chuLa、チェキチャ!始めます!!!!!!

ぎゅっとまとめ
  • ・chuLaが1対1の特典会アプリ「チェキチャ!」をスタート
  • ・chuLaの楽曲がカラオケで歌えるようになりました!
2017/5/7LIVEデビュー!BPM200!超ハイテンポなアッパーチューンで元気を届ける渋谷原宿系アイドルユニット!。それがchuLa。彼女たちは、12月中にチェキチャ!をスタート。それに合わせ、インタヴューを行いました。
公開日:2020年2月3日 更新日:2020年2月3日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・chuLaメンバーのキャラクターを分析!!!!!!
  2. ・地方ツアーのエピソード?!
  3. ・chuLa、チェキチャ!をスタート!!
  4. ・chuLaの楽曲がカラオケに入り!!
  5. ・メンバーそれぞれの今年の目標は。
  6. ・1対1の特典会アプリ「チェキチャ!」がchuLaのお試し会の開催を発表!
  7. ・プレゼント情報
  8. ・chuLa Profile

chuLaメンバーのキャラクターを分析!!!!!!



──まずはchuLaの魅力と、となりに座っているメンバーの魅力について語っていただけますか?

渡辺あやの:chuLaの魅力は、一人一人の個性が強いんですよ。だから、良い意味で一人一人のキャラクターが立ってるというか、個性を出しながらもいい感じのバランスでまとまっているのが魅力だと思います。

となりに座ってる優ちゃんは、グループの中でも一番個性の強い人で病みキャラなんですけど。普通にしゃべっているぶんにはいい子なんです。でも、twitterでは何時もこじらせているようにギャップのある子です。グループ内では"こじらせ"担当で、推しメン大好き担当のオタクです。

長尾優:病みキャラです(笑)。chuLaの魅力は、みんなすごく個性豊かで、それぞれのキャラクターがかぶってないように、そこが魅力だなと思っています。


──優ちゃんは、病みキャラとして魅力を発揮しているわけだ。

長尾優:病みキャラっていうか、すごくアイドルが好きなんですけど、何時もこじらせてます(笑)。

──グループ内でのこじらせはないですよね。

長尾優:それはないですけど、chuLaの曲の中にこじらせてる歌があって。

桜木妃奈:ぜんぜんこじらせてる歌じゃないんですよ。とてもポップな曲です。

長尾優:そのポップな「ケセラセラ」という曲で、わたしは泣きます(笑)。歌いながらウルッとくるし、夜中とか聴くと泣けます。でも、普通はぜんぜん泣ける歌じゃないみたいで、一人だけこじらせてます(笑)。

となりにいる聖南ちゃんは、すごくあざとくて、クラスにいたら絶対に仲良くならない女性。でも、すごく男性受けしそうな子です。わたしよりも3歳年上ですけど、すごくしゃべりやすくて若く見えます。だから、いつも同い年の感覚でしゃべっています。

蒼井聖南:初めて会ったときからタメ口でした(笑)。わたしは別に大丈夫ですけど、それが年齢差を感じさせないところかなと思います。

chuLaの魅力はですね、すごい個性豊かなグループのところ。みんな目指してるところは一緒なんですけど、進み方が違ってて。そこへ行くまでの道のりでそれぞれ頑張っている中、最終的には同じところへ辿り着ける関係がすごくいいんですね。全員がバラバラな方向を向いてたら上にも行けないように、そこがいいところ。今も、新体制に向けて気持ちを一つにしています。

 正面にいる妃奈ちゃんは、一番年上なんですけど。話してて思わず素の自分が出ちゃうように、年上なのを感じさせなければ、話しててすごく楽しいです。良い意味で変な人なんですけど。それが、chuLa内の雰囲気を良しています。あと、妃奈ちゃんは臭い担当です。

桜木妃奈:最近は臭くないですよ。以前は家に洗濯機がなかったけど、今は家で衣装を洗濯できているので、いい匂いキャラを目指してます。前に、臭すぎたのか、まりんに消臭スプレーを買ってもらいました。

佐藤まりん:本当に臭くて、プレゼントしました(笑)。


──chuLaの魅力についても聞かせてください。

桜木妃奈:楽屋ではみんなノホホンとしてるけど、ステージに立つとみんなスイッチが入るのかバキバキに踊れば、声もお腹から出してと、しっかりライブを魅せてゆくグループです。


