ハロウィンっぽいボカロ曲15選!怖い有名ソングから隠れた名曲まで紹介

ハロウィンボカロ

多くの人が街に繰り出し、パーティーや仮装などを楽しむ秋の一大イベント「ハロウィン」。

せっかくのお祭りなので、このイベントをテーマにしたボカロ曲を聴いて楽しみたいという人も多いのではないでしょうか?

UtaTen編集部
この記事では、ハロウィンっぽいボカロ曲を、有名曲から怖い曲、隠れた名曲まで幅広く紹介します。

ハロウィンっぽいボカロ曲のおすすめ6選

ハロウィンっぽいボカロ曲を聴きたいけど、どれから聴けば良いか分からないという人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、有名Pが手掛けるハロウィンソングです。

親しみやすいのはもちろん、音楽的にも素晴らしい曲が揃っているのでボーカロイドが好きな人ならきっと楽しめますよ。

はじめに、有名Pが手掛けるハロウィンっぽいボカロ曲を紹介します。

Happy Halloween


「Happy Halloween」は、人気ボカロP・Junkyがファミリーマートと初音ミクのコラボキャンペーンのために書き下ろした楽曲です。

幻想的な雰囲気とポップなメロディが際立った、個性的なサウンドはハロウィンのイメージにもピッタリ。

朝までパーティーを楽しみたい」という気持ちを表現した可愛い歌詞と、鏡音リンのクリアな歌声もイベントの雰囲気と絶妙にマッチしています。

ポップな雰囲気のハロウィン曲を聴いたり、歌ったりして楽しみたい人におすすめの人気ボカロ曲です。

ヴァンパイア


人気ボカロPのDECO*27が、2021年に発表した楽曲が「ヴァンパイア」です。

音程差が大きく、音数も多めのボカロらしいメロディは中毒性全開

バックのサウンドも、ダンサブルな雰囲気ながらもメリハリがしっかり付けられているので何度聴いても楽しめますよ。

好きな人への真っ直ぐな気持ちを、病み成分たっぷりの言葉で表現したチャーミングな歌詞も要チェックなハロウィンっぽいボカロ曲です。

Mrs Pumpkinの滑稽な夢


カオスな雰囲気の曲を聴いて、独特なハロウィンを過ごしたい人におすすめのボカロ曲が「Mrs Pumpkinの滑稽な夢」です。

米津玄師としても有名なハチの楽曲で、死者の魂や悪魔が宴を楽しむ様子が詩的な歌詞で表現されています。

複雑なリズムチェンジやジャズ的な要素を取り入れたダークな雰囲気のサウンドが、歌詞の世界観を引き立てているのもポイント。

ハチらしさを存分に楽しめるハロウィンにピッタリのボカロ曲なので、ファンの人はぜひチェックしてみてくださいね。

ハロウィンモンスタァパーティナイト


「ハロウィンモンスタァパーティナイト」は、数多くのハロウィン曲を手掛ける人気ボカロP・マチゲリータの楽曲です。

美少女が戦うアニメや戦隊モノをイメージさせる、キャッチーなサウンドが印象的な仕上がり

歌メロもキャッチーな雰囲気なので、カラオケで歌っても盛り上がりますよ。

聴く人を怪しいパーティに誘うかのような、恐ろしさと楽しさが共存する歌詞も印象的なハロウィンらしいボカロ曲です。

ハロウィン曲ハロウィンの曲27選!洋楽・邦楽・K-POPから有名ソングを紹介

たりないかぼちゃ


ハロウィンには欠かせない、カボチャをテーマにしたボカロ曲が「たりないかぼちゃ」です。

「Happy Halloween」と同様にファミリーマートの企画の為に書き下ろされた楽曲で、制作は幅広い音楽性を持つピノキオピーが手掛けています。

軽快なリズムとキャッチーなメロディが光る明るいサウンドは、パーティーにピッタリの雰囲気。

細かいことを考えずにイベントを楽しもう」というメッセージが込められた歌詞も、楽しさに満ち溢れています。

キャッチーな曲を聴いてハロウィンを楽しみたい人におすすめの、人気ボカロ曲です。

ハロウィンパティスリトリカトルカ


ヴィジュアル系をイメージさせるハードでダークなサウンドが魅力の、ハロウィンっぽいボカロ曲がマチゲリータの「ハロウィンパティスリトリカトルカ」です。

3姉妹の魔女が営むお菓子屋さんをテーマにした楽曲で、3人が怪しいお菓子を作る様子がポップに歌われています。

巡音ルカと鏡音リン、初音ミクの3人のボーカロイドを使い分けることで、3姉妹の個性をリアルに表現しているのもポイント。

ヴィジュアル系とボカロの両方が好きな人にピッタリの楽曲なので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

