新しい原石を4つ加えたJewel☆Neige、その輝きを増す力になるのが、新加入のメンバーたち。 (3/3)


何時もと違う形のときほど訪れる人たちも増えます。メンバーが語るチェキチャの魅力。

──先にもちらっと話が出ていましたが、みなさん日頃から使っているチェキチャについての感想も聴かせてもらえますか。

星野千那:チェキチャって、事前に伝えたい想いを文字入力出来るじゃないですか、あれがすごくいいなぁと思っているのと、配信が終わった後にアーカイブも残れば、私たちもそれを観れるように、わたしはときどきアーカイブを見返しながら「あのとき、この人とこんな会話をしたなぁ」と振り返れるとこが好きです。

あと、フェイスオン機能を通して、ファンの人の顔も観れるのも嬉しいんです。今はリアルな特典会ではマスク越しや感染対策をしての会話じゃないですか。だからしっかり顔を観れて、しかも1対1でお話できるチェキチャがわたしは好きです


白兎めい:それに、特典会だとたまーに私服もありますけど、基本は衣装姿じゃないですか。だけどチェキチャだと自宅から配信もできるので、パジャマ姿でお話出来るのも嬉しいんです。それと、ファンの方の中には、直接会ったときに上手く伝えられないという人もいるんですけど。そういう方々も、「文字を通してだといろいろ想いを伝えられるから嬉しい」と言ってくれる、そこもチェキチャの魅力です。

──パジャマ姿は、ファンの方々も喜びますよね。

白兎めい:パジャマ姿やすっぴんトークなど、何時もと違う形のときほど訪れる人たちも増えます。とくにすっぴんトークは、普段じゃ絶対に出来ないこと。あくまでも1対1で、その人にだけ見せれるからこそ出来るし、やりたいこと。ファンの方々でも、すっぴんでのチェキチャが好きな方も多いです。

福村優月:新メンバーの4人ともそうだし、とくに7月加入の3人は、まだ特典会も難しい中から始まったように、ファンの方と直接接する最初の機会がチェキチャだったんですね。確かに、直接ファンの方とは触れ合えないけど、逆に何処に住んでいる方にでも会えるじゃないですか。しかもフェイスオン機能が加わったことで、「あっ、この人はこんな表情だったんだ」とますます親しみを覚えるんですね。

わたしが京都に住んでいる頃にフェイスオン付きでチェキチャがあったら、絶対に東京で活動している大好きなアイドルさんに認知してもらおうと強気にアプローチしてたと思うくらい、何処にいてもアイドルさんと直接顔を合わせて1対1で会えるから、わたしはチェキチャを気に入ってます。個人的には、しゃべり方がおっとりゆっくりしているので、普段の特典会以上にしっかり相手と向きあえてしゃべれるのも好きです。


星野千那:それでも、うちらが2分間でしゃべれる内容が、ゆづちゃんの場合はおっとりしゃべるから1分くらいの感覚なんだけどね(笑)。

千葉思佳:わたしは加入して日も浅いので、チェキチャもまだ数回しか使ってないですけど。何時でも、好きな時間に、しかもお家で気軽に出来るのがいいですよね。わたしもファンの立場だったら思うことだけど、何時ても推しメンと1対1で話せるってすごく便利ですよね。しかも、チェキにサインをして、それを想い出にもしていける。何より、特典会だと時間も限られれば、サインを書きながらの会話のようにバタバタしがちだけど、チェキチャだと1対1でしっかりお話にも向きあえるのが好きなんです。そのほうがお互いの気持ちも伝えやすいですしね。わたしはまだ使い始めて間もないから、今、いろいろ機能を勉強中。これから、もっともっと活用していきます!!



「Winter Road」新曲の歌中、会場中が真っ白に染まる景色を観たいです。

──Jewel☆Neigeは、2021年1月13日に最新シングル「Winter Road」を発売します。この楽曲の魅力を、ぜひ聴かせてください。

星野千那:とても爽やかな、今までのJewel☆Neigeにはなかった曲調だと思います。

福村優月:わたし、初めて「Winter Road」を聞いたとき、宇宙に飛び出しちゃいそうという印象を受けた。とくに、Bメロの「(見上げた)空にたくさんの(星が)何かを紡いだ」の歌詞の部分から曲調がアップテンポになっていくじゃない。その場面展開へ触れたときに、なぜかわたし宇宙空間へ飛んでいきそうな場面が見えてきたからね。

