1. 歌詞検索「UtaTen」
  2. カラオケ・歌うま「KaraTen」
  3. カラオケ
  4. 【昭和アイドル】カラオケの定番!80年代名曲ランキングTOP10

【昭和アイドル】カラオケの定番!80年代名曲ランキングTOP10

カラオケ UtaTen編集部   3,859 Views

 

アイドルに対して、みなさんどのようなイメージをもたれていますか?

 

アイドルは今でこそTwitterやInstagramなどSNSの普及で身近な存在となりましたが、昭和時代にはそのようなものがなく、当時のアイドルはみんなの憧れの象徴でした。

 

そんなアイドルにはときめきを感じたり笑顔になれたり、思わず口ずさんでしまうステキな楽曲が数多くあります。

 

今回は80年代の昭和アイドルの魅力に迫り、今でも人気の名曲をランキング形式で紹介します

どれもカラオケで盛り上がる定番曲なので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

Contents

アイドルとは?

 

アイドルは自分では叶えられない夢を見させてくれたり、憧れやときめきを与えてくれる特別な存在です。

また「自分の青春時代のすべて」という人もいるほど影響力があり、幸せな時間を過ごさせてくれます。

 

そもそもアイドルとは「偶像」という意味をもっています。

 

偶像とは、神や仏などの存在をかたどってつくられ、崇拝の対象としてあがめられる像のことです。

その「偶像崇拝」から「崇拝」の部分が抜き取られ、熱狂的な応援を受ける人気がある人と結び付けられたことによって、「アイドル」という呼び方が使われるようになったと考えられています。

 

今も昔もアイドルは、歌やダンスでわたしたちを魅了して若者を中心にもてはやされています。

しかし昭和アイドルは、平成のアイドルのように身近ではなかったため、手の届かない存在としてまさに「崇拝」に値する存在といえます。

 

 

昭和アイドルの衣装と髪型に注目!

 

昭和アイドルといえば派手な衣装や髪型が大きな魅力です。

そんな昭和アイドルならではの具体的な特徴をみていきましょう。

 

 

レトロでかわいい!昭和女性アイドル

 

昭和の女性アイドルといえば、お人形のようなフリフリのワンピースや、きらびやかなドレスタイプの衣装を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

実は80年代はアイドル戦国時代といわれるほど数多くのアイドルがひしめきあい、さまざまな衣装に溢れていたのです。

 

セクシーさを兼ね備えた衣装やメンバー全員でおそろいにするなど、昭和アイドルはシーンによってあらゆる魅力を演出し、見る人の心を掴みました。

 

また、「聖子ちゃんカット」と呼ばれる松田聖子さんの髪型が若い女性の間で大流行しました。

 

セミロングで顔のサイドを外巻きにくるんとブローしたヘアスタイルで、人形のような可愛らしさが特徴です。

顔周りの髪をふわふわさせるため、小顔効果もあります。

 

最近ではきゃりーぱみゅぱみゅさんが「聖子ちゃんカット」を披露して話題を呼んでいます。

 

 

とにかく目立つ!昭和男性アイドル

 

昭和の男性アイドルの衣装はチェッカーズの「全身チェック柄」や、スパンコールがきらきらまぶしい派手な衣装が印象的です。

 

また光GENJIなど、それぞれ担当イメージカラーの衣装に身をまとうスタイルも人気でした。

 

また髪型は、ボブと刈り上げが2つのブロックに分かれ、刈り上げがボブの内側まで入り込んでいる「ツーブロック」や、テクノカットより前髪部分が長くふぞろいの「チェッカーズカット」が流行していました。

 

 

カラオケにおすすめ!昭和アイドル名曲ランキングTOP10

 

数々のヒット曲や想い出の曲がちりばめられた昭和時代。

青春を過ごした懐かしさとともに、カラオケで盛り上がれるおすすめの「昭和アイドル名曲TOP10」を紹介します。

 

 

10位「薬師丸ひろ子/セーラー服と機関銃」

 

このまま何時間でも 抱いていたいけど

ただこのまま冷たい頬を あたためたいけど

すべての歌詞を見る

 

「カ・イ・カ・ン」のセリフで有名な映画『セーラー服と機関銃』の主題歌です。

 

映画の撮影時、火薬で破裂させたガラス片が左頬を傷つけ出血するというトラブルにあいながらも、怯むことなく演じ続けた薬師丸ひろ子さん。

当時高校2年生だった彼女の名曲です。

 

カラオケで流れてくると、思わずジーンとして気づいたら聴き入ってしまっている、そんな独特の世界観のある曲調です。

 

 