ハロウィンに聴きたい怖いボカロ曲4選

ハロウィン ボカロハロウィンをテーマにしたボカロ曲には、死者の魂や悪霊、魔女などをテーマにした怖い曲もたくさんあります。

それぞれが、イベントの起源や悪霊の恐ろしさを意識した、ハイレベルな楽曲に仕上げられているので聴くだけでもホラーな世界観を楽しめますよ。

次は、ハロウィンに聴きたい怖いボカロ曲を紹介するので、ダークな曲が好きな人はぜひ聴いてみてくださいね。

ボカロ 神曲【ボカロ神曲30選】おすすめ人気ランキング!必聴の名曲と歌詞を厳選紹介

 

trick and treat


「trick and treat」はOSTER projectが手掛ける、鏡音リン・鏡音レンオリジナル曲です。

目隠しをされた人物が、怪しい2人組に連れられ森の奥に進んでいく様子を表現した、ホラーな歌詞は聴く人の恐怖心をかき立てます。

さらに、後半部分には目隠しされた人の命を欲しがるかのようなフレーズも登場するなど、恐ろしさが際立った仕上がりになっていますよ。

バロック風の不気味なサウンドが、歌詞の世界観を絶妙に引き立てているのも魅力のボカロ曲です。

さあ、どっち?


作詞作曲はミステリ作家やピアノ講師など、幅広く活動する女性アーティスト・ひなた春花が手掛ける、人気のハロウィンソングが「さあ、どっち?」です。

殺人事件をテーマにした曲「ナゾトキ」「ナゾカケ」とつながりのある楽曲で、両曲に登場した探偵と殺人犯の両方をイメージさせる歌詞になっています。

ポップな雰囲気ながらも事件を連想させるワードがたくさん登場するので、聴き込むほどにサスペンスのような、リアルな恐ろしさを感じられますよ。

ピアニストならではの表現力豊かなピアノも楽しめる、ハロウィンにぴったりの怖いボカロ曲です。

ストレンジマスカレエドハロウィン


マチゲリータの「ストレンジマスカレエドハロウィン」は、おどろおどろしいサウンドと歌詞が楽しめるボカロ曲です。

ダークファンタジーを彷彿とさせる重厚なオーケストラサウンドと、ダークなメロディの組み合わせは恐ろしさ全開。

欲望のままにパーティを楽しみ、最後には異形の姿に変えられてしまう人々の姿を描いた歌詞も独特なおぞましさを放っています

とにかく怖い曲を聴いて、ダークなハロウィンを楽しみたい人におすすめのボカロ曲です。

 

ゾンビハンターインハロウィン


ゾンビが徘徊する街を訪れた、ゾンビハンターの姿を描いた怖いボカロ曲が「ゾンビハンターインハロウィン」です。

プログレッシブロックをイメージさせる、リズムチェンジや不協和音が盛りだくさんのカオスなサウンドが楽しめるのが特徴。

後半部分にはヘヴィメタル風のギターソロも入るなど、ハロウィンの雰囲気を保ちつつもロックな要素が際立った仕上がりになっています

激しいサウンドと、GUMIのクリアな歌声のハーモニーも絶妙なハロウィンソングです。

 

ハロウィンボカロの隠れた名曲5選

個性的な曲を聴いて、このイベントを自分らしく楽しみたい人におすすめなのが、ハロウィンボカロの隠れた名曲です。

有名曲ほどの知名度はありませんが、どれも作曲者の個性が光る素敵な楽曲に仕上げられているのでボーカロイド好きはもちろん、コアな音楽ファンでも楽しめますよ。

最後に、ハロウィンボカロの隠れた名曲を紹介します。

ボカロ 懐かしいボカロの懐かしい曲ランキング!初期の有名曲からマイナー曲まで一覧で紹介

 

