SMAPの人気曲ランキングやデビュー曲を紹介!泣けるバラードや盛り上がる名曲についても徹底解説

smap曲

多くの人に惜しまれつつ解散した、国民的人気アイドルグループSMAP

28年間の活動の中で多くの有名曲が生まれました

UtaTen編集部
この記事では、SMAPの人気ソングをランキング形式で紹介し、さらに泣けるバラード、盛り上がる歌までを詳しく解説していきます。

SMAPのデビュー曲は「Can’t Stop!! -LOVING-」

SMAPのデビューは1991年で、デビュー曲は『Can’t Stop!! -LOVING-』。

当時メンバーは変声期だったため、この歌は後のSMAPと全くキーが異なり、幼い声が初々しいラブソングです。

『Can’t Stop!! -LOVING-』はジャニーズのデビュー曲にしては珍しく、初登場でオリコンチャート1位を取ることができませんでした。

その理由は、月9のドラマ「101回目のプロポーズ」の主題歌で大ヒットした、CHAGE&ASKAの『SAY YES』と同じ週に発売されたからといわれています。

朝ドラ 主題歌朝ドラの主題歌人気ランキングTOP5!歴代の名曲を年代別に厳選して紹介

 

SMAPの人気曲ランキングTOP5

smap曲
日本のアイドル界の礎を築き上げたSMAPは、私たちに多くの夢や希望を与えてくれました。

そんな彼らの楽曲は、どれも素直な気持ちが伝わるシンプルで心に染みる歌が多いです。

まずはSMAPの人気曲をランキング形式で5選紹介します。

平成 ヒット曲平成のヒット曲ランキングTOP5!年代別に代表ヒットソングも合わせて紹介

 

【5位】オレンジ

『オレンジ』は『らいおんハート』のカップリング曲。

ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」のファン投票ランキングでは2位を獲得、またカップリング曲部門では1位になった人気曲です。

「さよならと言えば君の傷も少しは癒えるだろう」というサビの歌詞がせつな過ぎると、ファンからの圧倒的な支持を受けた美しい失恋ソングでした。

また解散後には「改めて聴くと解散するメンバーの気持ちと重なるような歌詞」と、ファンの人たちの間で話題になり、配信サイトで上位を記録しました。

 

【4位】オリジナル スマイル

4位は1994年に発売された、6人時代のSMAPの名曲『オリジナルスマイル』です。

ファン投票で収録曲が決まったアルバム「SMAP AID」では1位を獲得した人気ソングで、木村拓哉が出演していた清涼飲料水のCMにも起用されていました。

SMAPのライブでもよく演奏される歌で、メンバーがファンと一緒に手を左右に振る振り付けで、会場が盛り上がりました。

歌詞もメロディーも元気がもらえるような、SMAPらしい魅力に溢れた曲です。

【3位】らいおんハート

『らいおんハート』はまるでドラマのワンシーンのようなロマンティックなラブソング。

作詞を担当したのは、脚本家の野島伸司です。

男性からのストレートな愛情表現が印象的なプロポーズソングとも言われ、結婚式では定番のウェディングソングとなっています。

この歌は草彅剛主演のドラマ「フードファイト」の主題歌にも起用され、ミリオンセラーとなった大ヒット曲。

のちにリリースされたアルバム「GIFT of SMAP」には、アンサーソングとなる『エンジェルはーと』が収録されています。

【2位】世界に一つだけの花

平成で初めてトリプルミリオンのヒットを記録した『世界に一つだけの花』。

この曲は2002年発売のアルバム「SMAP 015/Drink! Smap」に収録され、翌年草彅剛主演のドラマ「僕の生きる道」の主題歌となってシングルカットされました。

