MONOCHORMEのその先へーキミイロプロジェクト最大の挑戦ー (2/2)


新曲で魅せる新たなキミイロプロジェクトとは?

──泥臭く、というワードを聞いて、新曲『あぁどうせ、Don't say』は皆さんの今の気持ちが表れているような気がしました。この曲は皆さんにとってどのような曲ですか?

高槻:もう、特別な曲です。個人的には今までで一番多くソロをいただいた曲で、歌詞の内容も今までのキミイロプロジェクトの楽曲とは真逆ですね。


──真逆、ですか?

高槻:ちょっと後ろ向きな歌詞だなと思っていて。今までの曲で自分が任されていたものとは違う表現を求められているなって思ったんです。伝えたい想いがある、その世界観を表現できるのって、自分の世界が広がって楽しいなって思いました。


──まさに色が変わっていく瞬間なんですね。

高槻:落ちサビの歌詞がすごく好きです。ちょっとだけ前を向く歌詞になります。

瀬川:すごくメッセージ性が強い曲だよね。モヤモヤした気持ちや、躓きそうな時の気持ちが歌詞とリンクしたり、ファンの方の気持ちも入っているような気もする。サビの終わりにある“大事なこと見つけたから”っていうフレーズ、そこが一番好きです。

アイドルをやっているとくじけそうになることも多いけど、この歌を聞いていると、私は大事な居場所を見つけられたなって前向きに思えたりして。何よりあくびの歌い方がすごく好きなんです。落ちサビの時、私あくびの横顔が見える位置にいるんですけど、初めてお披露目した時に泣いてしまいそうになって。

星海:いや、泣いていましたよ(笑)歯を食いしばって我慢してた。


──泣いていたんですか!

星海:私の位置からはのんたんの顔が見えるんですけど、あくびのソロの時にもう震えをこらえているのがわかりましたもん。

瀬川:思い出すと泣いちゃいそう。

高槻:えっあくびも泣いちゃいそう…!

瀬川:あぁちゃんと歌詞の意味を考えて、ファンの人に伝えるんだっていう気持ちが伝わってきて。すごい、すごい好きなんです。


──熱いグループ…! 努力しているとこを見ていてくれるメンバー同士の関係性が素敵ですよね。

瀬川:かっこいいなって単純に思いました。

高槻:嬉しい…。

瀬川:キミイロプロジェクト自体、メインボーカルをたてた曲が初めてだったので、すごく緊張しただろうなって勝手に思っていて。なんかもう親心みたいな。『あぁあくび、あんなに冴えなかったのに、キラキラしてる、アイドルだ!』って。

星海:オーディションの時なんて、学校の緑色のジャージ着ていたものね…(笑)

瀬川:そんな子がグループのセンターなんだって。色々な思いがあの歌詞とリンクして…。一緒にやってきた中で一番綺麗なあくびを見た瞬間だったなって。だからこそ、たくさんの方に聞いてほしいです。


──キミイロプロジェクトが皆さんにとっての居場所。思い入れのある大事な曲ですね。

星海:キミイロプロジェクトの曲の中で一番ダンスの難易度が高いのもポイントだと思います。魅せられる曲。私のモットーは、見てくださっている方が何かを感じるパフォーマンスをすること。ちょっと暗い気持ちになってしまった時に、この曲を聴いて少しでも心が動いてくれたら嬉しいです。


──無理して前向きになろう! というイメージではなく、小さくても進もうと思わせてくれる曲ですよね。

山田:正規メンバーに昇格して初めてこの曲を聴いた時に『この曲と自分がちょっと似ているな』と思ったんです。見え隠れする強い意志や心の奥底の想いを感じて、私もこのままじゃダメだって。『この曲で戦っていこう』って思えました。

星海:すごい…!

高槻:かっこいい…!


