1. 歌詞検索「UtaTen」
  2. カラオケ・歌うま「KaraTen」
  3. 名曲・人気曲
  4. 【最新】耳に残るあの曲は何位?話題のCMソングランキング2017

【最新】耳に残るあの曲は何位?話題のCMソングランキング2017

名曲・人気曲 UtaTen編集部   20,541 Views

ラジオやテレビ番組の合間に放送されるCM。

一緒に流れるCMソングには、その年を象徴するアーティストや楽曲が起用されている例が少なくありません。

 

今回は2017年に放送され、多くの人の耳に残った話題のCMソングをご紹介していきます。

CMソングとともに、2017年を振り返ってみましょう。

 

CMソングとは?

CMとは、英語でcommercial messageといいます。

コマーシャル(大衆)に向けたメッセージという意味で、特定の会社や商品、キャッチフレーズなどを宣伝します。

 

ラジオやテレビで毎日使われるCM。

そのBGMとして使われるのが、CMソングです。

特徴的で耳に残るメロディを流すことで、私たち消費者の興味を引き、記憶に残るように工夫されています。

 

世界で初めてCMソングが放送されたのは、1922年アメリカでのラジオ放送が開始された直後です。

ラジオCMの誕生直後には、すでにCMソングが利用されていたことになります。

 

CMソングの歴史

日本でのはじめてCMソングが流れたのは、コニカの前身である小西六から発売された“さくらフィルム”のCM『僕はアマチュアカメラマン』という楽曲がラジオで放送された1951年9月7日とされています。

その日を「CMソングの日」とする説があるほどです。

 

国内での民間ラジオ放送は同年9月1日にはじまり、ラジオが始まって早々にCMソングが使われていたことになります。

古くから音楽の持つ力はよく知られていて、当時の企業も盛んにCMソングをつくっていたようです。

 

1960年代に入るとテレビが一般家庭に普及しはじめ、テレビCMにおけるCMバージョンは多様化してきます。

広告主の商品(スポンサープロダクト)の名称や企業名を連呼するタイプの宣伝曲から、「あなた」「きみ」と個人に訴えるメッセージ性の強いCMソングまで実にユニークです。

 

当時の流行歌をアレンジした楽曲や、CMのためにアーティストが楽曲を制作するCMタイアップ曲、企業が独自に制作したオリジナルCM音楽が注目を集め、近年では洋楽をカバーしたCMソングも数を増やしています。

 

「CMヒッツ」「CMベスト」と冠したオムニバスCDが、ひとつのアルバムとして認知されるようにもなりました。

 

聴き馴染みのあるCMソングたち

古くからあるCMソングのなかには、老若男女だれでも聞いたことのあるような楽曲も多くあります。

いくつか例をあげてみましょう。

  • チョコレートは明治(明治チョコレートCMソング)
  • この木 なんの木 気になる木(日立企業CMソング)
  • この街に この家に 心は帰る 家に帰れば 積水ハウス(積水ハウス企業CMソング)
  • たのしいなかまがポポポポーン(AC「挨拶の励行」CMソング)
  • ぐっとかみしめてごらん……(パルナス製菓CMソング)

ほかにもたくさん存在する長寿CMソング。

特に企業・商品を代表するようなテレビCM曲では、メロディをそのままに歌詞をリニューアルしたり、別のアーティストによるカバーソングを用いることもあります。

 

記憶に残っているCMソングを調べてみると、いまとは違った歌詞になっていたり、当時の著名な歌手が歌っていて雰囲気が全然違っていたりと、意外な発見があるかもしれません。

 

CMソングランキング2017 TOP10

それでは続いて、2017年に話題となったCMソングを紹介していきます。

 

どれも一度は耳にしたことがあるメロディのはず。CMソングを通じて2017年を振り返ってみましょう。

 

