オタクのクリスマスを彩ったiDOL on-line、大盛況で終了!(3/3)

2019年12月22日(日)に歌詞・音楽メディアUtaTenが主催する『iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜 POWERED BY UtaTen』が開催された。 大盛況に終わったイベントの各ステージをレポートする。
公開日:2019年12月27日 更新日:2019年12月27日

Report

愛香


この記事の目次
  1. ・iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜
  2. ・はちみつロケット
  3. ・セットリスト
  4. ・クマリデパート
  5. ・セットリスト
  6. ・chuLa
  7. ・セットリスト
  8. ・九州女子翼
  9. ・セットリスト
  10. ・ZOC
  11. ・セットリスト

iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜


2019年12月22日(日)に歌詞・音楽メディアUtaTenが主催する『iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜 POWERED BY UtaTen』が開催。

豪華な顔ぶれが揃った『iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜』はチケット発売当日に即完売するなど話題となり、当日も全てのブロックが大盛況に終わった。

↓第2弾レポートはこちら
 (絶対直球女子!プレイボールズ/アキシブproject/虹のコンキスタドール/Ange☆Reve/煌めき☆アンフォレント)

MCはお笑い芸人の三拍子が勤め、イベント名『iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜』の"オンライン"にちなんで、最近はまっているアプリやオンラインサイトについてのトークを展開した。

転換時にスクリーンで流れていたCMが気になった方はコチラをチェック!
▶『チェキチャ!』アプリ詳細&DL◀




はちみつロケット


トロピカルサウンドのSEで登場したはちみつロケット通称”はちロケ”は、全員真っ赤なサンタクロースの衣装を着用。

「ROCKET FUTURE」を経ての「おかしなわたしとはちみつのきみ」では「一緒にいよう?」のフレーズを「クリスマスも一緒に居よう♡?」と季節限定にアレンジし、会場を沸かせた。
続けて、ヒップホップやカントリーミュージックの要素も詰まったタオルソング「Yeehaw!」、はちロケらしさが全開の「ハニートランポリン」を笑顔いっぱいで披露した。

12月28日には2019年最後のライブをフリーイベントにて、高田馬場の白夜書房BSホールで行うことが決まっている。

ステージ後のトークタイムに登壇した播磨怜奈は最近はまっているアプリ&サイトを聞かれ、リアルタイムな運行情報や乗り換え情報をチェックしていることを明かし、森青葉は自分のウィキペディアをチェックしていると暴露した。
【写真】はちみつロケットの写真を全て見る

セットリスト

1.ROCKET FUTURE
2.おかしなわたしとはちみつのきみ
3.Yeehaw!
4.ハニートランポリン

▶︎はちみつロケット


クマリデパート


ステージ前のトークタイムに登壇した早桜ニコと楓フウカは最近はまっているアプリについてMCの三拍子に問われると、ポケ森と荒野行動と、両極端なアプリゲームを挙げた。

SEから勢いよく始まったクマリデパートのステージは1曲目「シャダーイクン」に始まり、11月にリリースされたばかりの3rdシングル「極LOVE浄土」などハイテンポなピコピコ音で繰り広げられる楽曲で構成され、一瞬の夢のように駆け抜けた。

途中MCでは、5周年を記念するワンマンライブが2020年2月28日にマイナビBLITZ赤坂で開催決定し、チケットのプレオーダーが受付中であることをお知らせ。
最後は「愛phone渋谷」を全力でパフォーマンスし、ステージを後にした。
【写真】クマリデパートの写真を全て見る

