満足度200%!夏を締め括った大型アイドルフェス iDOL on-lineレポート(2/4)

2021年8月28日(土)にZEPP HANEDA (TOKYO)で開催された大型アイドルフェス「iDOL on-line SUPER SUMMER FESTIVAL2021 POWERED BY UtaTen」が大盛況の中終了したイベントの、Bブロックに出演したCutenkai!・QUEENS・#ババババンビ・神宿のライブの模様をお届けします。
公開日:2021年9月12日 更新日:2021年9月12日

この記事の目次 []
  1. ・待望の大型イベント開幕!
  2. ・トークコーナー
  3. ・Cutenkai!
  4. ・QUEENS
  5. ・♯ババババンビ
  6. ・神宿
  7. ・トークコーナー

待望の大型イベント開幕!

タレントのりゅうちぇると高見奈央が司会を務めるラジオ番組「りゅうちぇると高見奈央のiDOL on-line」が、ラジオの枠を飛び越え、8月28日(土)にZepp Haneda Tokyoにて「iDOL on-line SUPER SUMMER FESTIVAL2021 POWERED BY UtaTen」を開催した。

MCは、ラジオでパーソナリティーを務めているりゅうちぇるが担当。NAVIGATORにちゃあぽん(西脇彩華)も参加。

出演したのは、alma / =LOVE / 神宿 / きゅるりんってしてみて/ Qutenka! / QUEENS / kolme / 神使轟く、激情の如く。 / なんキニ! / #2i2 / ♯ババババンビ / femme fatale / Run Girls, Run! / LinQ / レイドロイド / わーすた (※五十音順)の16組のアイドルたち。
この日の模様をブロックごとにレポートでお届けします。


トークコーナー


 Bブロックも、最初にトークコーナーからスタート。りゅうちぇるとちゃあぽんこと西脇彩華を司会に、まずはCutenkai!とQUEENSのメンバーが登場。「この夏最高だった出来事」を題材に語りだした。 

 Cutenkai!のメンバーが、「アイドルが大好きで、今日出演する神宿さんのライブに行ったこと」「デビューして3カ月なのに、こんな大きいステージに立たせていただけたこと」「メンバーみんなで撮影をしに着物を着て浅草へ行ったこと」「今年の夏、初めてアイドルになったこと」と発言。

QUEENSのメンバーは、「新曲のレコーディングが7分で終わったこと」「2年ぶりに黒髪にしました」「母親の誕生日のために大出費してディナーをしたこと」「思った以上に安く引っ越しできたこと」などを話してくれました。


Cutenkai!


 まだ、デビューから3カ月。とても初々しいCutenkai!のライブは、グループ名を冠した『Cutenka!』からスタート。
愛らしいメンバーらしく、楽曲も、胸をキュンキュンときめかせるダンスナンバー型の正当派なアイドルソング・スタイル。急展開してほしい恋心を歌った楽曲を、4人はヒロインになった気持ちで、ドラマを描くように歌い躍っていた。
曲の持つ世界へ感情を溶け込ませ歌う姿は、見ている側の気持ちもその世界へと同化させてゆく。初々しい姿で可愛らしく歌い躍る様にも、嬉しい新鮮さを感じていた。

一気に感情のアクセルを踏み込むように、Cutenkai!は高まる気持ちを弾け飛ばすよう『Q&Aリサイタル』を歌いだした。
メンバーたちの歌声の熱量がどんどん増してゆく。舞台の上で愛らしく歌い躍る様は、まるで着飾った人形たちがパフォーマンスをしているよう。
ライブを楽しむ姿勢を持ちながらも、もっともっと楽しまなきゃと一生懸命になっている姿が初々しい。全力で楽しもうとしてゆく彼女たちの姿へ、見ている側が惹かれていたのも事実だ。



