1. TOP
  2. シチュエーション
  3. 自分の気持ちを込めて作詞!初心者におすすめの作り方とテクニック・コツ

自分の気持ちを込めて作詞!初心者におすすめの作り方とテクニック・コツ

 2020/05/18 シチュエーション
  699 Views

インストゥルメンタルでない限り、作詞はオリジナル音楽制作をするうえで必要不可欠。曲の印象を形作る要素となるので、気合を入れて素敵な歌詞を作りたいですよね。

とはいえ、作詞は意外と難しいのも事実。思うような表現ができずに、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

今回は、作詞のテクニックやコツをご紹介していきます

これから挑戦する初心者はもちろん、作詞が上手くいかずに悩んでいる人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

作詞をする前に!初心者がおさえるべき4つのポイント

作詞の方法や手順は人それぞれ。ですが、スムーズに詞を作成できるようになる方法は存在します。

まずは、実際に作詞を始める前に決めておきたいポイントをご紹介。大まかな形を設定することで、曲と詞の親和性を高めていきましょう。

 

テーマ(恋愛ソング・友情ソングなど)を決める

まずは、テーマを決めていきましょう。

テーマとは、1曲を通して表現する内容のこと。たとえば、恋愛や友情、応援歌や生と死といったものです。カテゴリーともいえますね。

テーマにひねりを加えて少し変わった歌詞を作りたくなるかもしれませんが、最初はストレートでわかりやすいテーマ1本に絞った方が作りやすいでしょう

作詞に慣れてくると1曲の中に複数のテーマを混ぜ合わせた、複雑で高度な作詞もできるようになるはずです。

 

音楽ジャンル(バラード・ロックなど)を決める

次のポイントは、音楽ジャンルを決めること。バラードやロック、ラップやメタルなど、どんな曲調に歌詞を乗せたいかをイメージしてみてください

すでにメロ先(曲先)で作曲の方向性が決まっている場合は、少し進んでその曲にふさわしい言葉がどんなものかを考えてみましょう。

たとえば、明るい表現なのか暗い表現なのかというものです。コード進行の知識もあると表現の幅が広がるでしょう。

作詞のテーマと曲のジャンルが決まったら、いよいよ細かく歌詞を作っていく番です。

 

最も伝えたい気持ちをサビに込める

サビの部分は、一般的に曲の中で最も盛り上がる部分といえます。最も主張したい思いや言葉をサビに込めることで、歌詞の存在意義も高まります

また、曲の冒頭であるAメロからではなく、サビから作詞を行うのが多く見られる手法のひとつ。サビの歌詞が核の役割を果たすので、Aメロ、Bメロ、Cメロといった他の部分のまとまりや流れも付けやすくなるでしょう。

 

「5W1H」を自分の中で明確にしておく

英語や国語の授業で、「5W1H」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

「5W1H」とは、Who、When、Where、What、Why、Howの頭文字をとったもの。日本語で「だれが」「いつ」「どこで」「なにを」「どのように」という意味です。

曲の中にはどんな登場人物がいるでしょうか?時期は四季のどの辺りでしょう?登場人物は、どんな場所で何をしていますか?作詞をする際に「5W1H」を設定することで、曲の世界観がしっかりと形作られていきます

歌詞の流れや構成も、よりイメージしやすくなるでしょう。

 

作詞に欠かせないテクニック・コツ

表現や創作は自由なもの。歌詞も同様に、基本的には自由に作ってよいものですが、テクニックを知ることで表現の幅がより広がります。

ここからは作詞に応用できる表現方法をご紹介していきます。

 

ラップに欠かせないテクニック【韻を踏む】

韻とは、よくラップで使用されているテクニックのひとつ。「ライム」と呼ばれることもあります。

発音の似たワードを小刻みに入れることを韻を踏むと呼び、音楽だけではなく、詩や標語、セールスコピーなど、韻はさまざまな表現の場で使用されています。

韻の踏み方のコツは、母音を合わせること。たとえば、「カラオケ」をアルファベットで表記すると「KARAOKE」となります。母音を抜き出してみると、「a・a・o・e」です。次に、「カラオケ」と同じ母音を使った単語を考えてみましょう。一例として、「長袖」や「花嫁」といった単語があります。

このように、同じ母音の単語や表現を要所要所で使用することで、歌詞のキレやリズムを良くし、統一感を持たせることができます

音の並び方が気持ちが良いと印象に残りやすくなるので、キャッチーなフレーズを作りたいときは上手く利用したいですね。

 

印象的な歌詞を生み出すテクニック【反復法】

反復法とは、その名の通り繰り返すこと。同じフレーズを反復させることで、存在感を高めたり、印象を強くしたりする効果が期待できます

さらにメロディーラインも同じになると、より耳に残りやすくなります。

 

インパクトのある歌詞をつくるテクニック【倒置法】

小説や詩でも使われるテクニックである倒置法。文の順序を普通の流れとは逆にする表現方法です。

主に強調したいときや、意外性を出したいときに使用されます

普通は「あなたと歌いたい」とするところを敢えて「歌いたい、あなたと」にすると、「あなたと」という部分が強調されませんか?

