1. 歌詞検索「UtaTen」
  2. カラオケ・歌うま「KaraTen」
  3. 音痴
  4. 声が小さい人の悩み解消!心理や特徴・原因・改善方法まで徹底解説

声が小さい人の悩み解消!心理や特徴・原因・改善方法まで徹底解説

音痴 UtaTen編集部   2,633 Views

 

「声が小さくてよく聞き返される……」と悩んだことはありますか?

 

人は一般的に緊張したり自信がないと声が小さくなりがちです。

また、人と話すときも声が小さいと自分の意見をきちんと聞いてもらいづらいですよね。

 

そんな声の小さい人の悩みを解消するため、心理的な特徴原因を解説します。

また、原因に合わせて改善方法を紹介していきます。

 

声が小さいと損?もたらす影響とは

 

普段の会話のなかでも、「声が小さい人」はいます。

話すだけなら気にならないかもしれないですが、声が小さいときには損をすることがあります。

 

まずは声が小さいことでもたらされる影響、メリット・デメリットを紹介します。

 

デメリット

 

声が小さい人のデメリットは、声が大きい人のメリットの真逆になります。

 

具体的には、声が小さいだけで暗くユーモアがなさそうに見られてしまったり、声が大きい人のほうの意見が優先されやすいために面接や仕事の面で評価されづらくなってしまう傾向があります。

つまり全体的に消極的でマイナスな評価を受けやすくなってしまのです。

 

「声が小さい」というだけで、人に与える印象は本質とは大きく異なってしまう場合があります。

そのため声が小さいことはデメリットになりかねません。

 

メリット

 

声の小さい人はデメリットが多く見られがちですが、実はメリットもあります。

 

声の小さい人は基本的に寡黙だと思われがちです。

しかし、必要なところできちんと意思表示ができたり、仕事で優れた能力を発揮できれば、かえって「どっしりと構えた人」に見えます。

 

また、声の小さい人は自分が言葉を発さない分、周りの声がよく聞こえます。

そのため声が大きい人に比べて、人のサポート役に向いている傾向にあります。

 

声の大きくリーダーシップを取れる人も集団には必要ですが、そういった人ばかりでは話し合いなどは円滑に進みません。

そこで、周囲に気遣いができる人が必要になりますよね。

 

声の小さい人は積極的に人のサポートに回ると、優れた「気づく力」が発揮されるかもしれません。

 

声が小さい人の特徴

 

声が小さい人の中には、さまざまな苦労をしてきた方もいると思います。

しかし「声が小さい」という特徴も、上手に使えば学校や社会で評価を得ることができます。

そんな声の小さい人の特徴を紹介します。

 

  • 引っ込み思案で言いたいことが言えない
  • 人見知りで初めて会う人に気を使いがち
  • 大人しい性格で口数が少ない
  • あがり症で人前で話すのが苦手
  • 対人恐怖症で人と対面するのが苦手
  • 家族も声が小さく、大きな声を出し慣れていない

 

主に人間関係でのマイナス面を挙げましたが、声が小さい人には気遣いができたり、物腰が柔らかいという特徴もあります。

 

声が小さいと言われる3つの原因

 

声が小さいと思われてしまうのには、どんな理由があるのでしょうか?

 

小さい声であっても、そう思われない人もいれば、普通の声量でも声が小さいと思われてしまう人もいます。

そこで声が小さいといわれる3つの原因を紹介します。

 

身体的要因

 

声が小さくなる原因の1つ目が、「身体的要因」です。

 

体の状態の影響で、声が自然と小さくなってしまうということです。

具体的な原因を5つ紹介します。

 

1つ目は姿勢が悪いことです。

姿勢が悪いと、自然と声の通りを狭くしてしまうので、大きい声が出づらくなります。

できるだけ体を真っ直ぐにして顎を引き、喉の通りをよくしましょう。

 

2つ目は口の開きが小さいことです。

口の開きが狭いと声の出る範囲が狭くなります。

普段あまり大きく口を開かない人は、開き具合を変えて会話をしてみましょう。

 