欅坂46「overture」 バイトル CMソング

2017年求人情報サイト「バイトル」の新たなイメージキャラクターとして欅坂46を起用。

メンバーが登場するCMの放送が開始され、CMソングには「Overture」が使用されています。

 

「Overture」は、欅坂46のライブでもおなじみの楽曲です。

幻想的な光の演出と、完成度の高いダンスが話題になっています。

 

同CMには「登場篇」・「ダンス篇」の2種類があり、どちらも渋谷ヒカリエでおこなわれていた音楽フェス「チームラボジャングル」で撮影されたものです。

SHISHAMO「明日も」 NTTドコモ CMソング

NTTドコモ「ドコモの学割」のテレビCMで起用されたのは、女性三人組ユニットSHISHAMOです。

 

「明日も」は、アルバム「SHISHAMO 4」に収録されている応援ソング。

学生から社会人まで、悩みや葛藤を抱えながら日々奮闘する人々を勇気づけるような楽曲になっています。

 

PVは等々力陸上競技場で撮影されたものです。

れはボーカルの宮崎さんが、「川崎フロンターレ」のサポーターの応援に心を打たれたことがきっかけで楽曲が生まれたことに由来しています。

 

月火水木金 働いた

まだ分からないことだらけだから

不安が僕を占めてしまう

時々ダメになってしまう”

 

中島美嘉×Salyu「Happy Life」 東京メトロ CMソング

イメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、東京の魅力を伝える東京メトロのCM「Find my Tokyo.」シリーズで起用されたのは、「Happy Life」を歌う中島美嘉×Salyuの二人です。

 

CMには中島美嘉さん本人のほか、猫ひろしさんが声を演じる猫も登場しています。

内容は主人公の石原さとみさんが、浦安の魅力を伝える物語となっています。

 

ハッピーは自分の心が決めるから

ハッピーは気まぐれに訪れてくる

でも

ハッピーは隣のあなたの笑顔でも

ハッピーは作れるものと知っている

 

aiko(歌:上白石萌歌)「カブトムシ」 午後の紅茶 CMソング

キリン「午後の紅茶」のCMソングは、シンガー・ソングライターaikoの人気曲「カブトムシ」をカバーする女優・上白石萌音の透き通った歌声が印象的です。

 

南阿蘇村白河水源を舞台に10代の淡い恋の模様を描くCMで、上白石萌音の爽やかな声が記憶に残ります。

 

本人への取材では「生涯忘れることはないでしょう」と、歌詞の一部にもあるフレーズで喜びを表現しています。

 

悩んでい体が熱くて指先は凍える程冷たい

「どうした早く言ってしまえ」そう言われてもあたしは弱い

あなたが死んでしまって あたしもどんどん年老いて

想像つかないくらいよ そう 今が何より大切で

 

星野源「肌」 ビオレU CMソング

星野源の「肌」は、花王・ビオレUの新CMソングとして使用されました。

10thシングル「Family Song」にも収録されているこの楽曲は、CMで流れるシーンを意識して制作されたテレビCMタイアップ曲。

 

そのため特にサビの部分はキャッチーで中毒性の高いメロディとなっており、多くの人の耳に残ります。

 

CM自体は家族がみんなでお風呂に入るアットホームな様子を描いていますが、楽曲はむしろ大人な雰囲気あふれるムーディな曲です。

フルバージョンを聞いてみると、CMソングとはまた違った印象を受けます。

 

外へ飛び出す時

日差しを浴びた君から

声が聞こえて

どんな 近づいても

 

椎名林檎 & トータス松本「目抜き通り」 GINZA SIX CMソング

2017年4月20日にオープンした「GINZA SIX」のPR動画では、椎名林檎とウルフルズ・トータス松本とのデュエット曲「目抜き通り」が使用されています。

 

二人の美しい歌声がミュージカル映画のような雰囲気をかもしだすCMです。

 

この楽曲は、CM用に特別に書き下ろしたTVCMタイアップ曲で、ファンからは「夢のコラボ!」とたくさんの声が寄せられています。

 