作詞作曲は槇原敬之で、「ナンバーワンでなくオンリーワン」という歌詞が共感を集め、学校のイベントなどで歌われるなど、人々に広く影響を与えた曲

SMAPが解散前に公の場で歌ったラストソングとしても知られています(テレビ番組「SMAP×SMAP」にて)。

【1位】夜空ノムコウ

SMAPの人気曲ランキング1位は、1998年リリースのシングル『夜空ノムコウ』。

中学の音楽の教科書にも掲載されるほど有名な、SMAPの代表曲と言える歌で、初のミリオンを記録しました。

また、いろいろなアーティストにカバーされた人気曲です。

「あれからぼくたちは何かを信じてこれたかなぁ」から始まるエモーショナルな歌詞は、スガシカオによる作詞。

イントロの口笛とともに聴く人の心に深く染み入るような、冬の空に似合うバラードです。

SMAPおすすめの泣けるバラード名曲

元気で明るいイメージのSMAPですが、実は泣けるバラードもたくさん歌っています

それは28年間に渡るSMAPの活動の中で、いろいろな出来事を通じて育まれた彼らの経験やメンバー間の友情が、楽曲にも反映されているからでしょう。

また影響力の高いSMAPだからこそ伝えられる、メッセージ性の高いナンバーもあります。

次は1人でしんみり泣きたい夜に寄り添ってくれる曲や、カラオケで聴く人に感動を与えたいときにおすすめの、SMAPの泣けるバラードを紹介しましょう。

邦楽 人気邦楽の人気曲ランキングTOP10!歴代の名曲とバラードも合わせて紹介

 

STAY

『STAY』は2006年発売のアルバム「Pop Up! SMAP」に収録されている曲。

シングルカットはされていないのですが、ファンにとても人気のバラードです。

5枚目のベストアルバム「SMAP AID」と6枚目のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」にも収録され、「SMAP 25 YEARS」ではファン投票により1位を獲得しました。

パートナーに向けたラブソングですが、恋人だけでなく家族や友人など大切にしたい人への素直な気持ちとして心をこめて歌いたい曲

SMAPからファンへのメッセージとも受け止められる、愛のこもった歌です。

BEST FRIEND

『BEST FRIEND』は1992年発売のシングル「負けるなBaby! 〜Never give up」のカップリング曲。

もともとは「みんなのうた」の母に捧げるメッセージソングでしたが、ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」では一部歌詞を変えて収録されています。

この曲は元メンバーの森且行の最後のテレビ出演で歌われ、いつまでも変わらない友情を印象付けました。

また「SMAPxSMAP」のスペシャル番組では、香取がカラオケで歌ったのを聴いて、草彅と中居が号泣するなど、メンバーにとっても特別な思い入れのある歌になっています。

君が何かを企んでいても

『君が何かを企んでいても』は1994年発売のアルバム「SMAP 005」に収録されている曲で、シングルカットされていません。

しかしファンにとても人気があるので、1枚目のベストアルバム「Cool」と2枚目のベストアルバム「Wool」にも収録されました。

恋人との関係性の変化に気付いて、不安を感じつつも愛を貫きたい心情を歌った、せつないラブソングです。

Triangle

『Triangle』は2005年にリリースされたシングルで、国民的アイドルSMAPが歌う反戦歌として注目を集めたナンバー。

トライアングルとは三角形のことで、「銃を構える人」「向けられる人」「それを見ている自分」の三者を表しています。

SMAPの『オレンジ』の作詞作曲をした市川喜康が、アメリカの同時多発テロに触発されて作った曲で、SMAPは24時間テレビや紅白歌合戦などを通じ、歌で平和を訴えました。

発売後時間がたっても学校の音楽の教科書に採用されたり、世界情勢の悪化と共に注目を集めたりして、今も人々に影響を与え続けている名曲です。

ありがとう

『ありがとう』は2006年に発売されたシングル曲で、草彅剛主演のドラマ「僕の歩く道」の主題歌やリオオリンピックのテーマソングに起用された歌。

普段はなかなか素直に言えない「ありがとう」を繰り返すフレーズは、みんなで一緒に歌いやすい上に、歌う方も聴く方も思わずホロリとしてしまう感謝ソングです。

オリコンの調査で「父の日に贈りたい曲」として、男女別、世代別など全てのランキングで1位を獲得しました。

大切な人や仲間に改めて感謝の気持ちを伝えたいときに、おすすめの名曲です。

SMAPおすすめの盛り上がる名曲

smap曲
SMAPの人気曲や代表曲には、みんなで盛り上がるのに最適なノリの良いダンスナンバーもたくさんあります。

キャッチーなサビやウキウキするメロディーは、カラオケで歌っても盛り上がりますし、パーティーなどイベントのBGMにもぴったりです。

次は、必ずその場が盛り上がること間違いなしの、SMAPの明るくて元気が出る名曲を紹介します。

 

