特集一覧

でんぱ組.incは『ちゅるりちゅるりら』と現代の戦国時代を戦っている

でんぱ組の2014年発売のシングル、『ちゅるりちゅるりら』。日清カップヌードルCMソングです。知名度をぐんぐん上げてきたでんぱ組の待望の大型タイアップソング。作詞作曲は、ももクロなどへの楽曲提供で有名な作曲家、ヒャダインこと前山田健一。言葉を詰め込んだにぎやかな曲です。タイトル『ちゅるりちゅるりら』は、ラーメンをすするちゅるりちゅるりという音であり、日本の伝統音楽の笛の音色でもあります。

未知の道へ踏み出してみる勇気。「逆回転MV」で魅せるSKE48『未来とは?』

SKE48『未来とは?』は爽やかで疾走感のあるアップテンポな楽曲。明るく力強い前向きな歌詞が、ストイックさを売りにするSKE48にぴったりな曲だ。 そんなこの曲のMVは、砂時計で落ちるはずの砂が上へ吸い込まれてゆき、街を歩く通行人は前を向いているのに後方へ進んでいる。しかし、メインとして映っているSKE48メンバー達の動きだけは、映像の中では通常の動きをしているのだ。

3頭の”くま”がトークで大暴れ!多くの”またぎ”に愛される「あゆみくりかまき」の魅力とは?【本人動画コメント】

4月18日、文化放送の『UtaTenプレゼンツ スタートゲート』に出演。文化放送"イチ"アイドル好きのアナウンサー西川文野と、約1時間に渡ってトークを繰り広げた。

ミナミアイドルフェスティバル!出場アイドル達が春を迎えて掲げた目標!コメント動画を公開!! part.6

ミナミアイドルフェスティバル!春を迎えた出場アイドルの今年の目標に大注目!コメント動画一挙公開!! part.6 ・おやゆびプリンセス ・Honey☆Honeyのコメント動画を公開!

欅坂46全国握手会に1万人来場、洗練されたパフォーマンスで会場を虜に。【ライブレポート・本人コメント】

デビューシングル「サイレントマジョリティー」が女性アーティストのデビューシングル初週売上が歴代1位に輝いた欅坂46が初の全国握手会を開催し、会場となった幕張メッセには述べ1万人ものファンが集まった。合格率0.1%のオーディション合格し、昨年夏に結成された欅坂46。平均年齢17歳の彼女たちが期待と不安を胸に挑んだ初の全国握手会にて行われたライブをレポートするとともに、ライブ終了後のインタビューにて見せた最年少、平手友梨奈のコメント力もご覧いただきたい。

ミナミアイドルフェスティバル!出場アイドル達が春を迎えて掲げた目標!コメント動画を公開!! part.5

ミナミアイドルフェスティバル!春を迎えた出場アイドルの今年の目標に大注目!コメント動画一挙公開!! part.5 ・仮面女子候補生WEST ・大阪CLEAR'Sのコメント動画を公開!

清竜人25の『ラブボクシング』で強烈なアッパーを食らおう

清竜人25は人気上昇中の一夫多妻制アイドルユニット。シンガーソングライターの清竜人をセンターにその周囲を6人の妻達が囲むという独自のスタイルをとります。 その代表曲の一つ『ラブボクシング』。男と女の関係をボクシングに例えている歌です。

最も売上枚数が少ないAKB48シングル『夕陽を見ているか?』を聴いているか?

『夕陽を見ているか?』は、AKB48の初期の曲。2007年発売のシングルで、オリコン順位は10位でした。1位が当たり前になっているAKBでもそんな時代があったのだ、と思わせる順位。作詞の秋元康にとってはすごく思い入れのある曲。秋元康自身は、この曲の時点でブレイクできるという思いがあったと言っています。その思い入れのためか、2013年にインドネシアのJKT48にこの曲をカバーさせているほど。MVには、前田敦子、大島優子、板野友美など初期AKBを形成したメンバーが若い表情で登場しています。渡辺麻友も、まだ目が笑っていなかった頃。

メロイックじゃないキツネさん!BABYMETALに『いいね!』せよ

BABYMETALは、アイドルとメタルの融合をテーマにしている3人組ユニット。海外公演を多数行なっており、2016年4月には日本人アーティストとして初めて、イギリスのウエンブリーアリーナでの公演を行ないます。