【インタビュー】フワちゃん作詞参加で話題!=LOVEの新曲をメンバーが解説! (2/2)


ラップで人格が変わる?

──ラップの最後の「ヤバイキマっちゃってない?」という部分は山本さんですよね。MVでは普段の山本さんからは全然想像できないイメージでイケイケアゲアゲでしたけど、ご本人的にはどうでしたか?


山本杏奈:自分でまず言わない言葉なので“うわーどうしよう”って思ってました(笑)。

実際に歌うときはもう自分のことを“山本杏奈”だとは思わず、フワちゃんさんだと思い込んでやってます。その瞬間だけは私はフワちゃんさんです!

それに私のこの最後の部分に来るまでに衣織の「Dam it」から始まって、みんながそれぞれラップをカッコよくキメてバトンを渡してくれるので、それをしっかり受け取って空気感をしっかり作れるようにと思いながらやってます。


──このラップ部分を歌うメンバーというのは最初から決まっていたんですか?

瀧脇笙古:決まってなかったんです。だからこの曲をもらった時に自分もここを歌うかもしれないと思って、ノートに歌詞を書き出して言い方とかも自分なりに考えたりとかして。今まで以上にこのブロックは特に力を入れて練習して臨みました。

最終的にはやっぱりラップがうまいメンバーがたくさん歌うことになったんですけど、自分もいつかこういうところを任されてみたいなって思います。

それまでにこういうノリもできるようにイケイケな感じ?もがんばってみようと思います!


──音嶋さんはどうですか? 音嶋さんもいつかこういうラップとか…

音嶋莉沙:(かなり食い気味に)あ、それはいったん考えます。

全員:(爆笑)

瀧脇笙古:クソッ!から始まるところを莉沙でって考えると想像できない(笑)。

音嶋莉沙:もうホントにこのラップを聴いた時に練習したんですけど、何回聴いてもノレなくて(泣)。こういうのってノリが一番大事じゃないですか。

あと勢いも大事だから、ポンポンいかなきゃいけないのにいつまでたっても“あ…ここ? あ…今?”みたいにリズムについていけなくて、ずっと大縄跳びに入れない子みたいになってました(笑)。

山本杏奈:例えが適切!めっちゃわかりやすい(笑)。

音嶋莉沙:それでプリプロの時は案の定できなくて、結局私は歌わないことになったんですけど。ラップが得意なメンバーがここを歌うことになって、ここはもう任せて、私は違うところでがんばろうと開き直りました。


──でもいつかは?

音嶋莉沙:いやー、一人ではちょっと厳しいかも(笑)。でもできるようにがんばれたらいいなって…思います? いや、ちょっと思います!


男の子の可愛さ際立つ『夏祭り恋慕う』

──ではここからはカップリングの曲について伺っていきたいと思うんですが。まず『夏祭り恋慕う』について聞かせてください。


瀧脇笙古:この曲って最近のイコラブでは珍しい男の子目線の歌詞になっているので、最初歌詞をいただいた時に“わあ、男の子目線だ”って思いました。

センターの佐々木舞香は『しゅきぴ』っていう曲のセンターでもあるんですけど、その曲とはまた全然違った系統の曲になっていて、でもなんだか舞香に似合っていてすごいなって思いました。

最初、この曲をいただいた時に「君がもしも 浴衣で登場したら どう褒めればいい?」っていう歌詞を見て、この男の子めっちゃ可愛いなって思ったんです。

なんだろ?これも違った意味できゅんきゅんして、なんて可愛いんだ!って。1番のサビの最後の「君だけでいいんだ」から、ラスサビの「君だけがいいんだ」に繋がるところとかも、気持ちの変化があってすごくこの曲好き!ってなってます。


