邦楽のクリスマスソング人気曲ランキングTOP3!クリスマスに聴きたい定番曲を厳選して紹介

クリスマスソング 邦楽

12月になると、テレビや街並みもクリスマスムードになり、クリスマスソングが聴きたくなりますよね。

クリスマスソングには昔懐かしの名曲から最新の流行りソングまで、幅広い世代に人気があります。

UtaTen編集部

この記事では、クリスマスに聴きたい邦楽のクリスマスソングを紹介します。

邦楽クリスマスソングの人気曲ランキングTOP3

邦楽のクリスマスソングには昔から歌い継がれている名曲や、近年爆発的な人気を集めた曲などがあります。

まずは、幅広い世代から人気のある邦楽クリスマスソングの人気曲をランキングで紹介します。

クリスマス 洋楽【鉄板】洋楽クリスマスソング15選!昔ながらの名曲から最新の定番曲まで一挙紹介

【3位】 クリスマスソング / back number

back numberが2015年にリリースし、TVドラマ「私に恋したお坊さん」の主題歌にもなった「クリスマスソング」。

聴いていると白銀世界を連想させてくれるでしょう。

タイトル通りクリスマスを歌ったバラードで、最愛の人を思う男性の胸の内を歌っており、離ればなれになった女性に対する想いを、男らしく時に女々しく表現しています。

恋愛する多くの人に響き渡る、邦楽クリスマスソングの代表曲です。

back number 音域back numberの音域を徹底解説!声が低い人でも歌いやすい音域の曲も紹介

【2位】恋人がサンタクロース / 松任谷由実

1980年にリリースされた松任谷由実の定番クリスマスソング「恋人がサンタクロース」。

曲の1番で、主人公はまだ女の子です。

隣の家のお姉さんが“今夜8時になればサンタが家にやって来る”と話をすると、“サンタは絵本だけのおはなし”と少し冷めた態度をとっています。

曲の2番で、主人公の女の子は成長してそのお姉さんと同じくらいの年になります。

お姉さんは、サンタと一緒にどこかへ行ってしまったのです。

つまり、隣のお姉さんは結婚してお嫁に行ったのです。サンタのプレゼントは、プロポーズだったのでしょう。

そのストーリー性のある歌詞と、タイトルにあるとおり“恋人がサンタクロース”というユーモアな表現が人気となり、今なお愛され続けている楽曲です。

恋人のいない人は、いつか自分にもサンタさんがやってくることを夢見ながら聞くのがおすすめです。

もしかしたら来年のクリスマスには、あなたのもとにサンタさんが来るかもしれません。

【1位】クリスマス・イブ / 山下達郎

クリスマス・イブ」は、好きな人に会いたいけれど会えない心情を歌った曲です。

誰かに恋をしている人には歌詞が心に響くでしょう。

自分の想いを伝えたかったけれど、伝えることも叶わなかったという思い。

恋愛をしたことがある人ならば誰しも共感できる歌詞ではないでしょうか。

邦楽クリスマスソングの定番曲【童謡・サントラ】

邦楽のクリスマスソングには子供の頃に歌った懐かしい名曲もあります。

また、歌詞はないけれど聴くだけでクリスマスを感じることができるサントラもおすすめ。

クリスマスの寒い夜は、心温まる曲を聴いてみましょう。

きよしこの夜(「おかあさんといっしょ」) / 神崎ゆう子,坂田おさむ

きよし この夜 星はひかり

すくいのみ子は まぶねの中に

眠りたもう いとやすく

「きよしこの夜」は日本でも有名なクリスマスソングのひとつです。

日本語詞だけでなく、英語詞で覚えた人もいるのではないでしょうか。

クリスマスの時期になると街中やCMでもよく流れるので、この曲を聴くとクリスマスが来たなと思いますよね。

子供と一緒に歌いたい1曲です。

あわてんぼうのサンタクロース(それいけ!アンパンマン) / ドリーミング

あわてんぼうの サンタクロース

クリスマスまえに やってきた

いそいで リンリンリン

いそいで リンリンリン

ならしおくれよかねを

クリスマスの日を間違えたり、煙突から落ちたりとおっちょこちょいなサンタクロースの歌です。

子供たちが歌いたくなる楽しい歌詞とメロディ。

元気よく歌っている子供たちの姿が目に浮かびますね。

Merry Christmas Mr. Lawrence / 坂本龍一

大島渚監督の名作「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲である「Merry Christmas Mr. Lawrence」。