 わちゃわちゃ弾けたアッパーなパーティーチューン『キャトられたくない!』の登場だ。リ
ズムや歌詞と気持ちをシンクロしながら、メンバーたちは愛らしい表情を見せながら、歌を通してさりげなく観客たちを煽っていた。
子猫たちが甘えてゆくような姿も見せつつ、無邪気にじゃれ合ってゆく。そんな親しみあふれる姿を示してくれたのも見ていて嬉しかったこと。

 最後にCutenkai!は、和要素も加えたアゲアゲのダンスポップ曲『ッ突破型人生計画』をプレゼント。
舞台の上でくるくる跳ねながらまわる姿が、胸キュンな可愛さ。まだ何色にも染まってないグループだからこそ、今は、その曲ごとの色に染まろうとしてゆくメンバーたちの姿を味わうことがライブの魅力になっている。
早口で歌声を届けるスタイルも、Cutenkai!に惹かれる嬉しい要素。これからどんな風に自分たちのカラーを出していくのか、楽しみにしていようか。
▶︎の写真を全て見る


QUEENS


 QUEENSのライブは、メンバーたちが『eccentric』に乗せ、クールにラップしながら始まった。
とても凛々しく強い歌声やパフォーマンスだ。可愛らしさを前に押し出したアイドルたちとは異なり、QUEENSはパフォーマンスを重視。韓流系のグループが持つアーティスト性の中に、和製アイドルらしい愛らしさを忍ばせているところが魅力だ。
歌声もそうだが、彼女たちのダンスパフォーマンスは、視線を放すことなく追いかけてしまうくらいに迫力があれば、見せる要素も盛りだくさんだ。

゛続く『shooout!!』でも、イントロが流れた瞬間から気持ちと視線がグッとつかまれた。
歌が進むごとに躍動性を増してゆく楽曲スタイルが、とても刺激的。フロアでは、彼女たちの動きを真似たり、一緒に拳を突きあげ、心の中で叫んでいた人たちも。
とても気持ちを熱く掻き立てる曲だ。そうさせるのも、彼女たちの挑戦的な歌声とパフォーマンスに触発されたから?!

『orz』では、メンバーたちが拳を振り上げ、激しく駆ける楽曲の上で煽り続けていた。
楽曲が持つパワフルな衝撃に熱く気持ちを掻き立てられれば、メンバーたちの挑むように歌をぶつける姿へ、同じように魂を熱く燃やさずにいれない気持ちになっていた。
その人が初見だろうが、常連だろうと、QUEENSのライブに触れたが最後、気持ちを熱くしながら、彼女たちが作り上げる熱狂の渦に巻き込まれ、嬉しく興奮を覚えていくに違いない。



頭から、胸をスカッとさせる歌に触れ、気持ちがスッと引き込まれた。QUEENSはテンション高くも耳心地好い歌を響かせる『ボーイミーツガール』を歌いながら、見ている人たちをパワフルでダンサブルなQUEENSの世界観へぐいぐい引き込んでゆく。
メンバーらと一緒に振り真似ながら、気持ちを熱くして騒ぎたい。彼女たちのライブは、誰もほっとかない。その場にいる人たちみんなの気持ちを熱く高ぶらせ、一緒に熱狂の中で自分を開放しようと誘いをかけてゆく。ほんと、素敵なボーイミーツガールの瞬間だ。

なんてパワフルでドラマチックな楽曲だ。エナジーにあふれた、気持ちを熱く掻き立てる歌だろう。
「ストレリチア」「Bravely song」が心を野生に変えてゆく。もっともっと本当の自分に立ち返って、一緒に熱くなれと彼女たちに煽られているようだ。
QUEENSが示すロックな姿勢に気持ちが熱くなるのは、その中に彼女たち自身の素顔が投影してあるからだ。熱く滾る姿を示す彼女たちの本能が、強い意志を持ってメッセージしてゆく意志が、見ている人たちの心の洋服をはぎ取り、どんどん裸にさせてゆく。
だから、一緒に感情をシンクロし、熱くなれるのだろう。
▶︎の写真を全て見る


♯ババババンビ


フロア中から鳴り響く熱い手拍子を受け、メンバーらが舞台へ姿を現した。
#ババババンビのライブは、自分たちの姿勢を歌の中へ示した『ばばばばんびずむ〜!』から幕を開けた。#ババババンビが繰り出すわちゃわちゃしたハイパーなダンスチューンは、一緒にはしゃぎたい衝動を与えてゆく。
#ババババンビのライブが始まったとたん、眩しいカラフルな光が心へ一気に差し込む気分を覚えていた。
“楽しい”という気持ちがどんどん沸き上がり、彼女たちと一緒にはしゃぎたくて仕方がない!!