──一夜にして片想いから両思いになる変化がありますよね。

音嶋莉沙:そこが大好きで、センターの舞香にぴったりの楽曲だし舞香の声がパンって聴こえるので、すごく刺さる曲になってるなって思います。

歌っていてこんなにわかりやすく情景が浮かぶのもすごいし、切なくもなるし、いろんな感情になる歌だなと思います。

まだファンの皆様の前では披露したことがないんですけど、披露した時にどんな風に皆様が感じてくれるのかなっていうのもすごく楽しみな楽曲です。


──歌詞で好きな部分があったら教えてください。

音嶋莉沙:落ちサビの「真っ暗な空に恋の花」が、めっちゃ素敵だなって思いました。想像がすごくパッとできる、情景が浮かぶなーって。



ちょっとダークな異色曲『祝祭』

──ではもう一曲、『祝祭』について伺います。これは野口さんが大場花菜さんとダブルセンターを務めている曲ですが。

野口衣織:はい。花菜ちゃんとダブルセンターで、しかも花菜ちゃんが初めてセンターを務める楽曲にもなっています。

今までの歌わせていただいてきた楽曲とはまた違った、妖しいというかちょっとダークというか。曲のイントロを聴くだけでも蔦がいっぱいはった洋館のドアが開く感じで、そこに呼ばれてるようなイメージが思い浮かぶような不思議な印象の楽曲です。

たぶんこの曲の中に二人の人が出てくるんですけど、騎士とか執事のような守る人と、守られる女の子がいて、すごくストーリー性があります。ここで全部完結する小説みたいな感じになっているのがすごく素敵なんです。

曲の中で手にかけているのかなっていう部分もあったりして、狂気じみているんだけどそれが当たり前の世界として描かれていて、私の中では“ヴィラン(悪役)”っぽいイメージです。


──確かに、タイトルは『祝祭』なんですけど、むしろカーニバルというか謝肉祭ぽいイメージもありますよね。


野口衣織:そうなんです!ちょっと狂気に満ちていて、開放されてその場を楽しんでる感じが伝わってきます。

世界観に入り込みやすい曲だと思うので、騎士という守る側の役でこの曲を聴くのもいいし、姫なのか守られる視点で聴くのもいいし、逆にこの世界に呼ばれた側として楽しむのもいいしっていうので、いろんな視点から楽しめる、今までになかった楽曲のひとつなんじゃないかなって思います。

山本杏奈:私はこの楽曲をいただいた時にまず思ったのは、本当に花菜と衣織っぽいなってことなんです。毎回、楽曲によってなんとなくセンターはこの子っぽいなっていうのがあるんですけど、この楽曲は本当に二人っぽいです。

逆に私はこのテイストの曲を歌うのにすごく練習が必要だなと思って、帰り道とかに夜一人で聴いたりしてたんですけど…聴いてるとゾクゾクしてきちゃうんですよ、もうすごく怖くて(笑)。


──ああ、分かります(笑)。バックトラックがもう怖いんですよね。

山本杏奈:そうなんですよ!音がすごく怖くて。最初は歌詞がよく分からない状態で聴いてたんですけど、メロディだけ聴いてても背後がすごく気になるというか、何か目に見えないものが襲ってくるんじゃないかって気になってしまって。足音とかにビクってしたりして(笑)。

なので一人の夜道では聴けなくて、家でいっぱい聴き込みました。でもすごく深い歌詞だし、表現が難しくて最後まで悩みながら歌いました。

ただ、歌詞には「棘を抜いたバラじゃ物足りないのよ」とか強い言葉とかもあって、ちょっとダークな部分もありつつ時々、可愛さが見える部分もあるんです。歌い方もそういう感じで可愛く歌っている部分もあるんですね。そこがすごくいいアクセントになっているんじゃないかなって思います。



──これもMVがどうなるのか楽しみな曲ですね。


音嶋莉沙:表題曲は明るめのテンションの曲なんですけど、『祝祭』はイントロから本当にダークな雰囲気だなって思っていて。

だから歌う時も部屋の電気を消してカーテンも閉めて私だけの世界みたいな感じにしてレコーディングしました。声もいつもの自分よりも低めの声で歌うようにしたりして。

山本杏奈:みんなちょっと歌い方を変えたりしてるよね。メンバーみんながこの曲を表現するためにいろいろ考えてやっているのでその辺も注目して聴いてもらえればと思います。