9位「光GENJI/パラダイス銀河」

 

ごきげんいかが はしゃごうよパラダイス

心の傘ひらき 大人は見えない

すべての歌詞を見る

 

レコード大賞受賞や選抜高校野球の大会入場行進曲に抜擢されるなど、光GENJIのシングル史上最も輝いた『パラダイス銀河』

 

大人にはない純粋さや夢を追い続ける姿など、子どもが持つ可能性を、インパクトのある曲調にのせて歌っています。

ローラースケートで駆け回りながら踊る光GENJIの姿は今でも衝撃的です。

 

子どものころの純真な気持ちを思い出しながら、素直な気持ちで弾けて歌ってみてください。

 

 

8位「松本伊代/センチメンタル・ジャーニー」

 

何かにさそわれて あなたにさらわれて

センチメンタル・ジャーニー

すべての歌詞を見る

 

「伊代はまだ16だから」と歌ったデビューシングルがベストヒット。

日本レコード大賞新人賞を受賞した彼女の代表曲です。

 

2015年には『センチメンタル・ジャーニー まだ50歳ver.』をリリース。

「伊代はまだ50だから」と健在ぶりをアピールしています。

 

どんな人が歌っても16歳の青春時代に戻らせてくれる魔法のフレーズを持っている曲です。

 

 

7位「近藤真彦/ミッドナイト・シャッフル」

 

天使のような悪魔の笑顔  この街にあふれているよ

挫けそうでも迷いそうでも 見つけだす必ず本当の心を

すべての歌詞を見る

 

出だしから激しいギターとリズミカルなスタイルがカッコイイ、近藤真彦さんのロックナンバー

 

『銀狼怪奇ファイル~二つの頭脳を持つ少年~』のオープニング曲に採用され、NHK紅白歌合戦でも歌われた人気曲です。

 

ウソの多い世の中でも挫けることなく、迷いそうになっても真実は必ずあるという熱いメッセージが込められています。

迷いを吹き飛ばしたいときにはぜひ熱唱を。

 

 

6位「山口百恵/プレイバックPartⅡ」

 

馬鹿にしないでよ そっちのせいよ

ちょっと待ってPlay back play back

今の言葉 Play back play back

すべての歌詞を見る

 

NHK紅白歌合戦紅組のトリを、史上最年少19歳で果たした『プレイバックPartⅡ』。

 

百恵さんならではの魅力の低音で意味深長なフレーズや曲全体のストーリーを見事に歌い切る才能は、驚くべきものがあります。

けだるい気持ちから解放されたいときには、力を込めて叫んでみてください。

 

 

5位「小泉今日子/学園天国」

 

勉強する気もしない気も

この時にかかっているんだよ

もし駄目ならこのぼくはもうグレちまうよ

すべての歌詞を見る

 

フィンガー5の曲を小泉今日子さんがカバーし、ドラマ『愛しあってるかい!』の主題歌にも採用された有名曲。

 

「Are you ready ?」と元気よく切り出し、「Hey Hey Hey Hey Hey」とテンション高く呼びかけて歌えば、カラオケでも盛り上がること間違いなしです。

 

 

4位「チェッカーズ/ギザギザハートの子守唄」

 

あーわかってくれとは言わないが

そんなに俺が悪いのか

ララバイララバイ おやすみよ

ギザギザハートの子守唄

すべての歌詞を見る

 

2枚目のシングル「涙のリクエスト」の大ヒットがきっかけで陽の目を見た「ギザギザハートの子守唄」

 

思春期最高潮の感じやすい盛り、苦悩のなかでなんとか生きていこうとする主人公に、ちょっと切なく悩ましげな姿を感じます。

 

また、フレーズが日本人好みの七五調になっていることも幅広い年代の方に愛される理由のひとつで、カラオケでも歌いやすいおすすめのナンバーです。

 

 

3位「中山美穂/世界中の誰よりきっと」

 

世界中の誰よりきっと 熱い夢見みてたから

目覚めてはじめて気づく つのる想いに

すべての歌詞を見る

 

あのWANDSを従え、別れても「この人が運命の人」だという、恋人たちの思いを込めたこの曲は、ダブルミリオンに迫る勢いでヒットしました。

 

『誰かが誰かを愛してる』の主題歌にも採用され、ちょっぴり大人の恋に挑戦したいと夢を見た人たちを、ジーンとさせました。

ぜひ世界で1番大切といえる存在を思い出しながら歌ってみてください。

 

 

2位「松田聖子/赤いスイートピー」

 