さぁ、『私心伝心』に飛び乗り、彼女たちの動きを真似ながらわちゃわちゃ騒ごうか。
まるで舞台劇の一場面を見ているような気分で、ステージの上で歌い踊り、はしゃぐ彼女たちの姿を、憧れの視線を向けながら見入っていた。
メンバーらの動きに合わせ手や身体を揺らしながらも、乙女たちが舞台の上でわちゃわちゃはしゃぐ姿をしっかり瞼に、心へ焼き付けていたかった。

#ババババンビのライブは、”女の子が本気で無邪気に騒ぐ姿こそが自分を最強に輝かせる姿なんだよ”と伝えてくれる。
女の子だからこそという魅力を最大限にまで引き出しながら可愛らしくはしゃぎ歌う『恋するうさぎちゃん最強伝説』に触れながら、彼女たちが弾ける姿を、めっちゃ憧れの視線で追いかけていた。
まさに、彼女たちこそ最強のアイドルだ。そんな風に思える姿が、とても眩しかった。



ヤバい、『恋のキャンディ』に触れたとたん、胸がキュンキュン鳴り出した。
愛らしい甘い仕種を振りまきながら歌い躍る姿に、心がメロメロに溶けそうだ。
男性には絶対に手の届かない、乙女だからこその最強の魅力を振りまき、素敵な夢の世界に連れてゆく#ババババンビ。だから、心がとろけるほど彼女たちへ夢中になっていくのだろう。

これまでとは少し表情を塗りかえるように、#ババババンビは『常勝MYGAME』を通し、凛々しく力強い姿や歌声を見せてきた。
少し挑戦的な姿勢や声色を示しながら、彼女たちは切れ味鋭いパフォーマンスを描き出していた。
クールに、パワフルに攻める姿にも、心が強く引き寄せられる。
それ以上に身体が熱くなるからだろう、フロアでもメンバーらの動きに合わせ躍る人たちの姿もあった。

この会場を夏祭りの場へ塗りかえるように、最後に#ババババンビは『ハナビガタリ』をプレゼント。
天真爛漫で明るく無邪気な姿を見せながら。彼女たち自身が夜空を彩る花火の化身となり、歌の間中、ずっとカラフルに弾けた色鮮やかな姿を見せていた。
これぞ理想のアイドルというあるべき姿を、#ババババンビのライブに感じていた。
▶︎の写真を全て見る


神宿


 Bブロックの最後を担ったのが、神宿。SEとして流れた『Brush!!』を受け継ぐ形で、神宿のライブは『Brush!! Remix』へ突入。とても心地好い流れだ。
まるで美しくスタイリッシュな物語を描くように、神宿のライブは進んでゆく。
いつもの明るくチャーミングに弾けた姿も魅力的だが、この日のような、お洒落な女性モードに気持ちを染めながら、少し涼しげにアレンジした夏の歌を届けてゆく姿勢もクールでエモい。

楽曲は途切れることなく、綺麗に流れを繋ぎながら『Caramel Sweet』へ。
彼女たち自身がリアルDJ MIXのような様をライブの流れの中へ示しながら、上品な甘い姿を見せてゆく。
焼けつくようなギラギラな熱さもライブの魅力だが、この日の神宿のように、お洒落に。でも、気がついたら彼女たちの歌やパフォーマンスの魔法に見せられ、胸を熱くしてゆくのも素敵じゃない。
 
