日本のみならず世界中を虜にするTWICEの魅力を徹底分析!

平成が終わろうとする中、新たな韓流旋風を巻き起こした「TWICE」。日本のみならず、世界の音楽シーンを席巻した彼女達に迫ります。

2019年1月11日

Editor

レノ


この記事の目次
  1. ・TWICEとは?
  2. ・Twiceのメンバー紹介!
  3. ・"TTポーズ"で大ブレイク!
  4. ・定番から最新まで厳選曲をピックアップ!
  5. ・TT
  6. ・Candy Pop(キャンディポップ)
  7. ・YES or YES
  8. ・まとめ
  9. ・TWICE 最新情報
  10. ・ツアー情報
  11. ・リリース情報
  12. ・TWICE Profile

TWICEとは?

「TWICE(トゥワイス)」は、2015年7月に誕生した、韓国の9人組アイドルグループ。

また、グループには韓国人を始め、日本人・台湾人も在籍しており、多国籍ユニットとしても知られています。

デビューするや否や爆発的な人気を集め、国内外の音楽チャートを席巻し続けており、今、世界で最も影響力のあるガールズグループと言っても過言ではありませんね。

もちろん日本でも大変人気のあるグループで、音楽番組を始めCM、更には年末の『NHK紅白歌合戦』にも連続出場するなど、一般認知度も高まっています。

そんな彼女たちの魅力を探っていきたいと思います。


Twiceのメンバー紹介!

メンバーは全員、サバイバルプログラム「SIXTEEN」から選出されており、韓国人のナヨン(リードボーカル、リードダンサー)、ジョンヨン(リードボーカル)、ジヒョ(リーダー、 メインボーカル)、 ダヒョン(リードラッパー、サブボーカル)、チェヨン(メインラッパー、サブボーカル)の5人に加え、

日本人のモモ(メインダンサー、サブボーカル)、 サナ(サブボーカル)、ミナ(メインダンサー、サブボーカル)、そして台湾人ツウィの計9人から構成されています。

K-POPアイドルらしく、高い歌唱力とダンススキルに加え、ルックスレベルの高さも加わり幅広い層に支持されています。

また、毎年恒例となっている、アメリカの批評サイト『TC Candler』による「世界で最も美しい顔100人」2018年度版では、2位のツウィを始め、なんとメンバー全員がランクインするという快挙を成し遂げています。

まさに天が二物も三物も与えてしまったK-POP最高のアイドルグループという訳です(笑)。


"TTポーズ"で大ブレイク!

デビュー後わずか44日で、『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』にて女性新人賞を獲得するなど、当初から日本での認知度も高かったわけですが、そんな彼女達を一躍有名にしたのが楽曲の中の振り付けである「"TTポーズ"」でした。

当時はまだ日本デビュー前でしたが、誰でも簡単に真似することができ、当時女子中高生を中心とした若い女性たちの間で爆発的に広まりました。

2017年6月の日本デビュー後、更にTTポーズは広まることとなり、社会現象とも言える大ブームを起こします。

「TWICE=TTポーズ」が定着したのも、この時でしたね。


【TWICEのライブレポート掲載】7万人を動員した初アリーナツアー完遂!



定番から最新まで厳選曲をピックアップ!

TT

まず初めに紹介するのは、2016年10月リリースの「TT」。言わずと知れたTWICEを象徴する曲であり、あのTTポーズもこの曲から生まれました。

今回は、その日本語バージョンとなる「TT -Japanese ver.-」(2017年6月リリース)の歌詞を見てみましょう!

----------------
マジで焦っちゃって 見つめるだけで
何もできない
Ba Ba Ba Baby
想像して その名前 もう呼び捨て Baby
知り合う前なのにね
≪TT -Japanese ver.- 歌詞より抜粋≫
----------------

最初の歌詞からは、想像するばかりで肝心の恋は進展せず、もどかしい気分歌っている事が分かります。恋する女性のストーリーを歌ったものでしょうか。

----------------
I’m like TT
Just like TT
気づかないふり やめてやめて
I’m like TT
Just like TT
Tell me that you’d be my baby
≪TT -Japanese ver.- 歌詞より抜粋≫
----------------

TTは、悲しさを表現したものでしょう。

更に繰り返し使われていることからも、大きな悲しみであることが伺入れますね。

片思いするも振り向かれず、切ない恋心が描かれています。

続いてMVをチェックしてみましょう!