I will follow you あなたに ついてゆきたい

I will follow you ちょっぴり

気が弱いけど 素敵な人だから

心の岸辺に咲いた 赤い スイートピー

すべての歌詞を見る

 

松任谷由美さんが呉田軽穂さんの名前で作曲し、松田聖子さんに提供した楽曲。

 

作品そのものを評価してもらいたいという作曲者としての誇りが素晴らしいです。

純愛が彩られ、胸が締めつけられるような歌詞となっています。

 

「このままずっと永遠に結ばれ続けてほしい」「永遠の恋が叶いますように」そんな気持ちを持たずにはいられません。

 

 

1位「中森明菜/DESIRE-情熱-」

 

まっさかさまに堕ちてdesire

炎のように燃えてdesire

恋もdance,dance,dance,danceほど

夢中になれないなんてね淋しい

Get up,Get up,Get up,Get up Burning heart

すべての歌詞を見る

 

当初B面収録予定だったこの曲は、中森明菜さん自らの強い想いでA面に収められました

 

2年連続レコード大賞の受賞という、女性シンガーとしては史上初の快挙を達成。

着物をはじめとしたファッションやアクセサリー、ヘアスタイルなども話題になった曲です。

 

サビ部分をはじめとする印象的な振りつけも『DESIRE』の特徴を表わしています。

「淋しい」の歌詞の前に、お決まりの合いの手「ハァードッコイ!」が入ると、さらに一体感も増します。

 

 

ダンス・振付が印象的なアイドルソングランキングTOP10

 

ダンスや振付が印象的な曲は、いつ聴いても新鮮で元気をもらえます。

 

ここではダンスや振付が印象的な昭和アイドルソングTOP10を紹介します。

 

 

10位「ピンクレディー/サウスポー」

 

私ピンクのサウスポー

私ピンクのサウスポー

きりきり舞いよ きりきり舞いよ

魔球は 魔球は ハリケーン

すべての歌詞を見る

 

国民的アイドルといわれるほどの人気を博したピンクレディーの『サウスポー』は、ディレクターの作り直しリクエストから誕生しました。

 

王貞治さんを空振りの三振にした対決に感動して書かれたため、歌詞のところどころにそれを思い起こさせるフレーズも入っています。

 

ピンクレディーがサインにうなづいて、ボールを投げ込む振付は、この後どうなるのか!というようなドキドキ感を感じさせてくれます。

 

 

9位「シブがき隊/NAI・NAI 16」

 

NAI・NAI・NAI 恋じゃNAI

NAI・NAI・NAI 愛じゃNAI

NAI・NAI・NAI そこが危NAI

すべての歌詞を見る

 

ジャニーズの男性アイドルグループ『シブがき隊』のデビュー曲です。

 

当時メンバーが着ていたTシャツの胸に入っていた、『YMF』(Y:青色の薬丸裕英さん・M:赤色の本木雅弘さん・F黄色の布川敏和さん)のロゴが印象的です。

また発売された初回バージョンには、プレミアでカード(シリアルナンバー刻印)がつけられていました。

 

「NAI・NAI・NAI」と繰り出されるトリプルアクションは、一度聴いたら忘れないほど衝撃的かつ斬新です。

 

 

8位「荻野目洋子/ダンシング・ヒーロー」

 

今夜だけでも シンデレラ・ボーイ

Do you wanna dance tonight

ちょっときどった シンデレラ・ボーイ

Do you wanna dance tonight

すべての歌詞を見る

 

バラエティ番組やイベント会場でも広く用いられており、荻野目洋子さん最大のヒット曲です。

 

数々の賞を受賞し、また芸人の平野ノラさんの登場曲や、大阪府立登美丘高校ダンス部が『ダンシング・ヒーロー』で踊った『バブリー・ダンス』のYouTubeへの投稿でブームが再燃。

 

息の長いヒット曲となっており、歌い出し前のリズミカルなダンスをマスターして、ノリノリで歌いたい1曲です。

 

 

7位「工藤静香/MUGO・ん…色っぽい」

 

目と目で通じ合う かすかに、ん、 色っぽい

目と目で通じ合う そうゆう仲になりたいわ

すべての歌詞を見る

 

『MUGO・ん…色っぽい』で、NHK紅白歌合戦に初出場をはたした工藤静香さん。

カネボウ化粧品のプロモーションイメージソングにも採用されました。

 

当時の歌番組『ザ・ベストテン』に登場したとき、作詞を担当した中島みゆきさんに「個性が凄い」と言わせしめたエピソードも持っています。

大人の色気を感じさせる振付に注目です。

 

 

6位「キャンディーズ/年下の男の子」

 