 “みなさん、気持ちは高まっておりますでしょうか?!”の声を受け、流れたのが『グリズリーに襲われたら』。
まるでファンタジックな物語の世界へ飛びこんだようなキュートな歌世界こそ、神宿らしい魅力。チャーミングな魅力をパウダーのように振りまきながら、彼女たちはメルヘンの世界の住人と化し、見ている人たちの心もロマンチックな色に染めあげてゆく。
歌は現実を忘れ、夢あふれる素敵な異世界へ連れてゆき、心を幸せな色に染めあげる力を持っている。まるで、この曲のようにね。



胸をキュンとときめかす、スタイリッシュなポップチューン『Trouble』だ。
とてもお洒落な気分で、甘すぎないけど、でもメロメロにとろけそうな魅力を振りまきながら歌う姿がとてもコケティッシュ。
まるで韓流グループのような軽いお洒落感も見せながら、5人は舞台の上で戯れるような様を持って、軽やかに『Trouble』を歌っていた。今の等身大な彼女たちに似合う、大人らしいお洒落な音楽の洋服をまとった姿も、やっぱし愛らしい。

  “今日、熱い中来てくれたみんなを思いきり褒めたいと思います”の言葉に続いて歌ったのが、「ほめろ! ほめろ!ほめろー!!」と、明るく、力強くエールを飛ばす『ほめろ!』だ。
ここからはラストに向かって、次々と感情のストッパーを外す楽曲を連発。『ほめろ!』を通し、5人から気持ちを熱く騒がせるエールを送られた気分。
もっともっとテンションをアゲて熱狂したら、もっともっと褒めてくれますか?そんな風に彼女たちにおねだりしたい気持ちにも心は染まっていた。

季節を少しだけ戻し、神宿は肌に心地好い春風を吹かすように『春風Ambitious』を歌唱。と書きたいところだが、楽曲が持つパワフルでキラキラに弾けた歌に触れていたら、外の暑さ以上に熱狂したい気持ちを身体中に覚えていた。
愛らしい彼女たちの誘いに胸をドキドキさせながらも、気持ちはガンガンに熱狂というアクセルを踏み込んでいた。メンバーと同じ振りをしながら、何時の間にか熱狂に溺れていた。

次に届けたのが、カラッと晴れ渡る夏空の景色。神宿は『Summer Dream』を歌い、会場中の人たちと一緒に眩しい夏の青春という景色の中へ飛びこんでいった。
掲げた手をくるくるまわしながら、夢へ想いを馳せる気持ちに、心をしっかりと染めあげてくれた。

 最後は、やはりこの歌だ。神宿は『お控えなすって神宿でござる』を歌いながら、会場中の人たちと一緒に、この会場を夏祭りの舞台に染めあげ、頭をからっぽに、一緒にわちゃわちゃはしゃぐ風景を作りあげていった。
現実なんて言葉を全部脱ぎ捨て、今は、ただ“楽しい”という服だけを身につけ騒げばいい。そういう気持ちにこの歌が、神宿のライブが自分を染めあげてくれるんだもの。さぁ、拳やサイリウムを振り上げながら、5人と一緒にわちゃわちゃ騒ぎ尽くそうか。それこそが神宿のライブでござる。
▶︎の写真を全て見る


トークコーナー


後半のトークコーナーには、#ババババンビと神宿のメンバーが登場。トークテーマの「この夏最高だった出来事」について、さっそく2グループが語りだした。
 #ババババンビのメンバーらが、「花札を家でやるのが夏の想い出」「結膜炎になって人生初の眼帯生活になったこと」「張り切りすぎて肌が小麦色になったこと」「初めてサマージャンボを買って、投資額の10倍の額が当たった」などと報告。
神宿は、「うちで飼ってるへびが綺麗に脱皮できるようになりました」「今日、みんなでここでこうしてライブを過ごせたことです」と語ってくれました。


TEXT 長澤智典
PHOTO Kei Sakuhara
PHOTO タマキシオリ

▲レポート第3弾はこちら

満足度200%!夏を締め括った大型アイ…

満足度200%!夏を締め括った大型アイ…