映画はインドネシア・ジャワ島での、日本軍俘虜収容所を舞台に、国籍も言葉も宗教も違う人々が、徐々に惹かれ合う姿を描いた名作です。

ラストの“Merry Christmas Mr. Lawrence”のセリフは感動ものです。

立場も境遇もバラバラの登場人物全員に訪れるクリスマス。

「Merry Christmas Mr. Lawrence」は歌詞のないインストゥルメンタルなので、登場人物全員の心情を表現しているようにも感じます。

恋人を歌った歌、家族を歌った歌などクリスマスソングはたくさんあります。

ただ「Merry Christmas Mr. Lawrence」は、あなたの言葉にならない思いを奏でてくれます。

邦楽クリスマスソングの男性曲

邦楽のクリスマスソングには男性が歌っている名曲がたくさんあります。

90年代にリリースされた少し懐かしい曲からロックやドラマ主題歌に起用された曲など。

ここでは、男性アーティストが歌う邦楽クリスマスソングを紹介します。

クリスマスキャロルの頃には / 稲垣潤一

1992年にリリースされた稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」。

クリスマスの時期になると必ずといって良いほど街に流れる定番曲です。

しかし、実はこの曲はクリスマスソングではありません。

歌詞からもわかるように、クリスマスキャロルが流れる頃ではない「今」から思いを馳せています。

つまり、本来これを聴くべき時期はクリスマス以外のシーズンという不思議なクリスマスソングなのです。

また、曲中に「クリスマスキャロルが…」というサビのフレーズが8回も出てきます。

製作時、歌い手の稲垣潤一が歌詞の作成者である秋元康に「8回はくどい」と提言したところ、「そのくどさが良い」と返されてそのままリリースに至ったそうです。

ここまで名曲になったのは、先見の明があった秋元康による影響も大きいでしょう。

白い恋人達 / 桑田佳祐

今宵 涙こらえて奏でる愛のSerenade

今も忘れない恋の歌

雪よもう一度だけこのときめきをCelebrate

ひとり泣き濡れた夜にWhite Love

桑田佳祐さんのソロプロジェクトとしては最大のヒット曲である「白い恋人達」。

冬になるとよく耳にする名曲バラードです。

今はもう過ぎ去ってしまった恋について歌ったクリスマスソング。

雪の降る夜に好きだった人のことを思い出し、涙するという描写につられて泣けてしまいます。

いつかのメリークリスマス / B’z

1992年に発売されたB’zのミニアルバム「FRIENDS」に収録されているクリスマスソング「いつかのメリークリスマス」。

B’zの代表曲であり、クリスマスソングの定番として今でも高い人気を集めています。

ロックなテイストを残しながらも、優しく切なく歌い上げるボーカル稲葉の歌声が魅力的です。

silent / SEKAI NO OWARI

2020年にリリースされたSEKAI NO OWARIの「silent」は、ドラマ「この恋あたためますか」の主題歌に起用されました。

ボーカル深瀬の優しく包み込むような歌声によって、クリスマスの寒さや切なさが鮮明に表現されています。

ドラマにぴったりな恋しくなる切ないムードが魅力的な1曲です。

セカオワ 曲SEKAI NO OWARIの人気曲ランキングTOP10!セカオワファンが選ぶ泣ける歌も紹介

チキンライス / 浜田雅功と槇原敬之

2004年にリリースされた「チキンライス」。

TV番組から生まれたこの曲は、作詞をダウンタウンの松本人志が担当しました。

クリスマスソングは恋愛ソングが多い中、家族をテーマに作られており、松本人志の幼少期のエピソードや思いがふんだんに込められています。

貧乏だったけれど両親がたまに外食に連れて行ってもらう人志少年。

ただ、「あまり高いものを頼むと、もう来れないかもしれない」といつも値段の安いチキンライスを頼んでしまう。

「クリスマスぐらいは…」と考えますが、やっぱり遠慮してしまう。

そんな優しくも切ない実話をもとに作られました。

恋人のいないクリスマスは自分の幼少期のクリスマスを振り返って、家族を思い出すのも良いかもしれません。

クリスマスは恋人だけのものではないのです。

邦楽クリスマスソングの女性曲

邦楽のクリスマスソングには、女性が歌う曲も数多くリリースされています。

クリスマスの少し悲しいバラードから最新のポップで明るい人気曲まで。

最後に、女性が歌う邦楽クリスマスソングを紹介します。

Merry & Happy / TWICE

2017年にリリースされたリパッケージアルバム「Merry & Happy」の中に収録されているクリスマスソング。