星野千那:わたし、「Winter Road」の落ちサビの歌詞がすごく好きなんです。この曲自体が、気持ちを前に向け、「みんなで歩いていこう」と導いてゆく内容。わたしは、「大好き」とはっきりとした気持ちを伝えるよりも、いろんな解釈や捉え方をしながら自由に想いを膨らませていける歌詞が好きなんです。「Winter Road」の歌詞も、恋愛にも、家族や仲間への気持ちにもといろんな捉え方が出来るから、そこがすごく気に入ってます。

福村優月:その人の気持ち次第で、いろんな風に解釈していけるっていいよね。

千葉思佳:歌詞は、すごくエモいです。しかも「Winter Road」は、今の私たちの気持ちはもちろん。新体制となったJewel☆Neigeの想いとしても届けられるから、早くみんなの前でこの曲を歌いながら、想いを伝えたいです。

福村優月:ライブでは、ぜひペンライトを振って欲しい。「Winter Road」の歌中、会場中が真っ白に染まる景色を観たいです。


──ただポジティブに想いを伝えるのではなく、ネガティブな感情も受け止めたうえで前を向いてゆく内容なのもいいですよね。

星野千那:内側の気持ちも見えてゆくからこそ、より力強く前を向けるんだと思います。挫折も知ったうえで、それでも前を向いていこうよという気持ちだからこそ、余計に前向きになる気持ちが強くなれば、共感度も強くなっていくんだなとわたしも感じました。

福村優月:そうなんだよね。何度でも挫けたっていいっていうか、何度失敗したって、いい。またみんなで立ち上がって進めばいいんだからと言ってくれているところがいいよね。「Winter Road」は元気になりたいときに聞きたい歌。朝一番に聞いたら、その日がいい1日として始まりそうだね。

星野千那:「よし、今日も頑張ろう!!」って思えてくるよね。気持ちの落ち込んでいる人は、ぜひ「Winter Road」を聞いて前向きになって頑張ってください。

千葉思佳:わしは、気持ちを前向きに変えてゆくCメロの歌詞が好きなんです。そこを聞いてると、気持ちが強くなれるから、めっちゃ推し歌詞です。


誰かに敷かれたレールではなく、自分で自分の人生は決めていきたい。

──それぞれ、好きな歌詞を教えてください。

星野千那:わたしは、落ちサビの「夜空には見守る星たち また前を向いて 歩いていこう」の歌詞が大好きです。ここの歌詞は、「Winter Road」に込めた想い全体をまとめあげている内容。「ここへ至るまでいろんな感情が生まれたけど、みんなが見守ってくれるからこそ、もう一度歩きだそう」と、気持ちを前向きにしてくれる。そこが好きなんだと思います。

白兎めい:わたしも、同じところ。見守る星たちって、私たちにとってはファンの人たちのこと。応援してくれる人たちが見守ってくれているからこそ、私たち8人はたとえ失敗しようと何度でも前を向いて歩いていける。まさに新体制となり、ふたたび前へ向かって歩きだした今のJewel☆Neigeにぴったりの内容です。

千葉思佳:わしも、同じ落ちサビの歌詞が好きです。始めてこの歌詞を聞いたときから、めちゃくちゃ好き!!ここの部分を歌うたびに元気をもらえるし、その気持ちを噛みしめながら歌いたくなるように、早くみんなにもこの想いを届けたいです。

福村優月:わたしは、2番のAメロの「劇的なドラマみたいに 決められたルートはないけど 忘れないで未来は いつも僕たちの目の前にある」の部分です。学生時代を過ごし、社会人になり、結婚して、子供を産んで、世の中が当たり前のように決めたレールを守る生き方も良いと思うけど。でも、わたしは誰かに敷かれたレールではなく、自分で自分の人生は決めていきたい。それこそ、頑張り次第で自分で道は開けるんだよと言ってくれているような、この部分の歌詞がわたしは好きだし、歌うたびに頑張ろうと思えます。

星野千那:この「Winter Road」、きっと年内中にライブで披露していくと思うから、早くみんなに聴かせたいです。

白兎めい:「Winter Road」をきっかけに、新しい姿になったJewel☆Neigeとして、さらに前へ前へと進んでいきたいし…。

星野千那:もっともっと磨きながら輝く宝石にJewel☆Neigeはなっていきます!!



TEXT 長澤智典

リリース情報

2021年1月13日(水)発売

Jewel☆Neige メジャー3rdシングル「Winter Road」


◆<TYPE-A> KICM-2053 ¥1,273+税
◆<TYPE-B> KICM-2054 ¥1,273+税
◆<TYPE-C> KICM-2055 ¥1,273+税

収録曲
1.Winter Road
2.Restart
3.YELL
4.Winter Road(Instrumental)
5.Restart(Instrumental)
6.YELL(Instrumental)

購入はコチラ

ヒビコレ主催ライブで「新」づくしの最高…

チェキチャ! Presents 絶対的…