多用し過ぎるとくどくなるので注意が必要ですが、強調したいフレーズに取り入れると効果的です。

 

伝え方が無限大になるテクニック【比喩】

比喩は、表現法の中で最も使用されることの多いテクニックといっても過言ではないでしょう。私たちも、日常会話や文章を書く中で使っていることが多い手法です。

比喩には複数の種類がありますが、一番簡単なものは「~のようだ」「まるで~だ」という表現を使う直喩でしょう。

たとえば、「あの人の演奏は激流のようだ」「彼女の歌声はまるで天使だ」といったものですね。比喩とわかりやすいので、ある意味一番ストレートな表現といえるかもしれません。

一方で、「~のようだ」というワードを入れずに物事をたとえることを、暗喩や隠喩、メタファーと呼びます。「ガラスのハート」や「花の笑顔」といった使い方がわかりやすいのではないでしょうか。

この他にも比喩の類の表現方法はありますが、総じて共通していることは直接的な表現よりも聴き手の想像力を刺激することといえるでしょう。解釈の余地を残すことで、歌詞にも深みが増します。

 

これはNG!覚えておきたい作詞のコツ

続いては、作詞をする上で気をつけたいことをチェックしていきましょう。

 

主観ばかりの歌詞を書かない

歌詞に想いをぶつけることは悪いことではないのですが、それが主観だらけになると、独りよがりに感じられてしまうかもしれません。

一方的なメッセージを詰め込むよりも、ある程度の客観性を加えた方が聴き手の共感を得られます

客観的な目線で歌詞を書くというと難しく感じるかもしれませんが、要は多くの人がイメージしやすい表現や設定を考えることに尽きるでしょう。

自分の経験や想いを他人が共感できる表現に落とし込めるように、冷静な視点を忘れないようにしてください

作詞が終わってから日を開けて推敲し、直してみるのも効果的ですよ。

 

1番、2番で文字数を合わさない

一般的な構成の曲は、1番だけではなく2番も存在するものが多いですよね。

Aメロ、Bメロ、サビなどの構成ができたら、1番と2番で文字数を合わせたくなりませんか?文字数をある程度合わせることは、曲全体のまとまりにつながる部分もあるので決して悪いことではありません。

現に童謡や歌謡曲などには、そういった形式の楽曲も多く存在します。

ですが、文字数を合わせることやパターン化に固執し過ぎると、言葉が限られてしまうのも事実。1番と2番の歌詞は、必ずしも同等の文字数にしなければ、ということはないのです同様に、1つの音符につき1語しか入れてはいけないというルールも存在しません。

無理に文字数を合わせようとせず、1つの音符に複数の語が入っても構わない、場合によっては曲の構成を変えてもいいといった柔軟な気持ちは、決して忘れないようにしましょう

 

細かすぎる描写の歌詞

前提として念頭に置きたいのは、歌詞と文章は似て非なるものということです。

文章は装飾や説明が多くても成り立ちますが、歌詞はそうではありません。あまりに細かい描写をし過ぎると、冗長になって何を伝えたいのかわからなくなってしまうのです。

丁寧に描写したくなる気持ちもわかりますが、歌詞は聴き手にイメージさせる部分があっても良いもの。十人十色の解釈を楽しんでもらうものと考えて良いでしょう。

そのため、多少の省略は全く問題ないことなのです

 

ロングトーンに「ん」の音を使う

作詞をする際は、1曲を通して歌うときのことを考えましょう。

フレーズの最後を伸ばす場合、その最後の語が「ん」だったとき、果たして歌いやすいでしょうか。ロングトーンやシャウトなどで「ん」の音を使うことを敬遠するボーカリストもいます。

作詞が終わったら実際に自分で歌ってみて、伸ばしにくいところや発音しにくいところ、違和感がないかをしっかりとチェックしましょう。

 

胸に刺さる!深い歌詞が魅力のおすすめ名曲5選

実際に作詞をする前に、プロの作詞を勉強してみるのもおすすめです。

ここからは、歌詞が魅力的な楽曲をご紹介していきます。

 

サヨナラCOLOR|SUPER BUTTER DOG

サヨナラから はじまることが

たくさん あるんだよ

本当のことが 見えてるなら

その思いを 僕に見せて

「サヨナラCOLOR」の歌詞をすべて見る

2008年に解散した5人組バンド、SUPER BUTTER DOGの人気ソングです。

ゆったりとしたテンポと優しいメロディーラインに乗せた、聴き手に語りかけるような歌詞が胸に響きます。タイトルやサビに使われている「サヨナラ」というワードからイメージするものは、きっと聴き手によって違うものになるでしょう。

「サヨナラ」=悲しい曲と思ってしまうかもしれませんが、辛くても前に進もうという気持ちを芽生えさせてくれる、優しく背中を押してくれるような名曲です。

 

