マジカル・パンチラインのメンバー1人の物はみんなの物!?

ドリーミュージック移籍第1弾シングル『Melty Kiss』を2月20日にリリースする「マジカル・パンチライン」。1月20日、大阪・あべのキューズモールでそのリリースイベントを開催した直後の浅野杏奈・小山リーナ・清水ひまわり・沖口優奈のメンバー全員に直撃インタビュー!

2019年2月14日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・浅野杏奈 18歳になって・・・
  2. ・小山リーナ ビジュアルブックのタイトルの意味
  3. ・清水ひまわり メンバーから貸してと言われるもの
  4. ・沖口優奈 メンバーの写真を撮りすぎて・・・
  5. ・新曲『Melty Kiss』はマジパン初のラブソング
  6. ・パフォーマンスで感謝の気持ちを伝えたい
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・マジカル・パンチライン 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・マジカル・パンチライン Profile


浅野杏奈 18歳になって・・・

──浅野杏奈さんは12月25日に18歳の誕生日を迎えました。18歳になった心境は?

浅野「心境は特に変わらないんですけど、18歳になって身に染みて感じるのは、お肌が曲がり角を曲がりました(笑)。優奈からずっと、18歳はお肌の曲がり角だよって言われていて、誕生日当日にお肌の調子が悪くなって、これは18歳になったからだ!って」

沖口「曲がったわ(笑)」

浅野「肌荒れとかの治りが悪くなりましたね」


──この春、高校卒業ですが、高校生活の思い出は?

浅野「修学旅行で長崎と福岡に行って、クラスのみんなと一緒に過ごせて楽しかったんですけど、一番記憶に残っているのは、軍艦島クルーズの船で、帰ってからレコーディングする曲を必死に覚えたことです。修学旅行中はスマホを使っちゃいけなかったので、前日にもらった曲を聴いて、歌詞を書き出して持って行ったんです。『終わらざりしミスリル』という曲なんですけど」




小山リーナ ビジュアルブックのタイトルの意味

──小山リーナさんは、1月31日に1stビジュアルブック『R』が発売されます。だいたい予想出来ますが、タイトルの意味は?

小山「タイトルはスタッフさんに決めていただきました。スタッフさんからタイトル案があったら言っていいよって言われていたんですけど、どういうタイトルにしたらいいのか、初めてのことで、よくわからなくて、結局何も言わなかったんです。Rの形とか、表紙とかは自分でこれがいいですって言って、決めました」


──それで、タイトルの『R』の意味は?(笑)

小山「小山のR?」(一同爆笑)


──リーナのRですね(笑)。そのビジュアルブックの見どころは?

小山「朝から夜まで私と一緒におでかけするような、ストーリー性のあるビジュアルブックになっていて、かわいい系の服から、かっこいい系の服まで、いろんな私を楽しんでいただけると思います」




清水ひまわり メンバーから貸してと言われるもの

──清水ひまわりさん、約1年前にインタビューさせていただいた時に、身長が167㎝になったという話をしました。それからまた伸びましたか?

清水「1~2㎝だけ伸びました。急成長はしなくなりました。ファンの人に言われるんですよ!自分より身長高いから推せないとか」(一同爆笑)


──1月9日のツイッターに「マジパンメンバーに貸してと言われるもの第4位 モバイルバッテリー」と。ちなみにベスト3は?

清水「1位は鏡だと思うんですよ。2位はヘアアイロンかな?巻き髪を作るコテを持ってくるメンバーは割といるんですけど、私は逆にコテは持って来なくて、ストレートアイロンを持ってくるので、貸してって言われる率が高いですね。今日も言われました」

浅野「ひまわりが持っているものの値段が、私たちが持っているものより、ゼロが1個多いんですよ。だから借りたいんです(笑)」

清水「自分で良さをわかっていなくて。お母さんが美容師さんに勧められて買ったんです」

小山「ママ、大丈夫?(笑)」

清水「やばいんだよね。うちの家族、みんなチョロくて(一同爆笑)。押しに弱いんですよ」


──怪しい壺とか買わないようにして下さい(笑)。そして3位は?

清水「3位は何だろう?ティッシュ?」

浅野「ティッシュ!ティッシュ1位じゃない?」

清水「ミラーより多い?」

沖口「ミラー!ちょっと聞いてもらっていいですか?」


──どうされました?(笑)

沖口「この前のリリイベの時に、ミラーをひまわりに貸したんですよ。気付いたら杏奈のところに行って、リーナのところに行って、私のところに戻ってこなくて、私物じゃなくて、公共の物になりました」

清水「この子が持ってるから、持って来なくていいやってなるんですよ」

沖口「メンバー1人のものは、みんなのものなので、助け合っていきます(笑)」




沖口優奈 メンバーの写真を撮りすぎて・・・

──沖口優奈さんは「アイドルカメラ部」としての活動はいかがですか?

沖口「カメラを始めたのが2年前ぐらいからなんですけど、楽しさがどんどん増してきて、メンバーの写真を撮っている時が一番楽しいです。写真を撮ってからレタッチするんですけど、その時にメンバーの顔を見すぎて、涙袋の違いとか、細部までわかるようになりました。この涙袋は誰?とか、パネルで出されても、絶対答えられる自信があります!」

小山「(浅野が)引いてる(笑)」

浅野「怖いです・・・」


──大阪出身の沖口さんは、あべのキューズモールでイベントをするのが夢だったと、先ほどのMCでおっしゃっていました。

沖口「家族でよく来ていた場所で、アイドルさんがイベントをやっているのも観ていたので、マジパンでイベントが出来て本当に嬉しかったですし、楽屋でみんなで大阪の食べ物を食べている時も楽しかったです」


──沖口さんのお母さんが阪神百貨店のいか焼きを差し入れされて、ライブ前に食べて、いか焼きパワーで、リリイベも無事に終了しました。



次ページ : 新曲『Melty Kiss』はマジパン初のラブソング

人気はまだまだ上り坂?乃木坂46の魅力…

ココだけメール、バレンタインメール企画…