──ステージ上と、舞台を降りてからのギャップもかなりあるわけだ。

桜木妃奈:あります。みんなスイッチが入るのが強みです。お客さんも熱心な方が多いので、コールとかサークルとかけっこうすごいです。
となりにいるひよりちゃんは、優しくていい子で、穏やかですけど。たまに毒を吐く子です。なんか早口でいっつも毒を吐いてる(笑)。

花咲ひより:わたし、すっごく早口なんですよ。なんかバーッと言ってしまう(笑)。きっと、気持ちが先走ってしまうんだと思います。

桜木妃奈:役割は、ロリ巨乳のグラビア担当です。

花咲ひより:前は癒し担当だったんですけどね、何時の間にかそうなってました(笑)。わたしは今でも癒し担当のつもりなんですけど(笑)。
chuLaの魅力は、それぞれに個性があるように、ステージに出たときも、その個性がいい感じに目立ってるんですね。同じ振りをしていても、それぞれの個性が目立つように、そこも一つの魅力になっています。だけど、chuLaのパフォーマンスとして綺麗に一つにまとまってゆくところもchuLaの良さだなと思います。

となりにいるまりんさんはですね、性格がはっきりしています。嫌なことは嫌って言うように、ちゃんと自分の意思を持ってるというか。人に流されずに、自分の意見を尊重するタイプ。そこが、すごくいいなと思います。あと、グループ内ではお母さんです。みんなを引っ張ってくれるんですよ。大阪出身なんで、突っ込みも上手いんですけど。でも、全体的な役割はお母さん。みんなをまとめています。

佐藤まりん:ぜんぜんお母さんじゃないです。まとめている意識もないです(笑)。だから、今の発言を聴いてびっくりしました。


──ノリ突っ込みも普段から強いんですか?

佐藤まりん:普通の会話に、けっこう突っ込んでますね。そこで笑ってくれたら「よっしゃ!!」と思ってます(笑)。勝手に身体がウケを狙ってます。そこは、ボケツッコミが身体に染みついているからなんですかね(笑)。

chuLaの魅力は、今の衣装がセーラームーンっぽいんですね。前はプリキュアっぽかったですし。でも歌はバトル系ではなく、楽曲のBPMがどれも200以上で、速めでダンスがバキバキ。そのギャップが魅力だと思います。曲は、アイドルっぽくはないかも知れない。


──けっして戦隊系ではないですよね。

佐藤まりん:強い曲調って感じです。メンバーもみんな、いろんな意味で強いです(笑)。で、対面にいるあやのちゃんは、唯一の同期なんですけど。一番年下のせいか、甘えてくるところはちゃんと甘えてきて、自分の意見を言うときはしっかり言うように、年齢をいいように使ってる子。なので、妹キャラです。

渡辺あやの:グループ内では最年少で、高校生の17歳です。そこは、あるものは使おうと思って。でも、みんなあんま奢ってくれないから、最年少をいっぱい出して奢ってもらうという(笑)

──みなさんに、それを出してるわけ?

渡辺あやの:おねだりはしています(笑)。


地方ツアーのエピソード?!


──このインタビューの時期は、ちょうど全国ツアーを終えたばかりの頃。各地の手応えはどうでした?

桜木妃奈:想像以上にお客さんが入っていて、嬉しかったです。


──ツアー中のエピソードもいろいろとありました?

桜木妃奈:事件はありました(笑)。chuLa史上一番ヤバい喧嘩が起きて。だけど、それを乗り越えてメンバーの絆がより深くなりました。そこは、プラスに変えられたので良かったです。

蒼井聖南:各地で「初めまして」の方が多かったように、そこは地方ツアーならではだなという嬉しい手応えもありました。


──各地で美味しいものを食べました?

佐藤まりん:わたし、めっちゃハマチが好きなんですけど。石川県でお寿司屋さんに行く余裕がなかったので、出前でお寿司を20貫ハマチばかりを頼んだんですけど、ほぼ半分は一人で食べたほど、すっごい美味しかったですし、とても新鮮でした。もう石川県に住みたいです。

長尾優:個人的に仙台がすごく好きで、仙台に行けた思い出も強いです。


──その理由も気になります。

長尾優:いろいろあるんですけど。一番は仙台のアイドルが好きなのと、ずんだが大好物で、一時期は三食ずんだの入った食べ物ばかりを食べてた時期があったほど。でも太ったので、そこは抑えました(笑)。あと、仙台って空気がすごくいいから、わたしは仙台に住みたいです。


次ページ : chuLa、チェキチャ!をスタート!!

STU48コメント到着!「無謀な夢は覚…

真っ白なキャンバスのカメラロールを覗き…