MVではTWICEのメンバーたちがクリスマスパーティーの準備をしているキュートな映像を楽しむことができます。

また、明るくポップな曲調がクリスマスを盛り上げてくれること間違いなしの一曲です。

メリクリ / BoA

BoAの15枚目のシングルで、2004年にリリースされた大ヒットクリスマスソングです。

どんなカップルにも当てはまりそうな歌詞が、多くの恋人たちの共感を呼びました。

相手を思いやる温かい歌詞が、カップルたちを優しい気持ちにさせてくれる楽曲です。

大切な恋人と一緒に聴くと、より一層お互いを大事に思う気持ちが深まるかもしれませんね。

奇跡を望むなら…X’mas Story / JUJU

JUJUが2006年リリースしたシングル「奇跡を望むなら…」のクリスマスバージョンです。

2007年に発売され、その大切な人に向けた歌詞に多くの恋人たちが共感した人気曲です。

Can’t Wait ‘Til Christmas / 宇多田ヒカル

2010年にリリースされた宇多田ヒカルのクリスマスソング「Can’t Wait ‘Til Christmas」。

アルバム「SINGLE COLLECTION VOL.2」に収録されています。

シングル曲ではありませんが、ペプシコーラのCM曲に使用されていたので、聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「大切な人を大切にする それだけでいいんです」というシンプルな歌詞が、クリスマスの時間を大切にしたいと考えている恋人たちを盛り上げてくれます。

ハピネス / AI

2011年にリリースされたAIの「ハピネス」は、コカ・コーラのCMソングとして人気が沸騰したヒット曲です。

「君が笑えば この世界中に もっと もっと 幸せが広がる」というサビのフレーズを聴けば思い出す人も多いはず。

曲調はクリスマスソングには珍しくアップテンポですが、大切な人に向けた真っすぐなラブソングです。

恋人がサンタクロース / Flower

恋人がサンタクロース

本当はサンタクロース つむじ風追い越して

オリジナルアルバム「SURF&SNOW」にも収録されている、松任谷由実さんの代表曲「恋人がサンタクロース」。

この曲を2019年9月に解散したFlowerがダンサブルにアレンジしてカバーしました。

子供の頃は、絵本のなかだけのお話だと思っていたサンタクロース。

でも大人になって、恋人という名のサンタを知ります。

乙女チックな歌詞が恋人たちのクリスマスを彩ってくれるナンバーです。

すてきなホリデイ / 竹内まりや

クリスマスが今年もやって来る

悲しかった出来事を 消し去るように

さあ パジャマを脱いだら 出かけよう

少しずつ白くなる 街路樹を駆け抜けて

竹内まりやさんの「すてきなホリデイ」はアルバム「Bon Appetit!」の収録作品の中からシングルカットされた1曲。

ケンタッキーフライドチキンのクリスマスCMソングとして2000年から現在まで使用されています。

クリスマスの時季になるとTVでよく耳にしますよね。

家族のクリスマスをテーマに作られたこの曲。

クリスマスに浮足立った街の様子や、幸せそうな家族の様子がクリスマスをより楽しいものにしてくれます。

Merry × Merry Xmas★ / E-girls

キミにMerry Xmas★

見降ろした 街がツリーみたい

What a wonderful world! 夢ならば永遠に覚めないで

2015年に発売されて以来、クリスマスの定番曲になりつつあるE-girlsの「Merry × Merry Xmas★」。

ポップで可愛らしい歌詞とメロディが、恋する女の子の気持ちを盛り上げてくれます。

好きな人とクリスマスを過ごしたくなる楽曲です。

邦楽のクリスマスソングを聴けば楽しく過ごせること間違いなし!人気曲や定番曲を聴いて盛り上がろう

邦楽のクリスマスソングは恋人への切ない気持ちを綴った歌詞ポップで楽しい気持ちにしてくれる曲まで、様々なジャンルの曲があります。

男性アーティストが歌う曲や女性アーティストが歌う曲など、自分好みの曲を選んでクリスマスを盛り上げましょう。

クリスマスを1人で過ごすクリぼっちの人や、幸せいっぱいのカップルなど、気分やシチュエーションに合わせて聴いてみてくださいね

この記事のまとめ!

  • 邦楽のクリスマスソングランキング1位は山下達郎の「クリスマス・イブ」
  • 童謡やサントラにもクリスマスソングはある
  • 男性アーティストが歌うクリスマスソングにはロックな曲がある
  • 女性アーティストが歌うクリスマスソングには明るい曲が多い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です