セットリスト

1.シャダーイクン
2.二十四時間四六時中
3.あれ?ロマンチック
4.極LOVE浄土
5.愛phone渋谷

▶︎クマリデパート


chuLa


超ハイテンポなアッパーチューンで元気を届ける6人組渋谷原宿系アイドルユニットchuLa(当日は花咲ひよりがインフルエンザの為欠席)のステージは、新曲「ビバ☆ジャパン」で幕を開けた。
「史上最強うぇぽん」ハイキックをお見舞いし、"会いたい"の連呼が印象的な「Shooting STAR」、ノスタルジック且つハイテンポな「閃光8」とたたみかけ、12月28日に新宿MARSで行われる「chuLa遅めのサンタクロース公演」の告知を最後にステージを後にした。

ステージ終了後、MCとのトークタイムに登壇したメンバー桜木妃奈は最近ハマっているアプリやサイトは?と聞かれ、カメラアプリで自分の顔を加工して現実逃避をするのが好きだとコメントし、一緒にトークコーナーに登壇した愛乙女☆DOLLと共感し合った。
佐藤まりんはハマっているアプリとしてTwitterを挙げ、MCの三拍子にエゴサはするの?と聞かれると「します!たまにいるアンチのコメントを見て泣いてます(笑)」と明るくプチ自虐で笑いを誘った。
【写真】chuLaの写真を全て見る

セットリスト

1.ビバ☆ジャパン
2.史上最強うぇぽん
3.Shooting STAR
4.閃光8

▶︎chuLa


九州女子翼


ステージ前のトークタイムに登場した新谷香苗と鈴川瑠菜は、最近はまっているアプリについてそれぞれハリネズミを育てるアプリとU-NEXTを挙げた。
新谷香苗の育てているハリネズミは36cmほどになり、鈴川瑠菜はU-NEXTでアニメ「鬼滅の刃」を見ているとの詳細も語り、MCの三拍子とテンポのいいトークを繰り広げた。

直後のステージにインパクトのある真っ赤な衣装で登場した九州女子翼は、攻撃的なセットリストで臨むと宣言していた通りに1stアルバム「TAKE WING」の収録曲「絶対零度」で幕を開ける。
その後も熱を帯びた会場をさらに熱くする「赤の流れ」「fair wind」と続け、最後はエモーショナルなナンバー「空への咆哮」で締めくくった。

九州女子翼は2019年ラストライブとして、ホームの九州で12月29日に九州女子翼の大型主催ライブ「Kyushu Girls Wing vol,6〜2019年 LAST GIG」で2019年を締めくくる。
【写真】九州女子翼の写真を全て見る

セットリスト

1.絶対零度
2.赤の流れ
3.fair wind
4.空への咆哮

▶︎九州女子翼


ZOC


異色且つ圧倒的なパフォーマンスで『iDOL on-line 〜X'mas SPECIAL〜』のラストを飾ったのは、超歌手大森靖子が共犯者としてプロデュースするユニットZOC。

「ZOC実験室」に始まり、ポップな王道アイドルソング「I DOL SONG」、ダークなトラックが中毒的な「GIRLS GIRL」と、ジェットコースターのようなセットリストで会場を搔きまわす。

最後に披露された「A INNOCENCE」では、オーディエンスは心を奪われたように華麗に舞う彼女らをただ眩しく見つめた。

個性際立つ衣装やパフォーマンスのひとつひとつがメンバーそれぞれの人生を物語っているようなステージを終え、感謝の言葉と拍手で見送られたZOC。
大森靖子がそのグループ名にもたせた意味、Zone Out of Control、"孤立しない崇高な孤独が共生する場所"が今日ここ渋谷duoにも確実に存在した。
【写真】ZOCの写真を全て見る

セットリスト

1.ZOC実験室
2.I DOL SONG
3.GIRLS GIRL
4.family name
5.A INNOCENCE

▶︎ZOC


MC (三拍子)高倉陵/久保孝真

Text 愛香
Photo 井野友樹


↓第1弾レポート記事もおススメ
 (全力少女R/転校少女*/さんみゅ〜/26時のマスカレイド/愛乙女☆DOLL)

2019年ココだけメール、クリスマスメ…

「神宿」の最年長リーダー・羽島みきが小…