3つ目は声帯の閉鎖力が弱いことです。

通りやすい声というのは、声帯が閉じている状態で出る声です。

しかし、呼吸をするだけのときには、声帯は開いた状態です。

口の開きが小さかったりすると、声帯が十分に閉じきらず、大きな声が出しづらくなります。

 

4つ目は十分な空気が出ていないことです。

人の声は空気を吐き出すのと共に発生されます。

そのため十分に空気が吐き出されないと、自然と声も小さくなってしまいます。

 

5つ目は声を出すための「舌力」が弱いことです。

声量や声の高さを調整するためには、舌の使い方が重要です。

しかし、そのためには舌の筋肉「舌力」が必要になります。

慢性的に口が少し開いてしまっているなど、舌と上あごが離れている「低位舌」だと、舌をコントロールすることができません。

 

精神的要因

 

声が小さくなる原因の2つ目が、「精神的要因」です。

 

体の状態には問題がないのですが、精神的な要因で大きな声が出せないことがあります。

具体的な原因を4つ紹介します。

 

1つ目は喋るのが面倒臭いということです。

人とあまり関わりたくない、また人付き合いが苦手だと自然と声を出す機会が少なくなり、ますます声が小さくなってしまいます。

 

2つ目は緊張です。

初対面の人と接したり、人前で話すのは緊張しますよね。

その緊張が人よりも強いと、体がこわばり声が小さくなってしまいます。

 

3つ目は自信がないことです。

自分の発言に自信がなかったり、自分に発言力がないと思うと、声は小さくなっていきます。

人に発言を求められたときに、「間違っていたらどうしよう」という不安な心理が、声を小さくしてしまいます。

それが過ぎると、発言しないという手段を選ぶことも。

 

4つ目は相手の反応を気にしすぎてしまうことです。

会話の相手が目上の人だったり異性だと、どうしても相手の反応が気になってしまいますよね。

しかし、気にしすぎてしまうと会話が弾みづらく、かえってスムーズな会話が難しくなります。

 

環境的要因

 

身体的・精神的要因以外にも、「環境的要因」で声が小さくなることもあります。

その原因は恐怖心です。

 

自分の話に対して酷く否定されたり怒られる経験をすると声が小さくなります。

これは、自分が話すことによって相手を不快にさせてしまったというトラウマとなり、声を大きく出せなくなってしまったパターンです。

 

もし、今の環境においてあまりにも理不尽な対応をされているのであれば、まず職場や学校など環境を変える必要があります。

 

声量UP!今すぐできる5つの改善方法

 

声が小さい人でも、トレーニングすることで声量をアップできます。

今回は自宅でも簡単にできる5つの改善方法を紹介します。

 

腹式呼吸を身につける

 

腹式呼吸とは、胸や肺ではなくお腹を膨らませるようにして息を吸う呼吸法です。

 

声量が小さい原因には、吐き出す空気の量が少ない場合があります。

そのときはお腹に空気を吸って吐く腹式呼吸を意識するのがおすすめです。

 

腹式呼吸は歌を歌うときによく使われる呼吸法で、声を安定させて声量をアップする効果があります。

 

「伝えたい」という気持ちを持つ

 

声が小さい人には、「うまく話さなきゃいけない」という強迫観念があります。

 

まずはその意識を一度捨てて、相手に「伝える」という意識に変えてみましょう。

そうすることで話し方などに気をつかいすぎず、楽に話すことができます。

 

ポジティブ思考を増やす

 

声が小さい原因のひとつに、ネガティブな思考があります。

 

緊張していたり自信がなかったりすると、自然と言葉を素直に伝えるのが難しくなります。

まずは、少しずつ物事をポジティブに考えるのがおすすめです。

 

前向きな考え方に変えることで、相手の反応を気にせず話せるようになります。

毎日コツコツポジティブ思考を積み重ねて、自分に自信をつけていきましょう。

 

姿勢を見直す

 

人の声は声帯を通って口から発せられます。

そのときに姿勢が悪いと喉の通りが悪く、自然と声が小さくなってしまいます。

 

そこで猫背の人などは、姿勢を見直してみましょう

真っ直ぐ立つことで声の通りがよくなり、大きな声を出す準備が整います。

 

発声練習する

 