明るい曲調になっており、聴いただけではとても切ない恋心を歌った曲とは思えない作品になっていますね(笑)TTポーズばかりに目が行きがちですが、見ている方も思わず踊りだしたくなるような軽快で息の合ったTWICEらしいダンスも作品を引き立てています。

Candy Pop(キャンディポップ)

続いて紹介するのは2017年12月に発売された「Candy Pop」は、ポップで可愛いく、口ずさみやすい曲となっています。早速歌詞を見てみましょう!


----------------
Hey sweetie sweetie
Sweetie sweetie (Hey!Ha!)
≪Candy Pop 歌詞より抜粋≫
----------------

「Hey sweetie」という英語のフレーズから、大切な人に呼び掛けていることが分かります。

----------------
Hey sweetie sweetie
Sweetie sweetie (Hey!Ha!)
それな!
退屈なEveryday
だけど
突然君の声
止まってた世界が動き出した
≪Candy Pop 歌詞より抜粋≫
----------------

退屈な毎日の中で、君(家族あるいは恋人)の声を聴くことで、ハッピーになれる。
女性目線で、大切な人との何気ないやりとりで感じる幸せを、友人が共感している様子が良く分かりますね。


続いてMVを見てみましょう!



各メンバーがアニメのキャラクターとして登場する、これまでに無かった斬新なものとなっており、そこに彼女たちの可愛いダンス振り付けがうまく融合した作品となっています。


YES or YES


最後に紹介するのは2018年11月にリリースされたばかりの「YES or YES」。

MV再生回数が1億回を超え、10作連続での快挙となった最新ヒット曲。



アップテンポな曲調となっており、見ごたえあるエネルギッシュなダンスも特徴の作品となっています。思わず一緒に踊りたくなりますね。


まとめ

2018年も、最後まで大忙しだったTWICE。

その人気はとどまるところを知らず、2019年、そしてその先の彼女達の活躍にも期待したいですね!

TEXT レノ

TWICE 最新情報

ツアー情報

◇TWICE DOME TOUR 2019(仮)
≪日程≫
2019年3月21日(祝・木) 京セラドーム大阪
2019年3月29日(金) 東京ドーム
2019年3月30日(土) 東京ドーム
2019年4月06日(土) ナゴヤドーム

≪チケット発売情報≫
■最速先行 (W会員先行):
11/19(月)18:00~12/4(火)23:59 ※受付終了

■2次先行 (ONCE JAPAN会員先行):
12/8(土)12:00~12/18(火)23:59 ※受付終了

■3次先行 (ONCE JAPAN MOBILE会員先行):
12/22(土)12:00~12/28(金)23:59

詳しくはドームツアー特設サイトをご覧下さい。

ドームツアーに先駆けて、コンサート必携アイテム「CANDY BONGペンライト」の先行予約受付を開始します!
会場全体が一体感となる「CANDY BONG ペンライト」をこの機会に是非ご購入ください。

≪先行予約受付開始日時≫
2018年11月15日(木)12:00~START

≪商品発送スケジュール≫
2019年2月4日(月)より順次発送

詳細はこちら

リリース情報

◆CD『BDZ –Repackage-』リリース情報
12月26日(水)Release
TWICE JAPAN 1st ALBUM『BDZ -Repackage-』
特設サイト

○CD収録曲 (2形態共通)
 ① STAY BY MY SIDE
 ② BDZ
 ③ One More Time
 ④ Candy Pop
 ⑤ L.O.V.E
 ⑥ Wishing
 ⑦ Say it again
 ⑧ Wake Me Up
 ⑨ BRAND NEW GIRL
 ⑩ Be as ONE
 ⑪ I WANT YOU BACK
全11曲

○初回限定盤 【CD+DVD】
WPZL-31564/5
¥5,093 +tax (税込¥5,500)

DVD:「STAY BY MY SIDE」Making Music Video
Jacket Shooting Making Movie
Making Movie of TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”
※豪華7インチサイズBOX仕様
※7インチサイズ48p歌詞ブックレット封入
※ソロ写真トレーディングカード9枚セット封入

○通常盤 【CD】 WPCL- 12984  定価 ¥3,000 +tax (税込¥3,240)