ボタンの取れてるポケット 汚れて丸めたハンカチ

あいつはあいつは可愛い 年下の男の子

すべての歌詞を見る

 

『年下の男の子』でNHK紅白歌合戦に初出場をはたしたキャンディーズ。

 

デビュー曲以来、スーチャンこと田中好子さんがトリオのセンターでリードボーカルも務めていました。

 

年下の男の子に恋して可愛がっている様子が、見事に振付に表現されています。

 

 

5位「少年隊/仮面舞踏会」

 

いっそエク .スタ .シー

俺とエク .スタ .シー

つよく強く

すべての歌詞を見る

 

派手な衣装と甘いルックスで人気を博した少年隊の『仮面舞踏会』。

数々の新人賞を受賞した大ヒット曲です。

 

「エク.スタ.シー」の場面で座り込み、力を込めて歌いながら豊かな表現力で決める振付が衝撃を覚えます。

 

もともと歌い出しの前にセリフはなく、ニッキこと錦織一清さんの発案で、歌詞(Tonight ya ya・・・ tear)がプラスされました。

 

 

4位「Wink/淋しい熱帯魚」

 

Heart on wave Heart on wave

Heart on wave Heart on wave

あなたは来ない

私の思慕いを ジョークにしないで

すべての歌詞を見る

 

『淋しい熱帯魚』では、無表情の二人が繰り出す振付が印象的。

 

「大魔神ポーズ」と呼ばれ、「笑わず、しゃべらず」のWinkのイメージを定着させたこの曲は、オリジナル曲最大のヒットとなりました。

日本レコード大賞の受賞やNHK紅白歌合戦に初出場するなどの輝かしい実績も残しています。

 

ゆっくりと回転しながら、片手を持っているマイクの高さのあたりに上げ、正面や横を向いて無表情の顔をのぞかせる振付は、特徴的で印象に残ります。

 

 

3位「西城秀樹/YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」

 

すばらしい Y.M.C.A. Y.M.C.A.

ゆううつなど 吹き飛ばして 君も元気出せよ

すべての歌詞を見る

 

アメリカのヴィレッジ・ピープルさんの曲をカバーして大ヒットした『YOUNG MAN』。

 

「Y・M・C・A」の文字を歌いながら身体で表わし、一緒に踊って参加できる振付が大流行。

またこの『YOUNG MAN』ではファンクラブ会員を招待して、女性のコーラスや手拍子をレコーディングするという粋な企画も実践されました。

 

ヒデキさんのLP盤・CD音源・オリジナルレコードなど今では貴重な財産です。

 

 

2位「ピンクレディー/U.F.O.」

 

信じられない ことばかりあるの

もしかしたら もしかしたら そうなのかしら

それでもいいわ 近頃少し

地球の男に あきたところよ Ah

すべての歌詞を見る

 

日本レコード大賞やFNS歌謡祭の最優秀ヒット賞を受賞した『U.F.O.』は、ピンク・レディー最大のヒット曲です。

 

初期の衣装は、ブーツではなくハイヒールだったという逸話もあります。

「焼そばU.F.O.」をはじめとしたさまざまなCMに採用されています。

 

歌い出しの前から、胸の前で腕を組み、肘を左右交互に上下に動かす振り付けや曲調が、ワクワクさせる不思議な曲です。

 

 

1位「おニャン子クラブ/セーラー服を脱がさないで」

 

友達より早く エッチをしたいけど

キスから先に進めない 臆病すぎるの

週刊誌みたいな エッチをしたいけど

全てをあげてしまうのは もったいないから

…あげない

すべての歌詞を見る

 

人形のようにかわいらしい振付で、多くのメンバーが数か所に分かれて踊りながら歌うシーンが印象的な、おニャン子クラブのデビュー曲です。

 

東京都内で実施予定だった発売日前日のスペシャルイベント(お披露目&握手会)は、4000人程のファンが殺到。

トラブルを避けて急遽出演を中止したエピソードがあるほど人気を博したアイドルグループです。

 

 

【番外編】インパクト大!昭和アイドルのキャッチフレーズ

 

昭和アイドルが歌手デビューするとき、話題作りの戦略プロジェクトとして、ほとんどの場合キャッチフレーズがつけられていました。

 

ここではインパクトあるキャッチフレーズを持っている代表的な5人について解説します。

 

 

「みんなの恋人」小柳ルミ子

 

小柳ルミ子さんは、渡辺プロダクションに歌手志望を申し出た際、在籍していた宝塚音楽学校の主席卒業を条件とされました。

その約束を果たして18歳にデビュー。

 

