歌詞のサイトなのでいろんな歌詞を掲載していて、そういう歌詞を見てファンの方も思いが募るんですけど、パフォーマンスしているみなさんも同じ気持ちなんですね。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:はい。一緒に歌ってるので余計に。

the mishmash ミスエミリ:アユさんは、歌ってたんじゃない?

代代代 アユ:歌ってました!

大阪☆春夏秋冬 MAINA:歌ってました?

代代代 アユ:こうやってやってました。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:えー!嬉しい!このフレーズがぐっとくるんですよ。

the mishmash ミスエミリ:泣きそうになる時ないですか?

大阪☆春夏秋冬 MAINA:あります。何回も泣きます。

代代代 アユ:「歌って!」って感じで煽られてますよね。


大阪☆春夏秋冬 MAINA:そうなんですよ。フェスとかいくと、「歌って!」ってステージで言っちゃうから、楽屋で他のアイドルさんに「歌って!」っていじられるんですけど。
でもほんまにこの歌詞めっちゃ好きですね。みんなで一緒に歌ってる、ライブをひとつにしてるイメージがあるので。自分だけじゃないし、フェス自体をみんなで楽しんでる感があるので好きです。


──この記事出たら余計にいろんなアイドルさんに言われそうですね。さて、みなさん関西を代表するグループなんですけど、関西のアイドルシーンについては、どう思われますか?


大阪☆春夏秋冬 MAINA:私たちが初めて大阪でいろんなアイドルさんと対バンさせていただいた時って、すごい王道なアイドルの曲が多かったんですよ。だけど、だんだんこうやってロックを歌うアイドルが増えてきて、多分大阪の人って何も着飾ってない自分が1番かっこいいと思うんですよね。

だからこそ、こういう自分の思いを曲に合わせて伝えたりとか、アイドルだからといってジャンルに縛られないアイドルがこれからも増えていったら良いのになって思います。ロックだったりとかレゲェだったりHIPHOPとかいろんなジャンルあると思うんですけど、そんなの関係なしに。

the mishmash ミスエミリ:それをしているのが、大阪☆春夏秋冬さんで、先駆けだなっていうのはずっと思ってて。1番トップを大阪☆春夏秋冬さんが走って行ってくれたから、私らができた部分ももちろんあると思うんですね。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:鳥肌鳥肌(笑)

the mishmash ミスエミリ:ロックのシーンというか、言いづらいことやりづらいことを1番最初にしてくださったのかなって思ってて。だからすごい孤独じゃなかったのかなってずっと思ってて。

──そういうのは、ありましたか?

大阪☆春夏秋冬 MAINA:ありましたね。いろんな大人の方にめちゃめちゃ言われました。「何やってるん。そんなん売れるわけないやろ」みたいなのとか(笑)。今でもそんな売れてるとかいうわけではないんですけど。

the mishmash ミスエミリ:それをやり続けてることがめっちゃすごいなって思います。ステージ上で人生みたいな感じが表れてるアイドルが私はめちゃくちゃ好きで。ダンスも歌も上手い下手ももちろんあるとは思うんですけど、そうじゃなくて自分で人生をステージに表せるのって、すごい素敵だなって。だから私たちも、そうなりたいなって思ってます。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:関西人やからこそできるものって多分そういうとこが強いんだと思います。魂が。

the mishmash ミスエミリ:熱いです本当に。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:まだまだなんで頑張ります。


the mishmash ミスエミリ:代代代さんもだけど、なんか人生をかけてる感が見てて伝わる。音外しちゃうときとか絶対あるじゃないですか。泣いて、調子悪くて歌えないときとかもあるけど、そこをまた気持ちでしっかりお客さんの気持ちを掴んで、またお客さんの気持ちがのっかって、自分の気持ものっかって。この相乗効果でフロアが熱くなるのが2組とも見ててすげぇなって。


──代代代さんもどちらかというと、最初は取っつきにくい感じではないですか?

