防音マイクのおすすめ5選!自作する方法やメリット・デメリットを紹介

防音マイク

歌うのが好きだけど、自宅だと家族や近所迷惑などが心配で大きな声が出せないという人は多いのではないでしょうか。

音楽スタジオやカラオケを利用すれば大きな声で歌えますが、自宅でも気軽に大きな声が出せれば嬉しいですよね。

自宅で大きな声を出したい・歌を歌いたいという人は防音マイクを使ってみましょう。

UtaTen編集部
この記事では、防音マイクのおすすめ5選や自作する方法、メリット・デメリットを紹介します。

防音マイクとは

防音マイクとは防音機能がついているマイクのことです。

口元にカップのようなものが付いており、吸音できる仕組みになっているため、自宅で大きな声を出しても周りに聞こえる心配がありません

最近はヘッドホンと連動して使えて曲を流しながら歌ったり、自分の歌声を確認できる商品も登場しています。

まるでカラオケに行ったときのように、自宅で歌を楽しめるマイクです。

歌ってみた マイク歌ってみたのおすすめマイク12選!初心者が合わせて揃えたいアイテムをまるごと紹介

防音マイクのメリット・デメリット

防音 マイク

家で気兼ねなく歌いたいなら「すぐにでも防音マイクを使ってみたい!」という人も多いでしょう。

しかし、多機能で使いやすい防音マイクには聴こえ方に違和感があったり、歌った感覚が通常のマイクとは異なることもあります。

使うときは良い面と悪い面を両方頭に入れておくことが大切ですよ。

ここからは、防音マイクを使うメリットとデメリットを見ていきましょう。

カラオケ 楽器 練習カラオケで楽器を練習しても大丈夫?練習場所に困っている人向けに10店舗紹介

デメリット

正しい発声ができない

防音マイクを使っていると正しい発声ができません。

防音マイクは口元にカップ部分をしっかりくっつけて歌う必要があり、正しいフォームで歌うのが難しくなります。

また、カップ部分にも声が響いてしまうため、普通のダイナミックスマイクで歌うよりも自分の声が響いて聴こえます

歌が上手くなったように錯覚してしまうので、勘違いしないように気を付けましょう

 

お金がかかる

防音マイクを入手するにはお金がかかるというデメリットも。

せっかく購入するならなるべく多機能なものを使いたいという人も多いかもしれません。

防音マイクは安いもので1000円代、良いものだと10000円近くしてしまいます。

歌う頻度によってはカラオケを利用した方が安上がりかもしれないので、購入する前に自分がどれくらい歌を歌うのかを考えてから購入するのがおすすめです。

 

メリット

家で大きな声で歌える

防音マイクを使う最大のメリットは自宅で大きな声を出せることです。

なかなか出かけられない人や家族・隣人が気になって大きな声が出せないという人には特におすすめ。

アプリと連動して色々な曲を流せる防音マイクを使えば、まるでお店に行ったときと同じようにお家カラオケを楽しむことができますよ。

 

ボイトレができる

自宅でボイトレができるのもメリットです。

ボイトレをするには防音設備の整った環境で行う必要がありますが、カラオケ店に行っても曲を歌うわけでもないからお金が勿体ないと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんなときは防音マイクを利用して自宅でボイトレをしましょう。

自宅ならお金や時間を気にせず、声を出すことができ、YouTubeなどの動画で発声方法を確認しながら練習することもできますよ。

 

ストレス発散ができる

防音マイクはストレス発散にも役立ちます。

大きな声を出すだけで心がスカッとすることもありますよね。

大声を出すだけなら色々な機能は必要ないので、比較的安い価格のもので十分です。

防音マイクは全く音漏れがないわけではありませんが、かなり大きな声を出しても通常の話し声くらいに音量を抑えられるので、思う存分大声を出してストレスを発散しましょう。

 

防音マイクを自作する方法

防音マイクは欲しいけど、お金がかかるし買うか悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。

そんなときは、自分で防音マイクを作ってみるのもおすすめです。

100円ショップなどで売っているメガホンにクッションマットやスポンジ、反発ラグマットやカーペットの切れ端などを巻きつけるだけで簡単に作ることができます。

商品として販売しているような高度な機能を付けることはできませんが、大きな声を防音するだけなら自作の防音マイクでも十分に使用可能です。

様々なサイトに詳しい作り方が紹介されているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ウタエットUTAET(ウタエット)の効果や口コミを紹介!どこでもボイトレができる便利グッズ

