「NMB48」谷川愛梨・加藤夕夏・安田桃寧の母校での忘れられないエピソードとは? (3/3)


ライブツアーで新しいNMB48を届けたい!

──9月4日からライブツアーがスタートして、10月5日には大阪城ホールで9周年ライブが行われます。それに向けての意気込みを聞かせて下さい。

谷川「ツアーをする度にメンバーが変わっていて、今回は若い子が多いなぁっていうイメージなんですけど、だからこそ、新しいNMB48をお届け出来るんじゃないかなと思います。頑張ります!」


安田「今回は東京、兵庫、宮城、愛知の4ヶ所に行かせていただくんですけど、まだNMB48のライブを観たことがない方にも来ていただきたいなと思いますし、私はもっとNMB48が広まってほしいという思いでパフォーマンスしたいと思います!」


加藤「大阪を飛び出して、いろんな地方でライブを観ていただける機会はあまりないので、NMB48の魅力をしっかりと伝えて、次は劇場公演にも行きたいなと思ってもらえるように頑張りたいと思います!」


──最後に、UtaTen読者の皆さんにメッセージをお願いします!

谷川「『母校へ帰れ!』を聴きながら、母校に帰って下さい!」(一同爆笑)


安田「『母校へ帰れ!』は、幅広い世代の方に聴いていただきたいですし、アップテンポな曲なので、テンションを上げたい時とか、お掃除しながらでも、ぜひ聴いて下さい!」


加藤「チームBⅡの『ジュゴンはジュゴン』の歌詞もUtaTenさんで読んでいただいて、自分なりに解釈してほしいなと思います。頑張って下さい!」(一同爆笑)

──読者の皆さん、頑張って解釈して下さい(笑)ありがとうございました!

3人「ありがとうございました!」



TEXT ポッター平井

「STU48」福田朱里の理想の夏休みデ…

我儘ラキア、アルバム「Starting…