SHAKE

イントロからいきなりハイテンションな『SHAKE』は1996年発売のシングルで、人気番組「SMAPxSMAP」の2代目のテーマソングでした。

思わず踊りだしたくなるようなアップテンポなリズムと、ハッピーなムードの歌詞で、その場がパッと軽くなるような楽しい曲です。

ライブや歌番組で歌うときは、木村拓哉がアドリブで歌詞を変えたり、アレンジを加えたりするサプライズにもワクワクしました。

青いイナズマ

『青いイナズマ』は森且行が脱退して、5人体制のSMAPが初めてリリースした1996年のシングル。

この曲は「SMAPxSMAP」の1作目のテーマソングでした。

SMAPが歌って大ヒットした印象がありますが、元々は作曲を担当した林田健司の歌をカバーしたものです。

サビの部分の「get you!ゲッチュー」は年齢を問わず有名な、決めポイント。

カラオケでもここを決めると、絶対ウケる盛り上げの定番ソングです。

BANG! BANG! バカンス!

ユニークな歌詞が楽しい『BANG! BANG! バカンス!』は、2005年発売のシングルです。

作詞は脚本家の宮藤官九郎で、歌詞には「木村」「稲垣」とSMAPのメンバーの名前が出てきますが、なぜか関係ない「前田さん」も登場します。

世界水泳のテーマソングに起用されるなど夏のイメージの曲で、夏のドライブのBGMにもぴったりな爽やかなナンバー

「BABY BANG!BANG!BANG!」のサビ部は、みんなで歌えば楽しく盛り上がるでしょう。

ダイナマイト

『ダイナマイト』は1997年リリースのシングルで、『SHAKE』の後の「SMAP×SMAP」のテーマソングでした。

SMAPのメンバーがアップテンポで激しく踊りながら歌うワイルドなイメージの曲で、香取慎吾だけソロがあります。

同じ歌詞を繰り返しながら、ダンスミュージックのようなリズムで、徐々にテンションが上がるラブソングなので、カラオケでも自然にノリノリになって歌えるでしょう。

Joy!!

2013年発売のSMAP50枚目のシングルで、香取慎吾主演のドラマ「幽かな彼女」の主題歌にもなっていたのが『Joy!!』。

明るく元気なメロディーに覚えやすい振り付けで、大人数で一緒に踊れる楽しいダンスミュージックでした。

SMAPも番組でいろいろな人とコラボして踊っていましたし、学校やイベントなどでこの曲をみんなで踊った思い出がある人も多いのではないでしょうか。

サビの「Joy!Joy!」という歌詞を一緒に歌えば、心が一つになってみんなで盛り上がれるので、パーティーの余興などにもおすすめです。

SMAPの人気曲には泣ける名曲が多い!カラオケで盛り上がる曲を友達と歌ってみよう

国民的アイドルSMAPは28年の活動を終えて解散しましたが、今も影響力のある有名な曲を数多く残しています

音楽の教科書に載っているような有名ソングから、シングルカットされていなくてもファンの熱い支持を受けている泣けるバラードまで、ジャンルはさまざま。

SMAPならではの、明るくノリの良くて盛り上がる曲は、イベントにもおすすめです。

カラオケで友達とSMAPの泣けるナンバーやノリノリの歌を歌って、楽しんでみませんか?

 

この記事のまとめ!

  • 国民的アイドルSMAPの曲は解散後の今も評判が高い
  • 誰もが知っている有名な曲だけでなく、ファンに人気の隠れた名曲にも要注目
  • 泣けるバラードからノリノリの盛り上げ曲まで、SMAPの曲の魅力はいろいろ
  • カラオケでSMAPの名曲を歌ってみよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です