放課後プリンセスとクレオパトラに共通する意志とは…。

このアーティストの関連記事をチェック

今回は、愛に命をかけた世界三大美女 楊…

最新シングル『灼熱のミステリーアイ/絶世クレオパトラ』が、オリコンシングルチャートで7位。ビルボードシングルチャートでは5位を記録。実力派としてアイドルファン以外にも支持を得ている放課後プリンセス。チェキチャでもお馴染みの彼女たちが、最新シングルについて熱く語ってくれた。
公開日:2020年8月14日 更新日:2020年9月16日

Interview

長澤智典


この記事の目次 []
  1. ・放課後プリンセスだって、歴史に残るグループになりたい。
  2. ・このタイミングでクレオパトラをテーマに歌ったことは必然だったと言いますか、すごく奇跡的な運命を私たちは感じています。
  3. ・「ずっと心に残る夏であって欲しい」という想いも重ねあわせ。それこそ「最後の一滴に賭ける」想いで歌っています。
  4. ・舞花、卒業に向けて。
  5. ・放課後プリンセスと『チェキチャ!』で話せる!

放課後プリンセスだって、歴史に残るグループになりたい。

──最新シングル『灼熱のミステリーアイ/絶世クレオパトラ』のテーマに据えたのが、絶世の美女として語り継がれているクレオパトラ。それぞれ、クレオパトラに抱く印象から教えてください。


舞花:『灼熱のミステリーアイ』と『絶世クレオパトラ』の楽曲をいただいて、クレオパトラについて勉強する前と後では印象が変わりました!クレオパトラと言えば「わがままで、どんな男性も魅了してしまう美しい人」だと思っていたけれど、ただ「強い」だけじゃなく、本当は「とても家庭的」な部分や「大切な人を守る強さ」を持っている人ということを知りました。

クレオパトラは、一人の女性として見たときにも憧れますね。それこそ、女性の魅力すべてを備えたトップパフォーマーのような。わたしもアイドルとしてステージに立っているときは、もちろん。一人の女性として日々生活しているときでも、見本にしたい一人の女性ですし、とても憧れます。


──次は、佐保さんお願いします。

道重佐保:今回のリリースにあたってクレオパトラのことを調べてくうちに、国によって伝えられているクレオパトラの歴史はそれぞれかなり違っていて、語られていたことは違えど、いつの時代でも何かしらの象徴としてい続けていたということも知りました。「灼熱のミステリーアイ」の歌詞に「2000年過ぎたって 終わらない魔法掛けておくわ」とあるように、私たちも今回の2曲を通して、過酷な状況でも希望を見出す姿で勇気を与えられたらと思っています。


──桃佳さんは、どんなクレオパトラ像を思い浮かべました?

澤田桃佳:クレオパトラって「世界3大美女」と言われてるじゃないですか。そのテーマで私たちも歌わせていただいている限りはという気持ちから、「外見を磨くこと」をすごく気にするようになりました。わたし自身、コロナウィルスによる影響からの自粛期間中に少し太りだしたことからダイエットを頑張るなど、より外見を綺麗に見せれる努力を始めました。

今回の2曲とも、けっしてクレオパトラの物語を歌っているわけではないです。あくまでも、クレオパトラという女性像と、今の私たちが置かれている環境や活動してきた歩みを重ね合わせ描き出した想いとして歌っています。だからわたしは、この2曲を「どんな困難が待ち受けていようと戦い抜くぞ」という気持ちで歌っています。


──クレオパトラは世帯3大美女の一人ですが、もし世界4大美女という枠が生まれたら、そこへ桃佳さんも入る形でしょうか??

澤田桃佳:そこまではまだおこがましいというか…そこに並ぶのは恐れ多いですし、並べるとしてもまだまだ先になりそうですけど(笑)。それくらい自分を磨けたらいいなという気持ちは持っています。一応、澤田桃佳の予定枠として捉えていただけたら嬉しいです。嘘ですけど(笑)。

舞花:いやいやでも、それくらいの意気込みでいることってとっても大切だよね!


──ななせさんは、どんな印象をクレオパトラに持っています?