小さな声の人は、基本的に大きな声を出し慣れていません。

そのため大きな声を出す練習をしてみましょう。

 

ボイストレーニング発声練習を繰り返すことで、大きな声を出し慣れます。

また、カラオケなどを利用すると気兼ねなく練習ができそうですね。

 

声が小さくても大丈夫!カラオケで歌いやすい曲3選

 

声が小さいとカラオケなどでも苦労しますよね。

 

大きい声の方が基本的に歌声が安定するので、小さい声だと歌が上手に聞こえづらくなります。

ですが、楽曲によっては声が小さい方が上手く聞こえる場合もあります。

 

今回は声が小さくても歌いやすい歌を3つ紹介します。

 

「奏 / スキマスイッチ」

 

改札の前 つなぐ手と手 いつものざわめき、新しい風

明るく見送るはずだったのに うまく笑えず 君を見ていた

君が大人になってくその季節が 悲しい歌で溢れないようにすべての歌詞を見る

 

バラード曲のなかでも人気のスキマスイッチ「奏」

こちらは曲調に合わせて、しっとりとした歌声で歌うと上手に聞こえます。

 

しっとりした歌声を出すには、大きな声量は必要ありません。

むしろ少し小さい声で歌った方が、曲にあった雰囲気になります。

 

「LOVEずっきゅん / 相対性理論」

 

ここ ここ ここはどこ 宇宙 わたし中央線乗り越して気づいた

明日は始業式 にく にく 憎らしいあいつのタイムマシンは

時空間ひとっとびに きのうへ消えてゆくすべての歌詞を見る

 

特徴的な声で人気の相対性理論「LOVEずっきゅん」

 

ボーカルの女性の声が特徴的で、声を力強く張ることがありません。

そのためこちらの曲も大きな声を出す必要がなく、楽に歌えます。

 

「少年時代 / 井上陽水」

 

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう

青空に残された 私の心は夏模様すべての歌詞を見る

 

長年愛されている名曲、井上陽水「少年時代」

 

こちらの曲もしっとりとした哀愁のある歌声が特徴ですよね。

そのため声が小さくても非常に歌いやすく、またかえって上手に聞こえる曲の1つです。

 

日々の心がけで確実に自信はついてくる!目指せ声量UP

 

声が小さい人には、身体的・精神的・環境的な要因があります。

 

それぞれを取り除くことで、自分に自信のある大きな声を出せるようになる可能性があります。

トレーニング方法も比較的に簡単なものが多く、手軽に対策法を実践できます

 

また、1人で練習するのもいいですが、ときには友達などに協力してもらうのもいいでしょう。

その際には表情などもつけられるといいですね。

 

ただ、声量や話し方には、滑舌の悪さや耳に問題がある場合もあります。

そういった心配があるときには、適切な医療機関を受診してみるのも手です。

 

声量アップで自分の気持ちを的確に伝え、自分に自信をつけましょう。

 

 

まとめ

  • 声が小さいと消極的に見られる
  • 声が小さいのには身体・精神・環境の要因がある
  • 声量は自宅でのトレーニングでアップできる

 

\ SNSでシェアしよう! /

歌詞検索UtaTen(うたてん)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

歌詞検索UtaTen(うたてん)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

WRITER紹介 WRITER一覧

UtaTen編集部

UtaTen編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 号泣注意【ボカロバラード】切なくて泣けるおすすめ人気曲ランキング

  • 【雨の日ソング特集】しんみり聴きたいおすすめの雨の歌と歌詞を紹介

  • 【友達の歌】歌詞に感動!感謝を伝えるおすすめ友情ソングランキング

  • 【暗い曲】落ち込んだときに聴きたい!邦楽・洋楽のおすすめ名曲を紹介

関連記事

  • 音痴の原因はなに?正しい音程の取り方とカラオケで上手く歌う練習法

  • 【カラオケで歌が上手くなる方法】音痴を改善!驚きの練習方法とコツ

  • 音痴を改善!正確な音程の取り方やコツ・おすすめ練習アプリを紹介!

  • リズム感テストに挑戦!ビート感覚を鍛える[超簡単]トレーニング

  • 高音域の声が出る?見放されるほど音痴な男性でも歌が上手くなる方法