誰も知らない わたしが何なのか

当てにならない 肩書きも苗字も

今日までどこをどう歩いて来たか

わかっちゃあいない 誰でもない

 

宇多田ヒカル「大空で抱きしめて」 サントリー天然水 CMソング

サントリー天然水のCMは、宇多田ヒカルさんが手がける「大空を抱きしめて」を起用し、本人が出演していることで話題を呼びました。

 

CMの世界観をもとにつくられた楽曲で、大自然を表現するようなフレーズが多く使用されています。

 

まるでホームビデオのようなプライベート感あふれるCM映像が特徴的で、容姿端麗な宇多田ヒカルの魅力を最大限に活かしたCMです。

 

晴れた日曜日の改札口は

誰かを待つ人たちで色づき始め

今日はどこか遠くへ行きたい気分

空の見える場所へ

竹原ピストル「よー、そこの若いの」 1UP CMソング

住友生命 CM「仕事で1UP」はいくつかのバリエーションがあるCMですが、いずれにも竹原ピストルの「よー、そこの若いの」が使われています。

 

一見まじめで情熱的なシーンが切り取られているような印象を受けますが、よく見てみるとそのシュールさについ笑ってしまう動画です。

 

楽しい雰囲気にマッチする、勇気をもらえるようなCMソングは聴きごたえ十分。

尚、CM内には俳優の瑛太や吉田羊をはじめ、さまざまな著名人が起用されています。

 

とかく忘れてしまいがちだけど

とかく錯覚してしまいがちだけど

例えば桜やらひまわりやら

特別あからさまなだけで

 

木村カエラ「HOLIDAYS」 JRA CMソング

競馬のJRAによる「第84回 日本ダービー」のCMでは、木村カエラの「HOLIDAYS」がアカペラで使用されています。

木村カエラのほか、土屋 太鳳、松坂 桃李など多くの著名人が登場するCMです。

 

CM中盤からやっと「LA TA TA!」と始まる「HOLIDAYS」は、実はしんみりとした曲ではなく明るく元気な楽曲になっています。

 

こちらもフルバージョンの曲を聴くと、まったく違った印象を受けることでしょう。

 

ジリリ目覚まし時計 たまには君もおやすみ

シーツにくるまりながら あの子に電話 ピポパポッ

あのね 話したい 聞きたいことも 膨大

とことん頑張りました。息抜きだって 必要

 

キリンジ「エイリアンズ」 LINEモバイル CMソング

2017年には急速にシェアを伸ばしたLINEモバイルのCMでは、キリンジによる「エイリアンズ」が起用されています。

登場するのは女優・のん(能年玲奈)。

 

革新的な料金プランと、人と人との輪をつなげる「愛と革新」がテーマのCMとなっています。

「エイリアンズ」は2000年にリリースされた曲で、数多くのアーティストがカバーする有名曲です。

 

キリンジは、今回のCMソングで多くの視聴者の心を掴み再び注目を集めています。

 

遥か空にボーイング 音もなく

公団の屋根の上 どこへ行く

誰かの不機嫌も 寝静まる夜さ

バイパスの澄んだ空気と僕の町

 

【番外編】洋楽CMソングランキング2017 TOP3

前項までは邦楽アーティストによるCMソングをご紹介してきましたが、洋楽を起用したCMソングも数多く放送されています。

 

たとえばランドリンCMタイアップ曲は、ケイティ・ペリーによる最新曲“Act My Age”です。

この曲も2017年のCMソングとして洋楽を使用している代表的な例でしょう。

 

ここでは番外編として、耳に残る洋楽CMソングを3つご紹介します。

 

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)「What Do You Mean?」 SoftBank CMソング

ソフトバンクの新たなイメージキャラクターとして起用されたのは、世界的に人気を集めるJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)です。

学生向け料金プラン「SUPER STUDENT」の広告として、女優の広瀬すずや歌手の大原櫻子が登場しています。

 

使用されたのは2015年リリースの「What Do You Mean?」。

同CM学校篇では、Justin Bieber本人が登場し、さらにアコースティックバージョンの楽曲も使用されました。

ネット上では「やっぱりかっこいい!」「神曲!」というファンの感想やレビューコメントで話題沸騰。

さまざまな視点から注目を集めたCMです。

 

what do you mean?

ohhh-woah

when you nod your head yes

But you wanna say no

what do you mean?