小日向ななせ:わたしはクレオパトラに「強い意志を持った女性」という姿を重ねています。しかしわたしの性格は、クレオパトラとは間逆で弱いです。

また、今はウイルスの影響でライブ活動もできなくて前みたいには活動が出来ていません。そのせいで、アイドルを諦めてしまう方もSNSで見かけたりしています。 私は夢を諦めない強い気持ちを持って頑張ろうとしています。ファンの人たちに、ちょっとでも元気や勇気を与えられる存在に自分がなりたいです。そして放課後プリンセスが、クレオパトラみたいに歴史に残るようなグループなってほしいです。


──最後は、ささらさんですね。

関根ささら:最初は「世界3大美女」という知識くらいしか持っていなかったのですが、今回のシングルを発売するに当たりクレオパトラのことをいろいろ調べていく中で、クレオパトラは「男性たちに憧れ愛された女性」としてのみならず「自分の意志で政治をも動かす」ほどの存在だったことを知り、その姿に憧れを抱きました。関係している国によって認識は違えど、どんな状況下であっても、彼女が伝説を作りあげたことには変わりはなく、今でも語り継がれる存在です。

わたしは、その強さにもすごく感化されました。
放課後プリンセスも、様々な状況を乗り越えながら進み続けているグループです。私たちメンバーは、どんな環境に置かれようともクレオパトラのように「気持ちを強く持ち、進み続けよう」「伝説を作り、語り継がれるような存在であろう」という想いを胸に、今作に臨みました。


──ささらさんは、クレオパトラと放課後プリンセスの生き方を重ね合わせ、捉えているんですね。

関根ささら:そうです。クレオパトラも、私たち放課後プリンセスも、立場や環境は大きく違えど、いろんな困難が降りかかる中で試行錯誤しながらも進み続けています。どんな逆境にも負けることなく、自分の意志で道を切り開いたクレオパトラに、現在の私たちの姿を重ね合わせていました。

このタイミングでクレオパトラをテーマに歌ったことは必然だったと言いますか、すごく奇跡的な運命を私たちは感じています。


──ささらさんも語っていましたが、これまでにも放課後プリンセスはいろんな苦難や逆境を乗り越えながら進み続けてきました。

関根ささら:本当に、いろんなことがありました(笑)。


──いろんな苦難や困難を乗り越え輝き続けているように、メンバーみなさん心がタフというか、強い意志を持っているからこそ、そういう自分になれているのでしょうか。

舞花:メンバーみんな、いろんな経験を重ねながら進み続けてきました。仲間が増えたり減ったり…そのたびにグループの状況にも変化が現れるし、応援してくださる方々の増減も経験してきました。なので確かにどういう状況であろうと心を強く持てるようにはなったと思います。だけどメンバーみんな、強そうに思われますが、とても繊細で弱いところがあるのも事実です。

関根ささら:ほんと、そうだよね。

舞花:みんな「頑張らなきゃ」という意志を強く持って活動をしているから、見た目も強く見えてるところはあると思うのですが…決して強いわけではないです(笑)そのときそのときに出来る最大限のことをメンバーみんなで探して、それを一生懸命に頑張って形にしようとしているから、外から見たら強く見えるのかなぁと思います。


──その感情をけっして表に出さないところが、プロですよね。

関根ささら:ピンチをチャンスにという気持ちでつねに立ち向かっているからこそ、そこは出さないように心がけています。

舞花:どんなピンチに追い込まれても、何時だって放課後プリンセスはピンチをチャンスに変え、好転し続けてきたし、それを自信にもしてきました。実際に振り返っても、「あの経験があったから強くなれたし、今があるんだな」と思えることは多いです。


──何時だって状況を好転させてきたのは、自分たちに強い意志があるからこそですよね。

舞花:環境に恵まれていたことも大きかったと思います。スタッフさんたちに支えられ続けてきたのは、もちろん。ファンのみなさんが、どんなときだって愛情を注いでくださっていたからこそ、ここまでやってこれたんだと思います。