代代代 アユ:初めて見る人には結構そういう人もいます。でもそういう人が2回目みたら逆にはまったみたいな人がいるのが、嬉しいです。


──東京では多様なアイドルがいます。例えば、病んでる感じのアイドルさんがいらっしゃる。関西だと見かけないですよね。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:関西人の性格ちゃいます?(笑)流行ってるのはすっごいわかります。

今日もTwitterで書いたんですけど、「病み系とか陰系のグループは流行ってる?」みたいな。でもわかるんですよね。すごい自分が悲しくなったときとか、そのグループを見ると共感できたりとか、そういうものが伝わるから余計に、楽しいよりも悲しいときのほうが人って共有しやすいから。

でも大阪人は大阪人なりに、陰よりも陽を選んで(笑)。よくいろんなアーティストさんたちと一緒に喋ったりするんですけど「いつか絶対正義が勝つのは陽なんだ」っていう。きっとですけどね。だからこそ、それを信じて、「陽」をやっている。

元気を与える勇気を与えることって、めちゃめちゃしんどいですけど、でもいつか絶対にそれを続けることによって、すごい大きな太陽みたいな存在になっていく気がするので、大阪人や関西人は絶対にそれがないとダメな気がします。なんかそんな気がする。

──確かに土地柄としては向いていないかもしれないですね。関西のアイドルシーンの特徴でもあるんでしょうね。

the mishmash ミスエミリ:東京から関西にも来てほしいですよね。アイドルさんもファンの人も。私らが、よく東京に行くじゃないですか、アイドルってやっぱりどうしても。

東京は東京で全てが足りちゃうと思うんですよ。そんなところに私たちは飛び込んでいくけど、逆に向こうから飛び込んでもらえるようなシーンが作れた良いのかなと思います。そして、本拠地では、ライブで「何言うとんねん!」ってやじ飛ばしてもらって「うっさいわ!」って言ったほうが私らの良さが出るのかなと思う。


--それでは、そんな観に来て欲しい関西のイベントの話を。12月27日の「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2108」ライブの意気込みとUtaTenをご覧の方へのメッセージをお願いします。

the mishmash ミスエミリ:初めてこのイベントやるよって聞いたときに、私達も含めてデビューして1年未満のグループが多分3つあって、7年活動されている大阪☆春夏秋冬さんがいる。

これから関西を広げていく、ジャンルにとらわれない音楽をこれから発信していくんだっていうグループが集まったイベントだと思うんです。

だからいろんなファンの人もいろんな人に来て欲しいし、とらわれずフロアで楽しんでもらって、最初から最後まで全部観てもらいたいなって思います。

本当にそれぞれの良いグループがあるので、音楽ってジャンルを楽しみに「IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018」に来てもらって、「関西きてるね!」って思ってもらえたらなって思います。

大阪☆春夏秋冬 MAINA:待って待って待って。以下同文。(笑)どうしよ。

代代代 アユ:全てを代弁していただいた感じ。

──そうですね。綺麗にまとまりました。12月27日なので、今年最後のライブでしょうか?


代代代 アユ:私たちも今年最後のライブです。結構ジャンルが似ているようで似てないグループやと思ってます。新体制になって、約1年間の全てを出し切って共演者さんと一緒にこのライブ盛り上げたいなと思っています。

the mishmash ミスエミリ:私はまだまだあります。(笑)

大阪☆春夏秋冬 MAINA:昨日ね大阪☆春夏秋冬もセットリストを決めたんですけど、ライブも今年最後ということで、火傷しそうなぐらい熱いセットリストを組んだので、私もすごい楽しみです。

一緒に対バンをするアーティストさんもいっぱいいらっしゃるし、絶対に熱いライブだと思うんですよね。関西のどこよりも熱いライブにします。

──ありがとうございました。6組で熱いライブをぜひ観せていただければと思います。



IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018


『IDOL ALTERNATIVE THE KANSAI 2018』

日程:2018年12月27日(木)
時間:17:00 / 開演:18:00
会場:CLUB QUATTRO(大阪・梅田)

【出演】
WEAR/大阪☆春夏秋冬/Kolokol/代代代/mishmash/我儘ラキア

【チケット料金】
前売り(運営予約) 2,500円
当日 3,000円(共にドリンク代別)

【お問い合わせ】
ロックスエンタテインメント合同会社
TEL.06-6568-9763(平日11:00〜18:00)

12/27「IDOL ALTERNAT…

Fortune cherryがデビュー…