日本レコード大賞最優秀新人賞の獲得やNHK紅白歌合戦に18年連続出場するなど、実力を十分発揮しました。

 

また大澄賢也さんとの結婚や、フジテレビ系列『2018 FIFA ワールドカップ ロシア』サポーターズを務めるなど、話題に事欠かきません。

 

 

「苗字がなくて名前がふたつ」ちあきなおみ

 

10代の頃は芸名を変えながら、全国各地を営業活動していたた苦労人のちあきなおみさん

21歳の時『雨に濡れた慕情』でデビューしました。

 

代表曲の『喝采』は日本レコード大賞を受賞、実力派の歌手として活躍しましたが、ご主人を亡くしてから芸能活動をすべて停止し、現在も姿を現わしていない状況が続いています。

 

 

「日本初、世界行」少年隊

 

錦織一清さん(ニッキ)・植草克秀さん(カッちゃん)・東山紀之さん(ヒガシ)の3人からなるジャニーズのアイドルグループ。

 

結成当時すでにバックダンサーとして歌番組やコンサートに出演しており、「ハワイ音楽祭」では金賞を受賞する偉業も成し遂げました。

 

『仮面舞踏会』でレコードデビューした彼らは、バク転・バク宙が出来る、歌って良し・踊って良しのバランスの取れたグループです。

 

 

「フェニックスから来た少女」浅香唯

 

浅香唯さんはもともと芸能界には興味がなく、グランプリ受賞者に贈られる赤いステレオが欲しくてオーディション応募しました。

そこで審査員の目にとまり、数々のスカウトを得て『夏少女』でデビュー。

 

『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』に、主役の3代目麻宮サキ役で出演を果たすことになります。

各メディアから「ポスト松田聖子」「アイドル四天王」といわれ、アイドル街道を走ってきた彼女は、現在も歌にドラマにと意欲的に活躍しています。

 

 

「ワイルドな17歳」西城秀樹

 

芸能界入りを反対されながらも上京した西城秀樹さん。

当時はマネージャーと二人で、3畳にも満たない部屋に住んでおり、『恋する季節』でデビューを飾りました。

 

日本レコード大賞歌唱賞を受賞した彼の絶唱型の歌唱スタイルは、今でも記憶に新しいですね。

その後、ドラマや映画など俳優としても活躍を重ね、コンサートは野球場や日本武道館でも開催するなど活躍の幅を広げました。

 

日本の音楽史でもある歌謡曲に、洋楽的・ロック的な方向性を取り入れ、J-POPの原型を作った功績があります

 

 

レトロな魅力あふれる昭和アイドルソングを楽しもう!

 

懐かしさや新鮮さなど、さまざまな魅力が溢れる昭和アイドル

 

レトロな種類・ジャンルでありながら、思わず口ずさみ、カラオケでノリノリに歌いたい!と思わせる魅力あふれる『昭和アイドルソング』には、新たな発見もあるはずです。

 

またかつては距離を感じたアイドルたちも、今はトークイベントやベストライブ、ゲストでの出演など、身近で親しみやすくなった人もいます。

 

ぜひ昭和アイドルの楽曲をカラオケで楽しんでくださいね!

 

 

まとめ

  • 昭和にもステキなアイドルがたくさん!お気に入りをチェックしよう
  • 昭和アイドルの楽曲はカラオケで盛り上がるのにもってこいの名曲ぞろい
  • 昭和アイドルの現在も追いながら、その歴史を楽しもう

 

\ SNSでシェアしよう! /

歌詞検索UtaTen(うたてん)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

歌詞検索UtaTen(うたてん)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

WRITER紹介 WRITER一覧

UtaTen編集部

UtaTen編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【音痴を直す方法】今すぐできる改善法とは?正しい音程で歌上手へ!

  • 【カゲプロ】歌詞に注目!絶対に聴いておきたいおすすめ曲ランキング

  • ラップを上手く歌うコツとは?女でもカッコよく歌える練習方法を公開

  • マイクチェックの方法は?実は「チェックワンツー」には意味がある!

関連記事

  • 【初心者でも簡単】カラオケで歌いやすい洋楽を歌詞付きで厳選紹介!

  • 【必見】カラオケ本人映像を楽しむならLIVE DAMがおすすめ!

  • カラオケを英語にすると?洋楽でも簡単に歌えるコツや人気の曲を紹介

  • 【カラオケデート】成功のコツは?距離が縮まる選曲を男女別に紹介!

  • カラオケ嫌いでも楽しむ克服方法!苦手な人でも歌いやすいおすすめの曲

  • 【無料カラオケ】自宅のPCで歌練習!採点できるサイトも紹介!