道重佐保:ほんと、そうだよね。わたしなんか、何度も心が折れそうになり、そのたびに挫けそうになった経験を重ねてきました。

舞花:佐保は、本当に心が強いです。

道重佐保:放課後プリンセスの正規メンバーへ昇格するまでにも2年間ほど下積みを経験してきました。それだけではなく、「まだ実力不足」ということから一度、昇格した正規メンバーから降格し、ティアラを外すことになってしまいました。

放課後プリンセスにはプリンセスになるまでの準備期間の「放プリユース」という候補生ユニットがあるのですが、もう一度一番下の立場から勉強をし直し、改めて「候補生見習い→候補生→正規メンバー」という道をたどって、今、プリンセスとしての今があります。一度、候補生見習いへ戻ったときや、その時期には何度も心折れそうになりましたけど、そのたびにメンバーらに励まされ、ここまで歩み続けてこれました。中でも、舞花の存在がなかったら、今のわたしはここにいなかったと思います。

舞花:わたしと佐保は同期。わたし自身が、佐保とずっと一緒にやっていきたかったからこそ、励ましの声を送り続けてきました。降格になってしまい、後輩たちと同じステージでふたたび活動をする事になったとき、佐保自身の気持ちは本当に辞めるか残るかギリギリのラインでした。何度も「心が折れたから、もう駄目」という言葉を聞くと、そのたびにお互いに泣きながら「まだやれるよ」「逃げないで頑張ろう」と励ましあったし、当時のメンバーみんなで、いっぱいいっぱいだった佐保を励まし続けてきました。

その環境を乗り越え、こうやって佐保は正規メンバーに戻ってくれました。
わたしにとって今回のシングル作品が、放課後プリンセスのメンバーとしては最後の作品になります。その作品まで佐保と一緒に進んでこれたのはすごく嬉しいし、同期の佐保の存在があったから、わたしもここまで頑張れたのは間違いないです。

関根ささら:仲間の存在って、何時だって支えになるよね。どの時代の放課後プリンセスも素敵ですし、最高だと思っていますが、今の正規メンバー5人と、放プリユースの西宮愛理、この6人の放課後プリンセスの結束力はものすごく固いものがあります。

新型コロナウィルスの影響で、いつも通りのリリースイベントが出来ず、限られた人数やオンラインのみでの開催も増えています。そんな環境下だからこそ、より結束力が強まったなとわたしは感じています。とくに、ななせと桃佳の頑張りが大きいよね。

舞花:このメンバーの中では若手となる2人が、とても強い責任感を持って臨んでくれるからこそ、歴代以上にチーム感が増したなと感じます。メンバー一人一人が置かれている環境の中で出来る努力を最大限にしているからこそ、何時もとは異なる環境さえ強い結束力で乗り越えられているからね。

▲放課後プリンセス『灼熱のミステリーアイ』 Music Video

小日向ななせ:今の放課後プリンセスのメンバーの中で経験の浅いメンバーなので、これまでは先輩方の姿を真似ることでいろいろ学んできました。
だけど今回は5人のメンバーとして責任あるポジションも任されグループを支えていこうという自覚が芽生えました。わたしの性格は、クレオパトラとは間逆ですが、クレオパトラからその強い意志や勇気をもらって強く生きて勝ち残っていかないと思っています。放課後プリンセスだって、歴史に残るグループになりたいですからね。

澤田桃佳: メンバーが少なくなった今、より先輩方とコミュニケーションを取る時間も増えたことから、今まで以上に結束力が高まったのは間違いなくあります。


──まさに、今のタイミングでクレオパトラというテーマを持ってきたことが、本当に良い形へ繋がっているんですね。

舞花:本当にそうなんですよ。むしろ、今、このタイミングでクレオパトラをテーマに歌ったことは必然だったと言いますか、すごく奇跡的な運命を私たちは感じています。

次ページ : 「ずっと心に残る夏であって欲しい」という想いも重ねあわせ。それこそ「最後の一滴に賭ける」想いで歌っています。

新メンバー城崎桃華を迎え、新生Luce…

【チェキチャ!PICKUP GIRL】…