 

Queen(クイーン)「Flash」 TOYOTA CMソング

TOYOTA夏の新CMで使われたのは、1973年にデビューしたイギリスのロックバンド“Queen”の楽曲「Flash」です。

「大人になったあなたへ」というメッセージ性の強いCMを彩るこの名曲は、1980年にリリースされています。

 

Queenの楽曲は、TOYOTA以外にも「SUZUKI」「HONDA」など大手自動車メーカーにCM起用されており、いまでも根強いファンがいることで有名です。

聴き心地のいい良質なメロディが、Queenファンのみならず若い世代にも浸透していて、どこか「懐かしい」と感じさせます。

 

Flash a-ah

Saviour of the Universe

Flash

He save everyone of us

 

Austin Mahone(オースティン・マホーン)「Dirty Work」 NTT DoCoMo CMソング

芸人のブルゾンちえみ、俳優の綾野剛が出演するドコモのCMでは、オースティン・マホーンによる「ダーティ・ワーク」が流れています。

 

出版社に勤める記者を中心に展開されるストーリーは、ブルゾンちえみが出演していることもあり、どこかシュールで笑ってしまう構成が特徴的です。

 

「ダーティ・ワーク」のオフィシャルPVは、海外のオフィスを舞台にする動画ですが、このCMでは本家の世界観をオマージュしたような作品になっています。

 

Rolling my sleeves up to here

To make you smile ear to ear

Girl I been hitting that,hitting that graveyard shift

 

「名曲は15秒でわかる」

今回は、2017年話題のCMソングを紹介してきました。

どれもCMを思い出せば、頭の中で反射的に曲が流れてしまう印象的なものばかり。

CMの放送時間はほんの15秒程度ですが、その印象がきっちりと残っている事実に改めて驚愕します。

 

年々ストーリー性やクオリティが高まるCM映像とCMソング。

この先どんなCMソングが流れるのか、今後も注目していきたいですね。

 

まとめ
  • CMソングは1950年代からスタートした歴史ある文化
  • 2017年にも時代を彩る人気の楽曲を使用したCMが多く放送された
  • 短い放送時間でも、名曲は名曲とわかる魅力を持っている

\ SNSでシェアしよう! /

歌詞検索UtaTen(うたてん)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

歌詞検索UtaTen(うたてん)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

WRITER紹介 WRITER一覧

UtaTen編集部

UtaTen編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【音痴を直す方法】今すぐできる改善法とは?正しい音程で歌上手へ!

  • 【カゲプロ】歌詞に注目!絶対に聴いておきたいおすすめ曲ランキング

  • ラップを上手く歌うコツとは?女でもカッコよく歌える練習方法を公開

  • マイクチェックの方法は?実は「チェックワンツー」には意味がある!

関連記事

  • 聴いたら最高にテンションが上がる曲【JPOP&洋楽】ランキング!

  • 【神曲25選】ボカロおすすめ人気ランキング!名曲と歌詞を厳選紹介

  • 【80年代洋楽】当時流行ったベストヒットソングをジャンル別に紹介

  • 隠れた名曲ランキング!今こそ聞きたい邦楽&洋楽ベスト5

  • 歌詞に共感!恋愛気分を盛り上げる【邦楽・洋楽】ラブソング10選

  • 【ティックトック曲】よく聴く歌の曲名はなに?邦楽&洋楽の人気曲!