防音マイクのおすすめ5選

防音 マイク

いざ防音マイクを購入しようと思っても商品が多くて、何を買ったら良いかわからないという人もいるのではないでしょうか。

防音マイクを買うときは、まず自分がどんな目的でマイクを使いたいのかを考えるようにしましょう。

防音マイクには単純に大きな声を防音するだけでなく、カラオケ練習に特化したものやスカイプゲームなどに向いているものなど様々なタイプがあります。

早速、防音マイクのおすすめ5選をチェックしていきましょう。

 

一人deカラオケDX

カラオケ練習がしたい人におすすめしたいのが「一人deカラオケDX 」です。

この商品はマイクだけでなく、オーディオインターフェイスがセットになっているのが嬉しいポイント

オーディオインターフェイスにパソコンやスマホを接続すれば、イヤホンからBGMと自分の歌声をミックスした音源を流すことができます。

歌声にはエコーなどの効果を付けることもでき、音質もそこそこ良いので、カラオケさながらの迫力で歌唱を楽しめますよ。

1人deカラオケDX 防音マイク

1人deカラオケDX 防音マイク

5,800円(05/25 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

UTAET(ウタエット)

ボイトレをしたい場合は「UTAET(ウタエット)」を購入しましょう。

口元に装着するメガホンのような本体とイヤホンだけのセットで、音楽を流すなど高度な機能はなく、防音に特化した商品

カラオケ練習には物足りないかもしれませんが、ボイトレや発声練習などシンプルに防音だけがしたい人にはおすすめです。

また、この商品にはブレスリミッター 機能、エクササイズ機能なども付いているため、腹式呼吸のトレーニングにもおすすめですよ。

 

BELTBOX ポータブルボーカルダンパー

「BELTBOX ポータブルボーカルダンパー」発声練習に特化した商品です。

メガホンのような形ではなく、口元を覆うカバーのような本体の形が特徴。

高度な機能はなく防音に特化した商品で、最大30dbまで消音できるため、大きな声を出しても話し声レベルに抑えることが可能です。

また、商品は付属の袋などもセットになっており、比較的小さい商品なので持ち運びにも便利。

カラオケやライブ前の発声などのウォームアップでの使用にも適しています。

BELTBOX ポータブルボーカルダンパー

BELTBOX ポータブルボーカルダンパー

7,600円(05/25 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

うるさくないカラOK!ミュートマイクUSB

カラオケ練習に特化した商品には「うるさくないカラOK!ミュートマイクUSB」もあります。

スマホやPC対応なだけでなくWiiやPS3/PS4などのゲーム機にも対応しており、様々なカラオケアプリやソフトと連携できるのも嬉しいポイント

ただし、イヤホンは別売なので購入時は注意しましょう。

 

ウタオー スピーカー

本格的に自宅でカラオケを楽しみたい人「ウタオー スピーカー」を購入しましょう。

スピーカーとマイクがセットになっており、自宅でカラオケを楽しむことを目的にした商品です。

オプションで防音マイクを選ぶことができ、防音しながら歌うこともできるようになっています。

スマホ、パソコン、USBやSDカードなど様々な媒体から楽曲を流すことが可能です。

また、スピーカーは気軽に持ち運べるサイズなので、友達の家や屋外などでもカラオケを楽しむことができますよ。

 

防音マイクは自作できる!おすすめ商品を使えば自宅でカラオケが楽しめる

周りの迷惑を気にせず、自宅で大きな声を出したい、カラオケの練習をしたいという人には防音マイクがおすすめです。

防音マイクは消音に特化したマイクで、大きな声で歌っても話し声程度に声を抑えることができます。

最近は楽曲を一緒に流しながら歌えるカラオケ練習に特化した商品などもあるので、色々な商品をチェックしてみてくださいね。

ただし、防音マイクは高価な商品なので、価格が気になって購入できないという場合は自作するのもおすすめです。

 

この記事のまとめ!

  • 防音マイクは防音機能が付いているマイク
  • 防音マイクを使うと自宅でも周囲を気にせず大きな声が出せる一方、価格が高いのがデメリット
  • 価格が気になる場合は自作するのがおすすめ
  • カラオケに特化したものやボイトレに特化したものなど様々な防音マイクがあるのでおすすめ商品をチェックしてみよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です