365日の紙飛行機|AKB48

人生は紙飛行機

願い乗せて飛んで行くよ

風の中を力の限り

ただ進むだけ

その距離を競うより

どう飛んだか どこを飛んだのか

それが 一番 大切なんだ

さあ 心のままに

365日

「365日の紙飛行機」の歌詞をすべて見る

人気アイドルグループ、AKB48の曲です。NHKで放送されたドラマ「あさが来た」の主題歌として使用された楽曲でもあります。

フォークソングのような懐かしさを感じる、幅広い世代に聴きやすい旋律も特徴的。人の生き方を紙飛行機で表現した歌詞にも注目です。

聴き終えると前向きになれる、爽やかな応援ソングといえるでしょう。

 

何度でも|DREAMS COME TRUE

何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ 君の名前 声が涸れるまで

悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみを思い出すよ

 

10000回だめで へとへとになっても

10001回目は 何か 変わるかもしれない

「何度でも」の歌詞をすべて見る

フジテレビのドラマ「救命病棟24時」の主題歌に起用された、ドリカムのヒットソング。

心地良いミドルテンポと、希望を感じさせる歌詞がマッチしています。吉田美和さんの優しくも力強い歌声に勇気をもらえます。

歌詞に反復法が使用されているのもポイント。「何度でも」というワードを繰り返すことで、諦めずに進むことを表現しながらサビの存在感を高めています。

 

浅草キッド|ビートたけし

1人たずねた アパートで

グラスかたむけ なつかしむ

そんな時代も あったねと

笑う背中が ゆれている

夢はすてたと 言わないで

他にあてなき 2人なのに

「浅草キッド」の歌詞をすべて見る

お笑いだけではなく、映画監督や俳優としても活躍されているビートたけしさん作詞作曲の名曲です。

小説や映画のような、ストーリー性のある歌詞が印象的。色鮮やかに情景をイメージできる言葉の選び方に心を掴まれます。

哀愁を感じさせる曲調も相まって、ノスタルジックな気持ちに浸れることでしょう。

 

終わりなき旅|Mr.Children

閉ざされた

ドアの向こうに

新しい何かが

待っていて

きっときっとって

僕を動かしてる

いいことばかりでは

無いさ

でも次の扉を

ノックしたい

もっと大きなはずの

自分を探す

終わりなき旅

「終わりなき旅」の歌詞をすべて見る

数々のヒット曲を生み出しているMr.Childrenの15枚目のシングル曲。7分を超える長めの曲ですが、時間を忘れて聴き入ってしまいます。

どんなことがあっても、前へ進もうという奮い立つような意志と探求心が力強く表現されています

時折入る口語調のフレーズもポイント。飾り気のない等身大の言葉に共感できますね。

老若男女を問わず、勇気づけられる歌詞が魅力的なミスチル屈指の名曲です。

 

 

簡単ではないから面白い!作詞したらまずはボカロに歌ってもらおう!

オリジナル曲を作るのは決して簡単ではありませんが、完成したときの達成感は筆舌に尽くしがたいもの

作詞が終わったら、実際にピアノやギターで弾き語りをしてみたり、ボーカロイドに歌ってもらったりするのもおすすめです。ニコニコ動画やYouTubeに動画を投稿して、反応を見るのもよいでしょう。

ブロックに分けて作詞をするなど、作詞を助けてくれるテクニックやコツにはさまざまなものがありますが、頼り過ぎるのは禁物。一番大切なのは、伝えたいことを自分らしく表現すること。形式にとらわれず、自由な気持ちで作詞を楽しんでください

好きな曲の作詞家や作曲家の作ったほかの曲も聴いてみたり、編曲がどのようなものなのか、音楽プロデューサーの仕事はどんなものなのかも調べてみましょう。

すると、曲作りの面白さにもっとハマるかもしれませんよ!

 

まとめ

  • テーマを決めて歌詞の構成を練ろう
  • 韻や比喩などのテクニックで、表現力を上げる
  • 名曲の歌詞を研究するのもおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

カラオケうたてんの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カラオケうたてんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

WRITER紹介 WRITER一覧

真中真

真中真

音楽が大好きなフリーライターです。ギターとバンド経験があり、現在はベースも練習中。趣味は一人カラオケと素敵な曲探し。新旧洋邦ジャンル問わず、いろんな音楽に触れることがモットーです。よろしくお願いします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • カラオケ採点で点数を出すには?高得点のコツ&おすすめ曲を男女別に紹介

  • 【初心者向け】誰でもできる曲作りの方法を紹介!おすすめ作曲入門講座

  • 【ギター初心者向け】簡単コードで弾けるおすすめの練習曲12選を紹介

  • 【シーン別まとめ】結婚式・披露宴で使えるおすすめのアニソン13選を紹介

関連記事

  • 【厳選】20代におすすめ!ドライブにピッタリの定番&人気洋楽曲

  • カラオケの定番|世代を問わず愛される何年たっても色褪せない冬の歌

  • 忘年会・新年会の出し物はダンスで盛り上がる!?おすすめ余興ネタ10選

  • 【2018-2019】注目のカウントダウンライブや出演者を紹介

  • 結婚式の披露宴で喜ばれる余興・出し物は?アイデアと選び方&厳選!歌8選

  • 【友情ソング】大切な友達に贈る歌!邦楽&洋楽おすすめ人気ランキング