4周年に向けての新たなスタート

──では最後に、今回のシングル『ウィークエンドシトロン』をそれぞれでアピールお願いします。


音嶋莉沙:このシングルは久しぶりの、『青春”サブリミナル”』以来のシングルになります。タイトルのウィークエンドシトロンみたいに大切な方と聴いていただきたいですし、いろんなジャンルの楽曲が詰まった1枚になっているので、たくさんの方に手に取っていただきたいなと思います。イコラブがもっともっと広まるように、このシングルでまた新たな一面を見せられるようにがんばります!

瀧脇笙古:『ウィークエンドシトロン』の表題曲一曲だけでも可愛いとカッコいいと大人っぽいが詰まっている曲になっているですけど、カップリングも含め、いろんなイコラブが見られると思うので、そういうところにも注目していただきたいです。きっと好きって思っていただける曲が見つかると思うので、どの方面からでもイコラブを応援していただけたら嬉しいです。いっぱい聴いてください!

野口衣織:9枚目のシングルを発売させていただけることがまず本当にありがたいことで。今回表題曲とカップリング曲全部で4曲というすごく盛りだくさんの1枚になっていると思うので、横アリのコンサートを終えての次の大きなステップになるように、いい流れのままいけたらいいなって思います。

山本杏奈:今回、本当に素敵な楽曲をいただいて、全部表題曲にしちゃいたいくらいの曲なのでたくさんみなさんに聴いてほしいですし、みなさんにも歌って楽しんでほしいなって思ってます。ラップ部分とかけっこう難しいかもしれないんですけど、指原さんのTwitterに載っているフワちゃんさんが書いてくださった歌い方の赤字を参考にしていただいて(笑)、皆さんもいっぱい練習して歌ってほしいです。歌い始めたらきっと楽しくなってきちゃうと思うので、みなさん諦めずに歌ってみてほしいなって思います。

『祝祭』は私たちの表現の幅を広げてくれた曲だと思いますし、恋する可愛い男性の『夏祭り恋慕う』とか、あともう1曲、今日お話しできなかった曲もありますので、シングルを通して4周年に向けてみんなでレベルをまた一段階上げてがんばっていきたいなと思います。ぜひ聴いてください!


──ちなみにみなさん、MVに出てきたウィークエンドシトロンは食べましたか?

全員:食べてません!

山本杏奈:たぶん誰も食べてないと思います。指原さんがきっとみんなにご馳走してくださるんじゃないかなー、だといいなーと思って期待しておきます(笑)。



TEXT 川畑貴美代(マイリブズ)
PHOTO 片山拓

リリース情報


●2021年8月25日(水)発売
「ウィークエンドシトロン」

☆Type-A / CD+DVD
《CD収録内容》
01. ウィークエンドシトロン 02.カップリングA 03、04 各インスト

《DVD収録内容》
01. ウィークエンドシトロン Music Video 02. メイキング映像

《封入特典》
01. タイプA生写真 02.スペシャルプレゼント応募券

☆Type-B / CD+DVD
《CD収録内容》
01. ウィークエンドシトロン 02.カップリングB 03、04 各インスト

《DVD収録内容》
01. イコラブ社員研修 人狼ゲーム Ⅰ嘘つき編

《封入特典》
01. タイプA生写真 02.スペシャルプレゼント応募券

☆Type-C / CD+DVD
《CD収録内容》
01. ウィークエンドシトロン 02.カップリングC 03、04 各インスト

《DVD収録内容》
01. イコラブ社員研修 人狼ゲーム Ⅱ騙し合い編

《封入特典》
01. タイプA生写真 02.スペシャルプレゼント応募券

☆通常盤/ CD only
《CD収録内容》
01. ウィークエンドシトロン 02.カップリングA 03.カップリングB 04.カップリングC 05、06、07、08 各インスト

【インタビュー】神宿5thアルバムリリ…

SKE48須田亜香里、野村実代、青海ひ…