PiiiiiiiNと一緒に『Jumping』へ触れながら、青春時代にプレイバック!! (3/3)


「絶対にアイドル界で上を目指そう」という気持ち



──3月12日に発売した1stシングル『Jumping』は、とても弾けた楽曲。MVでも、みなさん笑顔で楽しんでいません?

上野りみ:『Jumping』のMVでは、自分たちで「高校生らしいことって何だろう」というのを考え、Tik Tokを撮影している雰囲気を作ったり、授業中にお手紙を交換したりなど、自分たちで考えたアイデアも混ぜながら撮影をしました。

原口みなみ:他にも、掃除用具で遊んだりね。

岩渕ひな:椅子に座ったわたしを全力で押してもらい廊下を走ったシーンもあるんですけど、けっこうスピードが出てしまい、落っこちはしなかったけど壁に激突しちゃいました(笑)。でも、怪我をしない程度にぶかったので、そこは大丈夫でした。

原口みなみ:『Jumping』のMVは、学校を丸々一棟借りて撮影をしました。内容も、7人の生徒が学校中を駆け回りながら青春してゆく感じに撮れたなと思います。


──それぞれ、『Jumping』の魅力やMV撮影時のことも聞かせてください。まずは、前田イブさんから行きましょうか。

前田イブ:『Jumping』の歌詞は、今の7人の気持ちがすごく似合う内容だなと思います。MVで印象的だったのが、体育館で撮影をしたシーン。撮影をしたのが1月末頃で、しかも体育館でのシーンは日が落ちる頃だったから、あの衣装での撮影は極寒でした。あそこのシーンでは身体を張ってます。

──次は、那須笑美さんかな。

那須笑美:『Jumping』は7人の想いがすごく込もった曲だし、みんなが無邪気な表情で歌っているように楽しい楽曲です。MVで好きなところは、ひなちゃんとりみちゃんが歌う「夢の話をもっと聞かせて」というシーン。あそこを見ていると、胸にグッときます。ホント、『Jumping』は自分たちにピッタリの歌。そのまんまの、ありのままの私たちって感じの歌です。


──ひなさんは、どんな想いですか?

岩渕ひな:歌詞も私たちに合ってるし、ライブでは、ファンのみなさんと一緒にジャンピングしていける歌になりました。MVですが、屋上にいる私たちをドローンを飛ばして撮ったシーンが冒頭に出てくるんですけど。あのシーンは、映画のオープニングかと思うくらい壮大な感じになっています。あと、Tik Tokを踊ったりしたのも楽しかったこと。MVでは、本当の高校生らしいことが出来たので楽しかったです…って、みんな現役の高校生ですけど(笑)

原口みなみ:この撮影のときにはね(笑)。1stシングルの『Jumping』は両A面シングルになっています。もう一つのA面曲『黒板のメロディー』は今の私たちの想いを綴った歌で、とてもエモい楽曲に仕上がりました。『Jumping』には自分たちの気持ちも入れつつ、何より、とても前向きな曲だなぁと思いました。『黒板のメロディー』と『Jumping』は対照的な楽曲なので、1枚を通して2つの違った表情を楽しめます。


──次は、上野りみさんかな。

上野りみ:悲しんでるときに『Jumping』を聞くと励まされるし、嬉しいときに『Jumping』を聞いたらもっとテンションがあがる曲。それくらい、『Jumping』はいろんな気持ちに似合う曲だと思います。だからわたしは、悩みごととかいっぱいしちゃったときに『Jumping』を聞いてます。そうすると、自然にテンションを上げてくれるからね。
:MVは青春感がすごく出ている映像なので、大人の人たちも、今学生の人たちも、観てると「こんな楽しい学校生活を送りたい」という気持ちになれると思うから、『Jumping』のMVを観て青春を感じてください。


──中尾みきさんは、どんな想いを抱いてますか?

