13歳のお洒落な女の子、ナナエちゃんの魅力を徹底?解剖!!

yell plusで1位になったことから実現したUtaTenでのインタビュー。現在は中学2年生。とはいえ、小学生の頃から女優・アイドル・モデル活動を続け、可愛い実力者。そんなナナエちゃんの魅力を、ここにお届けします。
公開日:2019年8月7日 更新日:2019年8月8日

Interview&Photo

長澤智典


この記事の目次
  1. ・yell plus 1位! ナナエ
  2. ・いろんなところで黒糖タピオカ入りのミルクティーを飲んでいます
  3. ・ステージに上がる直前まではすっごく緊張しています
  4. ・お化けはすごく苦手ですけど、お化けを演じるのは楽しかったです
  5. ・女優も出来るお医者さんになりたいんです
  6. ・お洒落は好きです。夏休みだからネイルしちゃいました(笑)
  7. ・ナナエ Profile

yell plus 1位! ナナエ

ライブをしたり、モデル、タレント、女優として活動中の13歳。yell plusで1位を獲得し、この度UtaTenからインタビュー!

いろんなところで黒糖タピオカ入りのミルクティーを飲んでいます

──まずは、yell plusで1位になったときの気持ちから聞かせてください。

ナナエ:すごい嬉しかったです。yellさんではいろんなイベントをやっている中、わたしもいろんな挑戦し続けています。

今回のUtaTenさんのインタビューを勝ち取るチャレンジにも参加し頑張ったら、ファンの人たちがたくさんyellをしてくれたことで1位を取ることが出来ました。yellしてくれたみなさん、本当にありがとうございました。


──ナナエちゃん、yellのブログも頻繁に更新していますよね。

ナナエ:はい、毎日2回更新しています。


──それ、凄いよね。ネタに困ったりはしない??

ナナエ:日常にあったことを日記みたいに書いているので、毎日書くのが楽しいです。それに、日頃から気になることはいっぱいあります。友だちが「これ流行ってるよ」と言ってくれたことを、すぐに調べては体験するとかいろいろやってます。


──今、何か身近で流行っているのかも教えてください。

ナナエ:今は、タピオカミルクティーです。わたし黒糖タピオカが大好きで、いろんなところで黒糖タピオカ入りのミルクティーを飲んでいます。お店によっても味がぜんぜん違うから、いろんなお店を巡るのが今は楽しいです。


──お店は、けっこう巡りました?

ナナエ:1日何件もまわりたいなぁと思ってるんですけど、なかなかそこは難しいです(笑)。この間は、タピオカの食べ放題も行ってきました。お店では、いろんなアレンジでタピオカを食べれるんですけど。わたしは、生クリームを乗っけて食べました。


──ナナエちゃんの年齢なら、まだまだダイエットは必要ないからたくさん食べても平気だ。

ナナエ:まぁ、、、はいっ(笑)。でも、お仕事柄少しは気にしています。ただ、お菓子は大好きだから、いっぱい食べちゃいます。


──仕事柄、日々気をつけていることもいろいろありますか?

ナナエ:日焼けしないようにと日焼け止めを塗れば、夏でも外に出るときは長袖を着たりもしています。だから、夏は大変です。


ステージに上がる直前まではすっごく緊張しています

──ナナエちゃんがお仕事を始めたのは、何時頃からになるの?

ナナエ:芸能界に入ったのは小学1年生で、アイドル活動を始めたのは小学3年生からです。


──きっかけは、自分からやりたくて?

ナナエ:街中で一度スカウトをされて、そのときは断ったんですけど。それをきっかけに興味を持って、今の事務所を見つけて入りました。あの当時は、「わたしもテレビに出てみたいな」と思って探しました。


──そのとき、声をかけられていなかったら…。

ナナエ:ここにはいなかったかも知れないです。


──お仕事を始めてから、自分の意識にもいろんな変化は現れてきています?

ナナエ:はい、役に入りきったときはすごく楽しいです。普段の自分ではない人になれるのが、とても楽しいです。


──今は、役者と歌の活動を同時にやっていますよね。

ナナエ:やっています。女優とアイドルの他に、モデルもやっています。いろんなことに挑戦できるので、お仕事は楽しいです。


──女優は違う自分になれるお仕事。アイドルは何時もの自分らしくいれる場。その違いに戸惑いを感じたりもしません?

ナナエ:アイドルは、自分のままでみんなを楽しませられるように頑張れば、女優は、その役に合った自分になれるようにと頑張っています。


──アイドル活動を始めたのが小学3年生。今もそうだと思うけど、当時はとくに、まわりは大人ばかりだったでしょ。そこで歌うのは、どんな気持ち?

ナナエ:今でも緊張します。でも、ステージに上がって歌いだすと夢中になって楽しくなります。それに、人前で何かを披露することがとても楽しいんです。それと、いろんな人たちと交流していけるのも楽しいです。ステージでは緊張はしないですけど、でも、ステージに上がる直前まではすっごく緊張してしまいます。


──緊張をほぐす方法があったら、教えて。

ナナエ:喉が乾いたらすぐにお水を飲んで、深く深呼吸をして、またお水を飲んで深呼吸をしてというのを繰り返しています。


──人前で歌うと楽しくなるし、もう辞められないって感じだ。

ナナエ:楽しくてやめられないです。

お化けはすごく苦手ですけど、お化けを演じるのは楽しかったです



──女優としては、今までどんな役柄を演じてきましたか?

ナナエ:いじめっ子の役もやったし、苛められる側の役もやりました。他にも、お化けを演じたこともあります。


──えっ、お化けを演じてたんだ。

ナナエ:はい。白いワンピースを着て、長い髪の毛も下ろしてという姿で部屋の隅っこで笑ってるという役柄でした。お化けはすごく苦手ですけど、お化けを演じるのは楽しかったです。あとで自分の演じた作品を見返して、「出来たぁ」という達成感を覚えたように、いろんな役になれるのが演じることの楽しさです。


──やってみたい役柄もあったら教えて。

ナナエ:ギャルをやってみたいです。なんか、普段は絶対にやらないと思うんです。だからこそ、1回は金髪のギャルをやってみたいんです。


──高校生になったら、そういう役柄もまわってくるかもよ。

ナナエ:来ますかね。来たら嬉しいです。


──今の時期は、舞台「リトルスーサイド」の稽古で大変じゃない?

ナナエ:そうですね。だけど、お稽古は午後からだから、午前中にいろいろ行動しています。


──どんな内容の舞台なの?

ナナエ:SNSをテーマにした舞台で、SHOWROOMみたいな感じの「SEEROOM」というチャンネルの中、そこでヒロインの2人が「自殺チャンネル」とか、いろんなチャンネルを作りながら競い合っていくんですけど。わたしはヒロインの一人の幼少期役を演じています。

舞台は、完璧に覚えてミスがないようにしないといけなんです。そうしないと、みんなに迷惑がかかっちゃうから、そこは大変です。


──舞台だと、たまにアドリブも出てくるんじゃない?

ナナエ:わたしもやってみたいんですけど。わたし、今回が初舞台だから、まずは完璧に覚えることを心がけています。台本の内容も、お稽古をしていく中で少しずつ変わっていくんですけど。そこでもいろんなパターンが見れるから、わたしはそれも楽しんでいます。とにかく、わたしの元気が舞台を通して伝わればいいなと思っています。

次ページ : 夢は、女優も出来るお医者さん

5周年を迎える「神宿」に“メンヘラ”メ…

「CROWN POP」個性豊かなこだわ…