※歌詞ブックレット24p (予定)
※初回プレス分のみトレーディングカード1枚ランダム封入 (全9種)

【全国共通特典:スマホスタンド(9種の内ランダムで1種)】
※ご予約の際には各店等・ECサイトで特典付きの確認をお願い致します。
※特典はなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

◆『BDZ -Repackage-』予約開始!!
タワーレコード全店

HMV&BOOKS

TSUTAYA RECORDS

楽天ブックス

amazon

TWICE Profile

『いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる』アジア発9人組ガールズグループ『TWICE』(読み方:トゥワイス)。

2017年6月に最強ベストアルバム「#TWICE」にて日本デビューし日本レコード協会のプラチナディスクに認定。

「第68回NHK紅白歌合戦」にも出場。JAPAN 1stシングル「One More Time」、2ndシングル「Candy Pop」ともにオリコンウィークリーチャート1位を獲得。

1stシングルの初週売上が昨年度最高を記録し、海外アーティストの1stシングルの初週売上でも、歴代1位を記録。

「Candy Pop」もファーストシングルに続き20万枚を超えた、初の海外アーティストとしても注目。

日本ゴールドディスク大賞で5冠を達成。最新シングル「Wake Me Up」も5/28付オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。

3作連続の1位及び初週20万枚超となり、海外アーティストによる「1stシングルからの3作連続初週売上20万枚突破」は今回が初となり、前作『Candy Pop』で記録した「1stシングルからの連続初週20万枚突破」記録を更新。

同じく前作で記録した「海外アーティストによる連続初週20万枚突破」の歴代1位タイを単独1位となった。

さらに『Wake Me Up』は日本レコード協会のゴールドディスク認定において、累計正味出荷枚数が、50万枚を突破し、ダブル・プラチナの認定を受けた。

海外女性アーティスト史上初のシングルでのダブル・プラチナに認定としての快挙を達成。

TWICEはこの今夏話題の映画「センセイ君主」(8/1公開)の主題歌に決定。

9月12日には、TWICEの「今まで」と「これから」、「新たな挑戦」全てが詰まった JAPAN 1st ALBUM『BDZ』が発売。

オフィシャルサイト

◆TWICEの日本実績
2017年
「#TWICE」
・オリコンデイリーチャート1位
・25万枚以上の売り上げを記録し、プラチナディスクに認定

「One More Time」
・オリコンウィークリーチャート1位
・1stシングルの初週売上が2017年度最高を記録
・海外アーティストの1stシングルの初週売上歴代1位
・25万枚以上の売り上げを記録し、プラチナディスクに認定
「その他」
・東京タワーとのコラボレーション
・デビュー3日目にして「ミュージックステーション」出演
・SHIBUYA109イメージモデルに異例のデビュー直前アーティストの起用
・ファッション誌「non-no」史上初 「TWICE版」を含む3形態での表紙を発売
・デビュー半年で「第68回NHK紅白歌合戦」への出場
・ワイモバイルTV CM出演

2018年
「Candy Pop」
・オリコンウィークリーチャート1位
・25万枚以上の売り上げを記録し、プラチナディスクに認定
・オリコンの2月のシングル月間ランキングで日本代表人気グループに続いて2位を占める
・海外アーティスト初となるデビューシングルから2作連続で初週販売高20万枚突破

「Wake Me Up」
・オリコンウィークリーチャート1位
・1stシングルからの3作連続初週売上20万枚突破
・海外アーティストによる連続初週20万枚突破
・海外女性アーティスト史上初のシングルでのダブル・プラチナ認定

「その他」
■第32回日本ゴールドディスク大賞 5冠達成 ※海外アーティスト初
○受賞一覧
ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)
ベスト3アルバム(アジア)
ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)
・ABC-MART「NIKE AIR MAX」CMタイアップ(『Wake Me Up』の楽曲タイアップもあり)

□オフィシャルファンクラブ【ONCE JAPAN】詳細
◆TWICE JAPAN OFFICIAL FANCLUB
【ONCE JAPAN】
URL:http://oncejapan.com/

◆TWICE JAPAN OFFICIAL MOBILE FANCLUB
【ONCE JAPAN MOBILE】
URL:http://sp.twicejapan.com/(スマートフォンのみ)

今人気の6人組アイドルグループ・Kin…

国民的アイドルグループ・嵐の魅力を追求…