少女と黒猫はハロウィンの夜に


イラストレーターのOhagiと作曲家ORYOのユニットFAULHEITが手掛ける、ハロウィンをテーマにしたボカロ曲が「少女と黒猫はハロウィンの夜に」です。

主人公の少女が怪しい黒猫に案内されるまま、怪しいパーティに繰り出す様子が不気味かつポップな歌詞で表現されています。

そこにレトロな音色のアコーディオンとバンド楽器、管楽器のサウンドが加わり、このイベントらしいダークでにぎやかな雰囲気を演出していますよ。

ギターを得意とするORYOのエモーショナルなソロも必聴の、ハロウィンボカロの隠れた名曲です。

 

ハロウィン・オブ・ザ・デッド


レシオPの「ハロウィン・オブ・ザ・デッド」は、ロックな曲を聴いてハロウィンを盛り上げたいときにピッタリのボカロ曲です。

自分が選んだ道を歩いていきたい」という気持ちを、ストレートに表現した歌詞はまるでバンド曲のよう。

反対ばかりする保守的な大人を、ゾンビに例えたユニークな表現もロックらしさを強調しています。

爽快なギターサウンドも楽しめるので、ロックな雰囲気が好きな人はぜひチェックしてみてくださいね。

パンプキン・シンドローム


鏡音リン鏡音レンが歌う、ファンタジーな雰囲気のハロウィンソングが「パンプキン・シンドローム」です。

ロックをベースにしつつも、ハロウィン風のサウンドが盛り込まれたサウンドはイベントの雰囲気にもピッタリ。

思わず聴き入ってしまう、美しいメロディも各所に盛り込まれているので激しい曲が苦手な人でも気軽に楽しめるでしょう

聴く人を夢の世界に引き込もうとする怪しい歌詞も魅力の、ボカロ曲の隠れた名曲です。

ゾンビゾンビジェネレーション


きむた(文句たれP)の「ゾンビゾンビジェネレーション」は、ハロウィンのにぎやかな街に出没したゾンビの気持ちをポップに表現したボカロ曲です。

ダンサブルなサウンドとキャッチーなメロディが光る、親しみやすいナンバーに仕上げられています。

疾走感もバツグンなのでハロウィンに聴くのはもちろん、カラオケで歌っても盛り上がりますよ。

人間に優しくされつつも、最後まで自分らしさを貫くかっこいいゾンビの姿も要チェックなボカロ曲です。

 

エブリデイハロウィン

毎日をハロウィンのように楽しみたいという気持ちを、可愛らしい歌詞で表現した人気ボカロ曲が「エブリデイハロウィン」です。

作詞作曲はシンセサイザーやピアノ奏者としても活躍する、融合Pが担当しています。

テクノポップ風のピコピコ音が際立った軽快なサウンドと、リン・レンのハーモニーは相性バツグン。

コミカルで楽しい雰囲気も前面に押し出されているので、聴いていると思わず夜の街に繰り出したくなってしまいます。

激しい曲や怖い曲が苦手な人でも気軽に楽しめる、ハロウィンボカロの隠れた名曲です。

ハロウィンがテーマのボカロ曲は名作だらけ!歌詞やサウンドに注目しながら世界観を楽しもう

ハロウィンがテーマのボカロ曲は、ボーカロイドの魅力やイベントの楽しさが存分に味わえる名曲が盛りだくさんです。

どの曲も制作者の個性が光る、ハイクオリティな曲ばかりなのでハロウィン当日はもちろん、他の日に聴いても十分に楽しめますよ。

幅広いサウンドの曲が揃っているので聴き比べたり、好みの曲だけを聴いたりして楽しめるのもポイント。

お気に入りの曲が見つかった人は、ぜひ歌詞やサウンドに注目しながら聴いて、独特な世界観を楽しみましょう。

 

この記事のまとめ!

  • 気軽にハロウィンの雰囲気を楽しみたい人には、有名ボカロPが手掛けるハロウィンソングがおすすめ
  • ダークな雰囲気を味わいたいなら、ハロウィンをテーマにした怖いボカロ曲を聴いてみよう
  • ハロウィンをテーマにしたボカロ曲の中には、コアな音楽好きでも楽しめる隠れた名曲もたくさんある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です