中尾みき:『Jumping』は元気でフレッシュで、今の私たちにピッタリな曲です。自分は、落ちサビの部分が好きです。MVは、ホントに自分たちらしさが全開に出ているから、どのシーンも好き。わたしは毎日観ています。みなさんにも何回でも観てもらいたいです。


──最後は、美希あすかさんですね。

美希あすか:『Jumping』はアップテンポで元気な曲ですけど、歌詞だけを取り上げると、いろいろ想いを巡らせることもあれば、「頑張ろう」と励まされる内容も多い歌なんですね。わたしは『Jumping』を歌うたびに、「絶対にアイドル界で上を目指そう」という気持ちになれます。

『Jumping』のMVは、嘘偽りのない私たちの姿が全面に出てるといいますか。何時も通りの学校生活をしている姿を撮られている感覚だったので、自然体な私たちを見てもらうことが出来ると思います。


わたしたちは何時だって青春しています

──今後のPiiiiiiiNの動きについても教えてください。

原口みなみ:今は、シングル『Jumping』のリリースイベントに力を入れながら、デビュー日当日になる5月26日に行う1st Anniversary Liveを成功させるためにも、今はレベルアップに励んでいます。その1周年ライブを終えたら、今度は2年目の夏に向かって走ります!!


──つねに目標があることが良いんでしょうね。

上野りみ:最初の頃は目的が定まっていなかったから迷走もしていたんだと思うんです。実際、1stワンマンやCDリリースという明確な目標が決まるたびに、メンバーの意思も、グループとしても一体感を作れてきたように、そうやって目的意識を持つことが大事だなというのはメンバーみんな感じてます。

美希あすか:そういう目標があることで、これまでのPiiiiiiiNにも勢いがついたからね。絶対に成功させたい想いを全員が強く持っていたからこそ、どういうライブにするかをみんなで話し合えたし。そういう経験を通してPiiiiiiiNの団結力は深まりました。今は、リリースと一周年公演に向かって、みんなの気持ちをふたたび高めているところです。

原口みなみ:一周年では集大成を見せなきゃいけないという気持ちがありますからね。実際、そういうライブにしていきたいし、今いるファンの方や初めての方々に、今後のPiiiiiiiNに興味を持ってもらったり期待をしてもらう1周年ライブにしたないと思っています。そこでまた自信をつけられたら、そこでさらに夏に向けて弾みをつけられますから。

美希あすか:夏はさらにPiiiiiiiNを加速させたいですね。去年とは違って、今年は笑って夏を終えたいです。

原口みなみ:去年は大きいイベント会場で全員で号泣して帰ったので、今年は笑顔で帰りたいです。何より、達成感が欲しい!!

美希あすか:まだまだだなと思うところもあるけど、まずは結果を出して笑いたい。まわりからみたときに「おっ、すごいじゃん」となるくらいの実績を早く作りたいです。


──PiiiiiiiNのここを見て欲しいというところは?

上野りみ:一緒に青春をして欲しいです。そのときの楽しさを一緒に味わえたらなと思います。わたしたちは何時だって青春しています。何故なら、PiiiiiiiNが青春だからね。



TEXT 長澤智典


PiiiiiiiN 最新情報

リリース情報

2019.3.12 Release
1st 両A面 Single
『Jumping / 黒板のメロディー』


全5種 各1200円(税込)

《収録曲》
◆Type A(QARF50001)
1. Jumping
2. 黒板のメロディー
3. BRING IT ON!!!

◆Type B(QARF50002)
1. Jumping
2. 黒板のメロディー
3. ススメ! Glory Days!!

◆Type C(QARF50003)
1. Jumping
2. 黒板のメロディー
3. 好きだからムカつくんだ

◆Type D(QARF50004)
1. Jumping
2. 黒板のメロディー
3. ヒミツの宝箱

◆Type E(QARF50005)
1. Jumping
2. 黒板のメロディー
3. You & I


ライブ情報

愛ある青春ROCK IDOL PiiiiiiiN 再結成DEBUT LIVE

◆日付
5月26日(土)

◆会場
恵比寿CreAto

◆時間
開場:18:00
開演:18:45

◆料金
1,000円 / 1D別途
※入場時に全員握手券を引き換え

5月1日(火)20:00より予約受付開始
https://comm.stage.ac/creato_resv/index.html?id=1878

PiiiiiiiN Profile

愛ある青春ROCK IDOL【PiiiiiiiN】現役高校生7人組。
メンバーは岩渕ひな、上野りみ、中尾みき、那須笑美、原口みなみ、前田イブ、美希あすかの7人。

■公式サイト
https://piiiiiiin.jp/

■Twitter
https://twitter.com/PiiiiiiiN_1218

大人や社会と戦い続ける、欅坂46の魅力

Rizm☆Attention、あなたが…