──ファンの方に届けたいのはもちろん、歌っているご本人も、パワーをもらえる曲なんですね。

瀬川:徐々に強くなっていく様子が見えるような曲です。みんなに寄り添ってくれる歌だなって思います。


白をまとい、衝動を起こしたい



──今回の衣装について教えてください。

高槻:MONOCHORMEという言葉を聞くと黒と白をイメージする人が多いと思うんですけど、 本来の意味は“1つの色”なんですね。それを踏まえてどっちだろうって考えた時に白だって思ったんです。本当に強い色は白だっていうのがあくびの中であって。今思うと、ワンマンライブのタイトル(※黒を白へ)にもぴったり合うし、よかったなって思っています。

星海:テーマを聞いただけで、この衣装のデザイン出来るのがすごい。

高槻:ファッション界に『黒の衝撃』というものがあるんですけど、あくびの中では白の方が強いなって。衝撃になる前の衝動を起こすのがアイドルだと思っているので、白の衝動が起こるようにって思いながらこの衣装を作りました。

──黒は何色にも染まらないイメージがありますけど、白なのに染まらないって強い意志を感じますね。

高槻:その強さを持っていたいという想いがこもっています。


──メンバーの皆さんは、次の衣装はこれだよって見せてもらうんですか?

瀬川:最初はあくびが衣装を作れるなんて知らなかったから、突然パッと見せられた時はびっくりしました。毎回必ず衣装の説明をしてくれるんですけどそれを聞きながら泣いてしまうメンバーもいて。

高槻:あくびにしかわからないメンバーの魅力を衣装に取り込みたくて。今回は袖のデザインがそれぞれ違うんですけど、この子にはこれが似合うって近い存在だからこそわかることがあるかなって。そういうのを意識して、作っています。


──リーダーとしていつもメンバーを見ているから、活かすデザインを考えられるんですね。

高槻:シーズンごとに1着作るので、みんながテーマを乗り切るための戦闘服になったらいいなって思いますね。


キミイロプロジェクトにとっての運命を変える日

──では最後に、5月16日のワンマンライブに向けての意気込みをお聞かせください。

瀬川:キミイロプロジェクトが世界を変えるくらいの勢いで挑みます。このグループはすごいんだって思って欲しい。あまりアイドルっぽくないかもしれないんですけど、泥臭い部分とか、あの日SELENEのステージで流した悔し涙とかも、きっとリンクする部分があると思います。

あの時よりパワーアップした最高のパフォーマンスを見せて、逆に皆さんを泣かせるくらいの気持ちで作り上げていきます。綺麗なものばっかりじゃないけど、全部ひっくるめてキミイロプロジェクトでありたいなと思っています。


──運命を変える、キミイロプロジェクトの革命ですね。

星海:これまで泥臭くやってきたからこそ、ただ楽しませますとか、私たちの覚悟はそれだけじゃなくて。『あぁどうせ、Don't say』を筆頭に、色々なテイストの曲があるので、見てくださる皆さんの感情をグイグイ動かせるような、そんなライブにします。皆さんの人生にとってその1日が本当にかけがえのない時間になるように挑むので、皆さんの大切な時間を私たちにくださいっ!


──初めての大舞台へ、意気込みはいかがですか?

山田:TIFの全国選抜の時は、私はSELENEには立っていなかったんです。先輩達がSELENEでライブしているのを見た時に、私も絶対ここに立ってやるって思いました。キミイロプロジェクト史上最大規模のワンマンライブ、絶対に客席を埋めたい。私は先輩達とは活動してきた年月が違いますが、5月16日に魂を込めたいと思います!


──客席で見ていたからこそ、一員となったいま力になりたいと強く想う、その覚悟が素晴らしいですね。

瀬川:暑苦しすぎますよね、大丈夫ですかね? 自分たちでも暑苦しいっていうのはわかっているんですけど、抑えられなくて‥(笑)

高槻:過去に一度立ったSELENEでは、すごく綺麗な景色を見たけど、すごく悔しい思いをしました。このワンマンライブは、あの悔しさやみんなの色々な想いを抱えて、絶対に成功させたい。5月16日、ファンの皆さんと一緒に、これまでで一番綺麗な景色を見たいと思っているので、ぜひ遊びに来てください! 絶対いい日に、しようね。


──言葉を発するたびにお互いの好きなところ、尊敬するところを伝え合うキミイロプロジェクトのメンバーたち。本日は熱いお話をありがとうございました。



走りきった過去を超え、未来へ飛び出す彼女たちの勇姿を、見に行ってみてはいかがでしょうか。

TEXT しばたさよこ

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
3/10 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


風男塾の歌詞とメンバーの魅力をまとめて…

『われプワ』に新メンバー加入!お披露目…